★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 136.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ウィルスでがん退治
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/136.html
投稿者 taked4700 日時 2010 年 7 月 13 日 00:31:27: 9XFNe/BiX575U
 

http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp312.htmlよりコピー:

がん患者がウイルスに感染すると、がん細胞が小さくなるという現象が知られていた。このメカニズムを巧みに利用した、新しいがん治療の研究が進んでいる。特定の遺伝子を改変することで、ウイルスが「正常な細胞では増殖せず、がん細胞だけで増殖する」ようになる。その結果、ウイルスががん細胞を破壊するというしくみだ。
研究が進んでいるのは、人に感染しやすいヘルペスウイルス。東京大学ではヘルペスウイルスの三つの遺伝子の働きを止めることで、がん細胞だけで増殖できるウイルスを開発した。
三つの遺伝子のうちの一つが、細胞の自滅を阻止する遺伝子だ。正常細胞はウイルスに感染するとウイルスとともに自滅して感染拡大を防ぐ。しかしウイルスは細胞が自滅されては困るため、自滅を阻止する遺伝子を働かせる。この遺伝子の働きを止めると、正常細胞は感染して自滅するが、がん細胞はもともと自滅する機能に異常があるため自滅しない。つまりがん細胞だけでウイルスは増殖し、その結果、がん細胞を破壊する。
二つめがDNAの複製に関する遺伝子だ。ウイルスは増殖のためにDNAを複製する。このとき複製に必要なたんぱく質を作る遺伝子がある。この遺伝子の働きを止めると、ウイルスはもはや増殖できないが、がん細胞には、そのたんぱく質に似たたんぱく質が存在するためDNAを複製することができる。そして増殖し、がん細胞を破壊する。
三つめは免疫から逃れる遺伝子だ。ウイルスもがん細胞もどちらも免疫から逃れるしくみがある。ウイルスの免疫から逃れる遺伝子の働きを止めると、感染したがん細胞の表面にウイルスのたんぱく質が露出。それが標的となって免疫細胞が攻撃、排除する。
現在、この三つの遺伝子を改変したウイルスを使って、悪性脳腫瘍に対する臨床試験が始まっている。ウイルスを使った全く新しいがん治療に迫る。

再放送予定:
2010年7月16日(金) [教育] 午後6:55〜午後7:30
2010年7月17日(土) [BS2] 午前3:25〜午前4:00

**************************

一つ印象的だったのは、番組の終わりに、コメンティターの方が、「ウィルスを改変すると怖いですね。人間の科学が神の領域を侵すことになる」のような質問をしたところ、ゲストの科学者の方が「ウィルスは改変すると弱くなるので、心配ありません」のような返事をしたことだ。番組中では、がん退治をウィルスにさせるためにウィルスの遺伝子を3か所加工していると言っている。自己矛盾のように思える。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧