★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 152.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
月齢30カ月以下の牛の頭部など 特定危険部位と扱わず 厚労省:日本で月齢21ヶ月のBSE牛が見つかっているのに?
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/152.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 12 月 17 日 02:39:05: Mo7ApAlflbQ6s
 


月齢30カ月以下の牛の頭部など 特定危険部位と扱わず 厚労省

 厚生労働省は15日、BSE(牛海綿状脳症)の原因となる「異常プリオン」が蓄積しやすい頭部、脊髄、脊柱について、月齢30カ月以下の牛では「特定危険部位」として扱わない方針を決めた。現在は月齢を問わずに食肉から除去し、焼却している。同省は「国際獣疫事務局(OIE)の基準に合わせたい」と説明している。

 同省は食肉検査の免除とともに、輸入を認める牛の月齢については、現行の「20カ月以下」から「30カ月以下」に規制を緩和したい考え。特定危険部位の見直しと合わせ、来週明けにも内閣府の食品安全委員会に諮問する。

 同省は「30カ月以下」よりさらに牛の月齢を緩和した場合のリスク評価についても諮問する。30カ月以下は国際的な基準の一つとなっているが、欧州連合(EU)は検査対象を72カ月超まで緩和している。同省は「今後、政府の規制をどこまで緩和できるのか食安委の判断を求めたい」と説明している。

[日経新聞12月16日朝刊P.38]
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月07日 07:54:34 : NPBK4fhMis
 少しも牛肉を食べない人もたくさんいる日本人からしてBSEなど少しでも混在する可能性のある牛肉など、高い制限を設けることは当たり前の感覚だが、牛食を欠かせない欧米人にとってまず汚染された牛を除外した食生活を考えることは困難ではないか。そうすると、どうしても自己欺瞞とはいわないけれどもBSEまみれの生活を平気で受け入れる。
色濃く汚染された、放射能汚染の東日本の人々は西日本の人間が自分達のことを狂気のなかで生きていると考えていることを気がつかない。仕事の関係など、福島で生活している人間もいることなどを引き合いに出して、柏辺りに生活することをナントカ受け入れている。
 ドウ想定しても高度の内部被爆をするものを食べていると想定されるので一生懸命に庭を開墾して農地にして季節の野菜など栽培して送付するが、返礼に鮭の加工品、とか浦安のデズニーランドの販売品を送ってくれたりするのを見てこちらは暗澹たる気持ちになるのであります。
 BSEですが国際標準など日本人は守る必要はない。

02. 2012年1月11日 20:13:04 : Pj82T22SRI

リスクとコストのバランスを考えれば当然の措置

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧