★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 163.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米の4頭目BSE牛 輸入緩和迫るTPP/消費者の不安解消されず 科学的審議 時間かけて(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/163.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 4 月 30 日 09:55:41: KbIx4LOvH6Ccw
 

アメリカは全頭検査をしていない。と畜牛の0.1%ほどが抜き出し検査されるだけ。従って実際にはもっといると思われるBSE牛の大半は、市場に出回っているはずだ。そしてTPP参加となると、日本独自の防御態勢が障壁とみなされて許されなくなる。つまりは、BSE牛が今以上にノーチェックになって大量に日本に入ってくる、ということだ!

==============================================

http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY201204250202.html

カリフォルニア州でBSE感染牛確認 米で4頭目(朝日新聞)

 
米カリフォルニア州ハンフォードにある、牛海綿状脳症(BSE)に感
染した乳牛が見つかったベイカー・コモディティー社の施設。24日に
撮影された=AP記事「カリフォルニア州でBSE感染牛確認 米で
4頭目」より

 米農務省は24日、米カリフォルニア州の月齢30カ月以上の乳牛1頭で牛海綿状脳症(BSE)の感染が確認されたと発表した。米国内でBSEの感染牛が見つかるのは4頭目で、2006年3月以来、6年ぶり。感染牛はすでに処分され、市場に流通することはないとしている。

 ただ、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加をめぐる日米間の交渉や、米国産牛肉の輸入制限緩和をめぐる国内議論に影響は出そうだ。

 米農務省などによると、月齢30カ月以上の死んだ牛を対象に18日に採取された脳のサンプルからBSEの感染が見つかった。たんぱく質の分子量をみるウエスタンブロット法などによるデータから、同省のクリフォード主任獣医官は「えさを通じて感染する従来の型ではなく、まれに自然発生する『非定型』と呼ばれる(新型の)BSEだ」としている。

--------------------------------------

米の4頭目BSE牛 輸入緩和迫るTPP/消費者の不安解消されず 科学的審議 時間かけて
「しんぶん赤旗」 2012.04.30 日刊紙 5面

 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2012年4月30日 10:10:23 : KbIx4LOvH6Ccw : GrcGrAAbrs
件名の一部訂正:

「消費者の不安解消されず」 ⇒ 「消費者の不安 解決されず」


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧