★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 168.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トマト:全ゲノム解読成功 世界初、品種改良や食糧増産に期待 (毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/168.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 01 日 05:56:43: igsppGRN/E9PQ
 

トマト:全ゲノム解読成功 世界初、品種改良や食糧増産に期待
http://mainichi.jp/select/news/20120531mog00m040011000c.html
2012年05月31日 毎日新聞


 植物などの全遺伝子情報(ゲノム)の解読をしている「かずさDNA研究所」(千葉県木更津市)は30日、同研究所が中心となって進めた米韓英など世界14カ国との共同研究でトマトの全ゲノム解読に、世界で初めて成功したと発表した。これにより、トマトの品種改良や食糧増産に応用できると期待されている。同研究所は「この成果はゲノム解析の千葉県や日本の存在感を世界に示すものだ」と話している。【斎川瞳】

 解読結果は31日発行の英科学雑誌「ネイチャー」に掲載される。

 トマトは世界中で栽培される重要農産物である上、ゲノムの大きさを示す塩基数が約9億塩基対と植物の中でも比較的多いため、03年から国際共同プロジェクトとして14カ国と解析を重ねてきた。


 トマトのゲノムには3万5000個の遺伝子があり、それらをイネやジャガイモ、ブドウなど4種の植物の遺伝子と比較。全種で共通する9000の遺伝子グループと、トマトやジャガイモなどのナス科植物にのみ共通する5000の遺伝子グループなどに分類できることを発見。各グループの遺伝子の違いなどを分析することで、植物の進化の過程や、植物の基本機能をつかさどる遺伝子の判明にもつながるという。

 今後の研究で、トマトを含むナス科植物の病気、害虫に強い品種や、生活習慣病の予防効果があるというリコピンやポリフェノールなど好みの成分を配合した植物の開発が可能になるなど、品種改良がより加速するとみられる。

 同研究所の発表に対し、森田健作知事は「生活習慣病に効果のある成分を含むトマトの開発などが促進され、県内農業や食品産業の振興に寄与すると期待している」とのコメントを発表した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧