★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 174.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ストレス続きは「うつ」への道か、特定の遺伝子抑制で−研究
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/174.html
投稿者 MR 日時 2012 年 6 月 29 日 06:42:53: cT5Wxjlo3Xe3.
 

ストレス続きは「うつ」への道か、特定の遺伝子抑制で−研究

  6月28日(ブルームバーグ):定期的なストレスはうつ病に関連した脳の委縮を防ぐ遺伝子の働きを止めてしまうことが、ラットを使った研究で分かった。気分障害の新たな治療法につながることが期待される。
米国科学アカデミー紀要に掲載された論文によると、「neuritin」と呼ばれる遺伝子は、脳の特定の部位で神経細胞(ニューロン)間の健全なつながりを維持する役目を担っているとみられる。この遺伝子が抑制されたラットは、そうではないラットに比べ不安とうつ状態のレベルが高かったという。この遺伝子を活性化させると抗うつ効果があった。
この研究は、脳の海馬の委縮がうつの原因だという説を支える根拠になる。海馬は気分と記憶をつかさどる部位。以前の研究は一部の抗うつ剤が、シナプスと呼ばれるニューロン間のつながりの発生を促すことを示している。
論文の筆者でエール大学教授(精神医学)のロナルド・デュマン氏は電話インタビューで、「うつ状態のラットやうつ病患者にはニューロンをつなぐシナプスの欠損が見られることは分かっている。十分な数のシナプスがないと、脳は正しく機能しない」と話した。
研究ではラットに餌を与えない、冷水の中で泳がせる、恐怖を感じさせる臭いを嗅がせるなどの方法で定期的にストレスを与えたところ、neuritin遺伝子のレベルが低下しうつ状態の行動を示した。次に、これらのラットにneuritin遺伝子を強める療法を施すと、途中であきらめずに長く泳げるようになったという。
原題:Stress Blocks Gene That Helps Protect Brain AgainstDepression(抜粋)
記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク Elizabeth Lopatto elopatto@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Reg Gale rgale5@bloomberg.net
更新日時: 2012/06/28 21:11 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M6BJNJ6S972801.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧