★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 175.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トマトはなぜ味気ないか−薄緑色の遺伝的特性、糖分を犠牲に
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/175.html
投稿者 MR 日時 2012 年 6 月 29 日 13:46:09: cT5Wxjlo3Xe3.
 

http://jp.wsj.com/Life-Style/node_469367?mod=WSJ3items
トマトはなぜ味気ないか−薄緑色の遺伝的特性、糖分を犠牲に
2012年 6月 29日 12:36 JST 
 薄緑に均等に色づくトマトは収穫時期が判断しやすいとして生産者から長年高く評価されてきたが、米大学などの研究チームは、そうした薄緑のトマトの遺伝的特性が実は糖分、つまり甘さの抑制要因にもなっていることが分かったという。この研究は、米カリフォルニア大学(UC)デービス校、コーネル大学、それにスペインの研究機関の科学者チームが行った。

画像を拡大する

Associated Press
 研究チームは、サンドイッチによく使われる「スライサー」と呼ばれるトマトからチェリートマトに至るまで、25種類のトマトを分析した。研究結果は科学誌サイエンスの今週号に掲載された。

 論文の共同執筆者の一人で、UCデービス校で植物学を担当する生化学者アン・LTパウエル氏は「トマトの味を決める要素は非常にたくさんある」と述べ、同チームが散漫な味(dull flavor)を出すのに寄与する遺伝的要素を発見したと語った。

 トマトの生産者は、色づきにムラがあるトマトよりも、薄緑に均等に色づいたトマトの方を好む。収穫に適した時期を常に簡単に見分けることができるからだ。しかしパウエル氏によると、この色づきを薄緑にする特性は、突然変異の一つで、植物が糖の生成に利用するGLK2というタンパク質の働きを抑制してしまうことが分かったという。

 同氏によると、GLK2は葉緑体(緑色植物の細胞中に存在する色素体)の発育を決める。葉緑体は植物が光合成というプロセスを通じて太陽光線を糖に変えるため、葉緑体の発育が悪いと糖分がより少なくなる。

 果実の糖の約70〜80%は植物の葉の中で光合成によって生成され、その糖を植物の葉が果実に送り届けている。残りの20〜30%の糖は果実そのものから来ている。

 パウエル氏は、散漫な味を出す遺伝的特性が今回特定されたことから、今後は生産者がこの遺伝的特性を使って品質の向上、例えば逆に甘みを強くすることも可能になるかもしれないと述べた。ただし同氏は、糖分が味に影響を及ぼす要素の「たった一つ」に過ぎないことも認めている。他の要素には、トマトを真っ赤にするリコピンなどがある。

 トマト栽培プログラムを推進しているオハイオ州立大学のデービッド・フランシス准教授は、今回の研究結果が重要である理由として、光合成の裏に潜むあまり知られていないメカニズムの解明が可能になることを挙げた。しかし同准教授は、今回の研究で、特定の遺伝子が甘みに影響を及ぼすことが証明されたかどうかは不明だと注意を促した。そして、他の未知の遺伝子も甘さに影響しているかもしれないと指摘した。

 ラトガース・ニュージャージー農業実験センターで農業プログラムの副代表を務めるジャック・レービン氏は「糖分が全てではない」と述べ、フランシス准教授の見解に同意した。レービン氏によると、トマト生産者は輸送に耐えられるようにするため、より固いトマトを作ってきた。つまり、トマトの果肉の部分を増やして安定性を高め、非常に甘いゼリー状の部分を減らしてきた。

 その一方で、レービン氏は「こういった研究の積み重ねが、われわれが消費者の求めるトマトを作るのに役立つだろう」とも語った。

記者: JIE JENNY ZOU

ライフスタイル一覧へ
メール印刷原文(英語)



こんな記事もおすすめです
中国聯通のネットワーク対応アップル製品が中国当局の承認取得2012年5月 31日
インド通信当局、ケーブルテレビ事業者への手数料に上限設定2012年5月2日
フォードがソーシャル広告強化、フェイスブックを重視2012年6月 20日
今年の世界の災害損失額、過去最高水準に―多い保険対象外2011年 12月 16日
ツイッター利用者にはオバマ大統領支持者が多い=WSJ/NBC調査2011年 12月 14日  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧