★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 176.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スーパー根切り虫がモンサントの作物を食い散らす(ROCKWAY EXPRESS)
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/176.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 7 月 04 日 16:23:57: uZtzVkuUwtrYs
 

スーパー根切り虫がモンサントの作物を食い散らす
 2012/07/04 (Wed)  :(ROCKWAY EXPRESS)


根切り虫

モンサントの遺伝子組み換え作物に耐性を持つ虫が繁殖・・・

◆7月4日

 遺伝子組み換え作物シェアで筆頭のモンサントの遺伝子組み換え作物に耐性を持つ虫が驚くべき速さで繁殖しだしているようだ。このままではモンサントの遺伝子組み換え作物はゆくゆくは全滅するかもしれない。

 「自然を征服する」、という思考がもたらす弊害の一つであろう。特に欧米の文明の型がこの型である。「自然と共生」、などとは言わない。自然は征服できる、と本気で考えている。しかし、やはり自然を征服することはできない。その思考をもって自然征服業を継続すれば、その自然から手痛いしっぺ返しを受ける、というのが、いつもの人類の得てきた教訓なのだが、欲の皮が突っ張った、近視眼的にしか物事を見れない者たちには、それが見えない。

 これは、原発問題にもいえることである。原発推進論者は、原発を制御できる、と考えている。大地震にも大津波にも対処できる、と考えている。それは彼らの見方が、近視眼的だからだ。「想定」を大きく超えた事態が生じた時にでも、その原発を制御できるのか? という問題には、彼らは答えられない。なんせ、今でさえ、福島原発は収束もしておらず、ここでどでかい地震と津波が再びやってきて、建屋が崩壊したら、建屋内にある燃料棒を冷却できなくなる事態が出来し、その際には、東電も政府も、なにもできず避難するしかない。今、それが起きていないのは、僥倖というべきものであり、ただ、運がいいだけなのだ。

 さて、モンサントのこの遺伝子組み換え作物産業は、崩壊すればよろしい。それが人類と自然のためである。農薬で大地が侵され続けば、ついにその大地から作物ができなくなるであろう。日本でもアメリカ式の農業ではなく、日本独自の「自然と共生」型の農業を発達させるべきである。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●スーパー根切り虫がモンサントの作物を食い散らす
http://www.activistpost.com/2012/06/report-nature-may-soon-overcome.html

【6月28 Anthony Gucciardi ? Activist Post】

モンサントを終わらせるものは何か? 裁判だろうか、新しい法律、あるいは0.1ミリに満たない小さな虫かもしれない。 

 新しい情報では、アメリカの法体系の中では成功しているバイオテクノロジーの巨人ではあるが、根切り虫が最終的にモンサント社を終わらせるものになるかもしれないことを示している。

 驚くべき事に、西部のトウモロコシ根切り虫は、モンサントの遺伝子組み換え
とうもろこしを貪り食うことになんの問題もないのだ。これは彼らを殺すようにデザインされたこの作物に対する耐性を発達させたからだ。この小さな生き物がモンサントのトップ・サイエンティストを超えているのだ。

 この会社にとって更にまずい事は、耐性を持った根切り虫は今年の想定以上に成虫になるのが早いのだ。成長が速いことで卵を産むのも早くなり、この虫の孵化幼生はこの数十年間で最速になっている。

 モンサント社は勿論、Btとして知られるバイオ農薬に適応したこの根切り虫の耐性に対しては完全にお手上げ状態である。少なくとも、八つの個体群は耐性を発達させている。そのうちの二つはBt散布液に対する耐性を持ち、六つの種類はBt作物全体に対する耐性を持っている。これに対する回答はなにか? インテリジェンス・クラッシュ型農薬を更に多く使用することだ。  


■根切り虫:自然がモンサントの遺伝子組み換え作物を圧倒
 
 これがため、環境保護局は以前、モンサントの作物は暫くすれば虫に食い荒らされるようになる、と警告したのだ。環境保護局は以下のように書いている:

 モンサントの予想される耐性の問題をモニターするプログラムは「不十分」である。

 この声明はこの問題に関心のある科学者らのグループにより補強されている。今年3月、22人のトウモロコシ専門家のグループは遺伝子組み換え作物の失敗に対する深刻な懸念の声を上げた。彼らは、遺伝子組み換え産業の崩壊がじきに起きるかもしれない、と警告したのだ。アメリカの供給する94%が遺伝子組み換えのさまざまな種類であるので、この警告は強烈な予言である。またこのトウモロコシの多くが食料としてではなく、バイオ・ディーゼルとして利用されるものであることを考慮することは重要だ。

 自然はモンサントの遺伝子組み換え作物に適応し、最後は彼らの没落を引き起こすのだろうか?

 再三再四、研究者や農業専門家らはモンサントと政府に対して、モンサントの遺伝子組み換え作物の産出高は減ってきている事実を指摘しながら、伝統的で持続的農業の実行を呼びかけてきた。 

 ところが却って、食料供給の多くが遺伝子組み換え作物になってきていた。今や、このシステムの崩壊の危機に直面して、モンサントが出したたった一つの回答は、作物にもっと大量の農薬をかけることであり、遺伝子組み換えを更に深化させる、というものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

元記事リンク:http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/762/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月05日 13:29:49 : fryDJa7Fgm
自然に対する畏敬の念を忘れた愚か者は必ず滅びる。

02. 2012年7月05日 13:41:43 : Vz6f0SI1nI
小さい虫に、負けた、バカでかい、モンサント。

03. 2012年7月05日 17:10:42 : txKoq6KBVw
例えば薔薇は、虫につかれやすい花の代表だけど、発酵有機肥料をうまく使えば農薬無しでもそんなにやられないって聞きました。
素人ですが、野菜も遺伝子組み換えなんかしなくてもって思うよ。

04. 2012年7月07日 12:53:24 : w18f1GkoJs
耐性菌と同じく耐性虫も必ず出るんだな。
でも耐性人間までは難しいと思うよ。

05. 2012年8月01日 21:38:30 : sUpHQ8Q75g
悶惨屠の役員や大株主らがスーパー根切り虫に喰われて悶絶する姿を見たい

06. 2012年8月26日 08:29:52 : rjpmaLs936
ざまぁみろの一言だな

07. 2012年8月31日 01:26:18 : CTj7jx56XU
もしこの根きり虫が作物をすべて食い荒らしたら、この虫を佃煮にして食うか。昔の日本人のように。

08. 2012年9月02日 23:38:20 : YxpFguEt7k
斎藤やすのり氏
「「食を制する者は世界を制する」と言ったのはヘンリー・キッシンジャー。米国は食糧をエネルギーと同じように安全保障の戦略物資としてとらえています。ですから、コストをかけずに大量生産することに邁進しています。」
http://saito-san.sblo.jp/article/57951303.html

何でもかんでも他人を圧倒しないと気が済まないクレージー・ヤンキー。
「共生」という言葉を教えてあげたいよ。


09. 2014年4月05日 20:40:21 : EFsKDzAwtw
もっと強い枯葉剤を使わないと対抗できないだろう。

しかし人間はそんなに早く{進化」できない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧