★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 178.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
老化制御の7遺伝子=線虫の宇宙実験で発見―都研究所など
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/178.html
投稿者 MR 日時 2012 年 7 月 06 日 12:37:00: cT5Wxjlo3Xe3.
 

老化制御の7遺伝子=線虫の宇宙実験で発見―都研究所など
時事通信 7月6日(金)5時31分配信
 医学研究に使われる線虫を宇宙で11日間飼育したところ、神経系統や内分泌系統の信号伝達に関わる七つの遺伝子の働きが低下し、飼育し続けていれば老化が遅くなって寿命が延びた可能性があることが分かった。東京都健康長寿医療センター研究所や宇宙航空研究開発機構、東北大、鳥取大などの研究チームが6日まで英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
 地上の線虫で7遺伝子の働きをそれぞれ抑える実験をしたところ、通常の線虫に比べて最長で2倍長生きした。影響を分析すると、餌の量を制限した場合と同様の効果や、たんぱく質の構造を安定化させる効果などがあったと推定された。ヒトでも同様の機能を持っていたり、DNA塩基配列が似ていたりする遺伝子があるという。 

【関連記事】
〔写真特集〕超常?現象ショー〜吸血鬼の死体、キリストの聖骸布、ブロッケン現象〜
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕発見!! ヒッグス粒子
【特集】昆虫記者のなるほど探訪
最終更新:7月6日(金)8時31分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000018-jij-soci  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月15日 21:25:50 : Pj82T22SRI
凍結細胞からヤマメ誕生
2013年 01月 15日 05:00 JST 
 
 凍結保存したヤマメの精巣を移植し、ニジマスの腹の中でヤマメの精子と卵を作り、それらからヤマメを生み出すことに成功したと、東京海洋大のチームが14日までに発表した。卵ができた仕組みは未解明だが、精巣さえ保存していれば絶滅した種でも復活させられる技術で、魚類の「種の保存」に役立つという。チームは、山梨県の西湖で約70年ぶりに見つかったクニマスに応用するため、精巣の保存を進めている。

【共同通信】


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧