★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 196.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
あの「モンサントとたたかう」映画を観ました (生き生き箕面通信) 
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/196.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 1 月 13 日 07:41:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/1ea67b9dc01b17971c33102094a9c928?fm=rss
2013-01-13 07:01:17  生き生き箕面通信


おはようございます。
生き生き箕面通信1483(130113)をお届けします。                      
・あの「モンサントとたたかう」映画を観ました

 「食糧の種子で世界支配をもくろむモンサント」と名高い米国の巨大種子会社。そのモンサント社と闘うカナダの一農民のドキュメント映画「パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう」です。昨日1月12日から十三の「第七藝術劇場」で始まりました。

 モンサント社は、訴訟では腕利きの弁護士を多数そろえ、モンサントの種子販売の邪魔になる農民は訴訟に持ち込んでつぶしていく戦略を世界中で取っています。この映画は、カナダの農民、パーシー・シュマイザーさん夫婦が勇敢にもモ社を相手にがっぷり四つで立ち向かう姿を描いています。

 そもそものきっかけは、シュマイザーさんのナタネ畑が、風で飛ばされてきたモ社のGM(遺伝子組み換え)種子によって汚染されたことに始まります。本来なら、モ社が責任をもって除かなければならないはずのところを、逆に特許侵害で訴えられ、なんと裁判所は彼に損害賠償金の支払いを命じたのです。モ社は、裁判所にも手をまわしています。

 モ社は、抵抗する農民をつぶしていくために、私兵ともいうべき「モンサント警察」を抱えています。ならず者集団です。モ社のお抱え弁護士が高度な訴訟を担当し、実力行使をならず者集団が請け負って、結局はモ社の種子を買うほかないように仕向け、農民を自社のマーケットの中に組み込んで行きます。

 モ社は、「遺伝子組み換え作物の種子」では世界の90%を占めるとも見られている巨大企業です。除草剤の「ラウンドアップ」と併せて販売します。モ社のGM種子はラウンドアップに耐性を持たせているので、雑草を取り除く手間が省けるという触れ込みです。ところが、インドで広く普及した、モ社の綿花種子の結果は、農民が土地を手放すか、腎臓を売って借金を支払うかしなければならないほどの悲惨な実態となっているそうです。

 遺伝子組み換え作物を食べ続ければどんな影響が出てくるか明らかになっていません。GM種子を売るビジネスのために、「大丈夫だろう」という推測で見切り発車しているのが現状です。

 モ社のGM種子はすべて特許という「知的財産」で守られています。TPP(環太平洋経済連携協定)交渉では、この知的財産の部がブラック・ボックスです。しかし、いったんTPPに参加すれば、モ社のGM種子を容認しなければなりません。いまはなりを潜めているモ社が、GM種子で日本市場を席巻するようになるのは目に見えています。

 モ社は、ベトナム戦争時は枯葉剤でたっぷり設けた企業です。日本の経団連会長を務める米倉氏の出身母体、住友化学はモ社の日本総代理店といってもいいほどの関係を持っています。米倉会長は、経団連の意志として政府に「TPPに参加を」と尻を叩いています。

 TPPに参加すれば、モ社の横暴を防ぐことは極めて困難になります。安い農産物がどっと輸入されてくることと合わせ、日本の農業が壊滅することがほぼ明らかです。しかし日本政府は、そうした情報をすべて隠したままです。あるいは「そんな心配はしなくてもよい」というばかり。

 安倍首相は、オバマ大統領と会談できる条件をととのえるために、国内でのTPP参加の下地づくりに懸命です。オバマ大統領との会談が整ったときは、日本が実質的に「TPP参加」の意志を固めたということを意味します。そしてそれはまた、モンサント社が日本におおっぴらに乗り込んでくることなのです。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年1月13日 22:04:01 : x4HfwtVEgM
http://www.youtube.com/watch?v=uZgrOFjhzdg
 
その通り!! ハワイでも被害を訴える人が出てきて社会問題です。

02. 2013年1月14日 07:46:43 : 3diuXNIWso
茨城で日本モンサント社は米を作って種子の販売をしていますよ。

03. 2013年1月16日 15:13:27 : 183U02GDLU
日本全国で大阪の一館しか上映していない。。。。残念だ。

04. 2013年1月18日 00:30:29 : aaEHUt9RKs
モンサントを支配する支配者は、世界中の人類を、「収奪対象の家畜」としてしか見ていないということですね。「エサ」なんですね、奴隷の。

医療利権ともつながってますから、極悪のエサによって、病気になるようにも誘導しているし、保険とも連携してます。

いや、連携していない巨大利権事業を探すほうが難しいかな。


05. 2013年1月24日 08:02:17 : yy7D5jhcis
モンサントの幹部と株主は暴動が起こればなぶり殺しに遭う運命だが、文句はいえまい。地球に住み着いたサナダムシを駆除するようなものだからだ。

06. 2013年3月11日 12:47:09 : txKoq6KBVw
バブルの頃、外国の種の会社が小さな会社を傘下に入れてどんどん吸収していくって新聞の記事を読んだことがあるが、最後は「たいしたことにはならない」で終わった文章だった。

07. 2013年4月01日 00:17:31 : rjpmaLs936
枯葉剤企業は排除せよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧