★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 199.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
BSE緩和1日から/厚労省 米産牛輸入30カ月以下に(しんぶん赤旗)/紙智子・共産党参院議員:感染牛が素通りに
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/199.html
投稿者 gataro 日時 2013 年 1 月 29 日 09:18:00: KbIx4LOvH6Ccw
 

BSE緩和1日から/厚労省 米産牛輸入30カ月以下に
「しんぶん赤旗」 2013年1月29日 日刊紙 1面


 厚生労働省は28日、BSE(牛海綿状脳症)対策を見直す方針を専門家会議に報告し、了承を踏まえ、輸入規制緩和を正式決定しました。実施は2月1日から。


 同省医薬食品局の道野英司輸入食品安全対策室長が米国、カナダ、フランス、オランダ各国と結んだ対日輪出条件や現地調査の結果を報告しました。


 米産牛の輸入条件は現行の20カ月以下から30カ月以下にし、肉のほか30カ月以下のせき髄、せき柱も輸入可能になります(フランス、カナダは同様、オランダは12カ月以下)。


 一定期間を経た後、日本の検疫検査や規制措置の見直しを米国と約束していることも明らかになりました。


 米国では日本や欧州と違い、個体管理がなく、歯列で月齢を推定しています。「個体差はないのか」との委員の質問に滋野氏は「ばらつきはあるが、食肉処理施穀では専門に歯列を見る人がいる」と述べました。しかし、今回調査したのは約50ある対日輸出施設のうち、3カ所のみです。


     ⇒関連N面


 感染牛素通りに


 紙智子参院議員の話 1月24日の農水委員会の質問で指摘しましたが、感染経路などが不明な非定型BSEの問題があります。日本では全頭検査によってこれまでに28カ月齢の非定型BSEが発見されています。米産牛の輸入を30カ月以下に緩和すればこうした“感
染年牛”は素通りすることになります。専門家も危惧しています。そもそも米国のBSE検査は症状のある牛のみで、検査率も年間と畜頭数の0.1%とわずかです。食の安全や国民の命を第一にすべきです。規制を緩めるぺきではありません。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧