★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15 > 227.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「赤ちゃんを設計してもいいの?」――倫理の崩壊は市場原理主義の行き着く先か (生き生き箕面通信) 
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/227.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 10 月 21 日 07:37:32: EaaOcpw/cGfrA
 

http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/7d32c9622f89d14f19f62fe4b81144b1
2013-10-21 07:03:01

 望むような赤ちゃんをつくりだす時代が、もうそこまで近づいてきたようです。「青い目で金髪、すらっとして病気のない女の子」、遺伝子を操作してお望みの赤ちゃんをつくるデザイナーベビーの技術が、アメリカで特許として認められた。朝日新聞の昨日10月20日朝刊が一面トップで伝えたニュースで、9月24日に認められたと報じました。

 遺伝子を操作することは本来、”神の領域”のはずです。ところがアメリカをはじめおおうの国で、その神の領域に踏み込むことが日常的になりつつあります。まず、食品のトウモロコシや小麦などはすでに商品化して、世界的に流通しています。モンサントという巨大企業まで出現し、猛威をふるうようになりました。

 倫理とは何なのでしょうか。一般的には「善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの」と規定されています。しかし、その「普遍的な基準」そのものが明確ではありません。反語的に「倫理は犯すためにある」と言われたりもします。

 事実、大手の金融機関が社内の「コンプライアンス(法令順守)」の規定を完備し、それを守らせる組織まで作っていても、それを破って暴力団に融資をしたりすることもつい最近の出来事です。イケナイ情事、近親姦などもあります。

 朝日新聞が伝えたのは、特許を受けたのは、IT大手グーグルの共同設立者らが出資した遺伝子解析会社大手「23アンドミー」(本社・米国カリフォルニア)の手法です。同社が開発した技術は、「アルツハイマー病や糖尿病など約120の病気のリスクのほか、目の色や筋肉のタイプなど計150項目を判定する事業を行っている。価格は99ドル(約1万円)で、利用者は50か国以上、日本人を含め40万人を超えている」と伝えています。

 朝日新聞の取材に対し、アンドミー社は「現時点で特許のコンセプトを実用化する意図も計画もない」としているそうです。しかし同時に、「近い将来遺伝子解析が進んで精度が高まれば、デザイナーベビーは現実になる」とみる科学者が少なくないともしています。

 これらに対し、「歯止めなき拡大は危険」と、倫理的に警鐘を鳴らす識者のコメントも掲載していますが、世界的に有効な歯止めがつくられるでしょうか。

 市場原理主義の根幹は、あらゆる規制をとっぱらって市場に任せていれば、いずれ落ち着くところに落ち着くというものです。市場に任せておけば、利潤の見込めないものは市場から撤退するというのが根本原理です。ということは、利潤が大きく見込めるものは、必ず市場を席巻するということです。遺伝子操作は、巨大な市場に成長すると見られています。そこでは神の領域など、簡単に吹き飛んでしまう。

 倫理も吹き飛んでしまいかねません。私たちの地球は、50年先、どんな世界になっているのでしょうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月25日 07:28:10 : FRdIb9DSeI
医者の甲田光雄や渡辺正のハナシを聞けない時点で

人間として最低限の倫理が崩壊しているんだがww

その点ブッシュ前大統領は、グルジェフ大師の弟子に弟子入りして

ヤブな産婦人科医どもによって前世の記憶を失わされても

被害者の認識すら持てない偽ユダヤのアホどもを

意のままに操る方法をマスターされた大したお方だったな。


02. 2013年10月31日 16:28:50 : Fz9HdhePO6
倫理観とは何か?
「普遍的基準」を明確にし、法的規制を掛けられない以上、
商業化の流れを止める事は出来無い。

個人の決める事、
例えば設計図通りに確実に美少年、美少女が生まれて来るとして、
自分達夫婦のどちらにも似ても似つかぬ子供を、
本当に我が子として愛せるのかどうかという問題だ。

親は自己責任、
そして愛されなかった子供は不幸だろう。



03. 2013年11月01日 11:47:21 : Fz9HdhePO6
「神の領域」とは言うが、
もはや既存の「倫理観」「宗教」「哲学」では、
「神」の実在を科学的に証明出来ない限り、
(天国に無人科学探査機を送り、神様の映像や声を持ち帰り全世界に公開とか)
特に商業的な儲けの旨味の見込まれる
科学技術発展の歯止めにはならないだろう。

人間クローン技術は何とか止められたようだが、
今回のこのビジネスが認められれば
もう一切の「倫理的垣根」は消え去る気がする。
遺伝子組み換え、クローン人間、改造人間、キメラ人間、
サイボーグ、機械化人間、人口生命、人造人間…
あらゆるタガは外され、
企業や個人による人体実験の試みが野放図に展開していくだろう。

「本気で」神様の罰を怖れ、
これらの動きに歯止めを掛けたい人間は、
神様の科学的証明を急ぐべきだろう、

もう時間は無いぞ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 狂牛病・ゲノム15掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧