★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15 > 293.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《エボラ熱》 死者7000人迫る 「封じ込め」困難、西アフリカ3カ国で拡大止まらず(産経新聞)
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/293.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 30 日 12:12:15: igsppGRN/E9PQ
 

【エボラ熱】死者7000人迫る 「封じ込め」困難、西アフリカ3カ国で拡大止まらず
http://www.sankei.com/world/news/141130/wor1411300009-n1.html
2014.11.30 11:13 産経新聞


 世界保健機関(WHO)は29日までに、エボラ出血熱の感染が深刻な西アフリカのリベリア、シエラレオネ、ギニアの3カ国での感染者(疑い例を含む)が25日までに1万6169人に達し、うち死者が6928人に上ったと発表した。

 26日発表の前回集計より感染者が268人、死者が1254人増加。3カ国での感染拡大は依然として続いている。

 WHOはエボラ熱封じ込めに向け、12月上旬までに新たな感染者を減らすことを目標としていたが、実現が困難な可能性も出てきた。

 国別死者はリベリア4181人、シエラレオネ1463人、ギニア1284人。前回集計に比べ、リベリアが急増した。遅れていた同国の集計作業が急速に進んだためとみられる。(共同)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年11月30日 13:22:48 : Bp7Nr6jBgI

またエボラかい。

02. 2014年11月30日 19:23:11 : bnlx5lmnEM
01さん

また鳥インフルエンザがはじまったようですよ。


03. 2014年11月30日 19:47:51 : qWS2KvPiiY
世界支配層の人類削減計画は、まずは第三世界の人々に試険的に犠牲になってもらい、その効果のほどはなかなか上手くいっているようだ。WHOが『新たな感染者を減らすことを目標としていた』?何を戯言を。始めから増やす事意外、考えてなどいない。それが目的なのだから。奴らは全てのメディアをも支配している。要はあの大ウソの地球温暖化の原因を、メディアを使って広め、我々はそれを見て世界はまともに機能していると思わされているのと同じだ。人類よ頭を冷やせ!そして日本人よ、このカラクリが解らない者は、味噌汁で顔を洗って豆腐の角で頭をぶつけて死んじまえ!我々は騙されているんだ!

04. 2014年12月01日 12:59:26 : I1dXExxYp2
ひところ大騒ぎしていたが最近は話題にならんな。そういう指示でも出ているのか。

05. 2014年12月01日 16:59:43 : nJF6kGWndY

死ぬのは無知な貧困層ばかりだし、僅か年数万程度の死者では、これも、じきに、大して話題にもならなくなる



06. 2014年12月04日 07:37:29 : jXbiWWJBCA

「終わりなき戦い」
本当の敵は誰? エボラとの戦い(2)

フィリピンのサルとネズミを追う

2014年12月4日(木)  國井 修

エボラはアジアでも流行していた

 エボラはこれまでに世界で20回以上の流行が報告されているが、実はアジアにもエボラは存在し、流行していた。レストン型、またアジア型と呼ばれるものである。

 これが最初に発見されたのは1989年、米国バージニア州の町レストン。サルの検疫施設で実験用カニクイザルが大量に死亡し、そこからエボラが検出された。

 この施設はアメリカの首都ワシントンDCのダラス国際空港の近くにあり、当時はエボラの空気感染も否定できなかったため、エボラのアメリカ上陸として人々を不安と恐怖に陥れた。ベストセラーにもなったリチャード・プレストン(Richard Preston)著「ホット・ゾーン(The Hot Zone)」が当時のことを如実に伝える。

 その後も1990、96年に米国バージニア、テキサス州、1992年にイタリアのシエナに輸入された実験用サルにレストン型エボラ流行が流行した。

 これらの共通点は、サルの輸入元がすべてフィリピンであること。1996年にはフィリピン国内にある輸出元のサルの飼育場で、さらに2008年には養豚場のブタにエボラが流行し、多くのサルとブタが死亡した。

フィリピンで自然宿主探し

 1998年、エボラの世界的権威、米国疾病管理予防センター(CDC)特殊病原室の責任者アンソニー・サンチェス(Anthony Sanchez)と、日本の国立感染症研究所の専門家の共同研究チームに参加させてもらい、フィリピンを訪れた。フィリピン熱帯医学研究所の協力も得て、輸出用サルの飼育場とその周辺でエボラがどのように伝播しているか、実地調査をしたのである。


米国疾病管理予防センター(CDC)

CDCにある最高度安全実験施設

CDCのBSL4の前でDr.サンチェスと筆者
 当時、自然宿主の正体やそこからの伝播経路がわからなかったので、サルの飼育場で働く人々、その周辺に棲息するネズミなどの血液を採取してエボラ抗体の有無などを調べた。

 フィリピンの灼熱の太陽の下、アメリカ人、日本人、フィリピン人が犬と一緒に野原を駆け回った。「ここ掘れワンワン」と犬が吠えた場所をみんなで掘り、ネズミを捕まえ、その血液を採取して調べるのだ。「宿主探し」というよりは、途中から、「宝物探し」のように見えてきた。


エボラレストンが流行したサル飼育施設近くでネズミの捕獲

捕獲したネズミを運ぶ少年

ネズミの血液採取
サルの近くにフルーツコウモリが

 それにしても、サンチェスのネズミの扱い、採血の速さには驚いた。私も学生時代に研究室の手伝い、大学助手時代には実際に研究室でネズミを使った研究はよくやっていたが、野ネズミを使った調査ははじめてである。それも実験用ネズミに比べて、サイズがでかい。私がもたついている間に、ほかの研究者はさっさと採血を済ませる。その中でも、サンチェスは手際がよく、素早いというだけでなく、流れるような美しさ、ネズミも肩透かしをくらうような技があった。

 サンチェスを含め、同行した研究者の中には、世界中で自然界の様々な動物を調べて、エボラを含め、いくつかのウィルスの伝播・変異を調査している人がいた。彼らを「ウィルス・ハンター」と呼ぶ人もいる。彼らから、いろんなことを学んだ。

 この一連の調査で、サルを扱う人間からはエボラ抗体を検出した。が、自然宿主については、残念ながら、同定することはできなかった。しかし、その後の別のグループの調査で、フィリピンでもフルーツコウモリからエボラ抗体が確認されたという。レストン型でも、アフリカ同様、コウモリが自然宿主である可能性が強まった。

 よく調べると、問題となった輸出用サルの飼育施設は、フルーツコウモリが多く棲息する果樹園の跡地に建てられた。コウモリが自由にサルの檻の中に侵入し、ウィルスを伝播していた可能性は容易に想像できる。


欧米に輸出された実験用サルの飼育施設(フィリピン)
 幸いなことに、今までのところ、このレストン型のヒトへの病原性は低いとみられている。1989−96年の米国、イタリア、フィリピンでのレストン型エボラ流行で多くのサルが死亡しているが、発症・死亡したヒトはいない。感染したサルの捕獲・飼育・処理にかかわった458人の追跡調査の結果、発症はなく、血液検査で1%にエボラ抗体陽性が認められたのみである。

 ただ、少し心配なことがある。CDCが発行する専門誌「Emerging Infectious Diseases」の2013年2月号の論文によると、バングラデシュで2010−11年に捕獲したフルーツコウモリ276匹のうち5匹(3.5%)にエボラ抗体が確認され、それもレストン型よりもザイール型(最も致死性の高い株)に強い反応を示したという。

バングラディシュにも危険が?

 これはエボラ、それも致死性の高いザイール型がバングラデシュに存在する、流行の危険があるとの結論に直結はしないが、フィリピン以外のアジア諸国でも、フルーツコウモリが同種または類似のウィルスを運ぶ可能性を示唆しているようである。

 フルーツコウモリは、エボラ以外にも、狂犬病、マールブルグ、ニパ、SARS(コロナ)、ヘンドラなど、様々な病気をもたらすウィルスの宿主でもある。聞きなれない名前も入っているだろうが、この多くは新興感染症と呼ばれ、最近、動物から人間に伝播するようになり、新たな脅威となっている。

 さらに問題は、フルーツコウモリはかなりの距離を飛行し、中には1年で3000km以上も移動する。「感染症に国境はない」というが、ヒトのみならず、自然宿主の国境を越えた移動にも注目しないとならない。

 ウィルスハンターたちの活躍にも、期待したい。

(つづく)


調査に向かうCDCのウィルスハンター達


このコラムについて
終わりなき戦い

国際援助の最前線ではいったい何が起こっているのか。国際緊急援助で世界を駆け回る日本人内科医が各地をリポートする。NGO(非政府組織)、UNICEF、そして世界基金の一員として豊富な援助経験を持つ筆者ならではの視野が広く、かつ、今をリアルに切り取る現地報告。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20141201/274500/?ST=print


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。) ★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
エボラ・ゲノム15掲示板  
次へ