★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15 > 322.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
出産前の受精卵で遺伝子を自在に操作する“デザイナーベイビー”をあなたはどう思う?
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/322.html
投稿者 rei 日時 2015 年 5 月 22 日 00:40:18: tW6yLih8JvEfw
 



【第8回】 2015年5月22日 大西睦子
出産前の受精卵で遺伝子を自在に操作する“デザイナーベイビー”をあなたはどう思う?
生まれる前の赤ちゃんの遺伝子を操作することも技術的には可能になってきました。より知性が高い、あるいは目の色が茶ではなく黒い、といった親の要望に即した子どもを生み出すわけです。しかしそうした科学技術の発展は行きすぎると、優良な子孫のみを残そうとする「優生政策」につながります。技術の進展状況とそれに伴う科学者たちの競争や戸惑いを追いました。
赤ちゃんの遺伝子を操作することへの賛否について一般に尋ねた、興味深いデータがあります。 
以下は、成人米国人を対象とした米国ピュー研究所の調査結果です。赤ちゃんの遺伝子操作を行う目的として、1)知性のある子どもを作るため、2)深刻な病気のリスクを減らすため、という2つのケースについて賛成か反対か聞きました。 
1)知性のある子どもを作るため:賛成15%、反対83%
2)深刻な病気のリスクを減らすため:賛成46%、反対50%
上記結果を見ると、意外と賛成派が多いように感じられます。 みなさんはいかが思われるでしょうか? 
http://www.pewinternet.org/2015/01/29/chapter-3-attitudes-and-beliefs-on-science-and-technology-topics/
科学技術の進歩によって、こうした議論が盛んになってきています。そこでこの連載最終回では、最近注目のCRISPR-Cas9(クリスパー・キャス9)と呼ばれる遺伝子改変技術について取り上げます。細菌独自の免疫機構を利用したCRISPR-Cas9システムの、Cas9と呼ばれる蛋白がRNAに導かれてDNAを切断する特徴を利用した技術です。 
従来の技術に比べてはるかに迅速に効率よく、遺伝子のDNA配列の好きな場所を改変できるようになりました。すでに、培養細胞やマウスなどの動物モデルを利用した研究において遺伝子改変に成功しており、今後、遺伝性疾患の根本的な原因の治療など、私たち人間への臨床応用が期待されています。 
CRISPR-Cas9システムの研究の第一人者である、カリフォルニア大学バークレー校(University of California,Berkeley)のジェニファー・ドードナ博士のチームが、2012年にサイエンス誌に論文を発表した後、世界中の科学者が植物、動物およびヒトの細胞を用いて、鎌状赤血球貧血およびがんの治療法を研究しています。国立医学図書館によると、2014年のCRISPRに関する論文の数は2年前と比べて4倍以上に増えていました。 
このCRISPR-Cas9の技術の特許には数十億ドル以上の価値があり、発見者のノーベル賞授与は間違いないと言われています。現在、その改変技術の特許をめぐっては、カリフォルニア大学バークレー校とマサチューセッツ工科大学(以下MIT:Massachusetts Institute of Technology)の研究者間の戦いが始まっています。 
「BABW news」によると、カリフォルニア大学が最初に特許の申請を始めましたが、7ヵ月後に申請したMITは申請手続きを早めるための手数料を支払ったため迅速に特許を取得できました。 
したがって現在は、MITとハーバード大学がCRISPR-Cas9の技術の特許を所有していますが、カリフォルニア大学は特許庁に先に申請を始めたことを主張し、特許権の再考を訴えています。さらに、カリフォルニア大学を代表する弁護団は、特許はカリフォルニア大学のドードナ博士にあると主張し、MITに対して訴訟を起こしました。 
これに対してMIT側は、彼らが最初にこの技術を発見したことを主張しています。実際に、MITのフェング・ゼング博士の実験ノートがそれを証明していて、さらに博士らはカリフォルニア大学の方法はヒトでは実証されていないことも主張しています。 
http://www.babwnews.com/2015/05/berkeley-scientists-furious-as-mit-patents-superhuman-gene-editing-tool-for-crispr-dna/
大学間の法廷闘争は、最終的な決定まで時間が費やされる可能性があります。 
さて、米国において特許論争中のCRISPR-Cas9は、いくつかの遺伝性疾患の予防やHIVおよびがんの治療、より高い収穫の食品の開発と飢餓対策などの可能性が期待されています。一方、この技術で倫理的な問題になっているのが、人の受精卵の遺伝子を改変すること、つまり「デザイナーベイビー」への応用です。 
受精卵の遺伝子改変で
簡単に生み出せるデザイナーベイビー
米国カルフォルニアにあるスクリップス研究所(Center for Regenerative Medicine at the Scripps Research Institute)再生医療センターのジャンヌ・ローリング博士は、「Tech Times」誌に対して次のように述べています。 
「私の研究室にいる高校生のインターンは、実際に「デザイナーベイビー」を生み出せますが、私たちはその能力があっても実施してはいません。一定の境界線を越えることはありませんし、それは適切ではないからです。私たちは、赤ちゃんの遺伝子を変えることができるのです。赤ちゃんの目を茶色から青色にするのは、ごく単純な作業です。私たちのラボができることは、他のラボでもできます。赤ちゃんの遺伝子変更に制約がないことが不安です」
http://www.techtimes.com/articles/52818/20150513/crispr-cas9-gene-editing-technology-patent-dispute-technique.htm
ローリング博士をはじめとして、「デザイナーベイビー」への応用に大きな懸念が議論される中、中国のフォング博士らの研究チームが2015年4月18日、中国科学誌「プロテイン&セル(Protein&Cell)」にヒト受精卵の遺伝子を操作したことを報告しました。 
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13238-015-0153-5
この報告は、世界で初めてのヒトの受精卵の遺伝子操作とみなされています。研究者らはCRISPR-Cas9の技術を用いて、遺伝性血液疾患のβサラセミアに対して遺伝子の改変を試みました。具体的には、研究者らが使った86個の受精卵のうち、48時間後に生存していた71個から選んだ54個で遺伝子の操作を行い、28個が正常に修復されました。ヒトの受精卵を用いる場合、成功率は100%に近くあるべきですが、この時点で成功率が低すぎるため、研究チームは中断しました。 
この報告に対して米国国立衛生研究所のフランシス・コリンズ所長は、ヒトの受精卵に遺伝子改変技術を使用する研究には、安全性や赤ちゃんの同意なしに次世代に継承される遺伝子改変を行う倫理的問題があるほか、説得力のある医療用途が欠如していることを理由に、研究費を提供しないという米国内における方針を述べました。 
http://www.nih.gov/about/director/04292015_statement_gene_editing_technologies.htm
科学技術の進展が
独ナチスの「優生政策」を蘇らせる?
さらに「ネイチャーニュース」なども、その技術的問題、倫理的問題を警告しました。実際、フォング博士は、彼らの論文が「ネイチャー」誌と「サイエンス」誌には倫理的問題から拒否されたことを明らかにしています。 
http://www.nature.com/news/chinese-scientists-genetically-modify-human-embryos-1.17378
この技術の応用に対する倫理的な懸念の背景には、「優生学(eugenics)」の歴史があります。優生学は、不良な遺伝子を持つ者を排除し、優良な子孫のみを増やすという思想です。米国インディアナ州で1907年に制定された世界初の断種法や、ドイツのナチスにおける優生政策など、人間は過去に大きな過ちを犯してきました。最近の科学の進歩によって、「デザイナーベイビー」という形で、再び優生学が問題になっています。科学技術の発展による私たちの健康への恩恵は多大ですが、越えてはいけない境界を慎重に見極めるべきでしょう。 
http://diamond.jp/articles/-/71924   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年5月25日 10:16:46 : yUDqv3T4uU
すばらしいと思う。
子供三人皆孝行という古人の理想が実現できるぞ。

02. 2015年5月28日 02:39:23 : hRHDOPUoY2
まず、倫理的ガイドラインが必要でその上で、遺伝的疾患の治療に役立つ研究の道を閉ざすべきではない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
エボラ・ゲノム15掲示板  
次へ