★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15 > 480.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
戦争は、なぜ起きるのか?62 人口削減とUFO問題 4・・・火星の謎
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/480.html
投稿者 あのに 日時 2020 年 6 月 09 日 11:06:56: xZaQXyDl16EGo gqCCzILJ
 


戦争は、なぜ起きるのか?62 人口削減とUFO問題 4・・・火星の謎

1、はじめに

前回61の人口削減とUFO問題 3で、ジョン・E・マックの「アブダクション」のp152 第5章、スコットの証言を紹介した。ジョン・E・マックは、このUFO問題 、アブダクション問題史上もっとも重大なスコットの証言を記したため、暗殺されたとわたしは考えてきた。なぜなら、新型エイズのパンデミックとエイリアンとの関連を記したこの「アブダクション」は、唯一の書であるからだ。他には、このような人類の消滅、黙示録的終末について語った重大な書物は、ただのひとつもない。ジョン・E・マックを知らない人が多いと思うが、アラビアのロレンスでピュッツリア賞を受賞したハーバード大学教授であり、アブダクション研究の信頼のおける中心人物であった。

2、エイリアンは、どこからやって来たのか?について   前回の続き

・ジョン・E・マックの「アブダクション」第5章、スコット  p152

前回61の6でスコットの証言は、さらにつぎのようにある。スコットは、ダブルエージェントであるから、エイリアンの視点にたって語った。



自分が別の惑星から地球にやって来ることにしたのは、地球が「もといた場所にいちばん近い星」だからだという。名前はわからないが、その惑星は黄色っぽく、大部分が砂漠で、水が乏しかった。かっては木々も水もあったが、何か「科学」と関係があるもの(その実態は彼にもわからなかった)が狂ってしまったため、彼の種族は地下に潜った。そこにいるうちにスコットは気分が悪くなり、泣きじゃくりながら、その科学がいかに自分たちの惑星を破壊したかを話し続けた。

それがどんな状況で起きたのか、もっと詳しい情報はないかとわたし(注:マック)は尋ねてみた。だが、エイリアン種族は破壊が起こることを前もって知っていながら、無力だったために妨げられなかったらしいという以外、スコットにも情報はなかった。退行セッションの終了後にやっと思い出したところでは、その破壊の発生は「エイリアンが作ったにもかかわらず止められなかった何か」によって起きたらしく、彼らの惑星ではエイリアンが現在も人工的環境の中で生きているのだという。
かなりの抵抗を見せたものの、スコットが認めたところでは、エイリアンの意図はここ(地球)に住むこと、それも人類のいない地球に住むことだという。
・・・・・・・


この黄色い惑星(前は木々も水もあって、地球に似た青い惑星だったようだ)を破壊したため、エイリアンは地下に潜り、一部は地球へやってきたようだ。この黄色い惑星は火星のように思える。火星の破壊は、エイリアンによるものだったとスコットはいうのだ。

3、火星の破壊の謎

この火星の謎についても、あまりにも多くの事実があり、同時に撹乱情報もあり、混沌としている。
エイリアンによる火星の破壊が、地球へのエイリアンの侵入の原因となったらしい、とまとめておくしか、いまはできない。

火星には、バシアーゴのテレポート体験によれば、火星人とよばれる人間的種族がいまも住んでいるということをまえ書いた。また「火星人面岩」という遺跡らしいものがあり、その顔は、涙を流した人間の顔である。また、かって1mくらいのサイズの人間の顔の彫刻遺物の映像を火星の探査機の動画のなかで見つけたことがあるが、瞬時の削除にあっている。その彫刻は、まるで、ギリシャ彫刻のように端正な顔であった。また火星表面には、グレイの地下基地の入口らしい映像も見つけた。とてもはっきりした特徴があるので、よくエイリアンの地下基地の入口らしいとされる映像はすべてがデタラメだとわかる。つまり、入口出口の2つがセットになっている。考えればあたりまえの話である。瞬時の削除にあっている。

火星の破壊が、火星人文明の消滅を意図したエイリアンの攻撃であった可能性がある。つまり惑星破壊が戦争だった可能性があるのだ。現在、地球で起きていることと同じことが、火星で起きていたのだろうか。エイリアンは考えて、地球では反抗できないよう、トロイの木馬イルミナティを育てることにしたのだろうか。あるいは、インドの古代核戦争も史実だった可能性があるのだろうか。

まえ書いた米ペンタゴンの科学者ブランデンブルグ博士の動画によれば、火星の全面的破壊が水爆によるものだったと講演している。これは、UFO問題を考える 29 地球、月、火星に過去に起こったこと あるいは UFO問題を考える 34:過去の「UFO問題を考える」などにに書いている。


火星の惑星規模の大破壊は、超巨大水爆爆発というエイリアンの「科学」によるものであった。

そして、つぎの地球へのエイリアンの侵入によって、いまの新型エイズによる人類の絶滅が図られているわけだ。5億人のヒト家畜社会をのぞいて、あとすべての人類文化は消滅される。みな、のんきにかまえているが、人類の消滅は近いのであろう。UFO問題や月、火星の問題が、特別に隠蔽、撹乱されたのは、当然至極のことであった。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. あのに[375] gqCCzILJ 2020年6月09日 11:57:56 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[140] 報告

ペンタゴンの科学者ブランデンブルグ博士の動画は消され、今ある動画は、おそらくわざと見にくくされている。20:50あたりのキセノンについてみてほしい。

J.E. Brandenberg - New Mars Synthesis - 21st Annual International Mars Society Convention
https://www.youtube.com/watch?v=VLK-bP7hhKw

2. あのに[376] gqCCzILJ 2020年6月09日 12:15:52 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[141] 報告

こちらは、まだあった。

Dr John Brandburg - Death On Mars
http://www.asyura2.com/09/gm15/msg/480.html?c1#c1

15:00あたり

3. あのに[377] gqCCzILJ 2020年6月09日 13:29:54 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[142] 報告
これがいちばんいい。

What Really Happened to Mars Will Shock You!
https://www.youtube.com/watch?v=voryIzZvRzA

4. あのに[378] gqCCzILJ 2020年6月09日 13:45:54 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[143] 報告

アンドリュー・バシアーゴAndrew Basiago


https://www.youtube.com/watch?v=D4LJLrRaGCE

5:29:07 5:25:16 あたり 3種の火星人

5. あのに[379] gqCCzILJ 2020年6月09日 14:08:27 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[144] 報告

おまけ  UFOの動き

https://www.youtube.com/watch?v=kBFxygqwvwY#t=28m07s


https://www.youtube.com/watch?v=buNCOlB-HeM#t=1h14m10s

6. ゆめ[329] guSC3w 2020年6月10日 03:58:20 : 9G2lLkIaoE : Q2pQRUhBNjVrY1k=[97] 報告
コロナ.パニックで日本人に 危険な人口削減用のビルゲイツ.ワクチンを服用させ
日本人.大幅削減→特亜の大量受け入れ→日本を中国領へ・・与野党.特亜議員の目的!!

これが無害の万能薬アビガンの認証を安倍コリアン政権が裏で妨害している理由!

ダイヤモンド.プリンセス号のコロナ患者100名以上を受け入れた自衛隊病院が
短期にアビガンで全快させた! ウイルス部隊の功績は報道されていない

ウイルス兵器の専門家は自衛隊であり 町医者・学者は素人同然!
院内感染でパニックが証明! 予防薬アビガン服用の議員・官僚は全員無事ww

国民にも公平に無料でアビガンを支給し 免疫を作ればインフル・エイズ・コロナ
サーズ・鳥インフル・等のコロナ.ウイルス兵器に万全となり 経済も通常に戻る

7. あのに[408] gqCCzILJ 2020年7月10日 12:26:03 : oQjMLzQtME : TTlqWGZFWW52RFk=[174] 報告

アマゾン(日本)に本がある。


Death on Mars: The Discovery of a Planetary Nuclear Massacre (英語) ペーパーバック – 2015/2/10
Ph.D. Brandenburg, John (著)


Life and Death on Mars: The New Mars Synthesis (英語) ペーパーバック – 2011/3/1
Ph.D. Brandenburg, John (著)

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > エボラ・ゲノム15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
エボラ・ゲノム15掲示板  
次へ