★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 303.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(転載)ロックフェラーの完全支配 アグリスーティカル(食糧・医薬)編
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/303.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 10 月 26 日 09:54:34: 8X/teMCB5Xc.E
 

以下転載(テキスト文のみ)

ーーーーーーーーーー転載記事ーーーーーーーーーー

完全支配 第2巻 アグリスーティカル(食糧・医薬)編

1920年代の米国に起源を持つ優生学は、ナチス・ドイツを経由し、戦後「遺伝子工学」と名を変えて現在に受け継がれています。その「人種浄化」あるいは「人口削減」の計画が根底に流れる中、石油化学・軍需産業から発達した農薬・医薬ビジネス、1970年代に米国の戦略として確立した世界の食糧支配(グローバル企業のアグリビジネス)が、見事なシナジー効果を発揮し、今日「アグリスーティカル」と呼ばれる複合ビジネスに融合。遺伝子組み換えワクチンは、その象徴的な製品です。本書は、そうした過去1世紀の大きな流れを描いたものです。
Seeds of Destruction
2010年4月刊行(徳間書店)

英語版。8ヶ国語に翻訳されている。

日本語版の刊行に当たり、2009年・豚インフルエンザの章(第15章)が新たに加筆されています。邦訳によりページ数が予想以上に膨らみ555 ページになっていますが、そのボリュームの割には低めの価格設定で徳間書店より提供いただいてます。各章ごとの主なテーマとトピックスは以下の通りです。
第1章 政府と業界の癒着

* レーガン-ブッシュ政権の「規制緩和」でGM(遺伝子組み換え)食品も規制せず。
* 牛のコカインといわれるrBGH(牛成長ホルモン)で一時的に搾乳量は激増したが、その結果は・・・
* 政府(監督官庁)の要職とアグリビジネス企業の重役を往来する「回転ドア」人事。

第2章 企業に屈した「科学」

* スコットランドのプースタイ博士は「私は食べない」とテレビで正直に言ってしまった。
* モンサントからクリントン米大統領への電話一本で、ブレア英首相が研究所に圧力をかけるという国際連携プレー。
* 営利主義に奉仕する英国王立協会などのエセ科学

第3〜4章 1970年代というターニングポイント

* 都合よく発生した1973年の石油危機と食糧危機。
* 米国の世界食糧支配戦略を打ち立てたキッシンジャーのNSSM200。

第5章 1920年代のアメリカに起源を持つ優生学

* ロックフェラー直営のモルモット島プエルトリコの驚異的な不妊手術率
* ロックフェラーが優生学を推進し、ナチスの優生学研究に資金提供した。
* 「家族計画」という「自発的選択」で人類を間引く。

第6章 第二次大戦の終了で「隠れ優生学」に

* 「アメリカの世紀」に向けて準備するニューヨークCFR(外交評議会)。
* ネルソン・ロックフェラーのラテンアメリカ冒険。南米は、ロックフェラー家の「家庭菜園」

第7章 ハーバード大学で発明された「アグリビジネス」

* インドなどで実施された「緑の革命」は、農業の石油化学漬けのことだった。
* アメリカの監禁給餌方式(ファクトリーファーム)畜産の有害廃棄物。

第8章 遺伝子学とゴールデンライス

* 戦後、遺伝子学に名前を変えた優生学。
* 24億人の主食、コメを狙え!
* アジアで「保護のため預った」種子を特許登録して独占。

第9章 多様な作物を栽培する伝統農業を失ったアルゼンチン

* GM大豆実験のモルモット国になったアルゼンチン。
* 「生活にプロテインを」

第10章 イラクの民営化=国家処分セール

* ブッシュが植えた民主主義の種は、GM植物の種だった。
* 多国籍GM種子企業の餌食になったイラク。
* IMFの残忍なイラク支配。

第11章 GMO黙示録の四騎手

* 爆薬・枯葉剤メーカー・不法投棄などGMO企業の華麗なる経歴。
* GM食品の自由貿易を強制する世界の警察官WTO。
* 安全性についてはGM企業に「自己監視」させるFDA。
* アフリカのインチキ・ワンダーポテトの看板女。

第12章 モンサントをたしなめたロックフェラー財団

* ターミネーター種子、トレイター技術。
* モンサントに一歩退却を指示したロックフェラー財団。
* メキシコに殺精子コーン?
* WHOが推進した破傷風毒素入り秘密中絶ワクチン。

第13章 鳥インフルエンザ

* ラムズフェルドのタミフル・コネクション。
* 大規模ファクトリーファームは「安全」であると、家族経営の養鶏を駆逐。
* タイミングよく鳥インフルエンザ耐性のGMチキンを開発して用意していた!

第14章 動物まで「特許」化

* 穀物だけでなく、果物・野菜、豚の精子まで「特許」化する貪欲な企業。
* 危ぶまれる南米の生物多様性。

第15章 豚インフルエンザワクチン

* アグリビジネス食品と医薬品が融合してアグリスーティカルに。
* WHOの空想シナリオ通りにパンデミック発生。
* ビル・ゲイツも参加したマンハッタンの「グッドクラブ」
* メキシコのファクトリーファームの養豚場と感染発生。
* GMOワクチンは過去1世紀の優生学テクノロジーの結晶。
* ナノ粒子の殺人作用。
* 製薬会社の甘い汁は、危険なカクテル。


安全な食品と健康を求める人すべてに、そして医療関係、農業・畜産業の方に読んでいただきたいと思っています。以下は、この本のダイジェスト版・最新情報の捕捉となる記事です。

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減が目的」と語る(2010年3月)
ダイエットにも効果的

この本を読むと、「遺伝子組み換え食品を気にするなんて神経質過ぎる」とか、「少しなら大丈夫」などと呑気でいられないことが分かってもらえると思います。遺伝子組み換え食品は、「異性化糖」(ブドウ糖果糖、ハイフルクトースコーンシロップ、液糖など様々な呼称あり)という形で、大半の加工食品に入っています。やはり遺伝子組み換え材料を使っていることが多いサラダ油(植物油)と並んで、肥満の原因の双璧になっています(参考:「異性化糖」という艶かしい名前の添加物)。ダイエットの秘訣は、運動でも食事量の制限でもカロリー計算でもなく、危険な食品を避けることです。糖尿病の予防・治療にもなります。天然・安全な糖と油を選び、野菜・果物を中心とした食事で、満腹になるまで食べましょう。私はこの本をきっかけに危険な食品を避けたとこと、結果的にダイエットに成功しました(一年少しで約40kg減、BMI標準に到達)。

下記のオンライン書店など、全国の書店で取り扱い中。
Boople(日販IPS) Amazon.co.jp
icon
ロックフェラーの完全支配
アグリスーティカル(食糧・医薬)編
http://click.linksynergy.com/fs-bin/statform?id=7S2oIP6puSg&offerid=33310&bnid=2&subid=0&ifc=4&ifr=9784198629403

ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月26日 10:02:35: pmT4QbcFd1
>ワクチンは人口抑制に必要
間引き思想からくれば、宮崎口蹄疫などはかっこうの事前思想植えこみだったかも。
全体を守るためには一部の処分はやむを得ない・・・

その間引きされる側にまわるのは・・・、
いつか知らないうちに君の襟首にもおふだが・・

新型インフルエンザのワクチン接種に走った医師も一般人も、輩にとってはかっこうのおろかものに見えるのでしょうか?

これは笑い話でもブラックジョークでもどう思って貰っても良いのです。
が、
実際にすでに行われているワクチン接種の正体を知っているものは数少ない。

知らないから愚民にされ、間引きされる?

それは知ろうとしない者の自己責任である。愚ー手


02. 2010年10月27日 08:13:20: tOhI517gdw
ロックフェラーの完全支配(THINKER)
http://thinker365.blog130.fc2.com/blog-entry-45.html

03. 2010年11月02日 04:11:48: ADuCBBz9JU
現実がそうでしょう。知らないものは間引かれる。陰謀にきずかないは生存する資格がないということが現実でしょう。枯れ木に花がさかないのが人間の認識力の成長過程でしょうね。

いいのではないでしょうか。誰が生延びてもたいしたことはない。所詮は。

問題は意識があるかぎり魂は再び生まれ変わってくること。苦しみの輪廻から逃げれない。

ホログラム量子論では個人の意識があるかぎり個人のホログラフ宇宙をつくっていくのです。


04. 2010年11月03日 19:31:56: Dgi9ZT1aCY
>03さん
なるほど。

だます、だまされるという役割を演じて苦しみの中から真実を掴むというゲームをやっているのに、それを自分で乗り越えて解決して行くというゲームに、他人が横から口を出すなというわけか。

岡目八目も邪魔なんだなあ。
すべては体験なんだ。陰謀と言うけど、そんなのは極論だなあ。
自分でだまされる体験を引き寄せの法則でしかない、ロックフェラーのオヤジさんの顔を見てみろ、けっこう良い顔をしているだろ。

彼は素直に人類の負のメンを引き受けている自負があるのだろう。
いや、ロックフェラーでさえも、本質的にはやっていることの意味を知らないのだろう。

問題の本源は自分にある。引き寄せの法則だなあ、全部自分が必要あって成立させているんだなあ〜〜


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧