★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 502.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「老けてる方が早く死ぬ」? 100歳まで生きるには見た目も大事 (週刊朝日) 
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/502.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 23 日 08:30:20: igsppGRN/E9PQ
 

「老けてる方が早く死ぬ」? 100歳まで生きるには見た目も大事
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120623-00000004-sasahi-ent
週刊朝日 2012年6月29日号


 現在、日本では、100歳以上の高齢者の数が5万人に届く勢いで伸びている。長寿イコール幸福ではない時代、若々しく健康なまま100歳まで生きるにはどうすればいいのか。順天堂大学の加齢制御医学講座教授でアンチエイジング研究の第一人者、白澤卓二氏(54)と、肌の再生の専門医でRDクリニック渋谷院長の北條元治氏(48)が語り合った。

*  *  *
白澤:実は、肌のつやなど、見た目のアンチエイジングも健康長寿に非常に大切だということが、学術レベルでもわかってきているんです。デンマークのクリステンセン教授の研究ですが、70歳以上の913組の双子を41人の医療関係者に何歳ぐらいか推測してもらう。その双子の経過を追っていくと、「老けている」と推定されたほうが早く死ぬんですね。

 皮膚そのものが死ぬ原因ではないから、体内の老化を皮膚という見た目が表しているわけです。私は以前は「見た目より内側のアンチエイジング」と考えていましたが、今は「見た目も重要」と考え方を改めました。

北條:細胞の老化に関連しているのは染色体の末端にあるテロメアという領域の長さです。いわば細胞が老化し、死んでゆくまでの導火線・タイマーみたいなもので、細胞分裂するたびにテロメアは短くなり、それが尽きると細胞は老化して死にます。皮膚でいうと、テロメアが短くなって、コラーゲンを作らない老化した細胞が皮膚の下で増えてくると、肌のつやがなくなり、見た目にも年を取って見えるんです。

白澤:ハーバード大学の研究ですが、遺伝子操作をして、ある薬を投与したときにテロメアが長くなる、というネズミを作りました。年を取ったネズミにその薬を投与すると、見た目がどんどん若々しくなった。テロメアを伸展する、というのは、見た目のアンチエイジングの方法として、注目されていくと思いますよ。

 さらに面白いのは、薬の投与によりネズミの脳が大きくなったことです。いったん老化したものが、元に戻る可能性を示唆したという点で、衝撃的な論文でした。ただ、老化しない細胞もある。例えばがん細胞です。がん細胞は不老不死で永久に分裂し続けます。究極のアンチエイジングが実現すると、結局、がんで死ぬということになる。

北條:そこなんですよね。細胞医療、再生医療はがんの問題を解決しなければいけない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月28日 23:23:43 : txKoq6KBVw
ハゲは?ハゲはどうよ?

2. 2016年4月24日 17:31:09 : 6hPo1xC50I : Ey_oYcV8AX0[4]
TECHNOLOGY

【新発見!】細胞をコントロールすることで、「老化やガン」とおさらば!

Michael
http://tabi-labo.com/49141/telomerasecancontrolafing/(全文)


人は誰でも歳をとり、やがて死ぬ。今この瞬間も着実と歳を取っている。しかし、IFL SCIENCE! の「Researchers Discover Off Switch For Aging Cells」によれば、今後人類は老化をコントロールできるようになるかもしれないとの発表がされているようだ。まさかの不老不死が実現か?

■ テロメアが老化のカギ

そもそもなぜ人は死ぬのか。DNAの染色体にはそれぞれ「テロメア」という構造物が含まれており、細胞分裂するたびにすり減って短くなっていく。細胞分裂にはテロメアが必要で、それなしには細胞分裂ができないのだそうだ。年齢と共にテロメアが短縮、やがて細胞分裂が停止し、人間の活動も停止する。


■ テロメラーゼが寿命を伸ばす?

似たような名前の「テロメラーゼ」という酵素がある。実は、この酵素が老化をストップさせる役割を持っているのだという。というのもこの「テロメラーゼ」には「テロメア」を伸ばす機能があり、細胞分裂するたびにすり減っていくテロメアを伸ばすことで、無限に細胞分裂ができるようになる。

Photo by martinak15 on flickr


■ 老化やガンはコントロール可能に

研究者によれば、この「テロメラーゼ」の機能はオン・オフの切り替えが可能であることがわかっている。将来的に自由にコントロールすることで、細胞分裂のプロセスを活性化させたり、逆に緩やかにすることもできるかもしれないという。

★実はテロメラーゼはガン細胞から発見されている。ガン細胞が死なない理由はこの「テロメラーゼ」の働きが原因だとほぼ確実視されている。将来この酵素を自由にコントロールできるようになれば、老化だけではなく、世界のガン治療は大いに発展するのではないだろうか。



3. 2016年4月24日 17:38:33 : 6hPo1xC50I : Ey_oYcV8AX0[5]
>ハゲは?ハゲはどうよ? の>>01様へ


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


真実を探すブログ

2016.02.07 10:00|カテゴリ:健康問題全般| コメント(18)

【画期的】ハゲに朗報!薄毛になる仕組みが判明!数年以内に薄毛の治療薬が開発される可能性も!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9937.html(一部引用)

(前略)

☆年をとるとなぜ薄毛になるのか…仕組み解明
URL http://www.news24.jp/articles/2016/02/05/07321636.html(★削除)

引用:
東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究チームが、毛を生み出す細胞を作る「幹細胞」の一生を追跡した結果、人は年をとるとなぜ頭の毛が薄くなるのかについて仕組みを解明したと発表した。西村教授は「5年から10年の間に治療薬ができれば」と話している。
:引用終了

(後略)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧