★阿修羅♪ > 不安と不健康15 > 679.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“高コレステロール”に注意! 気づいたときには動脈硬化寸前 (ZAKZAK) 
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/679.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 12 月 11 日 10:37:00: igsppGRN/E9PQ
 

        会社などの健康診断の数値を改めてじっくり見てみよう


“高コレステロール”に注意! 気づいたときには動脈硬化寸前
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121211/dms1212110711003-n1.htm
2012.12.11 夕刊フジ


 60歳以上の男性は、2人に1人が高コレステロールといわれる。。血圧と異なり日常意識しにくいコレステロール値だが、気づいたときには動脈硬化をもたらす寸前になっているかも。寒い季節、脳卒中や心筋梗塞のリスクはいっそう高まるだけに要注意だ。

 【善玉低すぎも問題】

 コレステロール値は、近年、チェック項目が変わった。総コレステロール値は重視されなくなっている。血液検査で特に数値のチェックが必要な要注意項目は次の3つだ。

 ◎LDL(悪玉コレステロール)値が140超

 ◎HDL(善玉コレステロール)値が40以下

 ◎中性脂肪(TG)が150以上

 これらのうち、ひとつでも当てはまれば、動脈硬化のリスクが高い立派な「脂質異常症」。以前は「高脂血症」という名称だったが、最近はこう呼ばれている。

 また、『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版』では、これまで「善玉」とされてきたHDLについて、「40mg/mL以下を低HDLコレステロール血症」と初めて定義した。

 HDLは健康診断では項目に挙がらないこともあり、見落とされる可能性がある。「低いから大丈夫」とばかりは言えないのだ。

 【自己責任でチェック】

 内科・血液内科を専門とするナビタスクリニック東中野(東京都中野区)の濱木珠恵院長はこう話す。

 「日本人の死因の第2位は心臓病、第3位は脳卒中。いずれもコレステロールに起因する動脈硬化が原因です。太っているかどうかは関係がない。自覚症状がないまま数値が進んでいくので、定期的に健康診断を受けて、自分のコレステロール値をチェックしてください」

 コレステロール値を上げる要因は年齢(男性45歳以上、女性50歳以上)、高血圧、喫煙、家族歴、糖尿病など。

 定年後は健康診断の機会を失いがちだが、しばらく血液検査をしていない人は、すぐに病院で検査すべきだ。数値が正常値を大きく逸脱している場合以外は、食生活や運動による日常生活の改善だけで十分、下げられるという。

 濱木院長は「たとえば、LDLが、120から139の間なら境界性と判断される。3カ月から半年程度、栄養や運動指導を受けながら、日常生活を工夫していく。うまくいけば、このまま正常値に戻る場合もあります」と説明する。

 【散歩、家事、薬】

 運動が体に良いといわれても、習慣のない人がいきなりランニングなどを始めるのは難しい。そこで、濱木院長がすすめるのは、散歩と家事だ。

 「ひと駅手前で降りて歩く、住まいの掃除をこまめにする、などで続けられるものを選びたい。こういった軽い生活改善でよくなる人は多いのです」

 食事や運動療法で効果が上がらなければ、スタチン製剤という薬を1日1回使うことになるが、薬ですべてOKというわけではない。そのままの生活を続ければ、数値は簡単に改善しないのは当然。やはり生活習慣を見直す必要はある。

 長期間、食事をコントロールするのは一見、険しい道だが、濱木院長は、こうアドバイスする。

 「要はバランスの問題です。食べる人は生きる気力が強い。たまには好きなものを食べて飲んでもいい。そうするためにこそ、長い目で運動と食事制限を続けていく。『動脈硬化という見えない病気が今、自分の身体のなかで少しずつ作られている』と考えて、ゆるく細く長く調節していきたい」(濱木院長)

 今日から、少しずつ歩いてみよう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月11日 19:40:17 : pbIv0t6d0M
騙されてはいけません。コレステロールー嘘とプロパガンダを読んでみてくださくぃ。フランスの学者が真面目に書いた本です。コレステロールは悪さをしません。善玉、悪玉は製薬メーカーが薬を売るために作った物語です。世界の一流誌に載った論文も、利益相反、捏造、ゴーストライター、試験のルール違反など、なんでもありです。よく言われるフラミンガムスタデイでさえもコレステロール推進派によって操作されており、不都合なデータは隠蔽されているようです。2005年以後は、有効性を証明するようなデータはありません。
どのデータを見てもスタチンを使用した方が総死亡とか癌が増加しており、心筋梗塞などの予防効果は殆ど認められていないようです。
原始力村があるようにコレステロール村があるのです。健診、検診で寿命は伸びません。近づかないことです。


02. 2012年12月25日 17:51:24 : VODzwNABQw
>>01

同感です。

>60歳以上の男性は、2人に1人が高コレステロール

こんな基準をよく作りますね。こうなるともう「異常」ではないですね、正常より以上のほうが多いんだから。年取るのが病気みたいなもんですね。
コレステロールと病気との因果関係をもっと厳密に検証すべきです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧