★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
長崎県知事選:マスコミはいつものように前原大臣に“本音”の吐露を“顔色”で、ねだった
http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/425.html
投稿者 加藤 日時 2010 年 2 月 23 日 19:16:47: ZcB0xpcLKA8ZE
 

本日2月23日午後に、各マスコミのHPを調べてみた。淡々としていたのはNHKであった。

NHK:長崎知事選敗北 閣僚に懸念の声も
@「鳩山総理大臣と小沢幹事長は、まさに民主党・政府のトップであり、どうすれば参議院選挙に勝てるか、状況を客観的に分析し結論をしっかり出してほしい」と述べたうえで、
A記者団が「小沢氏の立場をめぐって新たな局面になるか」と質問したのに対し、
「どうすれば勝てるのか、小沢氏自身が総合的に判断すると思う」と述べました。

率直に読むと、
@「鳩山総理大臣と小沢幹事長は、もっと指導力を発揮して、懸案となっている法案を通過させ、参院選に臨んで欲しい」
A「小沢氏に対して辞任を要求する民主党内意見が沸き起こるか」と記者団は質問したが、前原氏は「小沢氏“自信”による総合的判断であって、党内で辞任要求が高まることはない」と逃げた。
「小沢氏が辞任しても参院選で苦労する。全国の選挙区情勢を分析できるのは小沢氏のみである。また、小沢氏がどのように内閣をサポートしたら良いか、お考えになるだろう」との含みがある。

ここにある「記者団」は各々どんな記事を書いたのか。岸井さんの言った“顔色を読んだ”記事のようですが、皆さん同じ感想である。感想にも“談合”あり。
毎日新聞:進退問題に及ぶ可能性もあると示唆した。
日経新聞:参院選に向けた小沢氏の対応を促した。
共同通信:小沢一郎幹事長の自発的な進退判断に期待感を示した。
A N N:自発的な辞任判断に期待をにじませました。
日 テ レ:自発的な辞任も含めた判断に期待感を示した。
T B S:「政治とカネの問題があった」と述べた。

毎日新聞は今話題の千葉景子法相にぶらさがり。法相の空気の読めなさを際立たせる効果は認められる。
毎日新聞:長崎知事選大敗:「政治とカネ」影響 閣僚から発言相次ぐ
千葉景子法相は「民主党の自由闊達(かったつ)な雰囲気に期待があったと思うが、いささかそういうところで『大丈夫かなあ』との気持ちを抱いたところがあるかもしれない」と述べ、「小沢支配」と指摘される党の状況も敗因の一つと分析した。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年2月23日 21:06:41
それにしてもアメリカの考えがさっぱり分からない
わざわざキャンベルを使って小沢をアメリカに呼んでおいて
それでもなマスコミの小沢叩きをやめさせない
一体何を考えているんだアメリカは?
このまま小沢を潰したらアメリカに呼び寄せた意味が無くなるだろうに
それとも小沢を呼んだアメリカと叩いているアメリカは別のアメリカなのか?
或は小沢がまだアメリカに対して色よい返答をしていないのか?
何か事態は誰にとっても予想外の方向に暴走を始めてしまったのかも
それはアメリカにとっても予想外なのかもしれない
どうもそんな気がする
しかしこのまま小沢を潰す事はアメリカにとってもいい事ではない
短期的にはさしたる影響はないだろうが
長期的にみると日本の政治がカオス化する事はアメリカにとっても確実にマイナスだ
ならアメリカはためらわず決断すべきだ
そろそろ老醜を晒すナベツネ達と手を切ってもいいはずだ
どうせこいつらの後釜はもう決まっているのだろうし
アメリカがホントに小沢を選択したのなら
マスコミの暴走をただちに止めるべきだ
すくなくとも小沢の訪米までは休戦すべきだろ
小沢に対する最終判断は訪米の後に決めたらいい
それが賢さと言う物だろうに

02. 2010年2月23日 22:17:48
前原氏には いつも がっかりさせられる。
政権の重みを理解していない。
自民の広報のような方だ。

03. 2010年2月24日 07:53:05
前原、枝野は期待通りの発言?
ガス抜き。

言わせておけばマスゴミもねたに困らない?

言わなければ言わないでまた独裁政治?


04. 2010年2月24日 12:19:51
01>>いつから日本はアメリカの植民地になったの?

05. 2010年2月24日 13:22:18
03>
平成ガスサービスのほう、からやってきました〜
オタクのガス抜きバルブの出来が悪すぎて
交換したいのですが?
え〜未だいい?
ガスが抜け切って
ボンベも交換になりますけど



06. 2010年2月25日 12:47:31
日本は敗戦以来アメリカの植民地
サンフランシスコ講和条約で一見独立をしたかのごときではあるが
進駐軍が名称を在日米軍と改めただけ。
中国の軍事的脅威を受ける台湾には米軍部隊は駐留していない。
北朝鮮の軍事的脅威を受ける韓国にある基地の数は日本よりずっと少ないし
在韓米軍は徐々に撤退している。
日本の基地の減少は僅か、逆に集約されて基地機能は強化され米国の世界戦略の片棒を担がされている。
常に米軍の軍事力の下にさらされている。

07. 2010年2月28日 03:26:47
>>1
>しかしこのまま小沢を潰す事はアメリカにとってもいい事ではない

そうですか? 
 アメリカにとって自民党の時のように何でも言うことを聞くような
体制が一番、都合が良いのではないですか。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評10掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧