★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評9 > 168.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
【村西とおるブログ】 陣内と紀香の離婚の「真相」 2009.3.19
http://www.asyura2.com/09/hihyo9/msg/168.html
投稿者 passenger 日時 2009 年 3 月 22 日 09:05:08: eZ/Nw96TErl1Y
 


【村西とおるブログ】 陣内と紀香の離婚の「真相」 2009.3.19


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
村西とおるチャンネル http://muranishi-ch.com/

村西とおるブログ・日記
http://muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi
http://muranishi-ch.com/new/news/blog.cgi?mode=main&no=58

◆ 陣内と紀香の離婚の「真相」 2009.3.19


藤原紀香にはこれまで、彼女にまつわる色々な「噂」がありました。
しかしそれらの「噂」のほとんどがマスコミで取り上げられ
「表沙汰」になることはありませんでした。

そのなかで最も注目されていたのが「男」関係でございます。
彼女には陣内と結婚するまで、あれほどセクシー女優としての名を売っておきながら
「浮いた話」はほとんどありませんでした。

一度「格闘技の選手」との「湘南デート」が報じられましたが、
それとて彼女がTVで司会をしていた「格闘技番組」の「番宣」のやらせと
思われるものでした。

昔から彼女の「男」は、所属するプロダクションの「バーニング」の
社長であり、芸能界のドンといわれる「S氏」といわれてきました。

陣内と結婚するとき「そのこと」を雑誌に書かれ、
その出版社とは「裁判」までに発展しています。

また「S氏」は日本のヤクザ社会とも深いつながりがある、
と噂されてきた人物であります。実際日本の裏社会の人間と
「親しい関係」にあったのは事実のようであります。

が一方「S氏」に対しては「チンケな野郎」と酷評する極道筋もいます。
それは夜の六本木で極道筋と出会うとタカられるかと恐怖にかられて
「必死な顔相」ですぐ逃げるからと、評されているのであります。

「S氏」の裏社会の交流の深さのせいでしょうか、紀香嬢は広域暴力団Y組の
先代組長「W氏」とは「愛人関係」にあった、とも噂さされていました。

「W氏」は無類の巨乳好きで、たっての「ご使命」に「S氏」も抗い切れず差し出した、
といわれていました。「W氏」が大阪から状況して来るとき「定宿」にしていた
箱根の「しにせ旅館」が「密会の場」である、とされていました。

その頃、六本木のクラブで遊んでいる紀香嬢に「酔漢」がしつこくからむ、
という出来事があり、その時紀香嬢がケイタイでどこかに電話をかけたら、
アッという間に4、50人のヤクザがかけ参じてきたという話もありました。

そうしたことから「W氏」との「ただならぬ関係」が「噂」となって
「発信」されたのでありました。そうした「噂」が「事実」であれば、
芸能界とヤクザのドンを同時に相手にしていた紀香嬢は、
ただの「タレント」ではないことは確か、なのであります。

彼女が陣内と「結婚」することとなって、その真相をめぐって「芸能スズメ」
の消息通の間では「諸説」が乱れ飛びました。

事情通によれば次の二つの理由が最も真相に近いだろう、というものでした。

一つは芸能界のドンが所属事務所の別のタレント「稲盛いずみ」
にご執心となったために、その腹イセで結婚したというものです。

もう一つは「W氏」が組長の地位から降りたせいで、その強い束縛から解かれ
自由の身となった、この二つのいずれかが、あるいは重なって陣内との「結婚」となった、
との見立てでございます。陣内に「惚れたから」という意見にくみするものは皆無でありました。

女優という生きものには「魔性」が潜んでいます。

すべての行動原理は「自からの利害得失」による、という「魔性」であります。
その女優が「好きになったから」という理由だけで女優が結婚するとはまったく
考えられないのでございます。

女優は自分自身に惚れて惚れぬいて、自分しか愛せなくなった人間の就く職業
でございます。由に人前で他人の男とも平気でSEXが出来て、
泣き笑い叫び歌えるのでございます。

女優とは人々からの「喝采」に魂を売り渡した人間であります。

「喝采」のためならなんでもやれる、のでございます。
淫売になれるどころか、必要なら人殺しさえやりかねない、
それが女優であります。

だから普通の「お嬢さま」では絶対に「ならない」「なれない」
のが「女優というお仕事」なのでございます。

今回の離婚報道があって、芸能界の事情通は誰れもが「やっぱり」
と納得したのでありました。写真集やビデオ、映画やテレビ番組といった
幅広い「芸能活動」をしながら、これといったヒットが無いのが藤原紀香でした。

しかしそうした鳴かず飛ばずタレントでありながら、ヒンパンにテレビやCMに
出演し、離婚騒動のさ中も「何とか大使」というたいそうな「公の立場」で
アフリカでお仕事をしている、芸能界では不思議な存在であることころに、
今回の「離婚」の真相があるとみることができるのでございます。

陣内が夜の夫婦生活で、紀香が整形オッパイであることを気にして触られること
を嫌がるので、満足にオッパイを触ったことが一度もないとの「噂」も立ちました。
そんな結婚は「格差婚」でなく「ダマシ婚」であります。

本人は大得意であったかも知れませんが、
陣内は芸能界の事情通からは隠で「阿呆」呼ばわりされていたのであります。
今回の離婚は裸の「王様」だった陣内には誠にラッキーでした。

これからしばらくの間「離婚」騒動は紀香の事務所主導
で展開していくことでありましょう。

そして紀香に傷つくことのない「物語」が世間に「真相」として認知されて、
一見落着となりましょう。

そうした流れのなかで、馬鹿でもない陣内はやがて「結婚」と「離婚」の真相に
気ずくこととなり、紀香と離婚したことは実に命拾いをしたことだったのだ、
と理解するでありましょう。

業界の仲間でもある及川奈央の罰があたったのだ、と愉快に思いつつも、
好漢陣内の「お気の毒」を祝福するものであります。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評9掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仙台四郎[40] kOWR5I5smFk 2016年2月23日 22:17:41 : IlKlEV2JkY : SldAUIpqS@w[30]
おっぱいに触らせてもらえなかった陣内

哀れな男だ・・・


2. 2016年2月26日 23:43:27 : ieWv9dCDTY : dFq@yhjfgTc[3]
どれほど美人でもいつかは白髪でしわだらけのお婆さんになる。
どれほどイケメンでもいつかは入れ歯のおじいさんになる。

若い頃に結婚すると、同じように老けていくから、お互いが老人老婆になっても
若い頃のイメージをしわだらけの相手の顔にかぶせて幻のように見ているから
、一緒にいられるそうだ。
それに徐々に老化していくから、お互いが日々なれていく。
だから、若くてきれいなうちに結婚して、共に白髪の生えるまでというのが理想なんだろうね。


3. 2016年3月21日 21:36:33 : AnmerX5HFM : mE79Ap_2sHE[1]
化膿姉妹も似たようなもんかw

4. 2018年10月15日 23:40:56 : 54qpdf8OJs : yNXT9xTtedE[16] 報告

>>3
何となく漢字が違っているような気がするが? 気のせいだったかも?

安倍が得意の英語で言いそうだね「オー・ノー!」ってね!

にしても、最後のコメが2年半前とは、・・・・。

5. 2019年7月29日 21:37:51 : L9Ud8FMmiM : eVpKQ2gzTk53cmc=[11] 報告
レオパレスのりか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。