★阿修羅♪ > 雑談専用38 > 386.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
興味深いですね。此の「裏柳生」と云ふ存在の情報は
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/386.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 23 日 22:41:00: xsXux3woMgsl6
 

(回答先: 特に顯著に成つたであらう明治維新以降の僞物の日本を白日の下に曝け出す鍵は、徳川さんが握つてゐるのではないのか 投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 20 日 16:37:26)

 
 
 
 
教えていただきまして有り難う御坐います。
此の「裏柳生」と云ふ記述を見た時に、
寺澤武一の漫畫「『ゴクウ』(MIDNIGHT EYE ゴクウ)」を思ひ出した。
(あの漫畫は以前から氣に成つてゐた漫畫なのだが、
 ウイキの情報に據ると實寫化すると云ふ情報があり、
 個人的には非常に氣に成る。
 何か此の一聯の歴史的流れと關係が有るのか)
 
 
ゴクウ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B4%E3%82%AF%E3%82%A6&oldid=30687403
 
 
特に顯著に成つたであらう明治維新以降の僞物の日本を白日の下に曝け出す鍵は、徳川さんが握つてゐるのではないのか
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/378.html#c1
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 20 日 16:37:26: xsXux3woMgsl6
 
 
01. 2010年3月20日 19:57:19
>そもそも徳川お庭番衆のような諜報組織が完全に消滅したのだろうか。
>其のような公儀隠密の組織が完全に徳川勢力の手から離れたのだろうか

大昔の記事にこれに関連する話が出ている。
http://www.asyura2.com/1996read.htm
 
 
 
 
「フイラデルフイア・エクスペリメント」の事が載つてゐる本が、
ムースーパーミステリーブツクス以外にあるとは。
「黒魔術の帝國」と云ふ本を讀んでみたい。
「龍の契り」も讀んでみたい。

おわだまさこ かわしまきこ の件は、
「ヘブライの館」に載つてゐたので其處で知つてゐた。
 
 
「ヘブライの館 2」 3F/古代ヘブライ研究室
「日ユ同祖論」の謎 (「ヘブライ人渡来説」の研究)
http://hexagon.inri.client.jp/floorA3F_hb/_floorA3F_hb.html
 
 
また、此處に記載されてゐる吉田松陰の家紋が逆卍と云ふ記述は、
檢索した所、逆卍では無く、通常の卍になつてゐる。
「五瓜に隅立て卍」、「五瓜左卍 」、「瓜に内卍」等と呼ばれてゐる家紋。
 
 
長州藩 吉田松陰の家紋の画像 | 日本の伝統美「家紋」の不思議
http://ameblo.jp/kamonn/image-10137246928-10091266401.html
 
 


 
 
アインシユタインは話は、田中智學が語つたと云はれてゐるものと思はれる。
 
 
アインシュタインの予言
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BA%88%E8%A8%80&oldid=30848340 
 
 
偽書説

2005年(平成17年)、ドイツ文学研究者の中澤英雄・東京大学教授は、この発言がアインシュタインのものであるという確定的な典拠は存在せず、またアインシュタインの思想とは矛盾する内容であると発表した。中澤は、この「予言」の原型を、宗教家田中智學が1928年(昭和3年)に著した本『日本とは如何なる國ぞ』の一節であると指摘した。
 
 
 
 
★阿修羅♪読者のページ1996/01/31-1996/12/29
http://www.asyura2.com/1996read.htm


96/07/??

しばらくぶりで、#8が活況をおびてきました。
インターネットをつかわれているので再アクセスしてみます。
その後、わたしもいろいろ研究したのですが
やはり、魔術の世界に入らざるをえないことを痛感しています。
VFF21666にしても、呪術です。21世紀666です。
お わ だ ま さ こ   か わ し ま き こ   卍がための配列で呪縛されているわけです。
国家安康も、家康を分離する呪術だったわけです。
参考文献として、荒俣宏 監訳 黒魔術の帝国 徳間書店があります。
この本は、第次世界大戦を魔術の世界から分析したものです。
ヒットラーが、なぜ冬季にロシアを攻めたのかの謎が解明されています。
アメリカ海軍のフィラデルフィアエクスペリメント(映画もある)についても記載されています。
荒俣によれば、日本の大戦の裏面史だともいっています。
錬金術師たちの子孫が、この地球にまだ健在にいることです。
ヒットラーの逆さ卍は、吉田松陰の家紋です。
破壊を意味する呪術です。
麻原がひかれたナチは、ずいぶんチベットの研究をしています。
こんど*********という人にあいます。
いま世田谷区で電磁波の障害がたいへん多いということを彼はいっています。
なぜ、世田谷区に集中しているのか?
そして、世田谷区でネズミの被害がたいへん大きくなったことも関連しそうです。
さて、彼らのアナリシスをして、つぎにどのような戦略をたてるかですが
これは、日本の地底にひそむ裏柳生がまだあるらしいのです。
アジアの利権と通信衛星の利権がむすびついており、テレビ朝日買収のうらには、
壮絶なる戦いがあるとおもいます。
広瀬隆にこの間ある会合であったとき、絶望しているが実にすがすがしい印象を受けました。
体をはって戦っている感じです。
玖珠市の市長選挙で、原発反対派がまけたようですが
なんといっても明日の理想より、今日の食料です。
わたしは、この現実の前に、たたかっている人にほんとに頭が下がります。
ユータスマリンズにも講演会にいきました。こちらはずいぶん年寄りでつかれている感じでした。

★阿修羅♪メールする。
>>SUB:お久しぶりです。 <★阿修羅♪カット>
よかったらインターネットホームページも見てみてください。
>>VFF21666にしても、呪術です。21世紀666です。 うぅをぉ!21世紀666とはぁ!!!
知らなかった。キてますね。
>>参考文献として、荒俣宏 監訳 黒魔術の帝国 徳間書店があります。
>>この本は、第次世界大戦を魔術の世界から分析したものです。
>>ヒットラーが、なぜ冬季にロシアを攻めたのかの謎が解明されています。
>>アメリカ海軍のフィラデルフィアエクスペリメント(映画もある)についても
>>記載されています。
>>荒俣によれば、日本の大戦の裏面史だともいっています。
>>錬金術師たちの子孫が、この地球にまだ健在にいることです。
>>ヒットラーの逆さ卍は、吉田松陰の家紋です。
>>破壊を意味する呪術です。麻原がひかれたナチは、ずいぶんチベットの
>>研究をしています。 なぜ、魔術が力を持つのか。魔術とチベット仏教の関係はどうか?
このことが麻原の書籍に載っているとの情報もあります。
>>こんど*********という人にあいます。
>>いま世田谷区で電磁波の障害がたいへん多いということを彼はいっています。
>>なぜ、世田谷区に集中しているのか?
>>そして、世田谷区でネズミの被害がたいへん大きくなったことも関連しそうです。
追って、情報をお待ちしております。
>>さて、彼らのアナリシスをして、つぎにどのような戦略をたてるかですが
>>これは、日本の地底にひそむ裏柳生がまだあるらしいのです。
>>アジアの利権と通信衛星の利権がむすびついており、テレビ朝日買収
>>のうらには、壮絶なる戦いがあるとおもいます。 理解不能。
よかったら、参考図書あるいは、メールにて直接の ご教授を。
>>広瀬隆にこの間ある会合であったとき、絶望しているが実にすがすがしい印象を
>>受けました。体をはって戦っている感じです。
広瀬隆さんは新しい書籍あるいは雑誌投稿ありますか?
もしかして見逃しているような気がして気になっています。
>>玖珠市の市長選挙で、原発反対派がまけたようですが
>>なんといっても明日の理想より、今日の食料です。
>>わたしは、この現実の前に、たたかっている人にほんとに頭が下がります。
>>ユータスマリンズにも講演会にいきました。こちらはずいぶん年寄りで
>>つかれている感じでした。

ユースタスマリンズに関連して気になる情報があります。
彼は北海道でも講演会をしたと、聞いていますが、
そのときに使用するバスの運転手になるはずの男がフリーメイソンロッジのサブマスターであったとか。
そして、まさにその男が、北海道の巨石の落石で死んだバスの運転手!ホントか?
誰かの講演会で言っていたそうです。
インターネットの★阿修羅♪ホームページですが、 <★阿修羅♪カット>

このページにおいて、「来たメール匿名紹介」をしています。
よって、私宛にメールを頂けば、読者のページに載ります。
何か情報がありましたら、どしどしお寄せください。
(紹介できない情報でしたらそのことを明記してくださるようお願いいたします。)
今回のメール、「******」と差出人だけ「****」にして、
読者のページにて紹介したいのですが、よろしいでしょうか?
では、メールお待ちしています。
 
 
●○その後、来たメール
広瀬隆の最新著作  宝石で4月頃連載していました。
アトランタ5輪で、なにかが仕掛けられるという筋です。
はじめて、フリーエネルギーのことがでてきます。
これは、近く緊急出版される予定です。
あとは、「ハリウッド大家族」が出版されています。
裏柳生  およそ国家と名のつくところに、諜報機関がないわけはありません。
日本では、公安、自衛隊、内調、警視庁などがそうだといわれていますが
実は、それ以外の諜報機関が存在するはずです。
これをとりあえず裏柳生とよびます。
姿を現していないので、彼らにとっては最大の脅威です。
ブッシュが宮内庁で吐き、その映像を厳戒の報道管制のなかで
世界へ配信したのも、裏柳生です。
これは、ブッシュがあし原市(日本神話関連地)に訪問した返礼です。
現在、彼らは、アジアで経済発展を企図していますが、通信衛星の利権をつくろうとしています。
携帯電話をいきなり普及させるわけです。
また、歌舞音玉についても、テレビ網を衛星をつかおうとしています。
このコンテンツは、どうしても洋物では、アジアの人が受け付けません。
ところが、日本のアニメや「おしん」のような日本のドラマが受けいられることがわかってきました。
日本人は、ハリウッドが力をもっているとおもう低い知能なのでそれを餌に、
テレビ朝日を買収したものです。
まだ経営権をもっていませんが、これから裏柳生との戦いになるはずです。
彼らに対する戦略というものが、日本のユダヤ本にはありません。
真実を知らせるだけですが、具体的な戦略を提示した本があります。
講談社 服部真澄 「竜の契り」です。
これは、裏柳生が書かせたものとおもわれます。
ただし、別の情報では、日ユ共同路線が確立したとの話もあります。
以上、すべてが憶測です。証拠のようなものはありません。
匿名であり、個人名を隠せば、転載自由です。
最近、気になることは 世界で一番神性のある国家は、日本であり、
それをアインシュタインが いったと書いた本が数多くあります。
事実関係を調べてみると、アインシュタインがそのようなことをいったことは ありませんでした。
このようなドラマツルギーをつくるのが、彼らはうまいのですがアインシュタインとはよく考えたものです。
この説を流布することにより、何を考えているのでしょうか。

★阿修羅♪コメ:と、こんな感じでメールは続くのでした。
このメールに対する、他の人からのメールの一部。
「阿修羅♪HP」の、{講談社 服部真澄 「竜の契り」}は、たぶん出版社は「祥伝社」だと思う。
帯の宣伝では、
−−−香港返還に材を採った迫力の国際謀略サスペンス
各マスコミ絶賛!! はっとりますみ(本名)1961年 東京生まれ 早稲田大学教育学部卒業、
編集制作会社勤務を経て現在はフリーエディター。
本書 処女作品。 平成7年7月20日初版第一刷
9月5日 第7刷 1800円 434P−−
「はっとり」という名前も気になりますね! 情報ありましたら宜しく!
 
 
 
 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧