★阿修羅♪ > 雑談専用38 > 789.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「現実逃避としての"愛国"」 と 「僕たちは"戦争をする理由"を失った」 (文筆劇場)
http://www.asyura2.com/09/idletalk38/msg/789.html
投稿者 五月晴郎 日時 2010 年 10 月 26 日 11:44:02: ulZUCBWYQe7Lk
 

(投稿者記)http://hiroya.web.infoseek.co.jp/ 「文筆劇場 ジョン・スミスへの手紙  サイバー・ラボ・ノート」から下記を転載投稿します。

掲題のような題目を付けた文章には地に足がついてないようなものが多かったのですが、下記は違います。

=転載開始=
ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (2717)

 現実逃避としての"愛国"

 「"愛国"とは、現実逃避の別名である」。今まで、公然と主張することはさすがに憚られました。

 しかし、中国に反発する若者たちが政治運動に組み込まれつつあるので、この際、言っておかなくてはなりません。

【写真】日中に反中国デモが発生し、物々しく警備される中国大使館
 (投稿者記:同投稿記事冒頭のURLに写真掲載)


 そもそも、大衆運動あるいは政治運動に肩入れするのは、大抵、その時代のミスフィッツ(社会不適応者)たちです。

 これは、"波止場の哲人"であるエリック・ホッファーが今から60年前に指摘していたことです。それは現代社会においても例外ではありません。

 将来が閉ざされた若者にとって、愛国心という「神聖な大義」は、あまりに輝いて見えるものだ。極端な例になりますが、現状に満足している人間は、"自爆テロ"に走ったりしません。

 冷酷な言い方になりますが、個人としての競争に敗れた者は、自分のアイデンティティを「国家」や「民族」と同一視する場合が多いものです。

 僕自身、最も"愛国心"が高揚したのは、大学受験に失敗した浪人時代でした。このことは正直に告白しておかなくてはなりません。社会からドロップアウトした者ほど「愛国者」になりやすいとは、皮肉な逆説です。

 極論すれば、普通の生活を送るなら、愛国心は希薄な方が望ましいのです。

 集団の一員であることを最も誇りに感じるのは、その集団の底辺にいる者たちです。これは大学、企業、国家のいずれにも当てはまります。誰しも薄々、気付いているでしょう。

 庶民が、殊更に「日本人であることの誇り」とか感じて政治運動に参加するのは、何か歪みがあるのです。

 おそらく、"彼"は何かから逃げている。それは、生活費を稼ぐという制約であったり、学校で苛められていることだったり、職場での不遇だったりするのでしょう。

 一般に男は天下国家を論じるのが好きですが、それが仕事でない限りは、多分に現実逃避の意味合いを持ってます。僕自身、大上段に構えた話をするときは、そのような自覚を持つようになりました。

 結局のところ、思想はその人が置かれた社会的な立場、経済的な立場と無縁のものではあり得ない。

 低所得者や社会不適応者が左翼運動、民族主義運動、さらには宗教運動にコミットするのは世の常です。

 理論の名前や中身は様々でも、いずれも「怒った若者のガス抜き機能」を果たしています。このような大きな構造を無視して、思想の中身の議論に没頭するのは滑稽でしょう。

 これがリアリストの見方だと、今の僕は考えています。

山田宏哉記

・・・・・・

ジョン・スミスへの手紙
 サイバー・ラボ・ノート (2724)

 僕たちは"戦争をする理由"を失った

 インターネットの普及以降、「戦争をする理由」がなくなったと思います。

 もはや大国間で"正義のための戦争"をする必然性はありません。自分が軍隊に志願し、敵国の兵士を殺したいなどと思うこともないでしょう。

 まして、ニューヨークやロンドン、香港やシンガポールといった都市を爆撃して、一般市民を殺傷するのは、人道上、許されないと考えるべきでしょう。

 いつしか僕たちは「戦争を仕掛けて、皆殺しにしたい程に他国の国民を憎む」ということができなくなりました。極悪非道な独裁者に支配された国家であっても、その国民の大半は普通の人間なのだと知ってしまったからです。

 先の戦争の際、「鬼畜米英」などと言って憎悪を募らせることができたのは、結局は、情報不足で相手のことを知らなかったからです。知ってしまったら、本気で憎めない。

 世界中に友人がいたり、世界中でビジネスを手掛ける人が、積極的に戦争を望むということは考えられません。ウェブによって「世界中がつながっている」という感触もリアルにつかめるようになりました。

("地球市民"という言葉も、かつては市民運動を揶揄のための言葉でしたが、ウェブによってまんざら絵空事でもなくなりました。)

 その一方で、内心、戦争を望んでいる人は僕たちが考えている以上に多いものです。

 例えば、競争社会から脱落したミスフィッツ(不適応者)たちは、潜在的な戦争待望者だと言えます。

 赤木智弘氏の有名な論文「『丸山眞男』をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。」(『論座』2007年1月号)は、戦争を望む"敗者"たちの心情を活写しています。

 事実、「生と死のギャンブル」によって、既存の秩序をシャッフルするという思想には悪魔的な魅力があります。僕自身、落ちぶれて路頭に迷い、二度と這い上がることができないと悟ったら、戦争を望むと思います。

 僕たちは未来が閉ざされたとき、戦争に"活路"を見出してしまう。為政者もまた、内政に失敗すると、戦争を起こして国民の目を反らすものです。これらは人類が何度も繰り返してきた過ちです。

 実際に戦争がなくなるかどうかはわからない。

 それでも、客観情勢としてはもはや戦争をする理由はない。戦争を正当化するだけの正義もない。

 インターネットの普及によって、人類はようやく「僕たちは"戦争をする理由"を失った」と言えるようになったのです。

山田宏哉記

=転載終了=  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月27日 12:15:28: FFIErVvouc
ドロップアウターが一番に興味を持つのは犯罪です
犯罪の厳罰化は下っ端の切り捨てが目的なので容認するべきではありません

02. 五月晴郎 2010年10月27日 15:32:29: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
あくまでも喩えですが「犯罪に大義を与える」ようなところが大衆運動にはあると思います。

投稿記事の執筆者が触れているエリック・ホッファーの"The True Believer"の邦訳「大衆運動」は、2003年に復刊した時に私も読みました。
読んでなかったら、ネット上のきちがい騒ぎを冷静に見られるようになるのに、私の頭の出来の悪さを差し引いても、無駄な時間がもっと掛ってた(笑)と思います。


03. 五月晴郎 2010年11月12日 15:31:12: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
↑と言いながら、こう言いたくなる気持ち↓分かります(笑) 

//////
どうしてそんなにバカなの?しつこいの?ネトウヨなの?
それとも八分にされて愚痴ってたコシミズなの?
もう工作員バブルは終わったんだよ!
真面目に働けw

『「中国船舶は衝突させようとしたのではなく、 海に落ちた隊員を殺そうとして突っ込んだ』
http://www.asyura2.com/10/senkyo98/msg/927.html#c109
//////

そして、こうも↓言いたくなるでしょう。分かります(笑)

//////
己の出自に劣等意識を持つ者が、他を誹謗中傷する。阿修羅に登場する絡み屋さん達は、ほとんどそうでしょう。朝起きたら、お天道様に、今日も大過なく無事に働けますようにと、手を合わせる。そして神棚に清水を備え、拝礼。仏壇に御膳を備え、我が家をお守りくださいと、御先祖様に手を合わせる。そういう日々を暮らせば、こんな所へ出没して悪態をつかずに済みます。親から教えられていなければ、市井の穏やかな暮らしをしている人に、訊ねて御覧なさい。良い心掛けだと、親切に教えてくれるでしょう。

『11月20日 大阪御堂筋デモの情報拡散を御願いします。』
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/336.html#c20


04. 2010年11月12日 16:17:00: 4g8wLzQ3Xs
現状の社会で不当に虐げられている(と思い込んでいる)者が、
その不満や鬱憤のはけ口として、社会に対する敵対(抗議)行動に走る、という事ですね。
確かに現状に満足できない奴が、「こんな世の中ぶち壊してやる!」って思うのも理解できない訳じゃないけど…
客観的に見たら、ただのたちの悪い「狂犬病」ですよw

05. 2010年11月12日 17:02:47: 4g8wLzQ3Xs
>>4です
大事な言葉が抜けてました。

>その不満や鬱憤のはけ口として、社会に対する敵対(抗議)行動に走る、という事ですね。
              ↓
>その不満や鬱憤のはけ口として、「愛国心を大義名分に」社会に対する敵対(抗議)行動に走る、という事ですね。

愛国心や、日本人としてのアイデンティティを振りかざす人ほど信用できないという事でしょうか?


06. 五月晴郎 2010年11月12日 18:19:43: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>5
愛国心や、日本人としてのアイデンティティは大切だと思います。ある人は尊敬出来ます。と言うか、日常生活のどこで、それを確認するのかと(笑)。無理でしょ?

言うまでもないことですが、愛国心や、日本人としてのアイデンティティで、可愛い彼女と付き合ったり奥さんにしたり、美味い寿司食うわけじゃなく、話をしたり食ってる時に「嗚呼!日本人に生まれて良かった!」とか「おのれ!中国!この麗しい時を奪わせないぞ!」「おのれ!朝鮮!この寿司よ!永遠に!」・・ちょっと極端か・・なんて奴はいないと思います。当たり前ですよね(笑)

けど、ここまで極端でなくても、こういう戯画化されたような倒錯を語る人は、「振りかざす」人に多いのも確かです、政治・社会らしきもので。
で、そんな奴、若くなかったら、信用出来ない。と私なりに思います。

街中の、街中としてはまあまあ高級なスナックで、けど所詮は場末で、若い時は銀座の綺麗なねえさんで上手い事結婚したけど、失敗した。
また水商売始めてそれなりに派手にやってたけど、ここ十年のこういう折りから、今はこのスナック。周りのおばさんよりは艶やかなおばさん。ワインやシャンパンもまぁまぁ揃ってる。こういう店、都内の住宅地の側には割り方あると思います。
こういう所に来るとんでもねぇおっさん、(すいませんね、意味なく長くなって、でも実話で、勝手に興が乗ったもんで)と言っても変な筋とかではなく、問屋のサラリーマン役員とか、銀行OBの賃貸マンション大家、電設屋の社長。カネでセコく社会的におかしいことをやっている。けど、その類のモードで言う時は産経新聞社説。朝礼の御言葉のように言う。社内での立場や商売がうまくいってない時に言う。


07. 五月晴郎 2010年11月12日 18:34:25: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
誤解はないと思いますが、念のために添えて置くと、>>3は私が共感して挙げています。>>6は全く共感出来ない。と言っても顔を合わせりゃ調子よく合わせますけど。ま、しょうがない(笑)あのおっさん達、少なくともネトウヨじゃないですから(爆)

08. 2010年11月12日 21:00:16: 4g8wLzQ3Xs
深いお話です。いや、もしかしてオレにはちょっと深すぎるかも…
でも何となく分かります。
オレは、愛国心や日本人としてのアイデンティティをしっかり持ってる人は、決してひけらかしたりせず、自分の胸の内に大事にしまっておくもんだと思っています。
なので、阿修羅でよく見かける「お前は日本人じゃねーな」的な言葉は、日本人の誇りなどかけらも持たない奴が、相手を愚弄する為に「日本人」という単語を使っているだけで、見るとつい「愛国者の振りをした、ただのレイシスト野郎が!」と言ってやりたくなります。
なんか五月さんの考えについていけてるかとても心配なんですが、今後ともここ阿修羅内で五月さんにいろいろ教えて頂きたく、お願い申しあげます。

09. 五月晴郎 2010年11月12日 21:14:30: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
過分なお言葉、恐縮でございます。

10. 五月晴郎 2010年11月12日 22:20:21: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
不満や鬱憤自体が悪いのではないのは、言うまでもないです。

陰謀論じゃなく(大森実が書いていました)、ユダヤ系の人の不満や鬱憤が、一方でコミュニズム運動から革命に行き、一方でロスチャイルドのスーパー・ブルジョア革命に行った。

上記の、ホッファーだったかが、政治学のグループ分けのモデルで、
人を、A:名門 B:馬の骨 1:賢い 2:馬鹿 に分け

A1=伝統保守 (鳩山さん、細川さん、上記革命後のロスチャイルド等)
B1=反体制  (明治維新の志士、ソフトバンクの孫さん、上記革命前のロスチャイルド等)
A2=保守反動 (安倍晋三さん等)
B2=カス   (所謂B層?)

曖昧な記憶なので、こんな感じで、( )内は例で適当に。勿論、政治学のグループ分けなので善悪ではなく、善悪や好悪だったらB2のほうが、その他のグループより優ることもあるし、それは全て同じ。


11. 2010年11月12日 23:21:01: 4g8wLzQ3Xs
当然政治学の為の便宜上の区分けという意味なんでしょうが、
結構エグイですね(とくに自分がどこに分類されるかを考えると)w
それはさておき、それぞれ集団として見た時の行動に特徴があるという事ですね。
カスは夢も希望も無いから、自暴自棄になり暴徒化しやすいのかな。

これから五月さんにオレのコメントだって分かってもらえるように
コメントの最後に「ジロー」って入れときます。

PS.雑談板って邪魔が入んなくていいですね。
        ジロー


12. 五月晴郎 2010年11月12日 23:42:20: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>11
いや、ほんと身も蓋もない言い方です。堪りませんわ(笑)

ただ、そうした運動をする人は、A1〜B2の特徴の区別なく出てくる、とのことです。なんか、本にそう書いてあって、そうだろうなあ、というのだけ今覚えてますから(笑)

宜しく、どうぞ。


13. 2010年11月12日 23:57:03: 4g8wLzQ3Xs
>>12
それって人生に絶望する人はどのグループにも存在しうるってことですかね?
確かにそれはそうだろうし、かえっていい境遇にいた人の方が絶望のショックも大きいでしょうね。
          ジロー

14. 五月晴郎 2010年11月13日 00:35:00: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>14
そういうことみたいです。

不満は、何もかも足りない時よりも、たった一つ足りないと思っている時のほうが強いみたいな、或いは裸一貫でわずかばかり要求する時より、多くのものを持っていても、より多くする時のほうが強いみたいなこと書いてあって、多分ノートに取ったので覚えています(笑)

また、身も蓋もない言い方ですが、情熱的人間とは、優秀な個人とその対極の人間(>>2 True Believer)で、この二つを分ける分水嶺は自尊心と存在意義を自ら証明する能力、才覚ということだったと思います。

後者は、自己嫌悪・自己蔑視→自己からの逃避→集合的全体への献身、と成り易く、「→」の推進力は何らかの欠落と代償への志向である、と論じていたと思います。


15. 五月晴郎 2010年11月13日 00:36:34: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>14>>14は、>>13の間違いです。

16. 2010年11月13日 11:47:37: 4g8wLzQ3Xs
>>14
結局は自分がダメ人間な理由が、自分自身にあるという事から目を背けているだけなんですね。
なんかちょっとオレ自身もギクッとしちゃいますがw
実はオレ、こういう哲学的な話がとっても好きです。
     ジロー

17. 五月晴郎 2010年11月14日 17:41:43: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>憎悪を募らせることができたのは、結局は、情報不足で相手のことを知らなかったからです。知ってしまったら、本気で憎めない。(投稿記事)

>自己嫌悪・自己蔑視→自己からの逃避(>>14)

「<「正論」「WiLL」「SAPIO」「嫌韓流」等に洗脳される馬鹿>バナナリパブリック属国日本の現状」http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/457.html のコメント欄に出てくる馬鹿共。
90年代後半、日本のネットで盛んに喧伝された韓国の馬鹿共と瓜二つだ。日本、朝鮮等、名詞を置き換えりゃ全く同じこと言っている。言説の雛型供給元は同じだという説の所以だ。

馬鹿共は、こんなに非道いと非難する対象を描写し、描写した内容と同じことを自分達が言う、やる。
馬鹿共が非難した対象の現実より馬鹿共の現実が「描写した対象」に似ているわけだ。

喧伝した対象の描写は、自分達のことを描写してたんじゃないか。
描写した非道い連中が現実に存在するとしたら、自分達のことなんじゃないか。


18. 五月晴郎 2010年11月15日 16:35:13: ulZUCBWYQe7Lk : AnPH8ZXDmM
>>17
「馬鹿共は、こんなに非道いと非難する対象を描写し、描写した内容と同じことを自分達が言う、やる。
馬鹿共が非難した対象の現実より馬鹿共の現実が「描写した対象」に似ているわけだ。

喧伝した対象の描写は、自分達のことを描写してたんじゃないか。
描写した非道い連中が現実に存在するとしたら、自分達のことなんじゃないか。」

http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/532.html#c3

http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/532.html#c6
『警視庁公安部「極秘資料大量流出」裏でほくそ笑むのは誰だ』

浜の真砂と・・・


19. 五月晴郎 2010年11月16日 14:50:42: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
久しぶりにマジ頭きた。

///////
42. 2010年11月16日 14:10:28: gUeoGqFx8k
28fは日本人ではない。戦争被害者の一族か、隠れキリシタンだろう。かわいそうな人だね。日本人じゃないから、過激な場違いな、怨念を吐露するのであろう。可哀想だね。母国に帰りな!
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/451.html#c42
43. 五月晴郎 2010年11月16日 14:37:31: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
>>42
身内に戦没者がいらっしゃる方や、原爆や空襲の被害者は日本人じゃないと言うのか。貴様>gUeoGqFx8k、ネットだと思って言っていいことと悪いことがある。
http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/451.html#c43
///////
「週刊金曜日は必買だ! 知らなかったが 「11・5検察デモ」 の記事が出ていた!」


20. 2010年11月16日 15:44:56: 4g8wLzQ3Xs
「The True Believer」、とても重い(内容が)本でした。
オレの場合、この手の本はいちいち自分の言葉で言い直して解釈していかないと
頭に入ってこないので、理解するのにもう少しかかりそうですw
それはさて置き、五月さんが指摘されている「馬鹿共は、こんなに・・・自分達のことなんじゃないか。」は、マルコム・Xが聖地巡礼の後、ブラックパンサー党と袂を分かつ時に思った事とすごく似てるんじゃないかと感じました。
その、一見微妙に見える考え方の間違い(実は根本的な間違いなんですが)を「トゥルー・ビリーバー」に理解させるのは至難の業ですね。
でもここ(阿修羅)でなら実際に実験できるから結構面白いかもしれませんね。
   ジロー


21. 2010年11月16日 15:57:54: 4g8wLzQ3Xs
20をカキコしてから>>19に気付いた。
エキサイト中だったんすね…
   ジロー

22. 2010年11月16日 19:05:04: 4g8wLzQ3Xs
ちょっと表現が悪かったみたいです。
>>20
>その、一見微妙に見える考え方の間違い
        ↓
勿論五月さんの考え方の間違えではなく、「トゥルー・ビリーバー」のそれです。

23. 五月晴郎 2010年11月20日 01:24:10: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
こういう奴らに対し殺意に近いような怒りを感じる。「許せねぇ!」「てめえら人間じゃねえや!叩っ斬ってやる!」というのがありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E3%82%8C%E5%82%98%E5%88%80%E8%88%9F%E6%82%AA%E4%BA%BA%E7%8B%A9%E3%82%8A

///
新聞の「デスクメモ」に、カルデロンさん一家離散の2日前、日の丸を手にした百人ほどの一群が、のり子さんの通う中学にデモをかけた。「犯罪一家を日本からたたき出せ」の声が響いた。当時のり子さんは校内にいたという。そして、このデスクメモ氏は「彼らは一見普通の市民だ」とも書いている。
///
「両親が強制送還されたカルデロンのり子さんのその後」
http://www.asyura2.com/09/gaikokujin01/msg/615.html


24. 五月晴郎 2010年11月20日 22:41:56: ulZUCBWYQe7Lk : ZMbmXo037I
彼ら(馬鹿共)も又被害者なんだ、というような論調のおかしさは、皆感じていると思う。彼らも又被害者という人は、馬鹿共と一緒に仕事出来ますか、生活圏を共に出来ますか。私は出来ないです。

25. 2010年11月20日 23:53:57: I0fCgaVUxM
五月さん、言いたい事はすごく分かるけど、少し抑えてくださいw
確かに最近の「被害者面した馬鹿共」の言動は目に余る。
ことに「カルデロンのり子」さんについては、ぶち殺してやりたいコメ野郎も見受けられる。
こいつら、「自分たちは虐げられた弱者だ」と言いながら不平不満を並び立て、
一方で自分以下の弱者を平気で陥れようとする。
確かにこいつらは腐ってるよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用38掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧