★阿修羅♪ > 医療崩壊3 > 304.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
WHO(世界保健機関)の汚職が発覚
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/304.html
投稿者 みつばち亭 日時 2010 年 6 月 10 日 00:16:06: WtY.5RIn32OkI
 

WHOのアドバイザーが H1N1ワクチン製造業者からリベート
英国の医学雑誌で発表

英語原文:
http://www.naturalnews.com/028936_WHO_vaccines.html

10年ぶりの投稿かな。

データ・保存の為に
WHO scandal exposed:
Advisors received kickbacks from H1N1 vaccine manufacturers

(NaturalNews)
A stunning new report reveals that top scientists who convinced the World Health Organization (WHO) to declare H1N1 a global pandemic held close financial ties to the drug companies that profited from the sale of those vaccines. This report, published in the British Medical Journal, exposes the hidden ties that drove WHO to declare a pandemic, resulting in billions of dollars in profits for vaccine manufacturers.

Several key advisors who urged WHO to declare a pandemic received direct financial compensation from the very same vaccine manufacturers who received a windfall of profits from the pandemic announcement. During all this, WHO refused to disclose any conflicts of interests between its top advisors and the drug companies who would financially benefit from its decisions.

All the kickbacks, in other words, were swept under the table and kept silent, and WHO somehow didn't think it was important to let the world know that it was receiving policy advice from individuals who stood to make millions of dollars when a pandemic was declared.

WHO credibility destroyed
The report was authored by Deborah Cohen (BMJ features editor), and Philip Carter, a journalist who works for the Bureau of Investigative Journalism in London. In their report, Cohen states, "...our investigation has revealed damaging issues. If these are not addressed, H1N1 may yet claim its biggest victim -- the credibility of the WHO and the trust in the global public health system."

In response to the report, WHO secretary-general Dr Margaret Chan defended the secrecy, saying that WHO intentionally kept the financial ties a secret in order to "...protect the integrity and independence of the members while doing this critical work... [and] also to ensure transparency."

Dr Chan apparently does not understand the meaning of the word "transparency." Then again, WHO has always twisted reality in order to serve its corporate masters, the pharmaceutical giants who profit from disease. To say that they are keeping the financial ties a secret in order to "protect the integrity" of the members is like saying we're all serving alcohol at tonight's AA meeting in order to keep everybody off the bottle.

It just flat out makes no sense.

But since when did making sense have anything to do with WHO's decision process anyway?

Even Fiona Godlee, editor of the BMJ, had harsh words for the WHO, saying, "...its credibility has been badly damaged. WHO must act now to restore its credibility."

Yet more criticism for WHO
The BMJ isn't the only medical publication criticizing WHO for its poor handling of conflicts of interest. Another report from the Council of Europe Parliamentary Assembly also criticized WHO, saying: "Parliamentary Assembly is alarmed about the way in which the H1N1 influenza pandemic has been handled, not only by the World Health Organization (WHO), but also by the competent health authorities at the level of the European Union and at national level." It went on to explain that WHO's actions led to "a waste of large sums of public money, and also unjustified scares and fears about health risks faced by the European public at large."

The funny thing is, NaturalNews and other natural health advocates told you all the same thing a year ago, and we didn't have to spend millions of dollars on a study to arrive at this conclusion. It was obvious to anyone who knows just how corrupt the sick-care industry really is. They'll do practically anything to make more money, including bribing WHO scientific advisors and paying them kickbacks once the vaccine sales surge.

The vaccine industry and all its drug pushers are, of course, criticizing this investigative report. They say WHO "had no choice" but to declare a pandemic and recommend vaccines, since vaccines are the only treatment option for influenza. That's a lie, of course: Vitamin D has been scientifically proven to be five times more effective than vaccines at preventing influenza infections, but WHO never recommended vitamin D to anyone.

The entire focus was on pushing more high-profit vaccines, not recommending the things that would actually help people the most. And now we know why: The more vulnerable people were to the pandemic, the more would be killed by H1N1, thereby "proving" the importance of vaccination programs.

People were kept ignorant of natural remedies, in other words, to make sure more people died and a more urgent call for mass vaccination programs could be carried out. (A few lives never gets in the way of Big Pharma profits, does it?)

How the scam really worked
Here's a summary of how the WHO vaccine scam worked:

Step 1) Exaggerate the risk: WHO hypes up the pandemic risk by declaring a phase 6 pandemic even when the mortality rate of the virus was so low that it could be halted with simple vitamin D supplements.

Step 2) Urge countries to stockpile: WHO urged nations around the world to stockpile H1N1 vaccines, calling it a "public health emergency."

Step 3) Collect the cash: Countries spend billions of dollars buying and stockpiling H1N1 vaccines while Big Pharma pockets the cash.

Step 4) Get your kickbacks: WHO advisors, meanwhile, collected their kickbacks from the vaccine manufacturers. Those kickbacks were intentionally kept secret.

Step 5) Keep people afraid: In order to keep demand for the vaccines as high as possible, WHO continued to flame the fears by warning that H1N1 was extremely dangerous and everybody should continue to get vaccinated. (The CDC echoed the same message in the USA.)

This is how WHO pulled off one of the greatest vaccine pandemic scams in the last century, and it worked like gangbusters. WHO advisors walked away with loads of cash, the drug companies stockpiled huge profits, and the taxpayers of nations around the world were left saddled with useless vaccines rotting on the shelves that will soon have to be destroyed (at additional taxpayer cost, no doubt) or dumped down the drain (where they will contaminate the waterways).

Meanwhile, nobody dared tell the public the truth about vitamin D, thereby ensuring that the next pandemic will give them another opportunity to repeat the exact same scam (for yet more profit).

The criminality of the vaccine industry
The bottom line is all this is a frightening picture of just how pathetic the vaccine industry has become and how corrupt the WHO and the CDC really are. What took place here is called corruption and bribery, folks. Kickbacks were paid, lies were told and governments were swindled out of billions of dollars. These are felony crimes being committed by our global health leaders.

The real question is: Why do governments continue to allow public health organizations to be so easily corrupted by the vaccine industry? And who will stand up to this profit conspiracy that exploits members of the public as if they were profit-generating guinea pigs?

The next time you hear the WHO say anything, just remember: Their advisors are on the take from the drug companies, and just about anything you're likely to hear from the World Health Organization originates with a profit motive rather than a commitment to public health.

Oh, and by the way... for the record, there has never been a single scientific study ever published showing that H1N1 vaccines worked. Not only was the H1N1 pandemic a fraud to begin with, but the medicine they claimed treated it was also based on fraud. And now we know the rest of the story of why it was all done: Kickbacks from Big Pharma, paid to advisors who told WHO to declare a pandemic.

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月10日 13:59:58: bRVeaisTTs
WHOスキャンダルは露出しました:
アドバイザーはH1N1ワクチンメーカーからリベートを受け取りました。

(NaturalNews)
びっくりするほどすごい最新の報告は、H1N1がグローバルな世界的流行病であると宣言するように世界保健機関(WHO)に納得させた一流の科学者が、それらのワクチンの販売から利益を得た製薬会社との密な財政的な結びつきを保持したのを明らかにします。 ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル誌で発表されたこのレポートは、世界的流行病を宣言するようにWHOに追い立てた隠された結びつきを露出します、ワクチンメーカーのための利益の何十億ドルをもたらして。

世界的流行病を宣言するようWHOに促した数人の主要なアドバイザーが、世界的流行病の発表から利益の風で落ちた果物を受けた全く同じワクチンメーカーからダイレクト経済的な補償を受けました。 このすべての間、WHOは、財政上決定の利益を得るトップアドバイザーと製薬会社の間のどんな利害対立も明らかにするのを拒否しました。

すべてのリベートが、言い換えれば、テーブルの下で圧勝されて、静かなままでした、そして、WHOは世界的流行病が宣言されたとき、何百万ドルをも稼ぐのに耐えたのが、個人から政策的助言を受けたことであるのが、世界に知らせるために重要でないとどうにか考えました。

破壊されたWHOの真実性
レポートはデボラ・コーエン(BMJ読み物記事担当デスク)、およびフィリップ・カーター(ロンドンでInvestigative Journalismの事務局で働いているジャーナリスト)によって書かれました。 「それらのレポート、コーエン州」…私たちの調査はダメージが大きい問題を明らかにしました。 「これらが記述されないなら、H1N1はやがて、最も大きい犠牲者を要求するかもしれません--WHOの真実性とグローバルな健康保険への信用。」

「レポートに対応して、WHOの事務総長マーガレット・チェン博士は秘密主義を擁護しました、WHOが故意に財政的な結びつきを内緒にしたと言って」 …この批判的な仕事をしている間、メンバーからの保全と独立を保護してください… そして、「また、透明性を確実にする、」

チェン博士はどうやら「透明性」という言葉の意味を理解していません。 そして、一方、WHOは、法人のマスター(病気から利益を得る大手製薬会社)に役立つようにいつも現実をねじりました。 彼らがメンバーに「保全を保護する」ために財政的な結びつきを内緒にしていると言うのは、私たちが皆、みんなをボトルからのけるために今夜のAAミーティングにアルコールに勤めていると言っているようです。

それはちょうど完全に意味をなさないです。

しかし、いつから、理解できるのは、とにかくWHOの決定の過程と何らかの関係がありましたか?

「フィオナ・ゴッドリー(BMJのエディタ)にさえ、言って、WHOへの厳しい言葉がありました」…真実性はひどく破損しました。 「WHOは、現在、真実性を回復するために行動しなければなりません。」

まだWHOにおける、より多くの批評
BMJは、利害対立の不十分な取り扱いのためのWHOを批評する唯一の医学の公表ではありません。 別のものは、欧州会議からまた、以下を言って、議員会議がWHOを批評したと報告します。 「議員会議はH1N1インフルエンザ世界的流行病が世界保健機関(WHO)だけ、ではなくヨーロッパ連合のレベルにおける全国レベルにおける有能な保健当局にも扱われた方法が心配です。」 それは、WHOの動作が「ヨーロッパ人の社会全般によって直面されていた健康危険に関する公金の多額の浪費、不正な恐怖、および恐怖も」に通じると説明し続けました。

おかしいことはそうです、そして、NaturalNewsと他の自然な健康支持者は、1年前に同じすべてのことをあなたに言いました、そして、私たちはこの結論に到達するように何百万ドルをも研究に費やす必要はありませんでした。 病気の注意産業が本当にいったいどれくらい不正であるかを知っているだれにとっても、それは明白でした。 彼らは、より多くのお金を稼ぐようなことを実際に何でもするでしょう、ワクチン販売がいったん高騰すると、WHOの科学的アドバイザーを贈賄して、リベートを彼らに支払うのを含んでいます。

ワクチン産業とそのすべての麻薬密売人がもちろんこの調査報告を批評しています。 彼らは、世界的流行病を宣言して、ワクチンを推薦するためにしかし、WHOは「選択の余地がなかった」と言います、ワクチンがインフルエンザのための唯一の治療法の選択肢であるので。 それは偽りです、もちろん: インフルエンザ感染症を防ぐところでは、ビタミンDがワクチンより5倍効果的であると科学的に立証されましたが、WHOはビタミンDをだれにも決して推薦しませんでした。

全体の焦点が実際に人々を助けることを推薦するのではなく、高いより多くの利益のワクチンを最も押すところにありました。 そして、今、私たちは理由を知っています: 人々が傷つきやすければ傷つきやすいほど、世界的流行病に、H1N1に殺されて、その結果、ワクチン接種プログラムの重要性が「立証」であることは、より多いでしょう。

自然療法に無知に人々を保ちました、そして、言い換えれば、念のためより多くの人々が死にました、そして、集団予防接種プログラムのための、より緊急の呼び出しは行うことができました。 (いくつかの命はBig Pharma利益の決して邪魔をしないんでしょう?)

詐欺は本当にどう働いていたか。
ここに、WHOワクチン詐欺がどう働いたかの概要があります:

ステップ1) 危険について誇張してください: ウイルスの死亡率が非常に低かったので、簡単なビタミンDサプリメントでそれを止めることさえできたとき、フェーズが6世界的流行病であると宣言することによって、WHOは世界的流行病の危険を刺激します。

ステップ2) 備蓄する衝動国: WHOは、それを「国民の健康非常時」と呼んで、H1N1ワクチンを備蓄するよう世界中の国に促しました。

ステップ3) 現金を集めてください: Big Pharmaが現金を隠している間、国はH1N1ワクチンを買って、備蓄するのに何十億ドルを費やします。

ステップ4) リベートを得てください: 一方、WHOのアドバイザーはワクチンメーカーから彼らのリベートを集めました。 それらのリベートは故意に秘密にされました。

ステップ5) 人々を恐れているように保ってください: ワクチンの需要をできるだけ高く保つために、WHOは、H1N1が非常に危険であり、みんなが、予防注射され続けるべきであるという警告で恐怖を燃やし続けていました。 (CDCは米国で同じメッセージを反映しました。)

これはWHOが前世紀にワクチンの最も大きい世界的流行病詐欺の1つを引き抜いて、どう華々しく働いていたかということです。 WHOのアドバイザーは現金の荷重と一緒に歩いて去りました、そして、製薬会社は巨額の利益を備蓄しました、そして、世界中の国の納税者はすぐ破壊されなければならないか(間違いなく追加納税者費用で)、または排水の下側にどさっと落とされなければならない(それらが水路を汚染するところ)棚の上に腐る役に立たないワクチンを負わせられたままにされていました。

その間、だれでもビタミンDに関する真実を公衆に言う勇気がありませんでした、その結果、次の世界的流行病が全く同じ詐欺(まだより多くの利益のための)を繰り返す別の機会をそれらに与えるのを確実にします。

ワクチン産業の犯罪
結論はこのすべてがワクチン産業がいったいどれくらい哀れになるか、そして、WHOとCDCが本当にどれくらい不正であるかに関する恐ろしい絵であるということです。 人々、ここで行われたものは、不正と贈収賄と呼ばれます。 リベートを支払いました、そして、偽りを言いました、そして、何十億ドルから政府を詐取しました。 これらは、私たちのグローバルな健康リーダーによって犯される重罪犯罪です。

本当の質問は以下の通りです。 国民の健康組織は政府がなぜワクチン産業をずっとそれほど容易に崩壊させていますか? そして、だれがまるで彼らが利益を発生させるモルモットであるかのように公衆のメンバーを搾取するこの利益共謀まで立つでしょうか?

あなたが、WHOが何でも言うのを聞く次の時に、ただ以下を覚えてください。 彼らのアドバイザーは製薬会社から撮影で来ています、そして、あなたが世界保健機関から聞きそうであるほとんどことは国民の健康の委任よりむしろ利益の動機を発します。

おお、記録に関する方法で…、H1N1ワクチンが働いたのを示していながら今まで発表されたただ一つの科学的な調査が一度もありませんでした。 初めに、H1N1世界的流行病が詐欺だけであったのではなく、薬はそれを治療しました彼らが、主張した。また、詐欺に基づきました。 そして、今、私たちはそれがすべて行われた理由に関する話の残りを知っています: 世界的流行病を宣言するようにWHOに言ったアドバイザーに支払われた、Big Pharmaからのリベート


02. 2010年6月10日 22:01:52: G1K3zwL6BM
コメントの翻訳はちょっと機械的ですが、大体はセルフサービスで自分翻訳します。
ありがとう。

やっぱりね。というか、既にビッグファーマという本でしたか、WHOに入り込んでしまった製薬企業ということは知っていましたので。

私は「西洋現代医学」そのものに臭い感覚を持っていますので、現代医学の総本山と製薬利権の関係は当然と言えば当然だと思っています。

要は西洋医学の根本が間違ってしまった。ヒポクラテスの根本思想から真逆に進歩してしまった医学思想がこの様な事態を招いたと思っています。

もちろんWHOと言っても、それとは反対に真に世界人類のための健康を守るという清い活動をしている職員の方が圧倒的に数が多いとは思っています。

しかし、その中枢を握ってしまうかの様な裏の活動組織があるという事を忘れてはなりません。

そういう裏の世界組織が暗躍してきたという事実を否定するのも自由ですが、現にいまその様な事実が表に出されてきたという事は、「ああそういう時節が来たんだな」と、内心嬉しくて仕方ないのです。


03. みつばち亭 2010年6月11日 13:55:08: WtY.5RIn32OkI: oYLcB25FAN
コメントありがとうございます。
同感です。

04. 2010年6月14日 22:18:54: 4KgJNqnYuM
世界は嘘、捏造、隠蔽・・・というゲームセンターで成り立っているのですね。
だから障害物があって当たり前という事からみると、障害物側の役割をする人達も自己認識している者よりも、非認識という方が圧倒的に多いと思うのです。

そんな壮大なゲームもそろそろ終演という時代を迎えて、まずは「気づけよ」というようなシグナルとしての「白昼に晒される」現象でしょうか。

こんな視点で参考になるところです。

山のあなたの空遠く幸い住むと〜ブログより
http://blue.ap.teacup.com/97096856/3497.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧