★阿修羅♪ > 医療崩壊3 > 313.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
厚生労働省へのメッセージ - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/313.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 7 月 31 日 15:59:44: PzFaFdozock6I
 

[注] ここで触れている厚労省の議事録については、私のブログ記事

「もしかしたら子宮頸癌を予防できるワクチン」、受ける女性はモルモット! 「やってみなければ分からない」「理解できない」「(GSKから)答えが得られていない」のに承認した厚労省
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/07/blog-post_30.html

を参照してください。
また関連で、内容は過去阿修羅掲示板で紹介されているものなので(重複するから)ここには転載しませんが、

抗がん剤で殺される
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/07/blog-post_5941.html

も是非、ご一読ください。
=================================================

厚生労働省へのメッセージ - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

<子宮頸癌ワクチンは、詐欺で薬害事件です。至急、正しい対処をしてください>

子宮頸癌の原因でもないHPVを予防するかもしれないが、海外で様々な被害が報告されているワクチンを承認したのはあまりにも無責任です。

カリフォルニア大学の分子細胞生物学者、ピーター・デュースバーグ教授とジョディー・シュウォーツも、HPVが子宮頸癌の原因とは到底考えられないと主張し「科学というより商売だ」と訴えています。

平成21年8月31日薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会議事録から読み取れることは「製薬会社が提出した報告が、彼等の他の報告との間で矛盾がないかを確認しただけ」であって、彼等の研究が正しくなされ、データが正確かどうかは検証されていない、です。

その試験とは子宮頸癌ではなく「前駆病変の予防を主要評価項目として実施」なので、これで「子宮頸癌が予防できる保証はどこにある? しかも「HPVの感染から発癌に至るまでの期間が長期にわたり、その頻度も低く」、ウィキペディアにも「2004年における10万人毎の子宮頸癌による死亡者数(年齢標準化済み)」で日本は一番明るい黄色に見えるから「10万人毎に2.4人以下」です(注:色を見間違えていたとしても、5人未満)。

子宮頸癌で死ぬ可能性のある女性人口全体の0.0024%が死亡する病気の、原因とは到底いえないHPVを「予防する」と製造した会社が言う代物。そのHPV、実は「感染した人の90%以上が自然治癒してしまう」ウィルス。しかも、海外ですでに死亡を含む多くの犠牲が出ているワクチン(ガーダシルも主要成分は同じ)をあなた方は安易に承認した。

上述の会議出席者も「もしかしたら子宮頸癌を予防できるワクチン」と表現していますが、「やってみなければ分からない」情報があり、「何度かGSKに問い合わせて」も「明確な…納得できるような答えが得られていない」「本邦初の遺伝子組み換え製剤」で、「蛾の細胞由来」が接種後の人体にどのような影響を及ぼすかの検証等も完全になされていないのに承認して販売を許可したということは、日本の少女や女性をモルモットにするということです。

それが公費を使って、自分では「接種を受けるか否か」の判断もつかないような子供にまで打たせる動きを可能にした。「よかれ」と信じて動く親やキャンペーンに借り出された人々の善意を裏切りながら

使われているアジュバントは不妊効果や、湾岸戦争症候群の原因だといわれているのに。

多くの問題点がどう解決されたのか否か、至急公表してください。
----------------------------------------------------------------
メール受付完了

行政相談メールの受付が完了しました。
ありがとうございました。
貴メールアドレス宛に厚生労働省から受け付け完了のメールを
送信致しますが、届かない場合は、メールアドレスに誤りがあった
と思われますので、誠に申し訳ございませんが、再度受付入力を
お願い致します。
====================================

「メール受付」には1,000文字以内という次数制限があったので書けませんでしたが、死亡者数からいえば毎年3万人は超えるという自殺問題や、近年の報道で増加傾向が見られるのに児童福祉施設の数や体制が時代に追いついていない虐待問題などにもっと公費が使われるべきでしょう。そして子宮頸癌がそんなに怖いのなら、ワクチンよりもっと安価で「安全で確実」といわれるパップ・テストにこそ公費を使えばいいのです。

パップ・テストで万が一「癌だ」と言われても、私は病院の癌治療は決して受けませんが。

とにかく皆さんも、一言送りませんか?


★転送・転載の際は、この記事のURL↓を必ず入れてください。
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/07/blog-post_5661.html

一人でも多くの人々に読んでもらうため、上のブログページから応援のクリックをよろしく!
(阿修羅上の拍手↓も)
そして、これを読んだあなたも周りの人々に知らせてくださいね。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月04日 20:18:47: IVXGK6awoM
今日の予算委員会で民主党の桜井議員が子宮頚がんワクチンの公費助成の
質問をされていましたが、確かこの人医者だったと思います。
この前の国会でも質問していました。
医者だったらこのワクチンが確かなものかどうか知ってるはずなのに
国民に情報も知らさず急に集団でワクチン接種は乱暴すぎます。

こんな値段の高い危険なワクチンを財政難の今公費負担しなければならないのでしょう。何かその裏に利権の匂いがするのですが・・・
こんな危険なワクチンが実施されたら日本に子共がいなくなる。


02. 2010年8月04日 23:44:34: hK5BD4insE
まともな医師、研究者はちゃんとHPVワクチンの有効性を理解していますよ。
もちろん安全性に関しても。

そもそも元記事や元ブログを見ても、間違いや思い込みが多すぎます。
詐欺で薬害だという主張に対して、あまりにもお粗末な根拠です。

相対的なリスクを考慮し、ご自身が手術を拒否されたり治療法を選択されるのは自由です。
「このような副作用があった」「検証方法に疑問がある」といった情報を広報するのもいいでしょう。
しかし、きちんと調べも理解もせずに、人様の命に関わる事柄を否定するのはいかがなものかと思います。


03. 2010年8月05日 01:06:32: hK5BD4insE
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/07/blog-post_30.html

◆間違い
×感染者の0.15%しか子宮頸癌にならないからHPVは癌の原因とはいえない
(頻度と因果関係に意味はありません。エビを食べてアレルギーが出る人はごく少数ですが、エビとアレルギーの関連を否定する根拠にはなりません)

×竹内委員はワクチンの承認に倫理的な問題があるのではないか、と発言した
(竹内委員が「倫理的な問題があるのでは」と指摘したのは「試験の中盤時点で、明らかにワクチンは有効だと証明出来ているのに試験を最後まで続行した」ことに対して。つまりワクチンを使わない対象をそのまま観察した事に「倫理的な問題があるのでは」と言っています)

×子宮頸癌を予防するかどうかの試験は全然していない
(しています。子宮頸癌の前駆病変を防ぐ、というのは頚癌になり易い状態を予防する、ということです。「ボウフラの発生を防ぐ」のは「蚊の発生を防ぐ」のと同じ意味を持ちます。それと同じことです)

×HPV感染者にワクチンを打つと32%で重度の前癌病変になる
(まずそれはGardasilに関する情報だと思いますが、根拠としているFDAのPDFを少し先まで読んでください。「Gardasil群の方がプラセボ群より前癌病変発症が多いsubgroupがある(31-19)。しかし、喫煙歴や性病感染歴など頚癌に関連する因子を調べると、このsubgroupでは偏りが強く、Gardasil群の方が明らかに他の因子の強いことが判った」。つまりこの一部グループでは、最初から前癌病変になり易い人たちにGardasilを投与する、ということをしてしまったので、結果としてマイナスの結果が得られた、とあります)

×副作用で死者も出ている
イギリスで14歳の女児が死亡した例では一時ワクチンとの関連性が騒がれましたが、女児が胸部の悪性腫瘍で重篤な状態であったことが判明し、ワクチンと死の関連性は極めて低いとされています。

…とつらつら書こうと思いましたが、間違いが多すぎてキツイですね。
あと重要な点としてアジュバント自体に不妊効果はないので、そこは言っておきたいと思います。

以上、放っておいてデマを信じる人がいるといけないので一応記しておきます。


04. 2010年8月05日 08:02:24: R6PKDiWPNs
>>02さん
まともな医師、研究者はちゃんとHPVワクチンの有効性を理解していますよ。
もちろん安全性に関しても。

「まとも」というものの正体が「詐欺師の言葉」だとしたら?
真の詐欺師は気づかないうちに「あなたも詐欺師の仲間」として働かせます。

しかし、その多くの「すでにだまされた詐欺師たち」は気づいていないのです。
つまり、「正義感」で考えます。

>>01さん
「医者だったらこのワクチンが確かなものかどうか知ってるはずなのに」

そのお医者さんがすでに「だまされた側」に入っているのがほとんどでしょう。
また、少数の「だまされない側」のお医者さんは、表に出されません。
ゆえに、「お医者さんは何でも知っている」と思うのは実質、幻想になります。


いちど、その「だまされる側」に取り入れられたら、この様な発言は「正しい」と思い込んでしまっていますから、他の情報は「嘘」に見えてしまいます。

意図的に行う詐欺師たちよりも圧倒的に多いのがこの様な「無自覚」詐欺師たちとなります。

詐欺師という言葉は言いすぎと思うでしょうが、嘘を真実として伝えれば、意思があろうがなかろうが結果的に「ひとをだます人」で、その被害者があると「詐欺」となります。
これは感情論ではありません。 
世界の医療界の実態です。もちろん、日本は典型的な姿を晒しているのですが、「圧倒的に多いだまされた人たちが詐欺師の手足となって働く姿」が現実なのです。
これがどうやったら覆るのか? 
それが今の課題です。もちろん、私やあなたの。


05. 2010年8月05日 12:14:47: omsFVFomFx
千早さん、いつもありがとうございます。ちょっと、情報拡散の方法なんですが、『急がば、回れ、まず、ケムトレイルから』作戦を考えました。

 飛行機雲を『ブログ』で検索すると、な、な、な、なんと、1日に、100件以上の記事が写真付きでアップされます。ブロガーさんたち、神秘的とか、嬉々として記事を載せています。

 そこに、次のコメントを載せます。

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

 すると、反応は良好で、重大情報ありがとうございます。という感じです。逆にフリーズして何の反応もない方もいます。更に、情報を求める方には暴き系ネタを紹介します。

 そんな感じで3カ月で、7000件位は作業しました。おかげでか、ここ2,3日は東京は散布量が少ないです。

 これを英訳して、contrailでブログ検索して貼り付けたらどうでしょう。そこから、暴き系に広がるのではと思います。


06. 2010年8月05日 15:02:29: J0o6rialnc
何で全部の子供に先ずワクチンなの?
性交渉で感染するのが殆どなのに、何で10歳の子供に接種なの?
先ず罹患しても初めは子宮頚異形成になる。
これは皮膚病みたいなもので、2年間、3ヵ月毎の検診をしている間に殆どの人は自然に治る。
2年しても治らなかったら、まぁそれでも全部癌になるわけじゃないけど、癌になる率がだんだん増えるから、円錐切除をするように医者から薦められる。
でも子供では殆ど希なんじゃないの?

>02. 2010年8月04日 23:44:34: hK5BD4insE さん
>きちんと調べも理解もせずに、人様の命に関わる事柄を否定するのは
>いかがなものかと思います。

あなたはきちんと調べたのですか?
子宮頚異形成の経験があるのですか?
それとも医者ですか?
私は子宮頚異形成が健診で見つかり、2年間、3ヵ月毎の健診を続け治らなかった為子宮頚円錐切除を担当医師から薦められ手術しました。
その医師のおっしゃる事には子宮ガンはいきなりなるのではなくて全部、子宮頚異形成が初めに出来て、それから年数を掛けて癌になる者があるそうですが、逆に子宮頚異型性が全部癌になるものではなくて、その殆どは自然治癒するものだそうです。
2年したものが全部ガン化するわけでは無いですが、癌になる率はだんだん高くなるので
その時は手術した方が良いと言う事でした。
その折私は自分の事ですから、PCで出来るだけ調べました。
その時の経験から書いています。

子宮頚円錐切除術は子宮の手術をするわけじゃないから、子供も生める。
「私は子宮頚異形成から子宮ガンになった」って言ってる人って大体が30代以上の女性だろ?
何でそれで全部の10歳くらいの子供に一人6万もの大金かけて、ワクチン接種するわけ?
ワクチン接種しか助かる道が無いみたいな事言っている人がいるけど、それは逆だよ。
検診すれば殆ど心配無いけど、ワクチンでは75%しか安全じゃないから結局健診しなければ100%安全とは言えないだろ。
それでどうして初めにワクチン?
大金掛けて?
一人6万円だよ。
この経済難に。
健診ならン〜千円くらい。
健診ならほぼ100%安全。
先ず健診が常識だろ。
それに子供には15歳位になったら性交渉には年一回の健康診断も付き物だと教えた方が良いと思うよ。
健康診断では子宮頚健診だけじゃなくついでに子宮体ガンや乳癌健診も一緒にしておけば、子宮頚癌の何倍もの女性の癌が無くなると思うよ。
それなのに何度も書くけど、何で子宮頚癌だけがワクチンなわけ?
子宮体癌は健診しないで良いの?
乳癌は健診しないで良いの?
それで何で子宮頚癌だけにワクチンなわけ?
子供の病気は癌だけじゃないよね。
もっと死亡率の高い病気があるでしょ。
子供が子宮頚異型性で癌になって死ぬケースってどんだけあるっていうの?
性交渉する人は10代でも検診すれば良い事だよ。
甘ったれるんじゃないよ、ってなもんだね、私に言わせりゃ。
ホント私にゃ〜全〜然分っかん無いな〜02みたいな考えの人。


07. 2010年8月05日 15:08:02: J0o6rialnc
06です
間違いの訂正です
 
その医師のおっしゃる事には子宮ガンはいきなりなるのではなくて全部、子宮頚異形成 が初めに出来て、それから年数を掛けて癌になる者があるそうですが

の文章の   子宮ガンはいきなりなるのではなくて全部・・・・  は
 
       子宮頚癌は いきなり・・・・・・・・・     です


08. 2010年8月06日 00:25:52: hK5BD4insE
>>06
 私は検診の効果を否定するようなことは一言も言ってません。
 あくまで千早さんが「頚癌ワクチンは詐欺だ」と言っている根拠は、思いこみと間違いだらけだと指摘しています。>>03も含めて発言を見てください。

・なぜ検診じゃダメなのか
 仰る通り、検診は効果的な頚癌予防方法です。受診率が85%の場合(現在の米国での受診率)、ワクチン接種が10%程度でも86%の頚癌予防できています。
 しかし対して日本の受診率は約24%しかありません。
 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19521965
(検診受診とワクチン接種を併用することで予防できる割合)

 受診率を急激に高めるには、時間もコストも人的資源も莫大にかかります。それに対してワクチンの接種は迅速に可能です。
 ちなみにワクチン助成にかかる費用を約210億円と見積もっても、頚癌の予防により削減できる医療費は約400億円と推定されています。費用対効果に関しての心配はあまりいりません(今野良他, 産婦人科治療 97(5): 530-542, 2008)
 http://www.meteo-intergate.com/journal/jsearch.php?jo=af2sftye&ye=2008&vo=97&issue=5
 検診とワクチンの併用が、現在最も効果的に癌発症を予防できる手段です。

・なぜまずワクチンなのか
 ワクチンはHPVに感染する前に接種しなければ効果がないからです。

・なぜ子宮頸癌だけがワクチンなのか
 他の癌はウイルスが原因だとは証明されていないからです。
 対して頚癌はHPVが原因であることが証明されており、ウイルス感染を防ぐことで発癌を予防できる稀有な疾患だからです。

 J0o6rialncさんが言うように検診に対する啓蒙活動は重要です。その活動にもっと公費を助成すべきだという意見には賛成です。
 ワクチン接種だけでは、頑張っても防げるのは7割程度。検診とワクチンを併用すれば、ほぼ完全に頚癌は予防できます。
 日本で毎年約15,000人が発症し、約3,500人の方が亡くなる癌です。世界では27万人が毎年亡くなっています。
 検診とワクチンの併用が、現在最も効果的にこの死を予防できるのです。


09. 2010年8月06日 11:08:53: IVXGK6awoM
08さん  >ワクチン接種だけでは、頑張っても防げるのは7割程度。検診とワクチンを併用すれば、ほぼ完全に頚癌は予防できます。

ワクチンの効果が何年間あるのかも実証されてもいないのに子供に打つのは
危険すぎる。 
>ほぼ完全に予防できる・・と書いておられますが、証明されてるんですか?
 リスクはどうなんですか? 
国も子供に打つのにもっとリスクも説明すべきじゃないですか・・・  そして、ワクチンは自由接種にすることです。

将来国日本を背負って行く子供たちに、こんなに不安がられるワクチンを打つのは
慎重にしてもらいたい。
06)さんに同意します。


10. 2010年8月06日 19:56:44: epka29EbHs
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/272.html?c6#c5

このようにインチキ統計数字を捏造するのはいつもの手口でしたか。

嘘捏造でホタル来い来いって言うやり方。こっちの水は甘いぞ〜。
その前に脅しておいてが前提になります。
あっちの水は苦いぞ〜〜。

かくしてホタルはどんどん誘蛾灯に吸い込まれて行くのである。

中にはまだ尻が青い大人のホタルも・・・


11. 2010年8月06日 20:58:41: qQzZIhyYNA
08さんのコメントでの数字だが、10さんが引用した他の板の記事を読みなさい。
>日本で毎年約15,000人が発症し、約3,500人の方が亡くなる癌です。
この数字は根拠が極めていかがわしい数字です。
その言い訳を日本産婦人科学会がゲロした報道した記事ですよ。

12. 2010年8月06日 21:09:21: qQzZIhyYNA
11に追記です。参照もとのヤフーニュースは既に削除されていました。
そして、同じ内容をググッてみたら
子宮頸がんと子宮体がんを区別するのは言葉狩りだとさぁ
日本産婦人科学会がそんな言葉狩りするかね?
どうしてもワクチン商売したい方々の下劣さを感じ入る検索結果になった。

13. 2011年11月29日 23:41:05: CGaB34XTl
>02. 2010年8月04日 23:44:34: hK5BD4insE
>まともな医師、研究者はちゃんとHPVワクチンの有効性を理解していますよ。
>相対的なリスクを考慮し、ご自身が相対的なリスクを考慮し、ご自身が手術を拒>否されたり治療法を選択されるのは自由です。
>されたり治療法を選択される
>のは自由です。

ワクチンに異議を唱えると何で「相対的なリスクを考慮し、ご自身が手術を拒否されたり治療法を選択されるのは自由です。」となるわけ?

これでマトモ?



14. 2011年12月27日 02:30:21 : fO10P5kYDM
子宮頸がんのワクチンは、子宮体がんの検診率まで下げるので危険だと言われています。

子宮頸がんのワクチンを打っても、子宮頸がんの原因の1部に効果があるだけで、打ったからと安心して検診を受けないと、却って発がん率が上がると心配もされています。また、子宮体がんには全く効果がありません。

大して効果のないワクチンを子供に打つより、発がん年齢の女性の検診代金を無料化して、検診キャンペーンをする方が効果的でしょう。これは、間違いなく製薬会社と厚生官僚の利権でしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧