★阿修羅♪ > 地域13 > 357.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
身近な怒り、川柳に 赤穂・大石神社でコンクール【神戸新聞】 <あっぱれな企業努力で首切られ>
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/357.html
投稿者 gataro 日時 2010 年 3 月 17 日 10:16:44: KbIx4LOvH6Ccw
 

3月15日、妻が赤穂市の大石神社の骨董市へ掘り出し物を見に行くという。ついては水先案内ならぬ道先案内(正確には口先案内かも?)を務めよ、ということで妻の自動車の助手席に座って大石神社に向かうことになった。

目的地に無事着いたが、骨董市で縮緬細工の素材を物色する妻にはとてもじゃないが付き合えない。そこで時間つぶしに大石神社と赤穂城跡を散策することにした。

大石神社では川柳コンクールの入賞作が発表されていた。

========================================

http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0002783612.shtml

身近な怒り、川柳に 赤穂・大石神社でコンクール(神戸新聞) 


大賞に輝いた受賞作を奉納する藤原明朗さん=赤穂市上仮屋、大石神社

 義憤に駆られて討ち入りを果たした赤穂義士にちなむ「身近な『怒り』の川柳コンクール」の入賞作品発表式と、句を記した絵馬の奉納祭が、主君・浅野内匠頭の命日である14日、赤穂市上仮屋の大石神社で開かれた。


 赤穂商議所が企画。失業問題や政権交代、高齢化など、世相を反映した過去最多の1825句が全国から寄せられた。式には受賞者21人らが出席した。

 大賞は、たつの市龍野町上川原、藤原明朗さん(73)の「あっぱれな企業努力で首切られ」

 藤原さんは、受賞後のあいさつで「つたない句でしたが、まぐれで大賞を頂きました」と話し、笑いを誘っていた。

 大賞に次ぐ優秀賞3句は、堀田郁夫さん(赤穂市)の「職安で同窓会はしたくない」、吉村めぐみさん(加古川市)の「廃棄処理されてたまるか高齢者」、山口光久さん(神戸市)の「思いやり予算が欲しい私にも」が選ばれた。

(黒田耕司)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧