★阿修羅♪ > 地域13 > 531.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
曽野綾子さんがスカイツリーを酷評    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/531.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 5 月 22 日 12:42:28: of0poCGGoydL.
 

*
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1846937725&owner_id=6445842
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/5523336.html

昨日(2012年5月21日(月))の毎日新聞夕刊に、曽野綾子さんが、インタビュー記事(特集ワイド・ツリーは必要?/曽野綾子さんと考えた)に登場し、こんな事を言っておられます。

----------------------------------------

「東日本大震災前に計画されたものだから、ぜいたくに浮かれたんですかね。日本人って本当に無駄、ぜいたくをしていました。しなくていいことをして、買わなくていい物を買って。ひとのぜいたくを何とも言えませんけど、嫌なのは『これを見ないと』というあの熱狂ぶり。それを『軽薄だ』と教える人がいない、教育不在ですね」(曽野綾子)


「高さ競争は後発国のやることではないですか。もっと大人になってもらいたいですね。どんな高い塔も今に抜かれます」(曽野綾子)


(「特集ワイド・ツリーは必要?−−曽野綾子さんと考えた/大魔神か巡礼地か」毎日新聞2012年5月21日夕刊2面より抜粋)

----------------------------------------


全く同感です。バカ騒ぎにウンザリして居ます。

平成24年(2012年)5月22日(火)

                西岡昌紀


------------------------------------------------------

スカイツリー 小雨の中で開業
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2023445&media_id=2

<スカイツリー>小雨の中で開業 王貞治さんらテープカット
(毎日新聞 - 05月22日 11:45)


 高さ634メートルを誇る世界一の自立式電波塔、東京スカイツリー(東京都墨田区)と商業施設「東京ソラマチ」などがある街区「東京スカイツリータウン」が22日、開業した。あいにく周辺は朝から小雨が降る天気となったが、新たな東京の観光名所を一目見ようと周辺は早朝から多くの人でにぎわった。開業後の1年間でタウン全体には3200万人が訪れると見込まれている。

 オープンセレモニーで、東武鉄道の根津嘉澄社長(60)が「建設中、東日本大震災がありましたが、無事故無災害で終えることができました。今日の雨はスカイツリーにとって栄養をくれる恵みの雨」とあいさつ。ツリーの近くで少年時代を過ごした福岡ソフトバンクホークス球団会長の王貞治さん(72)らと共に、テープカットをした。王さんは「本当に立派なツリーが完成し、地元の人間としてこんなにうれしいことはない。今までより多くの人が来て大変なにぎわいになる。今から上に上がるのを楽しみにしている」と話した。

 続いて開かれたツリー本体の開業式には、名称を決める全国投票で「東京スカイツリー」に投票した“名付け親”の中沢歩(あゆみ)さん(42)と長男謙太君(12)も埼玉県から駆けつけた。中沢さんは投票した3万2699人の中から抽選で選ばれ、開業日に一番最初に上る権利を得た。「通勤電車の中の広告を見て投票しました。一番文字がきれいだったので選びました」と話した。

 ツリーは東武鉄道の貨物列車ヤード跡地に08年7月着工、今年2月に完成した。タワーのみの事業費は約650億円。高さ634メートルは、東京や埼玉、神奈川の一部にあたる旧国名「武蔵」と語呂を合わせた。展望台は天望デッキ(350メートル)と天望回廊(450メートル)があるが、7月10日までは事前購入のみで、販売は終了している。

 ソラマチには312店舗が出店。タウン全体の広さは約3.69ヘクタールで、水族館やプラネタリウムもある。【大沢瑞季】


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月22日 14:07:18 : wAhjcDZgDE
曽野といい、西岡といい自分を高級高度な人格と勘違いで自己評価している人間は
このようなある意味最低の投稿をするものだ。余りにも馬鹿馬鹿しいと思ったが、ちょこっとコメントすることにした。曾野の夫(元文化庁長官)もそうだったが、くだらない人間はいるものだ。

02. 2012年5月22日 22:07:53 : KbjUzFqPyw
60歳にして知らない人が多い。勉強します。何故これが地方に?
ーーーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西岡 昌紀(にしおか まさのり、1956年 - )は、日本の医師、文筆家。
目次 [非表示]
1 来歴1.1 マルコポーロ事件1.2 思想的変遷1.3 ホロコースト見直し2 主な著作
2.1 医学雑誌2.2 著書2.3 雑誌記事2.4 雑誌対談3 関連項目
来歴 [編集]

東京都生まれ。東京学芸大学附属高等学校、北里大学医学部卒業。元厚生省医務官。専門は神経内科。脳梗塞、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症など脳神経疾患に関する論文がある。又、日本医事新報に寄稿した「HIVは本当にエイズの原因か?」(3619号70-72頁、1993年)は、ミルコ・D・ゲルメク著、中島ひかる+中山健夫訳『エイズの歴史』(藤原書店、1993年)に、中山が訳者解説として寄稿した「エイズ解題」において、4ページに渡って紹介、検討されている(同書、441〜444頁)。1990年代後半に、神経内科の領域で、厚生省研究班の班員であった時期がある。
指揮者エフゲニー・ムラヴィンスキーを、1973年の初来日以来身近に知る数少ない日本人の一人であった。そのムラヴィンスキーの人物像に関する著作(『ムラヴィンスキー/楽屋の素顔』リベルタ出版、2003年)がある他、小説の執筆や社会評論の雑誌寄稿もある。ネット上では、ミクシイ等で、実名で意見を発表している。医療費抑制政策に批判的な他、反原発派、地球温暖化懐疑派、親パレスチナ派で、国旗・国歌の法による強制には反対するなど、リベラルな発言がある一方、復古的改憲論者、靖国神社国家護持論者、対北朝鮮強硬派でもある。TPP加盟、人権擁護法、外国人参政権には反対の立場を取っている。
マルコポーロ事件 [編集]
1995年、文藝春秋社が発刊していた月刊誌『マルコポーロ』上で、「アウシュビッツにガス室はなかった」「ユダヤ人絶滅計画は存在しなかった」とする自説を寄稿。直後、文藝春秋社は、ユダヤ系人権団体サイモン・ヴィーゼンタール・センターとイスラエルからの抗議を受けた(記事で、「アウシュビッツの「ガス室」を捏造したと名指しされたポーランド大使館は抗議していない)。特に、サイモン・ヴィーゼンタール・センターの抗議は、文藝春秋社全体に対する物に発展した。この結果、文藝春秋社は、著者である西岡に相談しないまま、記事の内容を撤回・謝罪した上、マルコポーロを廃刊にし、編集長であった花田紀凱を解任した(マルコポーロ事件)。西岡は、文藝春秋社のこの決定に抗議し、1997年には、単行本『アウシュウィッツ「ガス室」の真実・本当の悲劇は何だったのか』(日新報道、1997年)を発表し、再反論している。(ホロコースト否認参照)
このマルコポーロ事件の際には、厚生省(当時)の職員であった為、厚生省上層部から記者会見中止を求められた。それを拒否して記者会見を開いた為、厚生省上層部と険悪な関係に陥った(m9 Vol.2 (晋遊舎ムック) (単行本) の西岡へのインタビュー参照)。マルコポーロ事件と同時期に起きた阪神大震災においては、マルコポーロ事件を理由に、直属の上司から、震災現場での医療ボランテフィア参加を許可されなかった。この経験から、元厚生省職員として、阪神大震災当時の厚生省(当時)の対応の遅れを繰り返し批判している。
思想的変遷 [編集]
m9 Vol.2(晋遊舎ムック)における西岡のインタビュー発言によれば、元々は非常に左翼的な思想の持ち主で、「週刊金曜日の読者の様な左翼」(同インタビューより)であったと言う。それが、広瀬隆の著作を読む過程で、その近現代史への見直しに影響を受け、第二次世界大戦についての見方を改めたと言う。(広瀬は『危険な話』や『億万長者はハリウッドを殺す』などで、ナチスが台頭する背景にアメリカの銀行の意向があったことなどを論じている。)また広河隆一らのパレスチナ・イスラエルに関する著書などから、ナチとシオニストが協力関係にあったことなどを知り、言われている近現代史の内容に疑問を持つに至ったと言う。そのような疑問を持つ中で、1989年、ニューズウィーク日本版が、アメリカの左翼系歴史家アーノ・メイヤーが、アウシュヴィッツで死亡したユダヤ人の多くは実は病死者であったと論じていることを批判的に報じた記事を読み、「ホロコースト」の内容に疑問を持ったと、述べている。
ホロコースト見直し [編集]
西岡自身は基本的に『マルコポーロ』に掲載した自説を撤回していない。1997年に出版された自著『アウシュウィッツ「ガス室」の真実・本当の悲劇は何だったのか』の中で、「マルコポーロ」の記事には部分的に誤りもあったことを認めた上で、
ナチスドイツがユダヤ人を差別迫害したことは明白である。
しかし、そのドイツと言えど、彼らが、ユダヤ人をただユダヤ人であると言うだけの理由で「絶滅」しようとまでしたとする戦後の主張には証拠が欠けている。
特に、そのような「絶滅計画」の手段として用いられたとされる処刑用ガス室が存在した証拠は全く無い。
収容所でユダヤ人が大量死した悲劇の真の理由は発疹チフスをはじめとする病死である。
それを連合国は、ガス室による殺害の結果であったかのように宣伝した。
といった主張を維持している。
主な著作 [編集]

医学雑誌 [編集]
「HIVは本当にエイズの原因か?」(日本医事新報1993年、3619号70-72頁)
著書 [編集]
『アウシュウィッツ「ガス室」の真実・本当の悲劇は何だったのか』(日新報道、1997年)
『ムラヴィンスキー/楽屋の素顔』(リベルタ出版、2003年)
『教科書が教えない小林よしのり』(共著)(ロフトブックス、1997年)
『どうちがうの?-新しい歴史教科書vsいままでの歴史教科書(夏目BOOKLET)』(共著)(夏目書房編集部、2001年)
雑誌記事 [編集]
「戦後世界史最大のタブー『ナチ・ガス室』はなかった」(マルコポーロ 1995年2月号)
「『ガス室はなかった』記事執筆の真意/『もともとの関心はメディアの情報操作だった』」(創1995年4月号)(談話記事)
「私を取材していった人たちについて」(ず・ぼん2)
「生誕100周年 偉大なるロシア人指揮者ムラヴィンスキー来日秘話」(新潮45 2003年6月号)
「原爆の第一標的は京都だった」(WiLL2006年1月号)
雑誌対談 [編集]
「ナチ『ガス室』はなかった」の論理を検証する/西岡昌紀/橋爪大三郎(ず・ぼん2) 
ーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


03. 2012年5月23日 11:34:52 : bW0kgIpTJg
ニュース見ていて想ったが、、近所の商店街の方達も、、今の世の中生きていく
為に 必死だな、、気持ちは判る、、
俺、スカイツリーに興味ないので、、多分その辺りに行くこと無い思うけど
、、頑張ってや、、、



04. 2012年5月23日 14:09:27 : yQldbmfPmQ

曽野綾子が東京スカイツリーにケチを付けるのは、あれが「ロンギヌスの槍」と噂されているから。

あれが皇居から見て東北、鬼門である艮の方角に建てられており、高野槇を象徴しており、悠仁親王殿下を守護せんとする勢力がその背後にいるから。

バカ騒ぎを演出している勢力の背後の存在が曽野綾子の勢力と敵対関係だから。
バカ騒ぎして多くの人々がかの地に行けば行くほど霊的パワーで守護の力が強まるから。

ゆえに気に入らない。
ただそれだけ。


05. 2012年5月23日 19:48:42 : Pj82T22SRI

税金で作ったのにバカ高い料金で使われない無意味な橋などに比べ

そもそも公共の電波塔を、民間の資金で作っただけでも偉いが

技術開発や経済効果など、TSTは百万倍以上、意味がある


06. 2012年5月23日 20:37:01 : jNhLiHGQnc
まあ、民間で作ったのだから、そのこと自体に文句はないが、要は安全性だね。直下型とか大丈夫なんだろうか?

俺は登らんけど。


07. 2012年5月24日 14:23:46 : dzTsAJODHs
>嫌なのは『これを見ないと』というあの熱狂ぶり

この部分は賛成!こちとら北海道なんで関係ないが・・・


08. 2012年5月25日 14:52:12 : vIVC347ho6
スカイツリーさんよ、別に要らないから横倒しになって寝ていなさいよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧