★阿修羅♪ > 地域13 > 629.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
―苦難と悔恨の日々をこえて、山村と林業の未来を見つめる― 道 遥かなり奥吉野
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/629.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 12 月 23 日 16:18:43: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.nara-np.co.jp/book/okuyoshino.html?PHPSESSID=7ae3c7455db7d362bd92cb4de383c701


―苦難と悔恨の日々をこえて、山村と林業の未来を見つめる―
道 遥かなり奥吉野


 奈良新聞社は、約60年前に野迫川村など奥吉野地方で展開された「山村工作隊」について、桜井市在住の芝房治氏による「道 遥かなり奥吉野 共産党 老党員の回想録―“山村工作隊”と“五〇年問題”を乗り越え  林業と山村の再生を探る―」を発行、書店で発売しています。


 1953(昭和28)年7月18日未明、未曽有の集中豪雨に襲われた奥吉野地方へ、共産党を始め、多くの民主団体が救援隊を派遣して、滞留型の救援活動を展開したが、やがて、共産党の極左冒険主義指導から一部が『山村工作隊』に変身し『革命』を目指した―という歴史の流れの中で、党の責任者の1人だった著者が、当時の状況を冷静に振り返り、党や農民運動などに与えた影響について分析しています。


 また、最終章では、著者のライフワークである林業・山村問題への研究成果を披露し、進行する山村と林業の深層崩壊を食い止めるための「再生への提言」を行っています。地方政治・農民運動史に関心のある方だけでなく、自治体や林業関係者にもぜひ読んで頂きたい1冊です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・四六判


・本文352ページ


・並製本


・定価2,100円(本体2,000円+税5%)


★送料は290円

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧