★阿修羅♪ > 地域13 > 644.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
移住1000人超す 鳥取市の支援窓口利用(読売新聞)
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/644.html
投稿者 こーるてん 日時 2013 年 5 月 16 日 16:06:49: hndh7vd2.ZV/2
 

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news/20130514-OYT8T01512.htm?from=tw
移住1000人超す 鳥取市の支援窓口利用

. 鳥取市が2006年に設けた「定住促進・Uターン相談支援窓口」を利用して同市に移住した人が、1000人を超えた。市は田舎暮らしに憧れる都市部の子育て世代などの移住を促進し、人口減少に歯止めをかけようと取り組んでおり、昨年12月から東京や大阪にも窓口を開設。ほかにも、市内で古民家を貸し出すなどの「お試し定住体験」などを行っており、こうした支援策の効果があったとみられる。(進元冴香)

 市の人口は今年4月末現在で約19万4000人で、少子高齢化の影響で年々減少している。市は移住者を増やそうと06年9月に窓口を開設し、住居の仲介や市の助成制度などの相談に応じる専任相談員を東京、大阪を含め5人を配置。06年度は5世帯7人だったが、東日本大震災が発生した11年度は107世帯237人で、被災地からの移住が目立った。

 移住前の地域は4月15日現在、大阪が72世帯、兵庫が50世帯と多く、宮城や福島県など東日本大震災の被災地から62世帯が移り住んだ。年齢別では30歳代の世帯が最も多い36・4%、続いて20歳代が17・6%で、10〜30歳代の子育て世代や若者が54・9%と過半数を占めたという。

 市は移住者を増やすために、最長1年間、家具付きの民家などが借りられたり、農業などが体験できたりする「お試し定住体験」を鹿野町や用瀬町など7か所で実施。ほかにも、昨年10月から市内の企業に就職した人を対象に、奨励金を交付するなどしている。

 市の相談窓口を利用して1000人目の移住者となった原田麻希子さん(35)は4月、夫の和記さん(34)が鳥取市内に転職したのを契機に、埼玉県所沢市から移り住むことにした。

 今まで関東圏を出たことがなく、縁もゆかりもない鳥取に移住することは戸惑いもあったが、休日になると和記さんが長男(6)と次男(4)を連れて、広場などでボールを蹴って遊ぶなど楽しい時間を過ごし、子どもらは「鳥取は思いきり遊ぶ場所が多くて、毎日楽しい」と喜んでいるという。

 原田さんは「食べ物がおいしく、豊かな自然の中でのびのびと子育てができるのが魅力。都心では当たり前の通勤ラッシュや交通渋滞もないので、ストレスが少なく生活できる」と話している。

(2013年5月15日 読売新聞)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧