★阿修羅♪ > 自然災害16 > 340.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
BP事故は単なる事故ではない!(事件?に向けて準備万端!?の)ハリバートンはなぜ叩かれないのか??
http://www.asyura2.com/09/jisin16/msg/340.html
投稿者 888(スリーエイト) 日時 2010 年 7 月 03 日 09:45:10: jwMgwr3A1J/pE
 

きくちゆみのブログとポッドキャスト  様
http://kikuchiyumi.blogspot.com/

2010/07/02記事
BP事故は単なる事故ではない!ハリバートンはなぜ叩かれないのか
http://kikuchiyumi.blogspot.com/2010/07/bp.html

(以下に全文転載)

メキシコ湾でのBPによる原油流出事故は史上最悪の事態となっています。


この原油に火がついて、アメリカ沿岸の諸都市が大火災になり、沿岸部の諸都市は居住不能になる、と予測する人もいます。

そうならないように、私たちにできることは何?

そう、脱石油。

石油製品をなるべく使わないこと、買わないこと、省エネすること、などでしょうか。

我が家ではもう10年以上、石油からできた界面活性剤の入った洗剤やシャンプー、歯磨き粉などは使っていません。あなたも石油製品を減らしてみませんか?牧野裕子著『楽して徳して得して楽しく暮らそう』が参考になります。

以下は、イギリスの荒牧さんからの情報です。
このサイトを元に書かれています。
ーーーーーーーー
アメリカの法律では、最終的なオーナーが責任を負うことになっているので、BPが非難対象になっているようですが、実際に流出の原因を作ったのはハリバートンの従業員です。BPもグルなのですが、ハリバートンに関しては、どんなことをやってもこれまでもお咎めなしだったので、刑事責任を問われるなんて事はないと思います。

ただ、言い方を変えると、どちらも世界支配を目指す勢力の一員に過ぎないので、その中でのとかげの尻尾きりの役割をBPが負っているということでしょう。

また、面白いという言い方はよくないかもしれませんが、この流出事故が起きる8日前、ハリバートンはBoots & Cootsという会社を$240.4 millionで買収することで合意しています。

この会社がどういう会社かというと、世界最大の原油流出処理、石油ガス田火災爆発処理専門会社なのです。

またゴールドマンサックスは、この事故の1週間前、保有していたBP株の44%3億ドル相当を売却しています。加えてBPのHaywardCEOも自分が保有していたBP株140万株を事故の1ヶ月前に売却しています。(ゴールドマンサックスが売却したのと同じぐらいの値段で売ったとして1億ドル弱)

つまりこれは単なる事故ではないということです。

そして、この流出事故(?)の実際の規模は、今、報道されているものよりはるかに大きく、原油が一旦メキシコ海流に乗ると、1年半ぐらいで世界中に拡大してしまうということです。こうしたことをオバマ政権は隠し、報道管制が敷かれ、現場で流出した原油の映像や写真を取っている人が、逮捕されているという証言もあります。

http://www.youtube.com/watch?v=CAHZV5HwAY4


http://www.youtube.com/watch?v=pxDf-KkMCKQ


BPは表面上は、懸命に流出拡大を防いでいるように見えますが、分散剤として使っているCorexit9500、9527Aは毒性が高いためEUでは使用が禁止されているものです。そして、分散効果は56%から63%しかありません。EUが認可している分散剤は12種類あり、そのうちの2つは100%の分散効果があるということです。
このCorexiを作っているNalcoはExxonMobilグループに属し、エクソンとBPから取締役が入っています。また、この分散剤は石油を海面下に沈める力があるため、実際の流出量を隠すことが出来るということです。
http://www.huffingtonpost.com/2010/06/18/bp-must-stop-using-toxic_n_617334.html

今後の雨、ハリケーンなどにより、海岸から200マイルの地域は人が住めなくなるとFEMAは見ており、住民を強制非難させるようです。そして戒厳令を敷いてアメリカはますますファシズム国家になって行くと見る人もいます。

ヨハネの黙示録8章

8 第二の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして海の三分の一が血となった。

9 すると、海の中にいた、いのちのあるものの三分の一が死に、舟の三分の一も打ちこわされた。
ーーーーーーーーーーー
以上、情報通の荒牧さんからでした。

アメリカが警察国家、ファシズムの国になりつつあることは、故アロン・ロッソ監督が遺作『America from Freedom to Fascism』で伝えようとしたことでした。

911事件で息子を失った父親(マックベインさん)は映画ZEROの中で911事件に関して「真実を知らなねば、この国の価値がなくなる。この事件の全ては犯罪に満ちている。人々は真実を求めないことの恥を知るべきだ」と語っています。

このBPの原油流出事故も単なる事故ではなく、仕組まれたものである、という可能性があることを私たちは知っておきましょう。「911同時多発テロ」が単なるテロではなかったように・・・・。

*読んでくれてありがとう。人気Blog Rankingに参加しています。クリックしてくださると、メディアからは伝わりにくい大事なことが伝わる助けになります。

投稿者 Yumi Kikuchi 時刻: 17:49 6 コメント この投稿へのリンク ラベル: 911, お金, エネルギー, 暮らし, 環境, 生き方

(以上、転載終了)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月04日 08:41:49: paLlTwxzec
 原油噴出がさらに激しくなっているようです

「 暴噴防止弁は やはり傾きつつあります。 
  最初の沿岸警備隊の司令官の発言では10度から12度でした。
  現在の発表では12度から15度になっています。
  つまり海底の岩盤に亀裂が入り徐々に倒壊に向かっている
  可能性があるのかもしれません。」 との事


02. 2010年7月04日 15:40:21: Td0N6QHNrk
>ハリバートンはなぜ叩かれないのか??

アメリカでは、新エネルギー開発派のオバマ政権による陰謀ではないか、という論調が先手を打っている。
オバマ政権発足時、トップどうしが互いに侮蔑し合った、あのFoxである。

FOXニュース メキシコ石油流出事故の「陰謀論」:アメリカ経済ニュースBlog
http://uskeizai.com/article/148872588.html


日本のテレビ各局には、このような陰謀論合戦の情報が入っているから、メキシコ湾石油流出事故を報道するキャスターたちのようすが、居心地の悪そうなものになっている。
NHK、TBS、テレビ朝日などは、オバマ政権による対応が怪しまれていることを否定し切れないようすであり、若干、困惑しながらも、日本のオバマ政権支持派の無邪気さを疑う姿勢になっている。


03. 2010年7月05日 21:37:41: Td0N6QHNrk

ロシアのスパイ摘発は、ブッシュ前政権成立時など、たまにあるが、
以前からアメリカの内外で陰謀論が沸騰していることもあり、
陰謀論者の関心を上下させる演出が伴っているふうにも見える。

04. 2010年7月05日 21:46:58: lfda1S5g8M
かなりショッキングですね!


メキシコ湾原油流出ショッキング映像
http://www.youtube.com/watch?v=KVLmcyhOu0o&feature=player_embedded#!


05. 2010年7月07日 09:30:55: L92bK6YBKA
こちらにも詳しい情報があります。
オイルの雨で子供が病気になるとか、ハリケーン等が重なったら海岸の大都市がオイルまみれになりそうで大変ですね。

http://globalresearch.ca/index.php?context=theme&themeId=6


06. 2010年7月12日 11:07:16: EJSjheLcHc
人類史上最悪の自然破壊・環境問題と化しているBPの石油流出事故?だが。
何と、この事故の周囲で、金儲けにうごめいている奴らがいるのだ!
先に、ゴ−ルドマンが事故直前にBP株を売り抜けたことは、当ブログに掲載
されていた。
(これも不思議な話だが、GSには予知能力のある人間がいるらしい!)
今度は、事故で株価が下がったBPをエクソンモービルが買収を画策している
という。
この連中(ハゲタカ)の本性を表している話しだ!
ひょっとしたら、この事故は、9.11と同様にやらせかも知れない!
そんな気がしてきた!

07. 2010年7月14日 21:29:50: jfChhV9w4A
その「イギリスの荒牧さん」というのはデーヴィッド・アイクのニューズレターの読者ですねw
まんまじゃん。

http://www.davidicke.jp/blog/20100627/


08. 2010年7月15日 06:04:04: ysFReZFlXU
>>07
ハリバートンが深く関わってるのは事実だしなー

09. 2010年7月15日 17:21:43: dChYV980ro
これ本当かな?

原油流出事故、ふた取り付け「成功」

メキシコ湾の原油流出事故で、油田の開発元であるイギリスの石油大手「BP」は12日、海底にある原油の噴出口に密閉性が高いふたを取りつけることに成功しました。

http://www.youtube.com/watch?v=kDrjDacQYZc


10. 2010年7月17日 19:52:22: NCi3q61PRo
>09さん
何故か映像が削除されていて見る事ができませんね?
とても残念です

他にどなたか同様のニュースを提供して貰えたら有難いです

ところで「宇宙と先史文明と霊的世界の謎を解く」と言うサイトを運営されて情報を発信しておられる浅川氏が最新のレポートで「原油流出が止まる」と題して原油流出の吉報を発信しています
http://www.y-asakawa.com/Mssage2010-1/10-message45.htm

真偽の程がまだ私には分りません
どなたか更に同様の情報を発信して貰えたらと思います
もし真実なら本当に朗報ですね

それでも浅川氏が心配される懸念は、まだ残っていると思われます

一応サイトから全文引用します

転載開始
原油流出ストップの吉報
 
メキシコ湾の原油流出現場で油井に設置された密閉ぶたの様子を撮影したBP社の映像(ロイター)
 

 

原油流出ストップの吉報

 

 
 
 
メキシコ湾の原油流出現場で油井に設置された密閉ぶたの様子を撮影したBP社の映像(ロイター)
 

 

今朝のBSニュースはメキシコ湾の原油流出が完全に停められたと報じた。人類にとっての吉報である。

GP社は、数日前から流出している油井にフタをする作業が続けていたが、日本時間の16日早朝、フタに取り付けられた遮断弁を閉める作業がうまくいき、原油流出を停めることが出来たと発表した。確かに海底の現場の映像を見ると、モクモクと流出していた原油が停められた様子が映っている。

先ずは、一安心である。しかし、これで心配が完全になくなったというわけではない。残された幾つかの問題点があるからである。主な問題点は次の2点である。

  @ 取り付けたフタが原油噴出の大きな圧力に耐えられるかどうかという点。

  A 周辺の地殻に穴があき、新たな噴出が始まりはしないかという点。

@ フタにかかる圧力は6000PSI 以下だと漏れが生じることになり、10,000PSI 以上だとフタが破損する危険があるという。そうした点を考えると、今回の作業は大変難しい問題をクリアーしたことになるようだが、この噴出圧力がBP社が望んでいる6000〜9000BPIに、これから先も安定しているかどうかは定かでない。

もしもこれから先、噴出圧力の強弱に変化が生じるようだと、いつまでも押さえきれるかどうか不安を抱えた状態が続くことになる。現に、これから先48時間、油井内の圧力状態を詳細に調べる予定で、その結果、政府とBPがバルブの閉鎖を続けるか否かを判断することになるようである。

A 噴出口周辺の弱い地殻が破られ新たな噴出が始まる可能性は、専門家の中からも指摘されている。先のHPで書いたように、周辺部に他の噴出口のあることがBPの社員の中から指摘されていただけに、心配である。

他の箇所からの噴出が始まった場合は、噴出を停める手段が絶望的となり、最悪のケースになってしまう恐れがある。

いずれにしろ、BPは並行して油井に向けて2カ所の救援井戸を掘り進めており、月末にも完成する見込みである。流出を完全に封じ込めるには、これらの井戸を通じて油井にセメントを流し込むまで待つ必要があるようなので、楽観視せずに、しばらく経過を注意深く見守ることにしたいものである。

仮に、流出が完全にストップしたとしても、4月20日以来、87日間に渡って流出し続けた原油量は膨大で、そう簡単に処理できる量ではないだけに、これから先、予想外の被害が発生してくることになるかもしれない。欧州宇宙機構の衛星写真をみると、原油はすでにメキシコ湾内から大西洋に出る潮流に乗ってしまっているようなので、欧州にも悪影響が及ぶ可能性は否定できない。

いずれにしろ、今回の流出事故は人類に大きな教訓を与えたことは事実である。チェリノブイリ事故に匹敵する人為的大災害と考えた方がよさそうである。二つの事故は、我々が使っているエネルギーを原子力や石油といった公害をもたらすものから、自然エネルギー(フリーエネルギー)に転換する必要があることを天が示しているのかもしれない。

ペトル・ホボット氏も、『[UFO 宇宙人 アセンション]真実への完全ガイド』の中で、宇宙人たちが人類と正式にコンタクトを取り、宇宙の真実や高度な医療技術を提供することになるのは、我々がフリーエネルギーの利用に関心を持ち、実際にそれを使うようになる時であると述べている。

人類の気づきが遅れれば遅れるほど、我々は厳しい未来に遭遇することになりそうである

転載終了


〜今朝のBSニュースはメキシコ湾の原油流出が完全に停められたと報じた。人類にとっての吉報である。〜
上記の記述BSニュースで報道されたとありますから事実であろうと思われます
であれば本当に良かったととりあえずほっと一安心なのですが?

浅川氏が最後に記述している箇所を読んで
〜ペトル・ホボット氏も、『[UFO 宇宙人 アセンション]真実への完全ガイド』の中で、宇宙人たちが人類と正式にコンタクトを取り、宇宙の真実や高度な医療技術を提供することになるのは、我々がフリーエネルギーの利用に関心を持ち、実際にそれを使うようになる時であると述べている。〜
こう云う空耳情報に胡散臭さを感ずる方は、このあたりを外して事実かどうかだけを判断して読んでほしいと思います

Dek



11. 2010年7月18日 10:36:16: Td0N6QHNrk
>ハゲタカ

金融規制改革法の成立と前後して報じられているので、そこにホワイトハウスの意図があることになりそう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害16掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害16掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧