★阿修羅♪ > 自然災害16 > 602.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発1基で日本1週間で放射能汚染―「週刊朝日」背筋寒くなる警告(J-CAST)
http://www.asyura2.com/09/jisin16/msg/602.html
投稿者 とかげのおっさん 日時 2011 年 3 月 18 日 07:26:54: KyAneGBiVUPGs
 

原発1基で日本1週間で放射能汚染―「週刊朝日」背筋寒くなる警告
2011/3/17 19:03
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/17090753.html

こんな悠長なものを書いているときではないようだ。震災の被害は甚大だが、それを上回る被害を起こしそうな東京電力福島第1原発が重大事態を迎えている。

17日(2011年3月)、陸上自衛隊のヘリコプターから水を投下することについて、北沢防衛相は「今日が限界だと判断し決心した」と明言した。大震災から1週間、何も手を打たなかったとはいわないが、日本の歴史上かつてない深刻な原発危機を招いた責任を、菅首相や東京電力側はどう考えているのか。

テレビは津波で家が流される映像ばかり繰り返し、被災地の現状は報じてきたが、その裏で進行しているさらに深刻な事実を見えにくくさせ、菅首相や枝野官房長官のまやかし会見を垂れ流してきた。

新聞もほとんどが政府公報に成り下がり、原発問題については突っこみ不足で、読んでいても欲求不満が募るばかりだった。

悲惨な現実を見せない伝えないTVジャーナリズム

こういうときこそ週刊誌の出番だ。21日の月曜日が休日のため水曜日発売予定だった「週刊新潮」と「週刊文春」は1日ずらし、「週刊朝日」と「サンデー毎日」は変則発売で、17日の木曜日に4紙が揃って出たので、早速、貪るように読んでみた。

まずは各誌のグラビア。テレビを超える迫力のある写真にはお目にかからないが、その中で、朝日の「津波に襲われたと見られる男性の遺体に、近所の男性が手向けの花束を供えた=若林区)」という1枚に目が止まった。

被災地のルポも、テレビで毎日見ているから、それなりに取材してあるが、それを超えるものは見あたらなかった。

新潮の「頼りの『NHK』人が津波に呑まれる映像を見せなかった」で、津波にのみ込まれそうになるワゴン車の映像を最後まで放映しなかったNHKに対して、モラルを最優先する姿勢に苦言を呈しているが、私もそう思う。

何も遺体を写せというわけではない。だが、大災害の被害の実態が、画面から伝わってくる映像としては津波が押し寄せてくる以外には数少ない。悲惨な現実を見せない、伝えないのは、ジャーナリズムとしてどうなのか、テレビ現場の人間は常に問いかける必要があるはずだ。

私は、地震の時、旅行中で中国の北京にいたが、発生と同時に携帯が繋がらなくなり困った。朝日の「万が一の時、使える通信手段はこれだ」を読むと、ツイッターとワンセグ放送は繋がり、インターネット回線を使うSkypeと、携帯電話でもインターネットを使う災害用伝言板は繋がるようだ。北京からでも東京と連絡できたのは、iPadからのGmailだった。

根拠ない菅と枝野の「安心です」

さて、一番知りたい原発についてだが、文春の「『暴走ドミノ』被爆の真相」と、朝日の「福島原発で本当に起きていること 広瀬隆」が読み応えがあった。東電の清水社長は地震が発生した11日は出張で関西にいて、名古屋空港から東電のヘリで急遽戻ろうとしたが、夜10時を過ぎていたので空港側に拒否され、何とか防衛省に頼み込んで使用許可を取ったと文春にある。このために「約1時間を無駄にした」(文春)そうだが、そういえば、中国の北京で一緒だったグループの中に東電のトップ2人がいた。

以前からスケジュールが決まっていたから、彼らにとって不運ではあるが、重大な意志決定をする人間が、その時、東京にいなかったことになる。その初動の遅れが致命的なことにならなければいいのだが。

さらに文春は、菅首相が現場の迷惑も考えず福島第1原発を視察したことを、「視察の直後に1号機の水素爆発という深刻な事態に陥った。一体、何を指示したのかと問われるでしょう」(官邸関係者)と批判している。「安心です」と繰り返してきた枝野官房長官も、途中から、東電側が正確な情報をあげてこないといわんばかりの発言に変わったが、それまで、何を根拠に安全だといってきたのかと追及している。

朝日の広瀬氏は、長年原発の危険性を訴えてきた論客だが、こうした非常事態の時に読むと、背筋が寒くなってきて、居ても立ってもいられなくなる。

広瀬氏は「事故の経緯を見ると、悲観的にならざるを得ない」として、このまま炉心溶解が進行すると、鋼鉄製の原子炉を溶かして、地下水とぶつかって水蒸気爆発を起こし、大量の放射線が飛び散る「チャイナシンドローム」が始まるという。

さらに「日本で1基の原子炉が全部放射能を放出するような事態が起きた場合、風向きや風力次第ですが、(中略)ほぼ1週間で日本全土が放射能に包まれる可能性があります」というのだ。

今回の事故で、東電側は、千年に1度の巨大地震が起きると想定できなかったというが、誰もが原子炉の大事故を起こす原因として、真っ先に想像するのは「大地震」ではないかと批判する。

また、13日午後、福島原発周辺で、1時間あたり1557・5マイクロシーベルトを記録したことは、「それに24時間と365日を掛けて年換算すると、通常の年間被爆量の1万3千倍を超えます。それで平気なのでしょうか。レントゲンや航空機に乗ったときの被爆量と比較するのは犯罪です」といいきる。何とかこの危機を回避してほしいと、期待もよせているのだが。

「西日本疎開」呼びかける内田樹・神戸女学院大教授

これを読んで、すぐに関西方面のホテルを探してみた。朝日新聞で、内田樹・神戸女学院大教授も「メディアの報道では『避難できる人は避難した方がいい』という専門家の発言が抑圧されているように感じる。しょうがないから、僕はネットで安全な西日本などへの『疎開』を呼びかけている。とりあえず、妊婦や幼児や病人、児童生徒たちは、用がなければ被災地と救援の活動拠点となる都市部を避けた方がいい。政府は可能な人には『疎開』を呼びかけるべきだろう」とまでいっているからだ。

外国人は自国へ帰ろうと成田空港につめかけている。大阪のホテルはまだ空きがあるのは、実際に疎開する人がまだそれほどいないのだろうが、その決断をする日がこないよう祈るしかない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月18日 08:47:40: I4a8nbIisw

【首都崩壊】

石原都知事は、都議会につづく廊下の絨毯の上に吐血して倒れた。最寄の病院を避け、女子医大に運び込まれた人体の脈をとりもせず、医師は告げた。
「ご臨終です」
「なぜわかる?」
同行した石原軍団のひとりが、目を血ばらせて問いただした。
「動こうとしない瞳孔。放射能を甘く見すぎた事故死です」

昨夜から「すこし頭が重い」ともらしていた菅首相は、危機管理司令部のなかで、赤いマーカーを持って立ち上がった。それが彼の最後のパフォーマンスだった。足をもつれさせたように、スチール椅子で体を支えた菅首相は、椅子とともに倒れ、救急車で愛宕下の赤十字病院に運びこまれた。医師によれば、やはり放射能による被爆死だった。
------------------------------------
なんで、こんなに大きな犠牲を払わないと日本は開放もされないんでしょう。東北の何十万という震災犠牲者と、全国の被爆犠牲者(予定)を前提にしなければ、この国の前進はないんでしょうか。呪われた、大和の国!


02. 2011年3月18日 09:51:08: IEvZBtjwq6
わはは^^
ふたりともさっさとくたばった方がいいよ。
こんな連中がトップでのさばってるからどんどんダメになる。

03. 2011年3月18日 10:10:35: Zvpk3SSoRx
在日アメリカ人家族、東京、横浜、

  なんと名古屋のアメリカ人にも、

 国外、帰国、避難しろ、だって。

 名古屋までとは、クサイ!!!

さらに、帰国便の飛行機だって。

 日本国から離れろ、だって!


 香港政府、自国民は、日本を離れろ。

 イギリス政府、東京近郊から、個人の意志で、離れろ。

  臨時飛行機を出す!


これって、もしかしたら、東京大地震ですか???

 確かに、放射能汚染は、深刻だが、よほど浴びなければ、

  すぐには、死にません。徐々に何年もかけて死ぬだけ。


それなのに、帰国しろ、とは、クサイね!!!


04. 2011年3月18日 10:17:01: Zvpk3SSoRx
普通、帰国しろ、の場合は、

 戦争、紛争地域の自国民に対し出る。

プルトニウム汚染でも、200`離れれば、そうすぐには、死にません。

 なんか、イヤな感じ、です。

みずほ銀行、ATM作動せず。これもヘンや! カネもらえない、被災で死んだら。


05. 2011年3月18日 10:46:59: Bx4CJFiMco
NHK以下マスコミの大半は大本営発表だから信用する方がどうかしている。
旧ソ連のように広大なら兎も角、猫の額程の地震国日本で原発事故が発生したらどうなるか自明だった筈だ。
もう事ここに至っては成るようにしか成らない。 じたばたしても始まらない。

06. 2011年3月18日 11:55:17: cqRnZH2CUM
普通の国ならパニックが発生し避難民が溢れて、
経済や治安が麻痺するから、自国人を退避させるのは
合理的な判断だ

特に原発を抱える太平洋岸の県からの退避命令は
今の状況では、それほど批判を浴びることはない
という判断だろう


07. 2011年3月18日 19:47:25: p9B89YgNYw
安全な原発を作る必要があると思う。
日本人の生命にかかわる問題。

08. 2011年3月18日 22:39:23: xtlWVCU5v6
原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発

ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/278915.html

福島原発設計 元東芝の技術者 「津波全く想定せず」
ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/278890.html


09. 2011年3月18日 23:30:14: JlFfmr5vSQ
>>07

>安全な原発を作る必要があると思う。


なんでこういう大馬鹿者が居るのだろうね。
言うのは勝手だが、安全な原発を作れる確信があるのか?
無いのに言うなら万死に値する奴。


10. 2011年3月19日 06:48:24: FZTSGOlufw
ドサクサにまぎれて官コケちょくとが 内閣担当層の数を増やそうとしています
仙石爺がまた ふくかんぼうに 当たり前のようにもどされ みんすのたくらみをとうすため内閣法をこそこそ改正しようとしています
悪用されたら 外国人選挙権ほか あいつらのいいようにつかわれ すべて 法改悪されてしまいます
きちんと 反対しましょう あぶなくて見てられません  かいがい在住者より

11. 2011年3月19日 07:03:09: JCeIR8RK9c
さっそく千年に一度などと自分に都合にいい数字だけを持ち出す。すぐにも東海、東南海地震があり得るとされているのに。

だから何を言っても信用されないのだ。


12. 2011年3月19日 14:52:16: hj5sogWyEs
未だに原発担当大臣すら任命出来ず
谷垣には断られた模様
こんな事態で誰がババを引くか
昨日までは現場指揮官さえおらず、縦割りで自衛隊、警察、東電、消防がバラバラに動いていた。
本気で止める気があるんならまず大臣を決めよ。
そして現場指揮官に権限を与えよ。
一々官邸の許可を得てるようでは遅すぎる。
菅は決死隊が必要な時に責任を持って決断すればいい。
その時になって現場指揮官に丸投げするのだけは止せ。

13. 2011年3月19日 17:03:15: 4WV2HM1H9Y

>>07
>安全な原発を作る必要があると思う。

安全な原発など作れません。

そもそも日本は使用済み核燃料の処分が出来ない。

核のゴミが溜まるばかり。

スリーマイルの事故が起きて、初めてメルトダウンが発見されたぐらいなのだから
それまでメルトダウンは発生しないとされてきた。

車でも何でもそうであるが、要するに原発は未だ実験途中、未知の領域が多すぎる

実験中の事故発生時のリスクが高すぎる。


14. 2011年3月19日 17:52:32: GKoZJW3Vqc
20年程前、佐々敦之氏がラジオ番組で言っていた。
「悲観的準備、楽観的対処」
あらゆる準備をすれば、あとはやるだけやったと割り切るしかない。
地震、津波は来ないだろうと楽観的準備をし、事が起こると右往左往する連中。
おまけに司令官は動くなと言っていたが現場視察する菅総理。
やってはいけない事ばかりやっている。
ポンプが故障したら、発電機が故障したら、全て起こっている。
放水車が2時5分から放水すると言っていたがバッテリーがあがっていたらしい。
類は友を呼ぶらしい。
あと五十数基の原子炉は災害で電源が確保なら水を抜くのが大変て言う構造にしとけ!

15. 2011年3月19日 20:24:00: 201E0rpEI2
放射線量と放射性物質の関係を正確に報道して、関東住民へ説明する責任が、国民の命を守る政府にはある。放射性物質から出るのが放射線。放射性物質は、花粉と同じように大気中を浮遊する。この粒子を吸い込むのが体内被曝ということ。だから放射線が体内で一生発生するため、がんや白血病になる。放射線量は安全な許容放射線量が年間で1msVと設定されている。これはつまり1年間の浴びる放射線の累積値である。だから、X線とかCTとかの時間当たりの放射線量との比較の問題ではない。たとえば、1μSV/hの放射線を42日間浴び続けると1msVとなり年間許容量を1ヶ月半程度でオーバーしてしまう。そこに住む住民は許容量をはるかに超える放射線量を蓄積して浴びることになる。当然人命に関わるため、政府は何はともあれ、パニックになろうが説明しなくてはならない。

16. 2011年3月19日 20:27:26: wG285QgZhk
日本の電力料がなぜ高いか、の仕組みがよくわかります。
http://www.ustream.tv/recorded/13373990

17. 2011年3月19日 21:02:27: cpBxNoFIgg
>原発1基で日本1週間で放射能汚染
たしかにその通りだ。

日本の原子力発電所の立地点
 現在日本には、北は北海道から南は鹿児島県まで、13道県に17か所の原子力発電所があり、54基・4884.7万kWの発電用原子炉が運転、日本の電力の約3割を賄っています。原子力発電所の立地地点の地図は以下のとおりです。
http://www.jaif.or.jp/ja/nuclear_world/data/f0301.html


http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page16より抜粋
びっくりした美浜原発細管破断事故!
 皆さんが知らないのか、無関心なのか、★日本の原発はびっくりするような大事故を度々起こしています。スリーマイル島とかチェルノブイリに匹敵する大事故です。

●一九八九年に、東京電力の福島第二原発で再循環ポンプがバラバラになった大事故も、世界で初めての事故でした。
●そして、一九九一年二月に、関西電力の美浜原発で細管が破断した事故は、放射能を直接に大気中や海へ大量に放出した大事故でした。
 チェルノブイリの事故の時には、私はあまり驚かなかったんですよ。原発を造っていて、そういう事故が必ず起こると分かっていましたから。だから、ああ、たまたまチェルノブイリで起きたと、たまたま日本ではなかったと思ったんです。しかし、美浜の事故の時はもうびっくりして、足がガクガクふるえて椅子から立ち上がれない程でした。

 この事故はECCS(緊急炉心冷却装置)を手動で動かして原発を止めたという意味で、重大な事故だったんです。ECCSというのは、原発の安全を守るための最後の砦に当たります。これが効かなかったらお終りです。だから、ECCSを動かした美浜の事故というのは、一億数千万人の人を乗せたバスが高速道路を一〇〇キロのスピードで走っているのに、ブレーキもきかない、サイドブレーキもきかない、崖にぶつけてやっと止めたというような大事故だったんです。

 原子炉の中の放射能を含んだ水が海へ流れ出て、炉が空焚きになる寸前だったのです。日本が誇る多重防護の安全弁が次々と効かなくて、あと〇・七秒でチェルノブイリになるところだった。それも、土曜日だったのですが、たまたまベテランの職員が来ていて、自動停止するはずが停止しなくて、その人がとっさの判断で手動で止めて、世界を巻き込むような大事故に至らなかったのです。日本中の人が、いや世界中の人が本当に運がよかったのですよ。

 この事故は、二ミリくらいの細い配管についている触れ止め金具、何千本もある細管が振動で触れ合わないようにしてある金具が設計通りに入っていなかったのが原因でした。施工ミスです。そのことが二十年近い何回もの定検でも見つからなかったんですから、定検のいい加減さがばれた事故でもあった。入らなければ切って捨てる、合わなければ引っ張るという、設計者がまさかと思うようなことが、現場では当たり前に行われているということが分かった事故でもあったんです。

東京も京都も大阪も名古屋も全部壊滅だよ。


18. 2011年3月19日 23:22:46: QK4vg5lonQ
16. 2011年3月19日 20:27:26: wG285QgZhk 様
ありがとう〜。

素晴らしい!
これは、医者と病院経営のために患者を殺し続けている
抗ガン剤の利益捏造のトリックと、
まるで一緒じゃないか。

http://www.ustream.tv/recorded/13373990

どんどん、拡散しましょう。


19. 2011年3月20日 02:42:34: AiChp2veWo
戦前戦中、愛知県岡崎の彦坂先生が、米国の千分の一の予算で、わら半紙の上で、当時ヨーロッパの原子物理学の最高峰、ボーアの理論を超え、完成した原子物理学理論を発見し、それをヨーロッパに発表したが、ヨーロッパの彼等は東洋の島国、木と竹の文化の黄色人種に何が判るものかと一瞥だにもしないポーズをとりながら、彦坂先生の理論を得て急速に大量殺人猛毒兵器である原爆完成に至り、米国にそれを送ってそれが日本国に落とされた。だが当の彦坂先生は核分裂の際に出る猛毒を回避する為に、核分裂が難しく、然し猛毒が出ない原子力発電の方法を開発し、すでに本当の原子力平和利用に向かっていたという。かたや、他人の発見した理論を馬鹿にして見せながら、その実、急ぎ取り入れ大量殺人兵器の完成に邁進し、かたや彦坂先生は猛毒の出ない平和利用の原子力発電に着手しようとしていたとある。(五島氏の著書から)これの事実であることを証明したいものだ。今の原発は造ること自体が恐ろしい。

20. 2011年3月20日 07:46:35: G8OOoqwH9g
地方では週刊朝日とサンデー毎日は発売しておりません。
物流経路がマヒし出版物が届かないそうです。
しかし週刊文春、週刊新潮は山積に・・・
何故でしょうか?

21. 2011年3月20日 08:14:58: Get9aY0xRA
大量に溢れてしまった劣化ウラン等の放射性廃棄物を燃料として使用し、無害化する次世代原子炉の研究・開発が進められているという話。
例えばトリウム熔融塩炉とかetc.

22. 2011年3月20日 08:44:42: Get9aY0xRA
現在の軽水炉は原理的に安全とは程遠く、どうしようもない放射性廃棄物を増やす一方で、リスクは高くそれにともなって著しく経済性も低い。廃棄物からプルトニウムを取り出して再利用するという核燃料リサイクルも技術的に目処すら立っていない。ということが見事なまでに実証されてしまったのだから(前々から指摘され続けてきたことだが)、日本の原子力行政は大きく方向転換をしなくてはいけない。
・今ある原子炉は全て止めること。
・原発を進めてきた現在の組織機構は一度解体すること
・安全性を点検・調査する機構と、原子炉の研究・開発を進める組織とを完全に分離すること

23. 2011年3月20日 15:01:01: lqR7BnaluU
やっぱり人類は、(滅びること間違いないとして)どちらにしても、
核兵器か、原発事故で滅びるのでしょうか。(滅び方)

今日現在、人類は居るので、近いか遠いか将来のことにしても
いつの時代か、どこかの地域で始まり起こることなんでしょうね。


24. 2011年3月20日 15:26:42: 5Xs1cSymoA
>>23
いいえ
この事故が転換点になります。

25. 2011年3月21日 00:38:14: FO7K8tvXhY
現在、東電や日本政府を批判している外国勢力の一部には「日本がダメ
なのであって、我が国の政府や電力会社なら大丈夫」と主張することで
自国の原発を温存したい意図が見え隠れしています。

原発が10mを越える大津波に襲われる状況は、ひょっとしたら今後50年は
無いかも知れません。でも、「通常」ミサイルでピンポイント攻撃される
可能性は、明日にでもあります。炉心が破壊されなくても周辺装置が破壊
されれば、今現在福島で起っているのと同じ状況が生まれます。

私も理系の端くれですが生物系なので恥ずかしながら無知でした。原発って、
「使用済み」燃料であっても、年余にわたって電気を消費しながら冷やす
必要があるという、恐ろしくエネルギー浪費型の施設だったのですね。


26. 2011年3月21日 00:42:38: cAVE7pizUU
井口博士の放射能中和装置(?)の開発紹介や副島先生の決死の現地入りで得られた今回の危機回避の情報は 現場の勇気ある人々の活躍と共に我々の住む国はこういった神の子によって守られていると確信させてくれた。こちら様の投稿時からは随分状況は希望が持てるようになった。収束に向けて御尽力頂いた皆様には感謝してもし尽くせない。
 それに引き替え政治禍や凍電、呆安院の小悪魔たちの蠢きを見てるともはや人の体をなしていない。表情は虚ろでそぞろで時にはコミカルでさえある。こんな魂を奪われた悲しき操り人形に過ぎない彼らを責めても仕方がない。
 シューティングゲームでも こんなのをやっつけて喜ぶプレイヤーはいないだろう。 ホントのボスは勇気ある国民全員が寄ってたかって倒さないと容易に攻略できないくらい強力なのだ。 
 まだ日本中にはボスのお気に入りの原発が涼しい顔でお仕事中だ。 今こそ国民は原発反対の声をあげる時なのにTVでは 原発の点検や今後の補強を紹介している。 「安全な原発」もあるのかと錯覚させられてしまわれた御仁も散々に叩かれて気の毒だ。 マスコミの(ゴミではゴミに失礼だ!)責任は重い、、
ってか所詮はボスには逆らえない悲しきしもべ達だ。 誰しも家族を人質にされて脅されれば頷く以外ありません。 
 ボスはボスで相当に病んでいるのでしょう。 世界中をグチャグチャにしても何も幸福感を得られない悲しすぎる重度の患者です。ボスにこそ皆で愛の念波を送ってあげたい。 改心して来るべき地球の危機に身を呈して全力で臨んでもらいたい。 そうしてこれまで犠牲になった人々に許しを乞うて欲しい。貴方が安らかに眠れるのはそれからです。


27. koban 2011年3月21日 09:10:43: 2Zy9h3hTz2uJw : LtLrkkUfzM
「勿論、管理主体は東京電力ですから技術的なイニシアティブを発揮して競争入札の結果、4号機は日立の入札と成った。・・・・?
訳はありませんね。おそらく当時の自民党政権と官僚の絡む国策談合?・・・でしょうから。
**************************************

当然、東電は基本設計から東芝・日立に丸投げ。
昔聞いた話では?
内幸町の本社の技術スタッフは東芝・日立・その他協力会社の出向者ばかり。
その東芝や日立も、実は系列会社の出向者が沢山!(これは本当)
その人達が更に下請けの協力会社の人達に作業を委託。
二重・三重・四重・五重?の人員構成での原発運営。

まぁ、これが物作り日本の実態。」

やはり東芝、日立は下請工場に丸投げしていた!!!

東芝(後藤)、日立(田中)は極悪非道もいいところだ!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害16掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害16掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧