★阿修羅♪ > 憲法3 > 275.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
死刑執行 制度存続の国民的議論を2010年7月31日〔琉球新報〕
http://www.asyura2.com/09/kenpo3/msg/275.html
投稿者 地には平和を 日時 2010 年 7 月 31 日 23:00:09: inzCOfyMQ6IpM
 

死刑執行 制度存続の国民的議論を2010年7月31日〔琉球新報〕
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-165647-storytopic-11.html

民主党政権になって初めて、2人に死刑が執行された。

 昨年7月に3人の執行があって以来1年ぶりで、命令した千葉景子法相は執行の現場に立ち会った。法務省によれば、法相が立ち会うのは初めてという。

 千葉法相は「慎重に検討し命令した。あらためて死刑について深く考えさせられた」と述べ、国民的な議論の契機にしたい考えを示している。

 かつて千葉法相は「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーでだった。それだけに、今回決断した理由の説明がほしい。

 ただ、これまで密室で行われた死刑執行が、今回、法相の立ち会いの下で行われたことは、情報公開という面からは大きな前進だ。

 どう感じたのか。現場がどうであったのか。法相自身がより積極的に語ることが、国民的議論を促すことにつながる。

 法相は30日の閣議後の記者会見で、8月中にも存廃を含め死刑制度の在り方を検討する省内の勉強会の設置、東京拘置所内の刑場を報道機関に公開したい考えを示した。

 これまでも死刑制度存続の是非をめぐる徹底議論の必要性は指摘されていた。このような情報公開の動きが進めば、なかなか深まらなかった議論も活発化するはずだ。

 今年2月、内閣府が公表した世論調査では、死刑容認派は過去最高の約85%だった。その半数は犯罪抑止力を理由に挙げている。

 先進国で死刑を存置させているのは日本、米国のみだ。世界的には欧州を中心に廃止や停止が大きな流れとなっている。

 その理由は「冤罪(えんざい)の場合に取り返しがつかない」「市民が選ぶ政府が市民を殺すことはできない」などだ。冤罪事件が絶えない日本では“もろ刃”の怖さがある。

 廃止した旧西ドイツなどでは凶悪犯罪は増えていないというデータもある。

 昨年から、裁判員制度がスタートし、国民が死刑の判断をする可能性が出てきている。

 国民が直接、刑事裁判にかかわるいま、一人一人が死刑をめぐる問題に真剣に向き合わなければならない。そのためには情報開示が重要である。

 今後、法務省勉強会での議論内容などの情報開示を進め、国民が死刑制度について考える材料を積極的に提供していく必要がある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月09日 12:54:04: FHVyh15Kso
死刑の問題で強調されるのは、国による殺人という面であり、これは、国による犯罪への抑止力のためだから許される、という解釈だと思う。
また、国家が、個人による復讐(仇討)を抑止するうえで、被害者(その家族)に代わって制裁を行なう、という側面も重要である。
死刑反対論は、そもそも「いかなる状況においても、殺人は行なうべきでない」という「思想」や、「冤罪の可能性」から、死刑制度に反対している。
確かに「無知の涙」などの例からも、本人の更生、反省を期待する事も、社会正義上必要な事かもしれない。
ただし、泥酔状態で車を運転し挙句に交通事故を起こすものの、
『飲酒現場から事故現場まで事故を起こさなかった、犯行後に証拠隠滅をしようという判断ができた事』
などから、危険運転致死罪は適用できない、などという事態が起こりうるのであれば、
現在の「犯罪も犯し得」という状況を生まないためにも、死刑制度を維持せざるを得ない状況にある、と思う。

特に、人権派弁護士の「飯だね」が、従来の反体制・政治的活動者の弁護から、
一般のセンセーショナルな犯罪者の弁護にシフトしてきている事(母子殺害事件における、
常道を逸したしょうな犯人の殺人の動機などは、明らかに人権派弁護士の行き過ぎた弁護活動だろう)に危機感を感じる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 憲法3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 憲法3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧