★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 469.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
暑さにうんざり、空見上げたら7色の雲!
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/469.html
投稿者 めっちゃホリディ 日時 2010 年 7 月 19 日 00:39:36: ButNssLaEkEzg
 

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100718-OYT1T00541.htm

(2010年7月18日20時41分 読売新聞)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年7月19日 22:44:52: EaMc83v3i6
今回日本で発生した彩雲は大気中の水分子を振動させて温暖化を人工的に作る電磁波照射の影響でしょう。地震も同様に磁気嵐や電磁波照射の影響で彩雲が発生します。

http://www.youtube.com/watch?v=u43I4YRMmDM

彩雲が地震の兆候か人工温暖化の兆候かを見分ける方法は、彩雲が出ても気温が急激に上がらない場合は「地震」の兆候、急激に気温が上がった場合は「人工温暖化」です。
今太陽は弱まっているのに温暖化するのは電磁波照射による人工温暖化によるものでしょう。南半球は温暖化しておらず、北半球だけ温暖化し、局地的なのもこの人工温暖化とヒートアイランドの影響でしょう。そして温度計がある場所に定期的に電磁照射による人工温暖化を行えば気温が上がったように見せられます。


02. 2010年7月20日 15:32:48: bFFv0TxGZw
阿修羅さんへ

HAARP Induction Magnetometer
http://137.229.36.30/cgi-bin/scmag/disp-scmag.cgi?date=20100720&Bz=on

JST 2010/07/20 15:31 現在
また、0.25Hz刻みが出ています。地震に要注意です。

彩雲は、空気の膨張などでプリズムのようになることが原因だと考えます。
もちろん、HAARPの影響抜きには考えられません。


03. 2010年7月20日 15:44:16: bFFv0TxGZw
阿修羅さんへ
Induction Magnetometer の画像はBzのものです。

04. 2010年7月22日 00:55:47: u0RdMq04go
01です。こちらの人工衛星のマイクロ波照射による熱帯低気圧(水蒸気)の観測データにも電磁波の影響を受けたと見られるデータが閲覧できます。
West pacific
http://cimss.ssec.wisc.edu/tropic/real-time/tpw2/wpac/anim/latest72hrs.gif
Global
http://cimss.ssec.wisc.edu/tropic/real-time/tpw2/global/anim/latest72hrs.gif


また地震直前は地中からラドン放出され大気がイオン化します。また大気がイオン化する他の原因は大気中の電離作用(電離性を有する高エネルギーを持つ電磁波や粒子線)によっても生成されるので、宇宙線、ガンマ、アルファ線などといった放射線も原因の一つになります。つまり大気中の水分子が電離作用するように電磁波照射するとH2Oは、H+ と OH- に電離しイオン化します。

そしてその大気イオン濃度の上昇がここ1週間正午に毎回不自然な上昇を繰り返しています。自然現象とは考えにくい変動です。

■神奈川厚木での測定値
http://210.150.90.11/graph/1401/ion30-2.gif
■兵庫・川西
http://210.150.90.11/graph/2805/ion30-2.gif
■高知・香美
http://210.150.90.11/graph/3901/ion05-2.gif

高温状態になった19日以前の太陽活動は明らかに弱い状態にも関わらず高温化したのはやはり電磁波による人工温暖化によるものだろう。
http://www.swpc.noaa.gov/ace/Mag_swe_7d.gif
http://swnews.jp/rt/27d_all_15.html

一方南半球は逆に大寒波が襲っている。

「南米では大寒波、アルゼンチンなどで死者数十人」
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2742055/5992283


電磁波の発生源は恐らく人工衛星と推測しています。電気の送信はすでに開発されており、民間利用されているので、人工衛星による電磁波照射は十分可能です。たとえば電気自動車の充電を行うレベルの電力を送信する技術はすでに実用化され使われています。またモバイル端末のコードレス充電も実用化され、販売さています。

村田製作所、ワイヤレス充電できる電力伝送システム
http://www.murata.co.jp/new/news_release/2010/0628/index.html
ワイヤレス急速充電システム
http://www.epson.jp/technology/mirai/wireless/

電気自動車の充電ができるほどにまでなっている。
http://www.tdk.co.jp/techmag/inductive/200906/index2.htm
http://www.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=600

恐らく広範囲な大気へ電磁波照射する際は複数の衛星を使って行っている可能性があります。現在、軍事衛星、偵察衛星、科学衛星に加え、220基を超える商業衛星があるので連携して長時間電磁波照射することは十二分可能です。

またHAARPという電磁波発生装置があり、宇宙に向かって電磁波を照射し、短波から中波(AM電波)のように電離層の反動を使って地表付近に送信する物理学兵器があると聞いていますが、これが実際に可能かどうかは当方にはまだ分かりません。電離層は太陽からの電磁波や宇宙放射線から地球を守るものであるが、気象改変や人工地震を起こすほどの電磁波の送信を内側から電離層の跳ね返りを利用して行えるのか、特定の地域に反射させられるかは不明です。理論上は可能かと思われますが…。また最近上層の大気が弱まっている報告もありこれがHAARPによる影響の可能性もあるかもしれない。
http://www.space.com/scienceastronomy/puzzling-collapse-earth-atmosphere-100715.html

やはり地球温暖化は「人為的」なのでしょう。


05. 2010年7月23日 15:58:23: B5offegeiY
阿修羅さんへ
梅雨明け前後のHAARPの変化を見れば、無関係では無いと確信できますよ。
梅雨明け前の週間天気予報で、気温が高くなると言っていましたから、HAARPがフル稼働となると思ってましたが、案の定でした。

太陽からの影響や地磁気の影響説を言う方、この変化をどうとらえますか?
愛知県では2008/05/05頃、雨が降ったのですけど、Byの激しい変化と降雨時間は完全に一致していましたよ。
今後も週間天気予報などで、あらかじめ「こうなる」という予報が出たときは、注意して見ると一興でしょう。
(つまり週間天気予報はHAARPの動向を加味して報道されているってことで。気象庁はグル。)

この晴れで、夏休み入りした家族連れが行楽へ向かったでしょうし、この暑さで電器店はエアコンが飛ぶように売れたでしょう。でも、死人も出てますけど。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧