★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 471.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カーディナルクライマックスの始まり 2010年7月22日
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/471.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2010 年 7 月 22 日 03:58:50: KqrEdYmDwf7cM
 

2010 年の星回りについて〜カーディナルクライマックス〜
今回は2010年に起こる大きな惑星配置である
カーディナルクライマックスについて考えてみました。

http://maya555.seesaa.net/article/136983035.html

カーディナルクライマックスとは
大惑星がカーディナルサイン(活動宮)に入り
T字スクエアを作ることを指しています。
2010年は
牡羊座木星&天王星、天秤座土星、山羊座冥王星のT字スクエアとなります。

惑星の動きと時期は以下の通りです。

■6/6〜/8 木星牡羊座入宮、牡羊座木星&天王星の0度
あたりから、だんだんそんな雰囲気が増してきて

■7/22 土星天秤座入宮
により、カーディナルクライマックスが始まり

■7/30〜31  火星天秤座入宮、天秤座火星&土星の0度
■8/7〜9 金星天秤座入宮、天秤座金星&土星の0度
などを経験しながら
カーディナルクライマックスの影響が続きそうです。
だいたい
7月の1カ月間を頂点にして、おおよそ8月前半ぐらいまででしょう。

いずれにしても
この配置は2010年を象徴するような大きな配置です。
ぜひ今から作戦を練っておきましょう!

さて
このカーディナルクライマックス、どんな感じの星回りなのでしょうか。
私は、ここ最近の鑑定では
「アドベンチャー映画の予告編みたいな感じです」とご説明しています。
アドベンチャー映画の予告編って
激しい動きの多いシーンや心に残る印象的なシーンが
どんどん切り替りますよね。展開が早くて目が離せない感じ。
つまりは
猛烈なスピードの展開や動きを通じて
抜本的な変化が断行される。・・・・そんな感じです。

カーディナルクライマックスの配置をもう少し詳しく見てみましょう。
T字スクエアを形成する大惑星の意味合いをキーワードにします。

■魚座木星→牡羊座木星&天王星
サイクルの始まりと終わり。ブレイクスルーに恵まれる
転生して新生する。次の新世界を垣間見る。新鮮・斬新なひらめき。

■乙女座土星→天秤座土星
07年秋からの積み重ねの上に成り立つ目的・課題・長期的なテーマ。
「私」と「あなた」との関わりにおける責任・葛藤。

■山羊座冥王星
社会的・集団的な圧力、プレッシャー、責任。
社会・集団から抜本的な行動を迫られる。
白か黒かというような決断・断行。
極端に深化・変容。深層がひっくり返る。死・破壊と再生・創造。

これらのキーワードをまとめると
あるサイクルの終わりと始まりを思わせるような
めざましい新展開、ブレイクスルーのきっかけが舞い込むでしょう。
この急激な展開をよくよく考えてみると
07年秋からのプロセス・積み重ねが
伏線・遠因になっているのかもしれません。
そしてその結果
あなたを取り巻く集団社会そのものや、あなた自身の公的なスタンスが
抜本的な変化を遂げるでしょう。

例えば
「絶対に成り上がってやる!」と考えている人がいるとしたら
2010年はその野望を本当に達成できると思います。

また2010年は
カーディナルクライマックスを形成する惑星の天王星や土星、
「拡大」「善きもの」を象徴している木星が
2つの星座を行ったり来たりします。

天王星は5/28に牡羊座に入った後、8/14に魚座に再入宮。
11 年の3/12に本格的に牡羊座入宮。
土星は4/8に乙女座に再入宮。7/22に本格的に天秤座入宮。
木星は1/18に魚座に入った後、6 /6には牡羊座に入宮。
9/9に魚座に再入宮します。

ですから今回のカーディナルクライマックスには
「揺さぶり」「揺り戻し」「振り返り」という意味合いの展開も
一部含まれているということになります。
そうなると、2010年は
物事の展開や動きは急激で急速だけれども
全てがどんどん矢継ぎ早に決まっていくとは限らないかもしれません。
いろんな展開を目まぐるしく体験しながら
大きな変貌を遂げる場合もあれば
もっと先にならないと総括できない変化の両方がありそうです。
そういう意味でも「映画の予告編みたい」と思っています。

もう一つ、今年の星回りを考える上で
どうしてもハズせないのが「魚座木星」です。
「魚座木星」の恩恵をたっぷり活用するヒントを考えてみました。

木星が魚座に滞在する2010年は
「イマジネーション」の力がビビッドな展開を通じて
最大限にふくらむ一年になりそうです。
「イマジネーション」は
「願い」や「祈り」あるいは「妄想」「恐れ」という言葉に
置き換えても構いません。

ですから、2010年は
あなたが思い描いたことが本当になると思います。
あなたが願ったこと・祈ったことが実現すると思います。
その半面
あなたの抱いた恐れが当たってしまうこともあり得ます。

あなたが必要としている人には出会えるでしょうし
あなたにとって必要なモノ・機会は手に入るでしょう。
もはや不要な人・モノ・機会とは縁が切れるでしょう。
「こんなことができたらなぁ」「こんなことがあったら困る」
という気持ちを裏付けるような展開がそれぞれ舞い込みそうです。

成功哲学系のビジネス書には
「思考は現実化する」という法則がよく書いてあります。
この法則が、2010年はより一般的になるのでは・・・・と妄想しています。
いろんな人々に広く知られるか、社会的に認められるかもしれません。

さて、ここまで長々と説明してきましたが
あなたは2010年をどんな一年にしたいですか?

2010年は
あなたが抱いた一瞬一瞬の「思い」「イメージ」が
あなたの世界を作っていくでしょう。
真(まこと)にクリエイティブな一年が始まりそうですね!
2010年が皆様にとりまして
素晴らしい一年となりますようにお祈りしています。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. てんさい(い) 2010年7月22日 04:05:11: KqrEdYmDwf7cM: SABGlaCUaU
http://www.myspiritual.jp/2009/11/post-704.html

2009年もあと2ヵ月。今年も、来年の運勢が気になる季節がやってきましたね。

今年は皆既日食がありましたが、来年も西洋占星術的な事件(珍しい惑星の配置)があるんです。

何かと言いますと、題して「カーディナル・クライマックス」!

カーディナルとは「活動宮」のことで、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の4つの星座は、カーディナルサインと呼ばれています。

2010年は、何度かこれらの星座に、大きな影響がある惑星がそれぞれIN!

たとえば6月25日は、

●『牡羊座に木星』
●『蟹座に太陽』
●『天秤座に土星』
●『山羊座に冥王星』

が入り、いわゆるグランドクロスという、緊張感のある配置をとるんです。
 
Ads by Google

こういったカーディナル・クライマックスが前回起こったのは、1930年頃。

前回は、世界的な大恐慌が起こったり、通貨や政治など、社会の基軸的な部分に大きな変化が起こったそうで、西洋占星術家の先生方の中では、早くも「2012 年のアセンションより、こっちの方がスゴイ」、「大きい変化は起こりやすい」といった意見が飛び回っています。中には「下手すると、ドルの価値が大幅に下がったりするかも」と分析された先生もいらっしゃいました。

でもでも、焦ったり怖がったりするのは、時期尚早。

社会の基幹的な部分が、大きく変化する時期というのは、今までしいたげられてきた人たち、たとえば女性や、立場が弱かった職業の方たちの活躍範囲がグーンと広がったりするそうです。

ちなみに前回も、女性が選挙権を得たり&初めて女性の国会議員が出てくる国があったり、新たな産業が注目を浴びたりする傾向が出てきた国もあったようです。

また、社会はもちろんですが、社会が変われば個人に影響が出てくるのは当然のこと。

活動宮星座である、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の皆さんは、早くも何らかの環境や心境の変化を、体感し始めているかもしれません。

変化には抵抗せずに、新たな流れに乗っていくこと。また、突然の変化に見舞われてもヤケにならず、発想を転換して前向きに流れに乗っていくことで、逆に発展できる人も増えてくるそうです。

いずれにしても、柔軟性が必要な時代に突入ということでしょうか。

カーディナルクライマックスに関する詳細は、鏡リュウジ先生のブログほか、各占星術の先生方のブログなどでも、随時UPされてくると思います。

時代をある意味、サキ読みできるのも占星術の魅力です。興味のある方は、是非チェックしてみると、2010年の活躍に役立つのではないでしょうか。


(華川 瑶香)


02. てんさい(い) 2010年7月22日 04:07:03: KqrEdYmDwf7cM: SABGlaCUaU
http://ameblo.jp/rieparis/entry-10449218402.html

カーディナル・クライマックス
2010-02-02 22:56:57 テーマ:占星学その他あれこれ
昨年一度は天秤座に入宮したものの再び乙女座に戻り、今夏7月22日にはようやく本格的に天秤座入りを果たす土星ー。
その土星が牡羊座に入宮したばかりの天王星とそのすぐ側らによりそう木星に対して7月から8月にかけて180度を形成。それと同時にこの「天王星・木星」と「土星」は山羊座に位置する冥王星に対してそれぞれ90度の凶角となります。いわばT字のかたちをとる緊張の配置を形成するわけですね。
これを占星学の研究者たちは「カーディナル・クライマックス」と呼んでいます。
そして、さらに、恐ろしいのは8月末には火星が土星に接近。これはアクセルを踏む火星にブレーキを同時に踏みつける土星がセットとなっているというイメージなわけですから、とてもストレス降るな配置なのですね・・・。
この時期には、カーディナル・サイン(牡羊座・山羊座・蟹座・天秤座)の始めの方の度数にパーソナルな天体がある方はかなりの注意が必要です。私ごとで恐縮ですが、私は金星が蟹座の4度ですので、この配置にはじゅうぶんかかわります。太陽星座だけではなく、月の星座やアセンダントもご覧になってくださいね。
出生図のどの天体にこの配置がかかわるかをきっちり読むことが大切です。

カーディナル・クライマックスをどのように過ごしたらよいかー。
私の個人的に今、すごーく考えている最中なんですよ・・・。
自分の金星がこの配置に加わって、グランド・クロスを形成するので、相当キツイと思います。金星ですので、お金の面、愛情面に表れる可能性は大です。
自分の他の配置とそれ以降の配置を考慮して、じっくりと作戦をたてなければなりません(この配置のすぐ後の11月に私の場合は運行の土星が自分のアセンダントに合となりますので、落ち込みや体力の低下も考えられます。それと同時に海王星とカイロンが出生の太陽に相変わらずの90度を形成していますので、トラウマの再浮上という精神的な問題や健康にも注意を払いたいですね。金星は女性的な器官にもかかわることがあるので婦人病・ホルモンのメンテナンスは避けて通れないと思います。金銭面でも注意が必要なので、円高なことですし、今年は年内帰国は見送る予定です。投資も避けたほうがよいようです。自己節制と現実逃避癖をなくすことで忍耐力を養わなくてはいけない・・・という読み方もできます)

世相的にも今年の夏から秋にかけては何か大きな歴史を動かすような事件が起りそうです。
しかし、いずれにせよ、冥王星と天王星が土星とかかわっているということは古い体質を徹底的に壊しての痛みをともなう変革・変容ということに発展するはずです。
あまり脳天気な解釈ができない配置ですが、あえて明るく翻訳してみるとしたら、

土星=まじめに仕事する・勉強する。忍耐をやしなう。古い体質と権力を誇示する団体との葛藤で疲労困憊するが、そのことによって学びがおこる。待つこと、熟慮することを強いられることにより、時間をかけてものごとを完成させることの大切さを知る。積極的であるよりも時には受容的であることが知恵者の選択であることを学ぶ。社会に適応し、自分のミッションを社会のために役立てたいと謙虚に思うようになれる。

冥王星=根底からの状況や価値観の変化を受入れる。壊さないと先に進めない人間関係もあることを学ぶ。嫉妬という感情にさらされたり、自分自身が理不尽なことによって傷ついたりすることを経験する。生理的にまったく受入れられないことを目の当たりにすることによって、ものごとに対処・適応する能力の上限が以前よりも高くなり、他者を理解しようという気持ちが生まれる。よい意味でも悪い意味でも自分の限界を知り、野望よりも心の幸せを求めるようになる。

天王星=ショッキングなことや突然の変化、自己の神経過敏などに囚われたり振り回されたりしないよう、客観的な風通しのよい心の状態を保つことを学ぶ。独立心・自立心が芽生える。他者と無理に合わせようとしなくなり、自分の個性を表現できるようになる。前衛的なことを受入れるアタマの柔らかさが身に付き、今まで理解できなかった人々を理解することができるようになる。自分と違う個性の人たちを異質だと思わず、おおらかに受入れることができるようになる。

以上のようなことを念頭において、イメージニングをしてみるとよいのではないかと思います。
いずれにせよ、変わることなくして、癒しは起きないよ・・・という配置です。

私の場合は自分の金星に対して、この配置が影響するので、自分の中の金星的な価値観がまったく変わってしまうようなできごとに遭遇するはずです。すなわち、楽しい、うれしい、美しい!と今思えるような事柄が、この配置の後ではそうは思えなくなるのでしょうね。
金銭感覚も土星という節制の星によって、かなり変わりそうですので、嫌消費主義になることを期待しています(爆)

皆さんの場合はどのように変わるでしょうか・・・?
キツイ配置ですが、ここで勉強しておくと、精神が鍛えられそうなチャンスだと思ってがんばりましょうね♪

とにかく闘争、暴力が起きないことを祈ります。
火星と土星の近づく8月末・・・戦争や天災が起きませんように。
同時期に起きる海王星とカイロンの合=癒しの配置に注目したいです。


03. 2010年7月22日 04:08:44: SABGlaCUaU
http://blog.livedoor.jp/speculative_astorogy/archives/51203330.html


カーディナルクライマックス
2008年新春からはじまるプロローグ・・・
それは『カーディナルクライマックス』と呼ばれ1930年代の初期に起こった、土星、天王星、冥王星が全てカーディナルサインに入居し相互にT字スクエアを形成した。
特に大不況と合致し、経済的危機は1930年代から数十年間続いた苦痛と悲惨な時期でありフラストレーションを高め第二次世界大戦に繋がったと言われアフリカ、アジア、北アメリカをも巻き込み覇権国家、帝国の建設と合致した。

・世界最大の覇権は英国から米国にシフトされ基軸通貨もポンドからドルへ
・ある時点で覇権はドイツ(マルク)と日本(円)が躍進した。

軍事的は判断の誤りと文化的な相違の理解不足により、日本をパールハーバー、フィリピンの攻撃に導いてしまった。

2008年〜2015年のカーディナルサインへの移行とT字スクエアとはまず、今後出現する最長の天体サイクルの中で土星、天王星、冥王星は大変強力であり、かつ陽性であり物事を起こらせる力を持つ。

このプロセスは2008年1月26日、冥王星が最初に山羊座(地のサイン)のカーディナルに入居し2015年3月まで滞在することからはじまる。。。

冥王星
神の地下の世界(宗教的)の死、権力、債務、税金を支配する。

山羊(地政学的)
政府、権威、国家の境界の領域で、野心、警戒心、抵抗、責任の心理的概念を示す。

相互が作用すると非常に深刻な時代になる。。。
((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

綴りきれないのでかなり省略しました(10ページ程)

だが悲観的にならず過去は過去であり現代に置き換えてポジティブに考えればヒューマンルネッサンス&エコノミックルネッサンスだとやがて良い時代は 2020年以降に必ず来ると私は考える事にしたw


04. 2010年7月23日 00:25:04: 6Gtq8AlNl6
空耳版では?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧