★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 720.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ニワトリを脳死状態にして育てる肉工場」のコンセプト
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/720.html
投稿者 MR 日時 2012 年 4 月 06 日 20:14:13: cT5Wxjlo3Xe3.
 

「ニワトリを脳死状態にして育てる肉工場」のコンセプト
ストーリー by hylom 2012年02月27日 13時40分
対食糧問題 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、
人工肉の開発など、効率の良い肉の生産方法が模索される昨今だが、「ニワトリを人工的に脳死状態とし、効率よく肉を生産する」というコンセプトが提案されている(コモンポストの記事、元記事)。

「外科的にニワトリの大脳皮質を切除し脳死状態として、生存するだけの最低限の能力だけを残したニワトリを作成。パックに入れて吊り下げ、後はチューブから必要な栄養を送り込み効率よく肉を生産する」というもの。ニワトリが動き回ることもないため、これまでのブロイラー生産法と比べてさらに少ないスペースで大量の肉を獲ることができるようになるとしている。

一見して生理的嫌悪感を催しかねない提案だと思われるが、ブロイラーの生産現場では過酷な飼育により障害を持つニワトリが大量に発生しており、またいずれにせよ最終的には殺されることから、記事ではむしろ始めから苦痛を感じない方が倫理的なのでは? といった指摘もなされている。将来的にはこうした手法が広く用いられるようになっていくのだろうか?

このコンセプトを提案しているのは芸術・デザインを専門とする英国の大学Royal College of Art(RCA)建築学科で都市農業を研究している「ADS1」というチーム。Andre Ford氏によるコンセプト説明によると、英国だけでなく世界的に食物の需要が増えている現在、鶏肉を効率良く生産する方法が望まれているとしてこの方法を提案するという。ただし、あくまでコンセプトなのでこれが実用化できるかどうかはまだまだ分からない。


http://science.slashdot.jp/story/12/02/27/0424245/%E3%80%8C%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%92%E8%84%B3%E6%AD%BB%E7%8A%B6%E6%85%8B%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E8%82%89%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88

http://commonpost.boo.jp/?p=27809

脳死状態にしたニワトリにチューブで栄養を送り、効率よく肉を生産する技術を駆使した肉工場コンセプトがスゴイ!!『マトリックス』方式の肉生産に倫理的な問題はあるのか!?
Posted on 2012年2月26日 by キルロイ


現在、世界では爆発的な人口の増加と貧困層の富裕化などによって食糧危機が問題となっています。中でも肉の需要は増大する傾向にあり、試験管での人工肉開発、うんこを使った人工肉、肉食の代替としての昆虫食などの解決策が提案されています。

しかし多くの人々からは、「ちゃんとした肉を食べたい」という要望が強く、それに応えるために効率よく肉を採取できる羽毛の生えないニワトリも開発されましたが倫理的な問題が指摘されています。ところが、このニワトリ以上に効率的に肉を生産するための飼育システムが提案され大きな話題となっています。それは、ニワトリを脳死状態(植物状態)にして、映画『マトリックス』に登場する人間プラントのように肉を生産するというものです。



パックに入れられた脳死状態のニワトリは、栄養だけをチューブで送り込まれて効率よく肉を生産します

この肉生産技術コンセプトは、建築を学ぶ学生アンドレ・フォードさんが提案しているものです。

フォードさんの提案では、まず外科的にニワトリの大脳皮質を切除し脳死状態にします。この処置によって生存するためだけの最低限の能力だけのニワトリを作ります。そして、それらのニワトリをパックに入れて立体的に吊り下げ、チューブから必要な水分や栄養を胃に流し込むことで効率よく肉を生産するといいます。


このように吊り下げることで面積あたりの生産量を劇的に増大させます

この肉生産技術コンセプトには、いくつかの利点が存在します。

まず、動き回り活動するニワトリを動けなくして自動的に成長させることで、肉生産に必要な土地を大幅に削減し、非常に効率的に肉を生産できます。そして、ニワトリを脳死状態にするため、これまで殺して食べられる状態になるまでに感じていた苦痛をニワトリが感じることがなくなるため、ニワトリの苦痛を減らすことができて非常に倫理的だといいます。


こういった道具を使います

フォードさんのコンセプトは非常に過激ながら、現在あるニワトリにとって過酷な飼育状況や肉処理の現場を考えれば、反論するのは非常に難しいといわざるを得ません。また、こういった畜産の工業化へのアプローチはこれまでにも行われてきたものであり、このコンセプトは過去から現在までの延長線上にあるシステムです。


その光景は映画『マトリックス』に登場する人間プラントそのものです

食糧危機によって肉の工業化はさらに進められますが、現代の人々の多くは「倫理的に問題がある」とします。しかし多くの人は、菜食主義者になることも、昆虫食主義者になることも、人工肉を食べることもしません。それどころか、毎日のように大量の食べ物を捨てる生活を送っているのが現状です。

非常に難しい食肉に関するジレンマですが、この肉生産技術コンセプトから毎日食べている食事について考えてみてはいかがでしょうか。

※「これは脳死ではなく植物状態なのでは?」というご指摘がありましたが、定義上は「植物状態」でした。お詫び申し上げます。鋭いご指摘ありがとうございました。
・脳死状態…生命維持に必要な脳幹機能が不可逆的に停止している状態
・植物状態…脳の広範囲が活動出来ない状態にあるが、辛うじて生命維持に必要な脳幹部分は生きている状態

参照

関連記事

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の名場面をアカペラで完全再現!!
キアヌ・リーブスが電車で女性に席を譲る様子がパパラッチされる!!「紳士すぎる!!」と好評価の声も
猫がおもちゃと遊ぶ様子をスローモーション撮影したアクロバット動画
MRIを利用してマトリックススタイルの学習ができる研究が発表される!!「何もしないでカンフーの達人になれちゃう!?」
「あのキャラクターを演じていたのはこんな人!?」有名キャラクターの中の人の写真21点
フェロー諸島では捕鯨「Grindadrap」が最盛期!!クジラたちの血で真っ赤に染まった海がスゴイ!!
新しいタイプの犬ぞりがカッコイイ!!「この発想はなかった!!」

http://www.we-make-money-not-art.com/archives/2012/02/farming-the-unconscious.php

The Architecture Department at the Royal College of Art had some thought-provoking projects at the work in progress show. Architectural Design Studio 1's exhibition was looking at how a dense and vertical architecture can bring back food production and consumption in the city.

01sexhibview4444.jpg

Image courtesy André Ford

04detailcananrnr9.jpg

Image courtesy André Ford

One of the students of the course, André Ford, looked at the intensification of the broiler chicken industry. Each year, the UK raises and kills 800 million chickens or 'broilers' for their meat. Broiler rearing might be unethical and unsustainable but it is now the most intensified and automated type of livestock production.

Broiler chickens spend their 6-7week lives in windowless sheds, each containing around 40,000 birds. They are selectively bred to grow faster than they would naturally which often causes skeletal problems and lameness. Many die because their hearts and lungs cannot keep up with their rapid growth. Information about the atrocious conditions in which they are raised can be found online.

Philosopher Paul Thompson, of Purdue University is a proponent of The Blind Chicken Solution. Chickens blinded by "accident", he says, "don't mind being crowded together so much as normal chickens do." He adds that while most people would think that creating blind chickens for the poultry and egg industry is an abomination, it would nevertheless be more humane to have these blind chickens.



growing field view1.jpg

Image courtesy André Ford

Sadly, the demand for chicken is rising and methods of production will need to intensify in order to meet this increase. André Ford proposes to adopt a 'headless chicken solution'.

As long as their brain stem is intact, the homeostatic functions of the chicken will continue to operate. By removing the cerebral cortex of the chicken, its sensory perceptions are removed. It can be produced in a denser condition while remaining alive, and oblivious.

The feet will also be removed so the body of the chicken can be packed together in a dense volume.

Food, water and air are delivered via an arterial network and excreta is removed in the same manner. Around 1000 chickens will be packed into each 'leaf', which forms part of a moving, productive system.

The model in the exhibition showed the system in which a chicken would be grown at The Centre for Unconscious Farming. Feed lines provide sustenance, excreata lines remove waste, electrodes stimulate muscle growth.

Questions to the architect:

First of all, i found your project extremely shocking. Shocking because of all the cruelty it reveals -the way chickens are raised in windowless sheds is brutal- but also shocking because the solution you suggest -while it is not as atrocious as the way these poor animals are raised- might sound cynical. So how much provocation is there in Farming the Unconscious? Is the idea mostly an invitation for people to reflect on what they are buying and eating?

The project is almost effortlessly provocative because it is dealing with a subject matter which the majority of people are aware of, complicit in and culpable to varying degrees. The mass media is saturated with documentary films, books and celebrity chef hosted exposé's that document the plight of animals bred for our consumption and I don't wish to add to the plethora of information readily available. The information is there, but the majority of people don't care to know or purport they can't afford to care.

In the past six years we have witnessed an unprecedented increase in the demand for meat. Higher welfare systems are available but this project looks at addressing the inherent problems with the dominant system that produces the majority of our meat - the system that will be increasingly relied upon to cope with the ever-increasing demand for meat.

I think it is time we stopped using the term 'animal' when referring to the precursor of the meat that ends up on our plates. Animals are things we keep in our homes and watch on David Attenborough programs. 'Animals' bred for consumption are crops and agricultural products like any other. We do not, and cannot, provide adequate welfare for these agricultural products and therefore welfare should be removed entirely.

Earlier in the project I was proposing the chickens would be rendered unconscious, or desensitized by complete removal of the head but this has since been revised. Desensitisation will be achieved by a surgical incision that separates the animal's neocortex, responsible for sensory perceptions, and its brain stem which controls its homeostatic functions. The head remains intact.

So in short, I would refer to this solution as pragmatic, not cynical and if the project does cause anyone to reflect on his or her dietary habits then that's great.



02canardvertival.jpg

Image courtesy André Ford

How have people reacted to your idea so far? Did they raise the issue that this is not a 'natural' way to raise chicken?

Mostly disgust, but it varies. When meat eaters express disgust I put to them this argument, borrowed from Jonathan Safran Foer, in Eating Animals:

One piece of flimsy logic that we omnivores employ to justify our dietary choice, is that our superior intelligence and greater ability to comprehend the world, verifies our position at top of the food chain. So, if for the sake of the argument, our planet became occupied by a species that was more intelligent than our own, what would our argument be for not being eaten? If you are a meat eater, you might not have an argument, or if you did, you'd run the risk or being a hypocrite. So then you have to ask yourself, how would you like to be farmed?

An ancillary part of my proposal is to use the blood of the chicken posthumous, to hydroponically feed a nursery of rare orchids. The rationale behind setting up this unlikely mutualism is to display the similarities between these two organisms once the chicken has been desensitised. The unconscious chicken is just a different expression of the same chemical elements as in the orchid.

To answer the second part of your question - The project is overtly a hybridisation of nature and machine which is how I see the future of farming. Unfortunately, there is very little that is natural about the way the our food is currently produced. The monocultures and intensive farming systems upon which we rely are technological landscapes, harvested and processed using high-tech, and increasingly robotised machinery.



03lcoosoerththtj3.jpg

Image courtesy André Ford

Could you describe the system the new farming system would be based on?

The system does not subscribe to contemporary intensive farming models, which are not nearly productive enough and are incredibly wasteful with regards to land and resources. This system would be closed-loop and looks to achieve density through verticality and a layering of programmes within these productive spaces.

Did doing the research for this project influence your relationship to animal products, whether it's chicken, eggs, ham or dairy?

Absolutely. I have had a full reassessment of the choices I make as a consumer, in all products that have a welfare factor. I am in denial about my impending return to vegetarianism but I could never be a vegan.

growing cell.jpg

Component drawing of the growing cell

How do headless chicken produce the muscles that will end up on people's plates?

The brain stem of the chicken which remains intact, is responsible for the metabolic systems involved in muscle growth. The muscles will need exercising in order to grow and this could be done physically by providing some sort of resistance, or as I am proposing, using electric shocks as in 'in-vitro' meat production.



chicken diagram.jpg

Image courtesy André Ford

Last question is about a detail really. you wrote on the blog of Naturoids that the coloured light used in batteries 'has a calming effect on the birds and reduces cannibalism.' Cannibalism? Why does that happen?

The exact etiology is unknown, but essentially they are bored. There is a greater propensity for it to occur in barren environments that restrict or limit natural behaviors like nesting, perching and foraging. This coupled with overcrowding and/or a lack or resources and flock behavior takes over.

Thank you André!

Related story: The Meat Licence Proposal.

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月15日 19:14:08 : lEjrjZm316
考えさせるよい投稿ありがとう。
この鶏は、そっくりそのまま私たち都市文明生活者であるともいえる。
脳を切除されるかわりに、教育と洗脳で鈍化されているから。

ともあれ、我々が日々食べる肉についてもっと考えてみる必要がある。
パック詰めの工業製品のような「顔の見えない」肉達。
ヨーロッパでは肉はそのまま売られているそうだ。切り売り、量り売りだ。
そちらの方が鮮度が分かりやすく、安心感があるという。

一見、何の肉か分からない形での販売に疑問がわく。

ともあれ、製造機の写真を見る限り、やりかねないと思う。学生の思い付きが現実になる。
アメリカはそういう国だ。
実際、アウトドア製品のように洗練されたデザインではないか?


02. 2012年4月24日 00:51:15 : ueHyQrCa1w

凄! 中国の人体展と重なった。

たしかに合理性だけで言えば画期的。

今現在、売られている肉だって…

でも、う〜ん。

原子力、組換え遺伝子、人類の将来を空恐ろしく思う。


03. 2012年5月03日 23:01:29 : ZeHQONi9VI
○20120503 たね蒔き「36年ぶり自然界でヒナ誕生!〜トキとともに」《録音》

http://www.youtube.com/watch?v=Y5FKm9ECdlk&feature=youtu.be
http://www.youtube.com/watch?v=o5zM_b9Dvr8&feature=youtu.be


04. 2012年5月15日 20:42:45 : 4QNZ1Y02gs
外科手術にどれくらいのコストがかかるのかね?
中国奥地とかインドとかのアルバイトが実施したとしても採算が取れるとは思えないが。

5. 2019年12月30日 21:38:08 : nS5RCIDQVk : ek9ndzQ1Q2FtbG8=[2] 報告
この脳死鶏と同じ考え方を以下に示します。

搾取されることに生きがいと喜びを感じる人間を大量生産し、生涯を奴隷として飼育してしまおう。
生まれて間もなくから「自分は国の為にある」という全体主義の概念を刷り込む。
洗脳装置としてTV放送が有効だろう。
生産奴隷だけでなく、破壊奴隷(兵隊)としても大活躍してくれることだろう。

あとは邪魔くさいので、自民党の「日本会議」について調べてください。

6. 2019年12月31日 12:19:06 : SnonOCAGHw : Y3lhb2ZoSWdhWGs=[13] 報告
ヒヨコからやれないので無意味。

大人の鳥を脳死体にさせて、バカ?

7. 2020年9月19日 20:33:44 : 110kcYViFo : U04uSWprTXYyM0E=[11] 報告
食肉の細胞を培養して大量生産できれば、
牛や豚を殺さなくてすむのに。
誰もやろうとしないのかな。
8. 通りがかりの人A[3] ksqC6IKqgqmC6ILMkGxB 2021年2月19日 19:18:19 : 1f44Axb8g2 : bFl2eC94R0Z1b0k=[3] 報告
こんな残酷なこと考えてるんだ。
俺の知り合いが、なんで菜食主義者になったのか理解できるわ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧