★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 727.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「大麻」の安全性と必要性の確認とその有効活用法
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/727.html
投稿者 金十字架 日時 2012 年 4 月 18 日 21:38:34: mfAWtS4GF8MpY
 

http://www.airgreen.co.jp/hemp/hemp%20catalog.htm
より転載

大麻(ヘンプ)に付いて


大麻と聞くとギョとされますが、
麻(あさ)と言い換えますとほとんどの人は、何の変化もされません。

実は、大麻も麻も同じ植物なのです。

夏に麻で出来た服を着られた経験を持つ方は多いと思いますが、
大麻取締法で麻の栽培が禁止されるまでは、
麻は、重要な商品作物で広く日本中で栽培されてきました。

大麻の種子は、「麻の実」と呼ばれ、重要な食料でした。

綿花の栽培が日本で始まる(室町時代後期)以前の日本人の衣服のほとんどは、
麻から作られていました。

大麻(cannabis sativa L.)は、食用植物として、
又その繊維を利用する為に人類が最初に栽培した植物と言われております。
そして、その栽培は、人類の移動と共に世界中に広がっていきました。
食用なるのは、種子の部分で、大麻種子は、
ナッツとよく似ていますのでヘンプナッツとも呼ばれています。

大麻は、クワ科の1年草で、15週間ほどで4mの高さまで成長します。

その長く延びた茎の繊維を利用して、布、袋、ロープ、紙などが作られてきました。
このような有益な商品作物である大麻は、大麻取締法と言う法律のために、
世界的に栽培が禁止されるようになりました。
それは、大麻取締法が、マリファナになる大麻とならない大麻を一緒にして、
すべての大麻を取締の対照としているからです。

有用な植物を
このような誤った法律で栽培させないことに対する反省の機運が盛り上がってきて、
1998年にイギリスとカナダで、
大麻製品のTHCの含有量が10ppm以下と言う条件を付けて、
大麻の栽培が解禁になりました。

2002年には、オーストラリアとニュージーランドで解禁になりました。
アメリカでも、現在解禁を求めた裁判が行われています。
この裁判の経過から近々解禁されるかもしれません。


大麻樹脂の付いて


大麻は、花の部分で大麻樹脂と呼ばれる油性成分を作り出します。
これは、大麻を紫外線の害や害虫による食害を防ぐ目的で
大麻自身が作っている物質で、この大麻樹脂が、色んな薬効を持っているので
長い間薬として使われてきました。

一番使われていたのが痙攣や嘔吐を止める目的や不眠、食欲不振に対してです。
大麻樹脂には、色んな成分が含まれていて、その中で精神作用を引き起こす物質は、
δ-9-テトラハイドロカンナビノール(THC)と言う物質で、
精神不安を除く作用をもっています。

この物質は、気化させて吸うことで体内に吸収されるため、
樹脂を含んだ葉をタバコのように吸うことでその精神作用を得ようとしてきました。
それが、マリファナと呼ばれている物です。


マリファナになる大麻は、Cannabis indicaと言う種類の大麻で、
熱帯地方に生育する大麻です。

この種の大麻は、熱帯の強い紫外線と日照時間の長さから、
開花時期が長いため、樹脂を多く作り出すのでマリファナとか
ハシシとか呼ばれています。戦前日本でも大麻が大量に栽培されていましたが、
日本でマリファナが吸われていたと話はまったくありません。

それは、温帯で生育する大麻には、樹脂が僅かしか含まれてないからです。


大麻取締法について


1937年にアメリカでマリファナ課税法と言う法律が作られました。
これは、大麻製品に一律に税金をかける法律です。
これは、大麻の栽培を止めさせることで、
木材産業や合成繊維産業を発展させる目的で作られました。
なぜなら、大麻の栽培が無くなると、製紙原料として木材が売れ、
衣料に原料として合成繊維が売れるからです。

当初の法律は、現在施行されている大麻取締法とは、まったく違う法律でした。

当時、メキシコとの国境地帯でマリファナを吸うことが流行っていたので、
人種的偏見からアメリカ麻薬取締局が、
大麻を麻薬に類似する物として取り締まる法律を制定し、
すべての大麻を取締の対照としました。

そして、この法律が、国連で批准されたものですから、国際法となり、
世界中で適用されるようになりました。

我が国でも、昭和23年大麻取締法が施行され、ごく限られた人以外、
大麻が栽培することが禁止されました。


大麻油や大麻種子製品を取り扱うのは、非合法か?


大麻取締法の総則の第1条に次のことが書かれております。

 大麻取締法

総則

第1条 この法律で「大麻」とは、
大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。

ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)
並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

現在、日本では、大麻の栽培は、禁止されておりますが、
大麻の種子製品や大麻繊維を取り扱っても大麻取締法で処罰されることはありません。

それは、THCが含まれるのが、花と葉の部分であるからです。


大麻種子


大麻種子は、人間が生存していく上で絶対に取らなければならない栄養素である
2種類の必須脂肪酸と8種類の必須アミノ酸がすべて含まれている唯一の食べ物です。

一つかみの大麻種子で1日に必要な栄養素をすべて取ることが出来ます。
又500gほどの大麻種子で何も食べずに2週間は生存可能なほど
豊富な栄養素を含んでいる食べ物です。

大麻種子の利用法には、5種類あります。

種子全体を使う方法、
殻を取り除いて中の胚乳だけを使う方法、
種子を絞ってえられる油を使う方法、
油の絞りカスを大麻粉として使う方法、
そして、発芽させてモヤシとして使う方法です。

しかし、モヤシのする方法は、大麻取締法に触れるので、日本では出来ません。


種子(ロースト)の使い方


大麻取締法の関係から種子全体を利用する方法は、
種子を煎って利用する以外に方法はありません。
発芽する種子を持っていますと大麻取締法にふれます。

種子を煎りますと非常に香ばしい香りがするスナックになります。
いくら食べても飽きない味ですので、ビールのおつまみに最適です。

ただし、種子を煎りますと含まれている油が変質しやくなりますので
長期保存は出来ません。


胚乳の使い方


胚乳は、色んな利用方法があります。生でも煎ってでも利用できます。
煎りますと非常に香ばしい風味があるナッツのようになります。
お菓子やサラダのトッピングなどに使われます。
又、生のままパンやクッキーの生地に入れて焼きますと
ナッツ風味の非常においしいパンやクッキーができあがります。

そのまま料理に加えて調理することも出来ます。

胚乳をつぶして料理に使いますが、油分が多いため
ペースト状になり粉にはなりません。
ペースト状の胚乳から豆乳を作ることが出来ます。

豆腐やアイスクリームも作ることが出来ます。
バターと混ぜますとピーナッツバターよる風味のある大麻バターが出来ます。


大麻粉の使い方


大麻油を取った残りから大麻粉が作られております。
この大麻粉は、小麦粉を使うすべての食品、料理に使用できます。
大麻粉は、非常に香ばしい味をしておりますので、
小麦粉に1-2割混ぜますと全く違った風味な食べ物に変わります。

例えば、大麻粉を入れたお好み焼きやパンなどは、
今まで味わった事のないお好み焼きやパンになるでしょう。


大麻種子の漢方薬での利用


大麻種子の胚乳は、漢方薬では、麻子仁(ましにん)と呼ばれており、
古くから漢方薬の原料として使われております。

下剤、利尿剤、鎮咳剤、鎮痛剤としての効果を持っております。

特によく使われるのは、下剤としての効果で、
麻子仁を主成分として配合されている漢方薬に麻子仁丸があります。

麻子仁丸は、麻子仁5、芍薬2、枳実2、厚朴2、大黄4、杏仁2の割合で
含んでいる丸剤で便秘に使用します。

漢方薬には、煎じて服用する湯剤が多いのですが、
麻子仁丸は、丸剤です。それは、大麻種子にふくまれる多量の油を取ることで
便が腸管をスムーズに流れるようにするためだと考えられます。

水で煎じても油分を抽出することは出来ませんので
わざと丸剤にしたものだと思われます。

便秘気味の方は、大麻種子を多めに取りましょう


大麻種子のタンパク


大麻種子は、大部分がタンパク質と脂肪から出来ていて、
タンパク質量(約35%)は、大豆についで多く含まれており
、牛肉、魚、鳥肉よりも多く含まれています。

大麻タンパク質には、20種類のアミノ酸が含まれていて、
その中に人に必要な8種の必須アミノ酸が全部含まれております。

特にアルギニン(タンパク1g中123mg)とヒスチジン(タンパク1g中27mg)が
多く含まれることは、成長期の子供が大麻製品を取ることで成長に必要な
これらのタンパク質を十分に補給することが出来ます。

そして含硫アミノ酸であるメチオニン(タンパク1g中23mg)と
シスチン(タンパク1g中16mg)も多く含まれています。

これらのアミノ酸は、酵素の生合成に必要なアミノ酸で
からだの代謝機能を改善します。

大麻タンパク質には、相対的に側鎖の有るアミノ酸が多く含まれています。

これらのアミノ酸は、運動中の筋肉質の代謝にとって重要なアミノ酸であります。

小麦などのタンパク質は、グルテンと言って
アミノ酸と他の物質が混ざり合った状態で存在します。

アミノ酸がグルテンの状態で存在しますと消化しにくくなります。
しかし、大麻種子のタンパク質は65%がグロブリンで、
残りがアルブミンの状態で存在します。グロブリンとは、
αアミノ酸だけからなる単純タンパク質ですべてのアミノ酸をほぼ均一に含んでいて、
他の物と混ざり合っていません。

特に大麻グロブリンのことをエデスチン(Edestin)と呼びます。

アルブミンもαアミノ酸からなる単純タンパク質ですが、
グロブミン比べて分子量が小さく、主としてグルタミン酸,
アスパラギン酸,イソロイシン,ロイシンが多く含まれています。

エデスチンは、単純タンパク質の状態で含まれていますと消化されやすく
体内に素早く吸収されます。グロブリンとアルブミンは、
血液中で血清グロブリンと血清アルブミンになり、
免疫で最初に反応するγグロブリン抗体が作られる原料になります。


大麻油(ヘンプシードオイル)


大麻種子から低温で圧搾して取られた油が、大麻油です。
大麻油は、約10%の飽和脂肪酸と約90%の不飽和脂肪酸からなっております。

植物油の中で最も不飽和脂肪酸を含んでいる油です。

不飽和脂肪酸の内炭素の2重結合が2つ以上ある不飽和脂肪酸を
多価不飽和脂肪酸と呼びます。多価不飽和脂肪酸には、
オメガ6油とオメガ3油の2種類の多価不飽和脂肪酸があり、
これらの脂肪酸は、人が体内で作り出すことが出来ませんので
必須脂肪酸と呼ばれていて、食事として取る必要があります。

オメガ6油の代表的な脂肪酸は、リノール酸で、
オメガ3油の代表的な脂肪酸は、αリノレン酸です。

オメガ3油とは、脂肪酸の長い炭素の鎖のカルボキシ基(-COOH)の付いてない側から
3つ目の炭素が2重結合している脂肪酸のことを言います。

オメガ6油は、6番目の炭素が2重結合している脂肪酸のことです。

大麻油には、オメガ6油とオメガ3油が3:1の割合で含まれています。

WHOは、オメガ6油とオメガ3油を4:1の間の割合で摂取するのが健康に良いと
勧めております。大麻油は、天然の植物油の中で
この割合に最も近い割合の植物油です。又、健康な細胞を維持するために、
1日当たりオメガ6油を7-11g、オメガ3油を2-3.5g取るのが良いと
言われております。これを大麻油から取るとしますと、
1日にスプーン1-2杯ぐらいの大麻油を取ればよいことになります。
しかし、日頃から動物性脂肪をとりすぎている人は、
もう少し多めに取る方が良いでしょう。

不飽和油は、2重結合が多くなるほど、酸化を受けやすくなり、
加熱することで変質します。


大麻脂肪酸

大麻種子には、大量の脂肪が、不飽和脂肪酸の形で含まれています。
不飽和脂肪酸の内、オメガ6油とオメガ3油は、
人が食べ物から摂取しなければならない必須脂肪酸です。

オメガ6油と言うのは、炭素の2重結合が2つある脂肪酸で出来ている油で
代表的な物にリノール酸があります。

オメガ3油というのは、炭素の2重結合が3つある脂肪酸で出来ている油で
代表的な物にαリノレン酸があります。

これらがなぜ我々に取って重要であるかと言いますと、
必須脂肪酸は、我々の体の細胞の細胞膜を形成している成分であるからです。

γリノレン酸は、リノール酸から体内で生合成されますが、
老化や飽和脂肪酸の取りすぎからγリノレン酸を合成する酵素の働きが弱くなり、
慢性的なγリノレン酸の不足が起こっています。

又、食用油を酸化しにくい油にするために行われる水素添加のために
オメガ3油であるαリノレン酸は、植物油からほとんど取ることが
出来なくなっております。

唯一の補給源は、青身の魚に含まれる魚油からになっております。

大麻油を服用することで、γリノレン酸とαリノレン酸の両方を
同時に補給することが出来ます。又、化粧品などに配合することで、
皮膚からも吸収して補給することが出来ます。

又、大麻油には、他の植物油と比較して
非常に低濃度の飽和脂肪酸しか含まれておらず、
体に取って非常に安全な油であると言えます。

大麻の栽培と利用


大麻復活の理由


大麻は、繊維を取る目的で、紙を作る目的で、そして食料を得る目的で
第二次世界大戦前までは、世界中で栽培されていた。

一方一般的にマリファナと呼ばれている大麻樹脂は、
痙攣や不眠の治療薬として医薬品として売られていた。

当時は、大麻は、現在の日本人が考えているような悪魔の植物ではなく、
ごく普通の有用な植物であった。ところが、アメリカ政府は、
合成繊維の普及をはかるために、その競争相手である大麻製品に税金をかけ、
大麻産業を壊滅させることで、合成繊維産業を発展させようとした。

今から考えれば無茶な話で、化学工業を発展させるために、
天然物産業を壊滅させたのである。
今なら、汚染物質を作り出す化学工業より、
地球をきれいにする天然物工業の方が重要であることは明らかである。

アメリカ南部のメキシコ系住民は、
リラックスするために熱帯産の大麻の葉(マリファナ)を日常的に吸っていた。

これを見た一部新聞が、人種差別的な見地から、
マリファナは、麻薬のように社会を堕落させる薬物であると言うキャンペーンを
展開した。即ち、白人社会でマリファナが蔓延したら
メキシコ人の様な低レベルな社会になると言う論調を展開した。

その頃すでにアメリカでの大麻栽培が行われなくなっていたので、
予算カットに直面していた麻薬取締局は、
大麻を禁止薬物にしても経済に影響がでないと判断し、
密かに大麻取締法を国会に提出した。

大麻樹脂を医薬品として使用していた医師や患者から反対が出たが、
大麻産業自体が、消滅していたので、この法案が成立してしまった。

その結果、大麻は、悪魔の植物になり、栽培することも吸飲することも禁止された。

第2次世界大戦が終わりアメリカにより占領された国々では、
占領軍により大麻取締法が制定され、日本でも昭和23年に大麻取締法が施行され、
大麻を栽培することも所持することもできなくなった。

戦前の人々は、アメリカや日本のような温帯地方で栽培される大麻には、
大麻樹脂の量がわずかで、それを吸っても精神作用が起こらないこと、
精神作用を得るには、
idica種と言う
インドやアフリカなどで栽培されている樹脂が多く含まれる大麻でないと
効果がないことを良く知っていた。

その為、中国、ロシア、フランス、ハンガリー、ルーマニア、インドなど
多くの国々では、大麻取締法などなく今でも大々的に栽培されている。

国連農業機構(FAO)の調査によると、1992年に世界で大麻を作付けした面積は、
26万ヘクタールにのぼると発表されている。

これらの国では、テトラハイドロカンナビノール(THC)の含量が0.3%以下と
規定されているが、これらの地方(インドなど熱帯の国を除く)で
栽培される大麻には、この数値以上のTHCを含有する大麻が
もともと存在しないからである。

アメリカが大麻取締法を各国に制定していったおかげで、
最も利益を得たのは、フランスである。

イギリスも含めた西側ヨーロッパ諸国で大麻を栽培していたのは、
フランスだけであったので、EUでの貿易協定の結果、
フランスは、独占的に大麻を栽培し、その生産物をEU内の各国に独占的に販売できた。

EU各国で、麻製品を作るには、原料をフランスから買う以外に方法が無かった。

当時イギリスでは、麻の繊維を家畜の敷きわらとして利用していた。

麻の繊維を家畜のベットに利用すると肉が美味しくなると言う効果があったので、
イギリスの農民は、大麻を栽培したかった。

その結果、イギリスの農民により、1993年に大麻の栽培を解禁する運動が起こった。

この運動が発生した後すぐに、一部農民が集団で大麻の栽培を開始した。
最初に栽培された600ヘクタールの農地で出来た大麻は、
フランスの規格である0.3%以下のTHCしか含んでいなかった。

その為、イギリス政府は、大麻取締法で農民を処罰する根拠を失ってしまった。

大麻を栽培する農民に対してイギリス政府は、
非公式に道路から見えないところで栽培してほしいと要請するだけであった。

イギリス政府も大麻取締法の矛盾に気づいていたからである。

イギリスでの大麻栽培は、徐々に拡大していった。

家畜の敷きわらとして使われ、残った繊維は、製紙原料として販売された。


このイギリスの動きをカナダの農民も見ていた。
1994年カナダの農民は、イギリスから大麻種子を買い、栽培を開始した。

最初に作付けされたのは、20ヘクタールであるが、
この作付けに使われた種は、
カナダ政府がうっかりと輸入を許してしまった物であった。

カナダの人々は、カナダで大麻が栽培されるようになったことを喜んだ。

カナダとアメリカが北米自由貿易協定を締結した結果、
アメリカの安い繊維が大量に流れ込み
その結果カナダの繊維産業が壊滅的な打撃を受けたからである。

カナダの人々は、大麻を栽培して麻の繊維や布をアメリカに輸出することで
カナダの繊維産業が復活すると考えた。
なぜなら、アメリカには、大麻取締法があり、
大麻を栽培できないからである。

このように非合法ながら農民が勝手に大麻を栽培し始め、
その大麻も他の国では合法的に栽培できる大麻樹脂を
ほとんど含まない種類であった為に、
イギリス政府もカナダ政府も栽培を禁止する根拠を失い、
998年に大麻の栽培を合法化した。

ドイツでは、イギリスで栽培が開始されたのを受けて、1
995年に栽培が解禁された。

続いて、オーストラリアとニュージーランドにおいても2002年に合法化された。

アメリカでは、大麻の栽培を解禁することを問う裁判が行われている。

政府が、この裁判にまければ、大麻の栽培は、解禁されるだろう。

日本での解禁は、さらにその後になるだろう。


大麻の栽培


大麻は、手間のかからない作物で栽培しやすい。

病気や害虫に強く、それほど肥料も必要としない。
ヨーロッパでは、荒れ地に適した作物と言われている。
大麻は、約110日で成長して収穫される。

収穫期に入ると葉は枯れて落ち、落ちた葉は、腐葉土となり土地を肥やす。

大麻の根は、地中深く張っているので土地を柔らかくしてくれ、
土中に空気が通りやすくなり、細菌が繁殖しやすくなる。

収穫後の根は、すぐに腐ってしまい有機肥料になる。

大麻は、4-5mも成長するため、太陽が根本にあたらず、
その為雑草が生えない。当然除草剤など必要としない。

むしろ大麻が除草剤の役目をしている。

大麻を収穫した後の土地は、腐葉土が行き渡った耕しやすい柔らかな土で、
雑草がまったく生えていない土地である。

だからすぐに耕して次の作物を植えることができる。

ヨーロッパでは、大麻は、冬に植えられることが多い。

そして、夏には、穀物や野菜などが植えられている。

特に豆科の植物を植えると肥料を使わずに土地を肥やしていくことが出来る。

日本では、稲作が終わった冬に大麻を植えると良いと思われる。

大麻は、丈夫なので、ある程度成長すると少々の雪でも倒れることが無いので
降雪地帯でも栽培できる。

通常は、密に輪作すると病気の発生が多くなったり、
地力が衰えて収穫量が落ちると言われるが、
大麻と輪作すると害虫や病気の発生が少なくなると
共に地力が上がり収穫量も増えると言われている。

大麻の利用方法


大麻の利用法は、種子を食料にすることと、
茎の繊維を利用する2種類の方法がある。

現在では、品種改良が進み、種子を取る大麻と茎を取る大麻では、
品種が違う。繊維を取る大麻は、4-5mの高さまで成長するが、
種子は、小さく味が悪い。

ヨーロッパでは、繊維を取る目的で栽培されているので、
種子は、鳥の餌にされている。種子を取る目的の大麻は、
せいぜい2mぐらいにしか成長しないが、種子は、大粒で味が良い。
しかし、両方の品種とも、種子も茎も利用されている。

稲を栽培する場合、米を取ることが目的で、藁や籾殻は捨てられている。
昔は、藁は、縄や米俵を作るのに利用されていたが、
今では見向きもされない。

ほとんどの藁は、カットされ堆肥として畑にばらまかれている。
ところが、大麻は、種子を食料として利用出来るだけでなく、
稲の藁にあたる茎が、繊維原料、製紙原料、建築原料として利用できる。

葉や根は、すぐに腐って有機肥料になり破棄する部分が無い便利な作物である。

大麻は、ほとんどすべての気候、土地で栽培できる。

ほとんどの土地で4-5m(繊維用)の高さに110日で成長し、
1ヘクタールから8-20トンの乾燥した茎が取れる(繊維用)。

大麻の茎は、外側に篩部繊維と呼ばれる長い繊維(セルロース)があり、
この繊維の長さは、茎の高さと等しく、
セルロースの含有量は、60-78%になる。

中心部は、短い繊維(セルロース)とヘミセルロース、
リグニンから出来ている堅い組織で、
セルロースが36-41%、ヘミセルロースが31-37%、残りがリグニンである。

建築材料にファイバーボードと言うのがある。

これは、木材などの繊維を化学処理などしてバラバラにし、
再度樹脂で接着して板状にした物である。
繊維が均等に分布しているため。
均一な強度を持っているため建築材料として利用しやすい。

大麻の繊維は、茎の高と同じ長さを持っているため、
木材を利用するより長いファイバーボードを作ることが出来る利点を持っている。

麻の布を作るのに利用されるのは、表面にある篩部繊維である。

麻で作られた布は、衣服は勿論、壁紙、袋、靴など多くの用途を持っている。

麻を繊維として利用する利点は、綿花の使用を減らすことが出来ることである。

綿花は、換金作物として各地で栽培されているが、
この作物は、多量の水を必要とするため、大規模な灌漑施設が必要である。

ロシアのアラル海と言う湖は、綿花栽培の灌漑のため年々縮小していっており
この地方の気候が変化するという大きな問題を抱えている。

又、綿花は、収穫を良くするために、肥料や農薬を多く使う必要が有り、
土地が汚染されやすい。綿花が大麻と違う大きな点は、綿花は食料にはなり得ない。

その為、綿花の栽培地では、食料不足が発生しやすい。

大麻の中心部は、主として製紙原料として利用されている。

大麻の品種の中に白い大麻が栽培されている。

この品種は、製紙原料だけを目的とした大麻で、その利点は、
漂白が簡単行えるからである。

大麻は、1年草で毎年生長を繰り返す。大麻が産生する繊維の量は、
木材の4倍と言われている。

大麻を製紙原料として利用することで、森林破壊を防ぐことが出来る。

大麻紙は、1996年で年間12万トン作られており、
その種類は、タバコの紙、ろ紙、ティーバッグの紙、アート紙、お札の紙などである。

現在では、ヨーロッパで
茎を繊維原料とパルプ原料に効率よく分ける機械が出来ており、
木材を製紙原料にするより大麻を製紙原料にした方が安くつくので、
大麻の利用が徐々に多くなっている。

1ヘクタールから取れる乾燥した大麻の量は、平均15トンで、
それを繊維原料や製紙原料として販売したときの収入が
USドルで1000ドルと言われている。

100ヘクタールぐらい栽培している農家は、北米などにはたくさんあるので、
その収入は、10万ドル(約1200万円)にもなる。

日本でも、休耕地や冬季の無耕作地などで栽培すると十分な収入になると考えられる。


大麻の種子の製品には、種子全体、中の胚乳だけ、
種子から取ったオイル、オイルを絞った絞りかすの4種類がある。

種子全体を食べる場合は、火を通して煎った状態にして食べる。

そのままスナックの様にして食べても良いし、パンやお菓子に入れても良い。

非常に香ばしい風味で美味しい。
殻を取った胚乳を食べる場合もパンやお菓子に入れて食べる。
胚乳だけの場合は、ナッツの風味になる。
胚乳はすりつぶすとオイルを多く含むのでペースト状になる。

水を加えて攪拌すると乳化して牛乳の様なミルク状になる。
そのまま飲んでも良い。ここに増粘剤を入れて凍らすと大麻アイスクリークが出来る。

又、にがりなどを入れると大麻豆腐になる。
大麻胚乳は、大豆と同じ様な使い方が出来ると考えってもらって良い。
大豆より繊維質が少ないのでおからはあまりでない。

胚乳を取り扱う上で注意することは、密封状態で暗い場所に保管することである。
冷蔵庫などが最も良い。胚乳には、多量の油分が含まれていて、
その油は、ほとんどが不飽和脂肪酸である。

不飽和脂肪酸は、空気中の酸素により酸化され過酸化脂質に代わりやすい。
酸化を受けると油の腐った様な味になるので保管に注意がいる。

種子を絞ると油が出てくる。この油が大麻油である。
種子の重量に対して35%の油を取ることが出来る。
1ヘクタールで取れる種子の量は、平均で1.25トンであるから、
1ヘクタールから440リッターの油を取ることが出来る。
この収量は、菜種やひまわりなどに比べると若干すくない。

しかし、大麻の場合、絞りかすを食用に利用できるから、
菜種やひまわりより利用価値が高い。

大麻油は、勿論食用油として利用できる。
しかし、不飽和脂肪酸が多く含まれるので加熱する調理に使うと変質しやすいので
避けた方が良い。

サラダドレッシングのように熱を加えない方法で食べるのが最も良い。
品質を保持するためには、空気に触れないように密封して保存しなければならない。

大麻油が最も多く使用されているのは、化粧品原料としてである。
それは、不飽和脂肪酸が皮膚を健全に保つために必要だからである。
又、大麻油は、燃料として使われてきた。

大麻油は、ディーゼルエンジンの燃料となるので、
これを使った自動車レースが行われているらしいが、
軽油に比べて、まだまだ割高である。

大麻油を取るために絞った大麻種子の絞りかすを粉砕して粉にした物が大麻粉である。

大麻粉は、小麦粉の食味の改良剤として使用される。
小麦粉に大麻粉を1-2割混ぜることで、非常に香ばしい味になる。
だから小麦粉を使っているすべての食品の味を変えることが出来る。

このように4種類の製品を食品に利用することで
今までと違った食品を作り出すことが出来る。

参考文献
The great book of Hemp; Rowan Robinson, Park Street Press, Rochester Vermont
Hemp for Health; Chris Conrad, Healing Arts Press, Rochester, Vermont

************
転載終わり

地中海貿易で高値で取引されていた香辛料がなぜに珍重されていたかは
同様の結論をここに見出す事が出来る
市場に出回る精製されたオレガノなどにはその性質は無いが
それらも当然薬物として珍重される植物である

ルールや法と云った価値基準を体外にシステム化し
普遍的で一律不動の取り決めをそこに構築し
そこに支配されようと云う愚かな試みは
人々から思考を奪い変化を奪い真価を奪う
当然そこに文化は退廃の一途を辿るだけと成る

宗教がそうであり国家政治経済みなすべてがそうである

荒廃地に大麻を栽培さえすれば
千年かけて育った森林の伐採など今すぐ止める事が出来る

ハハハハハハ  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月18日 21:53:23 : eDpYQWrees
誤字脱字抜け字は毎度の事
脳内により補完して
笑って赦して読まれたし

尚コメント中の
真価→進化
の誤字であるが間違いでもない

ルールや法と云った
「物事の洞察の為の判断基準」というものが如何にいい加減なものか
ここでは理解して頂きたい

解読でも構わない


02. 2012年4月18日 22:30:26 : TyujuZroQ2
う〜んw

大麻樹脂(THCその他)を含む全体で大麻。大麻樹脂(の効果)は重要。
・・・まぁ、いろいろあるかw これ以上は言わないw 1qmOy4Hy0U


03. 2012年4月19日 09:37:50 : eDpYQWrees
>02>>02よ
言えないものなら漏らすな
漏らすだけではあなたは自分にも何も与える事は出来ない

本当に着目すべき点とは
何故に製紙の原材料として大麻に注目するのかである
そしてまたそのように値するかを知る為の実際の行動を起こす事である

何故知らないままで良いとしてきたのかもまた知らなくてはならない
それは無知だからである
何故無知なのか
それは人の基本である自らの意思と言葉で考えることをしないからである
何故それをしないまた出来ないのか
それは常に他者の作った判断基準たる物差しに依存しているからである
その判断基準はシステム的で人工物で不自然な迄に普遍性(不変性)を求めて作られている
法やルール又は宗的教義であり
それは自己の外に善悪たる行動の為の不動の判断基準を作ると云う事である
それは他者を心の外から縛る
自発性や自主性を奪う
それは絶対的な無思考性行動の指針である
そうした被支配を望むのは
そこに依存し自らを小さきものとして感じ安堵しようとする人々である
それは意識の進化を妨げる
文化の程度を下げる
やがては今のように必ず破滅へと誘われる

一つの土壌に国家とした守るべき守られるべき存在をつくり出し
恥を生みそこに食い下がる人々対峙する人々を襲い始めるようになる
無思考性故の正義である
指針は自己の中には無い

現在の我々人類の生存に大きく関わる重要な部分とはそこである
それを知らないままだからである

どんなものであっても高次の欲求と低次の欲求どちらも捨てられるものではない
それはすべてを持って完全性と云えるからである
そこから低次の欲求を満たすものだけを取り出してみせる事をしなければ
どんなものの中にもある完全性をそのままに活用する事が出来る

低次の欲求に対する大麻の不要性や必要性によって世の中の流れを作って語っているうちは
多くのすべてに完璧性を求める人間をただ渇望させ飢餓に苦しませ続ける事に成る

それよりなによりも我々が低次の人工的な倫理システムによって
不変性症候群に依存し固執して見て見ぬ振りをしつづけ
ただ窒息するのを待つ愚かな存在であるのかどうかと云う事である


04. 2012年4月19日 18:05:48 : TyujuZroQ2
>>03
言えないとは言っていないw ちょっと言いづらいけどね。

本文のコンセプトは下げられた大麻のイメージの回復を図る事だと解釈しているよ。
それも真の狙いは大麻“樹脂”の解禁だと。

でもこの文章は大麻樹脂以外の記述ばかりで、大麻樹脂の有効性にはほとんど触れていない。

樹脂を含有しない品種なら、すでに日本でも栽培されているよね、合法的に。
それで十分って事になってしまわない?この文章だと。

おれは、大麻のイメージダウンを図っている勢力の狙いは、大麻樹脂にこそあると思っている。
デュポンがナイロンを売るために・・・ とかいう情報もあるみたいだけど、ダミーだと思う。

「人々をインチキや嘘で騙し続ける事が困難になる」、「戦争などの“芝居”がやりづらい」、
「“本当の科学”が解明されてしまう」、「使用者の弱みをにぎる事ができる」・・・

あたりじゃないかな。大麻を非合法にしておきたい本当の理由は。

まづはじわじわと大麻のイメージの回復を図るところから始める、
という戦略で本文が書かれたんだと思うから、反対ではない。

ところで、>>03はどっちなの?“樹脂なしの”大麻の解禁でいいの?
いまいちわからなかったよw                         by >>02


05. 2012年4月19日 21:35:00 : eDpYQWrees
>04>>02のベストアンサーへ
ははははは
よし!
あなたは私の力であり
私もまたあなたの力と成るだろう

まだ在った事も無い君よ!
あなたは私にとってとても頼りがいのあるもののように感じられているよ

あなたの声は確かであり
私はその声を待っていました
私の意見だけでは不十分である所に
その事を正しく指摘してくれました
そうしたあなたの声は今真剣に世界に必要とされている

さてお尋ねであるその答えは
マリファナが合法か非合法かという所に
素直にかかって来るものであるでしょう

それに答える前に僅かに話さねばなら無い事が在る
そうでなければこうしたタブー視される問題は誤解をただ生むだけと成る

それが今の人々の目だからだ

実際的に言える事で誰もが納得する事を始めに断っておくならば
「人が自然そのものを邪視するのはまったくもって不可思議な事だ」と考える

勿論大麻も自然のものであると言える
オレガノやハープも実際は気分をハイにしてくれるものだ

どんなものでもそれを悪用するかしないかの問題だとそういうならば
あの「原発」もそうした危険性を孕んでいるのに
それは「悪用の為ではない」と言えるから動かせているという訳だ
そしてまた十分に安全でも必要である訳でもなく
何より人々が反対しているのにも関わらずだ

つまり人々の意見はどうでも良いと切り捨てられる程
別の動かさねばなら無い要因があるように見受けられる

本当に不思議な話だね
さてそこに何が見えてくるだろう
どんな問題が見えてくるだろう

だが人々はそれをもまた考える事を好んで居ない
タブーだと考えるものを考える事は「いけない」からだ

もし飢えに苦しむ国々にこれらの食材やパルプの原材料となる糧を与える事が出来たらどうだろうね
またそれらは薬剤にも成る
どんな耕地にも適した生産品と言えるじゃないか

なぜ話題に出来ない程にタブー視されてしまったのかね

しかしそれは今此処から変わろうとしてるんじゃないかな?


06. 2012年4月19日 22:36:37 : TyujuZroQ2
>>05

よくわかった。そのとおりだね。 え〜と、サンクス!  by >>02>>04 1qmOy4Hy0U


07. 2012年4月19日 23:34:51 : IYyRSPdFJA
【日本語】医療用大麻を父が投与、息子が脳腫瘍を完治
http://www.youtube.com/watch?v=IcYQKn5OZJY&feature=player_embedded
でも見とけ。

08. 2012年4月20日 00:44:12 : eDpYQWrees
>07
見とくと何が変わるのか?

09. 2012年4月20日 00:57:38 : 2bE8JuKHJk
最高の燃料になり
最高の食料になり
最高の建築資材になり
最高の紙が採れ
最高の衣料になり
最高の医薬品となり
最高の放射能除去機能を持つ
種により大麻は無限循環する、場所を選ばず、枯渇しない資源です。
これだけで快適な衣食住環境が作れるので
実はマネーが要らない社会が訪れる。
かたや
人々の自立を阻む、隷属支配のへその緒(牢獄に繋ぎ止める鎖)があります。
人々を代理代行代表行為によって自給自足から遠ざけ
母親(支配者)と胎児(奴隷)を繋ぐ、へその緒をマネーで繋ぎ止める物。
それは、配管と電線で張巡らした既存インフラの全てです。
国家権力と民衆を繋ぐへその緒も然り。
地中埋設の上下水道、ガス、送電線、電柱、電線。
これらを切って生きて、初めて人々は自立します。
原発を否定出来ます。
マネーによる一者独占支配が崩れます。

10. 2016年10月30日 04:47:46 : FrVwNwrzJ3 : Pt9Ph8zRH9o[1]
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4614.html


日本でも大麻を解禁したければ、米国やヨーロッパ各国のように、義務教育の段階から生徒たちに「大麻がもたらす害」と「乾燥大麻が、実は大麻とはかけ離れた有害で非常に危険な工業製品である」ことを、みっちり教育してからでなければダメだろう。

それをやらなければ、今でも向精神薬の入手情報をSNSで交換している若者が大勢いるように、大麻などの非合法薬物に免疫のない若者たちの間で、瞬く間に広がっていくだろう。

最後に・・・ジョージ・ソロスが、なぜ乾燥大麻を普及させたいのか、その理由について。

狙いは金儲けだけではない。人間の松果体(第三の目)を破壊して、従順なロボットに変えてしまうためである。
といっても、かなり専門的で難しい話になるので、別の機会にしよう。


11. 2021年9月14日 09:34:07 : xJbz8F86rg : aVNZN0sucHlsVXM=[116] 報告
大麻は暴力団の資金源になるが、警察が取り締まりを強化するための資金源にはならないので、大麻の容易な栽培を禁止している。
12. 2021年9月17日 12:08:27 : QxarWshCzU : ZEZ6Ynh4aUtmb1E=[47] 報告
THC(陶酔効果)が極端に薄い日本の「栃木白」といった品種の利用促進を啓蒙せずに、
とくかく大麻(THC有品種)は有用なんだと味噌も糞も併せて連呼した所で誰の理解も得られない。

調べれば調べるほど今の持続可能モデルに合致する植物なだけに残念とかしか言えない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧