★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 763.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地球温暖化、危険レベルの3.5度超える気温上昇も 欧州共同研究
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/763.html
投稿者 MR 日時 2012 年 5 月 29 日 15:29:28: cT5Wxjlo3Xe3.
 

http://climateactiontracker.org/assets/CAT-Infographic-20111211.pdf

地球温暖化、危険レベルの3.5度超える気温上昇も 欧州共同研究
2012年05月29日 13:05 発信地:ボン/ドイツ

中国・北京(Beijing)地壇(Temple of Earth)公園に国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)が展示した氷の立像からしたたり落ちる水滴(2009年8月28日撮影、資料写真)(c)AFP/Frederic J. BROWN
関連写真1/1ページ全1枚

【5月29日 AFP】温暖化による地球の気温上昇は危険レベルとされる3.5度を超え、将来は干ばつや洪水、海面上昇の危険性が高まるとの研究結果が、ドイツ・ボン(Bonn)で25日に閉幕した地球温暖化対策の次期枠組みを話し合う国連気候変動枠組み条約(UN Framework Convention on Climate Change、UNFCCC)の会合で報告された。

 人的に調節可能な気温上昇の範囲として国連(UN)が掲げる目標気温は、産業革命以前の水準の「2度以内」となっている。

 UNFCCC会合で24日に発表された研究を行った独非営利団体「クライメート・アナリティックス(Climate Analytics)」の政策研究者、マリオン・フィーベク(Marion Vieweg)氏は、「3.5度」という推計値は「全ての国がそれぞれに課せられた温室効果ガス削減の義務をすべて達成した」との前提で計算した値だと、AFPに説明した。だが、新たな研究によって、これが「現実的な仮定」ではないことが判明。今後の気温が3.5度を上回り、どこまで上昇するかは「現時点では数値として出せない」と付け加えた。
 
 フィーベク氏の共同研究者ビル・ヘア(Bill Hare)氏も、各国が掲げる目標と現実の数値のギャップは「拡大する一方だ」と指摘する。

 研究はクライメート・アナリティックスとオランダの研究機関エコフィス(Ecofys)、独ポツダム気候研究所(Potsdam Institute for Climate Impact Research)の共同プロジェクト「クライメート・アクション・トラッカー(Climate Action Tracker、CAT)」が実施した。

■温室効果ガス削減に厳しい現状

 国連の環境計画によると、気温上昇を2度未満とするためには、2020年までに世界の温室効果ガス排出量を年間440億トンに抑えなければならない。だが、現状はこれを約90億〜110億トン上回るとの見通しだ。

 二酸化炭素やメタンガスを含む世界の温室効果ガス排出量は現在、約480億トン。CATによると、その内訳は米国が約60億トン、中国が約70億トン、欧州連合(EU)が約50億トンとなっている。

 前年11〜12月に南アフリカのダーバン(Durban)で開催されたUNFCCC第17回締約国会議(COP17)では、190を超える加盟国が、温室効果ガス削減の新たな法的枠組みを2015年までに採択し20年から発効させることを目指すロードマップに合意している。(c)AFP


地球温暖化[世のため人のため]
地球温暖化、危険レベルの3.5度超える気温上昇も[ニュースで気になったこと]
温暖化を止めて脱原発は可能なのか?地球温暖化、危険レベルの3.5度超える気温上昇も 欧州共同研究[勉強の合間の欲望]


AFPBB News トップへ

赤や青の光が渦巻く「回転花火銀河」、NASA合成画像(写真1枚)
米韓特殊部隊が北朝鮮で特殊偵察任務、在韓米軍高官が語る (写真1枚)
ドーハの大規模ショッピングセンター内の託児所で火災、19人死亡(写真9枚)
アナン国連特使がシリア入り、フーラの「虐殺」を非難(写真1枚)
エジプト大統領選、モルシ氏とシャフィク氏が決選投票に(写真2枚)
アザレンカ、前回覇者の李娜らが2回戦進出 全仏オープン(写真15枚)
[PR]キュートな動物から「タフガイ」プーチン首相まで。AFPBBおすすめ特集>>
このニュースの関連情報
国連気候変動枠組み条約 地球温暖化 共同研究 

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2880531/9015739?ctm_campaign=txt_topics


Emissions gap looks set to increase if government action doesn’t step up

24th May 2012
Bonn – 24 May 2012- Many governments do not appear to be implementing policies to meet their 2020 emission reduction pledges, and could increase – not shrink, the gap between real emissions and what’s needed to keep global temperature rise to 1.5 or 2 degC, according to the Climate Action Tracker, a joint project of Climate Analytics, Ecofys and the Potsdam Institute for Climate Impact Research.

CAT’s analysis of current policies, released today, show that, in reality, the ‘gap’ in 2020 could be even larger than discussed in the UNEP Bridging the Emissions Gap Report (2011), as that report assumed that governments would meet their Copenhagen and Cancun pledges.

The planet is heading to a temperature rise of at least 3.5 degC, but that could be even more if the 2020 pledges are not met. For a visual analysis of the impacts of such a temperature rise, see our Durban infographic http://climateactiontracker.org/assets/CAT-Infographic-20111211.pdf

“It’s clear that many governments are nowhere near putting in place the policies they have committed to, policies that are not enough to keep temperature rise to below 2degC. We’ve already identified a major emissions gap and the action being taken is highly unlikely to shrink that gap – indeed it seems that the opposite is happening,” said Bill Hare, Director of Climate Analytics.

In a best-case scenario, if governments implemented the most stringent reductions they have proposed, and applied the most stringent accounting, the remaining gap would only shrink to 9 GtCO2e/year. The range estimated in the UNEP report (to which the Climate Action Tracker contributed) for the equivalent case is 3 - 11 GtCO2e/year.

“Most of the policies we have analyzed are not yet concrete enough to be quantified, not yet implemented and/or not yet sufficiently ambitious to ensure countries achieve their pledge. This is a worrying trend,” said Dr Niklas Höhne, Director of Energy and Climate Policy at Ecofys.

After seeing the presentations made at the UN climate talks in Bonn late last week, the Climate Action Tracker’s latest update tracks some recent developments:

The US now expects to have lower emissions in 2020, but mainly due to effects of the recessions and a shift from coal to gas, driven by low gas prices. The US’s two new sets of regulations –on coal-fired power plants (implemented), and on fuel efficiency in vehicles (implemented up to 2016 and planned for 2025), would still leave it some 350 MtCO2e short of its already inadequate pledge, a gap that is the size of half of Canada’s annual emissions. The US Environmental Protection Agency itself has admitted that its standards for fossil fuel fired power plants “will result in negligible CO2 emission changes, energy impacts, quantified benefits, costs, and economic impacts by 2020.”
Brazil’s deforestation rates are currently at a record low, but the proposed new forest code, if adopted, could reverse this trend. It would unequivocally make it harder for Brazil to meet its ambitious emissions reduction target as well as its reductions in deforestation rates. Scientific analysis shows that the code could increase its emissions gap substantially. President Dilma is expected to make a decision on the code tomorrow.
While Mexico has introduced solid new framework climate legislation, it has yet to implement actual policies and measures to reach its pledge – at the moment it is set to achieve only 12% of its pledged 30% reduction from BAU by 2020.
It remains to be seen whether Japan will use the opportunity of all of its nuclear reactors being shut down to decarbonise its electricity sector. First steps towards a support system for renewables with the just adopted feed-in tariff are encouraging.
Korea’s newly announced ETS means it could meet its pledge if the cap is set tightly enough and the remaining open rules are set in the right way. But the details have yet to be decided. Currently there are too many open questions to evaluate the effectiveness of the scheme.
Download the full briefing here or watch the webcast of the press conference.
http://www.climateactiontracker.org/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月30日 14:53:25 : to0HmWqrWU
 地球温暖化の最大の欺瞞は温室効果ガスの増加と地球平均気温の上昇を結びつけていること。

 身も蓋もない言い方だが地球平均気温上昇は「温室効果ガスの増加」ではなく「人間活動に伴うエネルギー消費の増加」である。

 本気で地球平均気温上昇を止めたければ「人類全体が年間に消費できるエネルギーは産業革命以前の量まで」としなければ意味はない。
 問題は、その量で現在の生活水準を保ったまま何人の人間が生存可能か?という話になってしまう。
 生活レベルを18世紀中頃に戻してもその時の世界の人口は約10億人程度であり、
約60億人の余りが生ずる。

 少なくとも地球で生み出された余分な廃熱を宇宙空間に放散させるテクノロジーを開発しないかぎりはCO2規制は根本的な解決にはならない。

 抜本的な解決策は判っているが誤魔化すしかないのが現状である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧