★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4 > 899.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「量子論の多世界解釈」を世界中の優秀な物理学者たちが真剣に研究中/竹内薫
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/899.html
投稿者 短足鰐 日時 2013 年 5 月 15 日 20:03:24: 1dEIvwQCPSw5M
 


≪量子論における実在≫
…のような先覚者によって量子論の基礎が築かれてから、ほぼ三十年後の1954年、ヒュー・エヴェレット三世というプリンストン大学の無名の大学院生が、衝撃的な認識にいたった。量子力学には、大御所のボーアも取り繕ってはいたが埋められていなかった大きな穴があり、そこに照準を合わせたエヴェレットの解析は、この理論を正しく理解するには広大な並行宇宙のネットワークが必要かもしれないことを明らかにした。エヴェレットは、私たちが多宇宙の一部かもしれないという主張を、数学的に導き出した先駆者のひとりだった。
 のちに量子力学の多世界解釈と呼ばれるようになるエヴェレットのアプローチには、波乱万丈の歴史がある。…
〔第8章 量子測定の多世界 より〕

≪あとがき/竹内薫≫
 量子論の多世界解釈は。私が物理学科の学生だったころ、「トンデモ」に分類されていて、量子力学の授業でも、まともに扱われていなかった。…
 しかし、今や時代は大きく変わった。世界中の優秀な物理学者たちがエヴェレット三世のアイデアを真剣に研究している。エヴェレット三世の評価は、マッドサイエンティストから、世紀の天才へと180度変わった。

【出典】
 ブライアン・グリーン著「隠れていた宇宙」早川書房’11年

 エヴェレットの多世界解釈
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%A4%9A%E4%B8%96%E7%95%8C%E8%A7%A3%E9%87%88

 哲学的な何か、あと科学とか〜多世界解釈
 http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/tasekai1.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月19日 01:20:25 : H7qSaFzcuk
数年前、5次元宇宙を語ったリサ・ランドールの「ワープする宇宙」を買ったがまだほとんど読んでないな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 環境・エネルギー・天文板4掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧