★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1000.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
遺伝子組み換えマウス、ずさん管理 京大iPS研:京大iPS研・山中所長、マウス管理問題で陳謝
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1000.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 3 月 01 日 13:39:05: Mo7ApAlflbQ6s
 


遺伝子組み換えマウス、ずさん管理 京大iPS研
朝日新聞デジタル 3月1日(土)8時10分配信

 iPS細胞の世界的な研究拠点として知られる京都大iPS細胞研究所(京都市、山中伸弥所長)の付属動物実験施設で、実験用のマウスが過って飼育室から運び出され、器具などの洗浄室で相次いで発見されていたことがわかった。大学が承認した実験計画では想定されていない事態で、中には、生きた遺伝子組み換えマウスも複数含まれていたことから、文部科学省は昨年末、京都大に口頭で厳重注意した。

 京都大によると、実験計画では、マウスはいずれも研究所2階にある飼育室と実験を行う処置室で管理されることになっていたが、2011年1月〜13年5月、計14回にわたって1階の洗浄室で見つかっていた。洗浄のために飼育室から運びこまれた飼育ケースの中にいた。正確な数は不明だが、死骸を含め少なくとも21匹いた。11匹は生きたマウスで、このうち5匹は遺伝子組み換えマウスだったことが確認されたという。

 研究所では、実験に使ったマウスは処置室で殺処分した後に冷凍庫に保管し、処理の専門業者が定期的に回収している。飼育室で死んだ場合も冷凍庫に保管し、同様に回収される。飼育ケースを洗浄室に運び込む場合は、あらかじめ中の紙製のチップなどにマウスが紛れ込んでいないか確認することになっている。

最終更新:3月1日(土)12時44分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140301-00000007-asahi-soci

京大iPS研・山中所長、マウス管理問題で陳謝
2014年3月1日11時45分

 京都大iPS細胞研究所(京都市)で遺伝子組み換えマウスが繰り返し想定外の洗浄室から見つかっていた問題で、山中伸弥所長は1日、同研究所で記者会見し、「ご心配、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と陳謝した。

 同研究所では2011〜13年に計14回、実験用マウスが過って2階の飼育室から運び出され、実験計画では想定されていない1階の洗浄室で発見された。生態系に悪影響を与えかねない生きた組み換えマウスが少なくとも5匹含まれていた。山中所長は「生きた組み換えマウスが洗浄室で見つかることはあってはならない」と述べた。
 文部科学省は昨年12月、京大に口頭で厳重注意した。

http://www.asahi.com/articles/ASG313FWHG31PTIL007.html?ref=yahoo

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧