★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1011.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
論文の画像2点「不正ではない」 理研、調査継続
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1011.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 3 月 14 日 19:55:41: Mo7ApAlflbQ6s
 


論文の画像2点「不正ではない」 理研、調査継続[日経新聞]
2014/3/14 16:34

 理化学研究所は14日、STAP細胞の研究論文に関わる調査中間報告を公開した。不自然と指摘された6つの点を調べ、調査中の4点を除き「研究不正には当たらない」と結論づけた。

 まず判断した2点は、細胞の画像が不自然に見えることと、STAP細胞からできた胎盤の画像がほかの画像と極めて似ていると指摘された点だ。

 不自然な細胞の画像について、動画から静止画を切り取ったものと判定した。ゆがみは、投稿論文の元の画像にはなく、論文に掲載された画像にだけあると確認。元の動画の提出を受け、東京大学の中野明彦教授にゆがみが生じる原因について意見を求めたところ「(論文に必要な)画像を作成する際に、解像度を下げたり圧縮したりするとゆがみができる」と指摘。調査委員会は「論文の画像は(研究チームが実際に撮影した)もとの動画の1コマと考えてよい」と判定した。

 一方、胎盤の画像が酷似している点について、研究チームの小保方晴子発生・再生科学総合研究センター研究ユニットリーダーは「途中で論文の構成を変えて、不要になったにもかかわらず削除し忘れた」と説明したという。

 笹井芳樹副センター長も「小保方氏に削除の指示をすることを失念したまま論文を投
稿し、そのまま発表した」と繰り返したという。

 当初はSTAP細胞と比較するために使う画像が、論文の構成を変える過程で不自然な形で掲載されてしまったという。調査委員会は、当初の論文構成で確かにこの画像を使う前提だったことを裏付ける資料を確認した。笹井副センター長がいう「失念」以外の理由があった可能性は残るが「悪意があったと認定することはできず、研究不正には当たらない」とした。

 調査対象は、同センターの小保方研究ユニットリーダー、笹井副センター長、丹羽仁史プロジェクトリーダー、若山照彦・山梨大学教授の4人。調査委員会は、論文の構想を示すノートやファイルのコピーの提出を受けているという。

 調査は2月20日から3月12日まで、関係資料の収集と関係者のヒアリングを実施。さらに細胞の画像について、中野・東大教授の意見も参考に審議した。

 調査の中間報告は、調査委員会から野依良治理事長あてに提出された。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1401O_U4A310C1000000/?dg=1

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧