★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1012.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
STAP細胞、存在自体に疑問 論文撤回は先送り
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1012.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 3 月 15 日 02:49:01: Mo7ApAlflbQ6s
 


STAP細胞、存在自体に疑問 論文撤回は先送り[日経新聞]
2014/3/15 2:00

 STAP細胞は本当に存在するのか。理化学研究所の中間報告はこの点について疑問を残した。

 14日の記者会見に出席した理研の竹市雅俊発生・再生科学総合研究センター長はSTAP細胞の存在について「第三者の科学者の評価に委ねたい」として判断を避けた。理研はこれまで「研究成果そのものは揺るがない」と説明していたが、論文の問題が明確になり「再現できていない」(竹市氏)と存在自体も疑わざるを得なくなった。

 論文の撤回については、小保方氏を含めた理研の主要な論文執筆者3人は同意。一方、共同研究者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大学教授は「示されたデータが誤りであるという説得力のある証拠が存在しない以上、論文が撤回されるべきだとは思わない」とする声明を発表した。

 論文の撤回は原則として筆者全員の同意が必要だ。ただし全員の同意が得られなくても主要な筆者が撤回を求め、ネイチャー側が同意すれば撤回に至る場合もある。小保方氏らは撤回に向けて共同研究者と協議して結論を得る。

 論文が撤回されれば、研究自体は白紙に戻る。それでも理研はSTAP細胞を作製する再現実験は続ける。詳しい作製法は公表しているため、今後、理研以外の研究者が再現に成功する可能性もある。

 なぜ研究成果が疑われる論文が発表されたのか。理研の調査委員会によると、3度に及ぶ小保方氏への事情聴取でも詳細は明らかにならなかった。理研の野依良治理事長は「チーム間の連携に不備があった」と指摘し、研究者らの再教育が必要との考えを強調した。
 現段階では論文執筆上のミスであり、STAP細胞が作れたという科学的成果は否定されていない。ただ論文の不備などが相次ぎSTAP細胞そのものに疑念が向けられるようになったのは確か。論文を公表前に査読(同じ分野の研究者による評価)する仕組みのあり方も検証する必要がある。

 科学の世界では、論文の執筆者をのぞき、多くの研究者が作れる「再現性」が証明されてその成果は評価される。世界の注目を集めたSTAP細胞を巡って募った不信は根深い。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG14040_U4A310C1MM8000/?dg=1


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年3月22日 15:52:22 : jGBvShvpwg
先送りして様子を見る必要があった.
特に、米国のバカンティ教授が反対している.
反対するのも一理あって、
STAP細胞の発想はもともとバカンティ兄弟医者からでたものであった、
と言っている.

それが本当なら、小保方さんは潔く撤退する方が賢明である.


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧