★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1019.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
佐村河内守氏は音大生にも楽譜を書かせていた!(週刊文春)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1019.html
投稿者 gataro 日時 2014 年 3 月 19 日 15:26:27: KbIx4LOvH6Ccw
 





佐村河内守氏は音大生にも楽譜を書かせていた!

週刊文春 3月18日(火)21時1分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140318-00003783-sbunshun-soci

 佐村河内守氏(50)が作曲したと主張している福島県本宮市の市民の歌『みずいろのまち』の創作過程が、週刊文春の取材で明らかになった。

 この曲は、東日本大震災から3年を迎えた本宮市が今年3月11日の「復興式典」などで披露する予定だったが、佐村河内氏のゴーストライターを務めていた新垣隆氏(43)の告白を受けて、本宮市はこの曲の披露を見送った。だが、新垣氏は「自分が作曲した曲ではない」と発言しており、佐村河内氏が3月7日の記者会見で「私が作りました」と断言したことで、その創作過程には疑問が残されたままだった。

 この曲には佐村河内氏の他に「編曲者」が存在し、その人物は首都圏の音楽大学作曲科に通う4年生の男子学生だった。男子学生は、昨年11月に佐村河内氏から編曲を依頼され、12月に横浜のスタジオで佐村河内氏と一緒に作業をしたという。

 男子学生は、週刊文春の取材にこう証言した。

「あの曲は、佐村河内さん自身が歌うメロディをテープで聴かされて、僕がその場で譜面に起こし、混声四部合唱曲として『編曲』をしました」

 佐村河内氏は男子学生に2週間で完成させるように依頼。男子学生は約束通り、合唱のパート譜とピアノの伴奏譜を作成して佐村河内氏に見せたという。

 佐村河内氏は18年間にわたって新垣氏にすべての楽譜を書かせていたが、今回の曲でも男子学生に楽譜を書いてもらっていたことになる。


<週刊文春2014年3月27日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:3月18日(火)21時1分

週刊文春

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月07日 18:52:32 : ONwoLtByBc

 まぁ国会答弁だって、官僚の作文を朗読してるようなものだがなぁ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧