★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 1145.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大船渡「32歳監督」は壊れていた!(週刊新潮8月8日号)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/1145.html
投稿者 元長岡京・豊 日時 2019 年 8 月 02 日 02:35:07: NkKAYPobvEifw jLOSt4mqi56BRZZM
 

   
   佐々木投手の挑戦を後味の悪い幕切れにした「本当の戦犯」

 高校野球ファンがその夜、のんだビールの味は、いつもよりずっと苦かったに違いない。賛否両論渦巻く163キロ佐々木投手の「登板回避」。32歳の若き監督の決断は、その意に反して実に後味の悪い幕切れを生んでしまった。彼を追い詰めた本当の「戦犯」は……。

 「正直、肯定も否定もしづらいんです。難しい問題ですよね」
 今回の騒動についてそう述べるのは江川卓氏である。
 「高校野球をやってきた一人として言えるのは、球児は甲子園に出たくて頑張っているということ。僕はラッキーにも出場できましたが、甲子園は自分の人生をかけてもいいと思える特別な場所なんですよ。この気持ちは大船渡の監督にも選手にもあったと思います」
 江川氏と佐々木投手には共通点が少なくない。高校生ではバットにかすりもしない剛速球の持ち主。ワンマンチームの絶対的エース。また、東北の生まれであることも同じだ。
 「僕が佐々木投手の立場だったら投げたいと言っていたでしょう。僕らの時代には4連投も5連投も当たり前。投げたいと言えば、壊れても投げさせる時代でしたからね。ただ、40年も経って時代は変わった。アメリカの練習方法、考え方も入ってきた。その意図は尊重すべきです。これは本当に悩ましい問題なんです」
 試合から1週間以上が経過した今も「登板回避」について世間はまさに百家争鳴。賛成、反対双方の議論が喧しい。それこそが江川氏の言うところの「難しい問題」である証左であり、その根本には今日の事態を招いたある「戦犯」の姿が見えるのだが、まずは、騒動を振り返ってみよう。
 今夏の全国高校野球、岩手県大会の決勝は、花巻東高校と大船渡高校の対戦となった。花巻東はメジャーリーガー・菊池雄星や大谷翔平を生んだ名門私立。一方の県立・大船渡は佐々木のワンマンチームと言ってよく、実際、佐々木が登板しなかった春の県大会では1回戦負けを喫している。大船渡が甲子園出場を果たすには、佐々木が花巻東打線を封じ込める以外に可能性はなかった。ところが、7月25日の決勝戦で、国保監督は彼の先発を回避したばかりか、リリーフはおろか打者としても起用せず。ベンチに置いたまま、 チームは2−12の大敗を喫したのだ。
 「試合後の監督は、覚悟を決めたように取材に応じていました」と言うのは、現場で取材したさるスポーツ紙の記者である。
 「投げられない状態ではなかったが、故障を防ぐために判断した。これまでの3年間の中で一番壊れる可能性が高かった、と」
 「一方の佐々木君は、投げたかったかと聞かれて10秒以上沈黙して、監督の判断なのでしょうがないです。高校野球をやっている以上、試合に出たい、投げたいというのはありました、負けたので悔いは残ります、と答えるなど、気持ちに整理が付いていない様子がありありと見えました」(同)

   「相談してほしかった」

 不完全燃焼ーー。勝負の世界で最も後悔が残る結末である。
 翌日からのスポーツ紙やテレビでは早速論争が繰り広げられたが、他方で、
 「実際の試合を見た立場から言えば、大船渡の選手は動揺しっぱなしでしたね」
 と述べるのは、やはり現場で取材した、さるスポーツライターである。
 「本人も含めて、ナインが不出場を聞かされたのはその日の朝でした。しかも先発はさせないということのみしか伝えられていなかったので、選手たちは途中から佐々木君が投げるものだと思っていたようです。が、なかなかその時が来ない。そんな中、ナインは出るのか出ないのか、不安でいっぱいの様子でした。キャッチャーはいつもはエラーする子ではないのですが、三つもエラーをしていましたし」
 試合が中盤に入ると、大船渡の控えピッチャーが独断でブルペンに入って投球練習を始めたという。
 「国保さんは選手の自主性を重んじる監督でもともとほとんど指示を出さないのですが、この時もそうでしたね。でも、大量失点していた先発投手を6回まで引っ張り、しかもリリーフしたのは2年生投手。これは誰が見ても采配ミス。終盤になると帰るお客さんも出てきて、球場はざわざわしっぱなし。野球に集中できる環境ではないまま、試合は終わりました」(同)
 そんなことがあってか、試合後の囲み会見で選手たちの中には、
 「朗希が投げてほしかった」「もう少し相談してほしかった」
 と尖った発言をする向きもあった。後味の悪さのみが残ったのである。
 もともと大船渡は、35年前に一度、甲子園に出場した経験しか持たない。
 「強豪校でもないところに10年に一人の選手が出てきちゃったでしょ。だから、学校も監督もプレッシャーを感じていたのは事実です。取材規制もすごく、本人への取材はNG。父兄やOBにも、取材が来たら学校に連絡してくださいというお達しが出るほど、学校全体が過敏になっていました」(前出ライター)
 そんな中、4月の練習試合で佐々木が163キロを出す。緊張はピークに達した。
 「だから、予選に入ってからの采配にも迷いが見られました、途中で下げたとはいえ、2、3回戦あたりは佐々木君が投げなくてもよかったと思いますし、一方で4回戦では194球も投げさせている。故障予防が第一ならこれはマイナスでしょう。準決勝も129球投げていますが、ノーシード校が相手ですから、決勝に全力を注ぐ意味でも、先発回避でもよかったのでは。言っていることと実際のマネージメントがチグハグでした」(同)
 実際、同校野球部の関係者に聞いても、
 「勝つ気がなかったのかね。ゲームプランが全く出来ていない。まるで思考停止状態です。私立だったらクビ」「自分たちの野球ができない中で終わってしまった。選手たちが惨めでかわいそうですよ」
 と手厳しい意見が出るけれど、これもまた詮無いことだろう。なにしろ監督は30代前半の若さ、しかも、指導者になってわずか2校目。そこでかような逸材と出会ってしまったのだから。
 実際、さる野球部の関係者によれば、
 「壊しては一大事だから早く手を離れてほしいとこぼすことも。決勝のミーティングでもナインに対し、監督は、自分で死ぬようなことはするなよと言ったそうです」
 あまりにもナーバスになりすぎていた彼の心中が見て取れる話なのである。
 (中略)

    千日評定

 「そもそも、責められるべき根本問題は、スケジュールの過密さなんです」
 と憤るのは、『甲子園という病』の著者で、スポーツジャーナリストの氏原英明氏である。
 「現状、夏の甲子園の地方大会は、高校の期末試験が終わる7月の1週目からになる。すると、2〜3週間で決勝までのスケジュールを組まなければいけない。そうなれば、連投を強いられるのは当たり前です。例えば5月あたりから土日を使って試合を組めば、エースが投げても十分な間隔が空き、故障を防げるような日程が組めるはずなのです」
 また、ライターの広尾晃氏も述べる。
 「未だに日本の高校野球界が球数制限に動いていないことも問題なんです。韓国でも台湾でも、高校の大会では1試合100球程度の球数制限を導入している。野放しなのは日本だけです。仮に導入されていれば、監督が悩んだり、批難されたりする以前に、ルール上、選手を守ることができる」
 実は、こうした議論はかれこれ20年ほども論じられてきている。しかし、遅々として進まないのは、高校野球界の責任が大きい。
 「そろそろそういう問題を考えないといけない時期に来ていると言いながらも動きが鈍い。責任を取りたくないからなのか、とにかく現状維持、自己の保身の方向に走りがちな組織であると思います」(氏原氏)
 「高校生の身体のことより、連投に耐えて頑張った、という汗と涙の感動ストーリーで商売をしている大人たちに影響を与えないように、という気持ちが大きいのではないでしょうか。だから、いつまで経っても変わらない千日評定が続いているのです」(広尾氏)
 その一方で、タバコを吸ったとか、ガッツポーズが派手だなどという話には異様な速さで対応するのだから、何をか言わんや。まさに今回の一件の隠れた「戦犯」と言われても仕方あるまい。
 (以下、略)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年8月03日 14:24:40 : qUgH6RoGI6 : TWxyYzlaUi9DYmM=[3] 報告
投稿者より

 高校野球エースの投球数過多は、かれこれ半世紀以前から問題視されていた。高野連歴代の幹部連中も「真剣に検討する」と言い続けてきた。しかし、具体的な進展はなにもない。「改革」は掛け声だけで、バブル崩壊後の政治の劣化、経済の停滞も同様の状況だ。問題の先送り、無責任体質によって、日本の国力はどんどん衰退していく。未来を担う、高校スポーツ界から改革を急行してほしいものだ。

2. しんのすけ99[654] grWC8YLMgreCrzk5 2019年8月09日 16:42:32 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[416] 報告
ひとりのエースに おんぶにだっこのチーム と言えば、2006年 斉藤佑樹の早実

これと決勝戦となったのは 田中将大を擁する駒大苫小牧だが しかし 駒大苫小牧は決して一人のエースに
おんぶにだっこのチームではなかった 実際 決勝および決勝再試合では 田中以外の投手が先発しているし
その前の準決勝は 田中は登板していない

これのどちらが 選手としての将来を見据えていたか 田中と斉藤 二人の活躍ぶりは子供でも知っている
日本を代表する名選手となり メジャーでも活躍する田中将大 一軍と二軍を行ったり来たりの斉藤佑樹
十数年後の二人の姿は ハッキリ言って月とスッポンだろう

斉藤佑樹だけではない、一人のエースに依存したチームのエース投手は プロに入ってもまず大成しない
へたすりゃ プロに進む事すら出来ない 大船渡は 失礼ながら あの当時の早実と同じで一人エースに依存
勝ち進む事を優先させれば 斉藤佑樹と同じ運命が待っていただろう

横浜(松坂大輔)とか 駒大苫小牧(田中将大)とか 大阪桐蔭とかって 総合力に優れたチームからでないと
長く活躍できる名投手は なかなか現れないものだ

大船渡が もし甲子園に進んでいたならば 佐々木は 壊れた可能性が高い(本人は出たかったに違いないが)
結果として これで良かったんではないか。

3. 2019年8月12日 14:24:02 : lSEfXrG9vc : a1U4YXBaNDNxS28=[156] 報告

「(予選では)言っていることと実際のマネージメントがチグハグでした」

この一文で真相が分った(気がする?)

プロのスカウトが「監督采配がド素人」「そんなやり方では逸材を壊してしまう!」

「甲子園に行かなくてもプロには行けるんだよ!」「壊されるとプロ野球界の大損失

だ」

最期に「プロは皆同じ見方だよ。俺に従ったなどと言うなよ」を釘を刺した。

4. 2019年8月15日 19:48:35 : Cczu56vnZs : TjlvbmEwWUpIUlk=[5] 報告
典型的な八百長。大船渡の監督は花巻東から金もらったのだろうな。

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
ニュース情報8掲示板  
次へ