★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 362.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本がIWC捕鯨同調票“買収” 英紙が報道
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/362.html
投稿者 下戸彩 日時 2010 年 6 月 13 日 22:47:15: yZ.kO/yAkn3xw
 

http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061301000670.html

 【ロンドン共同】13日付の英日曜紙サンデー・タイムズは、日本が国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会で日本の投票行動に同調させるため、キリバスなど各国代表に現金を渡したり、総会出席のための交通費や滞在費を負担していたことを認める各国代表らの証言を実名と顔写真入りで報じた。

 1982年から続く商業捕鯨の一時停止を解除し、商業捕鯨の再開を目指してきた日本については「小国の投票行動を買収している」とのうわさが絶えなかったが、同紙はこれを裏付ける具体的な証言を初めてビデオカメラで撮影したとしている。モロッコで今月開催される年次総会の行方にも影響しそうだ。

 捕鯨に関心はなかったが、日本に説得されてIWCに加盟したというアフリカのギニア漁業省高官は、年間約105万円のIWCへの分担金を日本が支払っているほか、総会出席のための航空券やホテル、食事代も日本が負担したと証言。閣僚に渡すためのドルの現金入りの封筒も日本代表団から受け取ったという。

 キリバスの高官も滞在費は日本持ちだと述べたほか、マーシャル諸島の漁業政策アドバイザーは「日本の支援を受けているからこそ日本を支持している」と明言した。

2010/06/13 21:31 【共同通信】

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月14日 11:44:43: FHVyh15Kso
いいんじゃない、別に。 
本来「機密費」はマスコミへの接待ではなく、こういう「裏方の買収工作に」こそ使うべき資金だろう。
思い切り「隠密に」やればいい。
捕鯨は、日本の文化だという事を「卑屈にならず」堂々と主張すべきである。
だからこそ、調査捕鯨も「きちんと」行なうべきである。

残念ながら、調査捕鯨に関するグリーンピース関係者の盗難事件から判明している状況から、
調査捕鯨は、鯨の科学的な調査に、
官僚組織や業者が悪辣に便乗した「税金食い物にした役人天下り団体と業者の癒着の構図」がある、と言わざるを得ない。
だから、通販で大々的に「鯨肉の加工品が売られる」といった事態も起こりえる。

日本の調査捕鯨の実態が、「事業仕分け」の対象となってもいいぐらいの、いい加減なものであるからこそ、
グリーンピース関係者の盗難事件すら、覆い隠い隠さざるを得ない、という屈辱的な事態になっており、
シーシェパードの海賊行為に、自衛隊の艦隊で撃沈してしまえ、といった暴論すら言えない実態がある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧