★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 450.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏ぶら下がり詳報 「引き続き民主党議員として取り組む」(31日夕) MSN産経
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/450.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 1 月 31 日 20:03:58: igsppGRN/E9PQ
 

【小沢氏強制起訴】2011.1.31 19:32
小沢氏ぶら下がり詳報 「引き続き民主党議員として取り組む」(31日夕)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110131/stt11013119330042-n1.htm

 強制起訴された民主党の小沢一郎元代表は31日夕、衆院第1議員会館で記者団に「引き続き民主党の国会議員として誠心誠意取り組む決意だ」と自発的離党を否定した。詳細なやり取りは次の通り。

 「本日、検察審査会の議決によって起訴の手続きがなされました。国民の皆様、同志の皆様に大変ご心配をおかけしていますことを、まずもっておわび申し上げます。一連の問題に関し、1年余にわたる東京地検特捜部の徹底した捜査により、多数の書類を押収され、秘書・元秘書は身柄を拘束された上で取り調べを受け、私自身も4回にわたって事情聴取に応じて参りました。結果、私については不起訴処分、さらに、1回目の検察審査会の起訴相当議決後の再捜査でも再び不起訴処分となりました」

 「検察審査会の議決にある通り、検察審査会制度は『国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である』とのことであります。検察審査会の議決による起訴は、検察の起訴のように有罪の確信があって行うのではなくて、法廷で『白黒』をつけるために行うと当の検察審査会自身が述べているわけです。従って、私は、全国民に開かれた法廷の場においても真実を述べて参ります。そして、何よりも、従来からさまざまな機会で申しあげてきました通り、何一つ私自身やましいことはありません。これからの裁判において、私が無実であることはおのずと明らかになります」

 「私は、この20年間一貫して政権交代の必要性を主張してまいりました。そして国民の皆様のお力で、ついに民主党政権が誕生しました。しかしながら、『国民の生活が第一。』の政治はいまだ実現しておらず、何千万もの国民の皆様とのお約束を中途半端にすることはできません。今後は、弘中惇一郎弁護士を始めとする弁護団とともに、一刻も早く無罪判決を獲得して参ります。そして、引き続き民主党の国会議員として、『国民の生活が第一。』の政治を実現すべく、私の座右の銘であります『百術は一誠に如かず』の言葉の通り、誠心誠意取り組んで行く決意であります。何卒、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申しあげます」

 −−強制起訴を受け、離党、議員辞職についての見解は

 「今、申し上げた通りでございます。今後も『国民の生活が第一。』、国民政治を実現するために民主党の議員として誠心誠意。本日は『一誠に如かず』という言葉を引用しましたが、一生懸命努力してまいりたいと思います」

 −−国会の説明についてだが、これまで予算成立後に衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を示している。強制起訴を受けても考えは変わらないか

 「私は国会であれ何であれ、マスコミの皆さんの前でも会見するたびに毎度毎度、話をしてまいりました。国会でも必要ならば、説明をする機会があればやるということを言って参りました。ただ、今、今日、検察審査会による起訴手続きが行われましたので、後はマスコミを含め、皆さんが公開の法廷で、全国民みんなが分かる。それにおいて、改めて真実を述べるということを言っているのですから、後はそちらの方が優先されるべきかどうかはもうおのずと皆さんのご判断のできるところだと思います。

 −−(郵便不正事件をめぐる証拠隠滅事件で起訴された大阪地検特捜部元主任検事の)前田恒彦被告が行った(元秘書の)大久保隆規氏の証拠が採用されなくなった。(元秘書で衆院議員の)石川知裕氏の取り調べに関し、誘導に基づく取り調べが行われたのではないかということで録音を石川氏が行い、証拠採用された。この2点は小沢氏の裁判に大きな影響を与えるのではないか

 「今、お話があったように、次第に色々な真実が明らかになって参りました。従いまして、私自身も今までもずっと申し述べてきたつもりですが、今後の法廷においても皆さんにしっかりと分かっていただけるように真実を述べて参りたいと考えております」

 −−離党勧告や党員資格停止の処分を党執行部が検討しているが、どう考えているか

 「私は今、先ほどコメントした通り、また君自身が言った通り、捜査機関、検察によって有罪の確信をもってやられる起訴とは全く異質のものですので、その意味では公開の場で検察審査会も言っている通り、きちんと真実を明らかにするということのために行われるということですので、一般の検察捜査当局による起訴とは全く異質のものだと思っております。従いまして、私自身としては今、申し上げたように、今後も民主党の議員として一生懸命努力して参りたいと思っております。あと、党執行部がどのような考えを持っているのかは私には分かりませんけれども、私自身の気持ちとして今、申し上げた通りです」

 −−強制起訴と今後の政治活動の兼ね合いは? 例えば、党の執行部入りとか

 「執行部入り? 今、言ったように普通の検察当局、捜査当局による起訴とは全く異質のものですから、私としては同志の皆さん、国民の皆さんの要請があれば、今後とも地方行脚もしたいと思いますし、国会での活動も必要なことについてはしていきたい。そのように思っております」

 −−政治家の判断として、予算審議に影響が出るのなら政倫審出席はいとわない述べていたが

 「私が障害になっているんであればですね、私の問題が」

 −−法廷に場が移っても、こういう(障害になる)状況になれば出席するということか

 「基本的考え方は変わりませんが、あなた方自身が、皆さんの判断が、国民全部が注視の、公開の司法という法廷の場でいろいろと真実を明らかにしようということになったわけだから、後はそれと同時並行して、立法府の国会でやるのがいいのかどうかということは、それぞれ皆さんの、あるいは国会の判断です」

 −−離党勧告に関しては

 「いろいろな、そういう考え方をする人もいるでしょう。私どもも、大方の法律家の人たちも、あるいは一般の方々も、普通の検察当局による起訴とは全く違うという風に認識しておられると思います」
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧