★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 518.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「家族は」「自宅へ」はやる心 石巻―仙台間高速バス再開
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/518.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2011 年 3 月 20 日 09:03:39: ZtsNdsytmksDE
 

河北新報 3月20日(日)6時13分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000010-khk-l04

 東日本大震災で津波に見舞われた石巻市と仙台市を結ぶ高速バスが19日、運行を再開した。ある男性は「勤務先が水浸し」と石巻を離れ、仙台から乗車した別の男性は行方不明の弟の安否を心配した。複雑な思いを抱いた人たちで車内は満席になった。

 高速バスは、宮城交通とミヤコーバス(ともに仙台市)が運行。JR仙台駅前と石巻消防署隣接地を往復する。

 石巻発の第1便出発は午前7時40分。前日午後8時から並んだ人も含め、約200人が計3台に乗り込んだ。

 そのうちの一人、62歳の男性は勤務先の水産加工場が津波に襲われた。機器類が水浸しとなり、操業再開のめどは立たない。「大阪の自宅で待機する」。疲れ切った表情が見て取れた。

 東京都の会社員阿部明さん(40)は午前11時半発の第2便を利用した。都内での入院治療を終えて療養のため、妻奈央さん(36)と帰省していた実家が浸水した。

 「とても療養できない」と阿部さん。仙台で東京行きのバスを探すが、停電などで事前の予約はできなかった。すぐに乗れるかどうか。奈央さんは「夫を疲れさせたくない」と気遣った。

 仙台駅前でも、石巻に向かうバスを待つ人たちで混雑した。千葉県銚子市の会社員石森英俊さん(48)は前日深夜に高速バスで東京をたち、新潟経由で仙台に着いた。

 両手にボストンバッグ、さらにカップめんが入った段ボール箱。「備蓄していた電池や食べ物を、父と妹がいる石巻の実家に届けたい」。弟は行方不明といい、「避難所を回り、何とか元気な姿を見つけたい」と心配そうに出発した。

 高速バスは当面、1日4往復で運行される。少しでも早く、笑顔の絶えない路線に変わってほしい。

(佐藤紀生、狭間優作)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧