★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 912.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ノーベル賞共同受賞のガードン博士、学生時代は「落ちこぼれ」
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/912.html
投稿者 MR 日時 2012 年 10 月 09 日 16:06:54: cT5Wxjlo3Xe3.
 

(回答先: ノーベル医学生理学賞、京都大学の山中伸弥教授らが受賞 投稿者 MR 日時 2012 年 10 月 09 日 00:10:14)

ノーベル賞共同受賞のガードン博士、学生時代は「落ちこぼれ」
2012年 10月 9日 12:11  
世界のこぼれ話
サッカーファンが長さ7.8キロのバナー披露、世界最長を主張
「液体窒素入りカクテル」で英少女の胃切除、体内で気体膨張か
ロムニー候補、恒例番組「子どもが選ぶ大統領」に出席せず
ウェルチ氏が暗に米大統領批判、失業率を不正操作とツイート

[ストックホルム 8日 ロイター] あらゆる細胞に分化増殖できるiPS細胞の研究で、京都大学の山中伸弥教授(50)とともにノーベル医学生理学賞を受賞した英ケンブリッジ大学名誉教授のジョン・ガードン博士(79)。学生時代はかなりの落ちこぼれで、教師に見放されるほどだったという。

ガードン博士は今なお、学生時代の学業報告を額に入れて机に置いている。その中で教師は、「科学者になるという考えを彼は持っていると思う。これは全くばかげている」と指摘。さらに、「彼にとっても、指導する必要がある側にとっても全く時間の無駄だ」と、若き日の博士を酷評している。

ガードン博士は一度科学から離れたが、大学でかつての夢に再び取り組み、1962年にその後のiPS細胞作製の原点になる実験に成功した。

ガードン博士は、今もその報告を持っている理由を聞かれ、「例えば、実験がうまく行かないなどの問題が起きた時、結局自分はこの仕事に向いておらず、先生が多分正しかったと思い出すのは良いことだ」と語っている。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE89802Q20121009?rpc=122  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月15日 16:13:22 : GhefUa58XY
今回の賞は、ガードンさんがヒッグス博士にあたり、山中さんは物量でヒッグス粒子を確認したLHCの研究者にあたる。
ガードンさんが細胞には全ての能力が失われる事なく残っているという事を証明して細胞に関しての発想の革命をおこし、山中さんが実用化の手前まで現代風にアレンジした。
ガードンさんまでは、細胞の能力は分化する事で失われていくと考えられていた。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧