★阿修羅♪ > ニュース情報8 > 929.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
パリジェンヌへのズボン解禁令、ついに撤廃(AFP時事)
http://www.asyura2.com/09/news8/msg/929.html
投稿者 gataro 日時 2013 年 2 月 08 日 11:16:03: KbIx4LOvH6Ccw
 

こちら赤旗日曜版 ‏@nitiyoutwitt
本日(*2月7日)赤旗で一番驚いた記事。時事電「パリジェンヌ ズボンを解禁」。200年以上、パリ女性は条例でズボンの着用を禁じられていたが、政府はこのほど条例に拘束力がないと宣言した(実際は有名無実化)というもの。女性に男性と同じ服装を禁じることで、特定職業への進出を抑える狙いがあったという。


--------------------------------------


【パリ=AFP時事】
パリジェンヌへのズボン解禁令、ついに撤廃


 200年以上にわたってパリの女性は条例によってズボンの着用を禁じられていましたが、フランス政府がこのほど、「条例に法的効力はない」と宣言。パリ女性は罪にとわれることなく、自由にファッションを楽しめることになりました。


 この条例は1800年11月17日に施行されたもので、女性が「男性のように」ズボンをはきたい場合、地元警察からの許可を得るよう規定。1892年と1900年に、自転車や馬に乗る時に限って着用を認めると緩和はされましたが、条例は残っていました。


 条例は、女性に対し男性と同じ服装を禁じることで、特定の職業への進出を制限する狙いがあったとされます。


 ナジャット・バロー・ベルカセム女性権利担当相は声明で、「この禁止令は男女平等の原則と相いれない」と指摘。条例は事実上無効となっているとしました。


 パリの女性は、フランス革命の時、貴族が好んだキュロットパンツの代わりにズボンをはく権利を求めた歴史があります。


〔写真〕フランスのナジャット・バロー・ベルカセム女性権利担当相=2012年12月、パリ


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年3月04日 18:54:47 : ZuvBR3nj2c

 自由・平等・博愛の精神はどこへ行っていたのだ?


02. 2013年3月09日 22:12:27 : 3PJAqRzx3M
>>01

その「自由・平等・博愛」の対象は有産階級の男性だけで女性は入っていない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > ニュース情報8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧