★阿修羅♪ > 近代史02 > 461.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
欧州貴族の源流2、宗教騎士団の誕生、案内人(彼らの子孫が訳の分からぬ脚本を描いているのだと思います)
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/461.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 1 月 15 日 18:34:23: 4sIKljvd9SgGs
 

(回答先: 欧州貴族の源流1、十字軍遠征、案内人 (彼らの子孫が戦争を起こしたり恐慌を起こしたり米国を動かしたりしているようです) 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 1 月 15 日 14:44:57)


http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=212129
世界を動かす陰の支配勢力

212129 欧州貴族の源流2 宗教騎士団の誕生
  案内人 ( 闇 光を照らす ) 09/08/03 PM08 【印刷用へ】

(211633の続き)

◆宗教騎士団の誕生
第1回十字軍遠征は、トルコ軍との小競り合いを繰り返しながら半年の及ぶ攻城戦の末にイェルサレムを陥落させる。イェルサレム回復後、多数の十字軍兵士達は、イェルサレムなどで略奪した戦利品を持って西ヨーロッパに戻っていく。また、西ヨーロッパからの増援が少数だったため、イェルサレム現地では常に兵員不足に悩まされる。
そこで、「武器による聖地の守護、巡礼者の保護」を目的に結成されたのがテンプル騎士団(1119年)だった。テンプル騎士団は、ロードス島を本拠地に活躍したヨハネ騎士団(→マルタ騎士団)、第3回十字軍遠征の際にドイツ人保護のため設立されたドイツ騎士団と共に、三大騎士団と呼ばれている。

聖地の守護、巡礼者の保護を目的に結成された騎士団は、どんどん入団者を増やし、ヨーロッパと聖地イェルサレムをつなぐ「巡礼領域」において、一大勢力に発展して行く。中でも、地中海の制海権を独占し、独自の船舶を保有していたテンプル騎士団は、中東へ兵員を輸送するばかりか、巡礼者も金を取って輸送、その帰途には香料やシルクなどの中東の物産を積載してヨーロッパで売りさばくことで、莫大な富を得た。また、この財を元手に手形取引や銀行業務など金融にも手を出して行く。

東方貿易や金融業に力を入れたテンプル騎士団は、各国にその本部を置くようになった。特にフランスでは、各地に修道院と城をかねた1万の拠点を持ち、広大な土地を有していた。騎士たちは事業を行い、フランス国王にさえ金を貸す。そして、フランスの財務だけでなく、ヴァチカンの財務も担当するようになっていた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月07日 21:24:16: KFuzmLTxQQ
はい、これ読んどいて下さい。

http://www.anti-rothschild.net/main/07.html


02. 2011年3月13日 20:28:16: KFuzmLTxQQ
http://adventofdeception.com/prime-occult-date-haarp-earthquake-japan

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧