★阿修羅♪ > 近代史02 > 489.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本五十六の「聖書」 (中田安彦 / ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報)
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/489.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 5 月 06 日 14:32:20: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://amesei.exblog.jp/13520610/

「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」から『山本五十六の「聖書」』を転載投稿します。

=転載開始=

アルルの男・ヒロシです。

 本日、連休を利用して、長岡市の山本五十六記念館と西山町(柏崎市)の田中角榮記念館と柏崎刈羽原発を見学に行った。山本記念館では、あいにく館のキュレーターがいなかったので詳しい説明は受けられなかったが、展示物の中に五十六が駐米時代に入手した聖書の現物があった。説明では若い頃から五十六はキリスト教や英語学習に親しんでいたとあった。

 記念館で販売している資料集から引用する。

(引用開始)

幼少の頃、キリスト教の牧師ニューエルから感化を受けている。ニューエルは長岡高校で英語を教え、ベースボールの指導もした。この聖書は山本五十六がアメリカ駐在時代に求めたもの。神道、仏教書なども読んでいた。

「山本五十六記念館展示図録」
(引用終わり)

 山本元帥といえば、一部の反ユダヤ主義の陸軍系組織である国際政経学会などからは「フリーメーソン」説が指摘されていた。海軍社交の水交社が戦後にメーソンのビルになったことから噂が拡大して言ったこともある。実際はよくわからないというところだ。

 山本五十六についての本は数多くあるが、経歴の中であまり語られないのは米国駐在時代の話。どうしても戦記物が多くなりがちな中、記念館の資料集は重要な写真を居つくか掲載していた。その一つが「五十六の聖書」である。

 山本元帥は1919年に帝国海軍の米国駐在員、ハーヴァード大学に留学。1923年には欧米諸国視察、1925年から2年間の日本大使館駐在武官であった。その他ロンドン軍縮条約随員でもある。山本は「国際派」(グローバリスト)であることがここからもわかる。

 今回資料館で確認した重要な事実は山本元帥が若い頃から長岡でキリスト教に親しんでいたということである。Horatio Bannister Newell(ホレーショ・バニスター・ニューエル)というキリスト教の宣教師が五十六のキリスト教の師匠で結構有名な人らしい。

参考:Horatio Bannister Newell(ホレーショ・バニスター・ニューエル)): http://bit.ly/lOhyQx

 ニューエル牧師とかかわりがあるのがキリスト教系のリベラルアーツ大学の敬和学園大学で今は新潟県新発田市にある。ニューエルはキリスト教でもリベラルな教派だったと考えられる。http://www.keiwa-c.ac.jp/annai/enkaku.html

 山本は阿川弘之などの提督三部作ではこのようなキリスト教とのかかわりは一切紹介されていないはずだし、アメリカ駐在中に長岡出身の油田経営者の岸吉松とともにテキサス州のオレンジ油田を視察してもいる。そして、私は五十六のアメリカ生活で重要なのはこのキリスト教をとっかかりにした人脈とさらに加えて言えば、「トランプ人脈」ではないかと思う。

 ハーヴァードではシェイクスピアなどを通じて語学を専攻した山本五十六だが、その際にトランプ遊びを覚えていって現地でのアメリカ人との交流を深めたのではないかと私は仮説を立てている。同時に半分はキリスト教徒ともいえる彼が現地人と共通の話題を持ったことも考えられる。

 そのような「欧風かぶれ」の気質が日本の天皇教原理主義の愛国右翼たちからは、疎まれていったのだろう。その結果、山本五十六フリーメーソン説が反ユダヤ系の国際政経学会に出回るようになったのだろうと考えられる。他にも海軍士官の立場でイギリス、豪州、米国の海軍人脈を持っていたはずである。だから、メーソンはなくとも「トランプ・ブリッジ結社」のメンバーではあったかもしれない。

 「凡将・山本五十六」(生出寿・徳間書店)という本がある。これによると、ロンドンから帰国して故郷の長岡に帰った山本五十六中将に、地元のある人がトランプの勝負の腕前を聞いたという。

 そのとき山本中将は「いちばん得意なのはブリッジだ。これはまあ、将棋で言えば八段くらいだろうが、少なくとも東洋では私が一番だろう」と答えたという話が伝わっている。これは資料館の図録にも書かれているエピソードだ。この「凡将・山本五十六」を引用したあるブログは次のように解説している。

(引用開始)

 ところが、元海軍少将の横山一郎(海兵四七・海大二八首席)は、山本五十六中将が海軍次官当時、海軍省の副官をしていて、山本次官と何度かブリッジをしたことがあったが、次の様に話している。

 「山本さんのブリッジはブラフ(はったり)が多いんだ。手が悪いのにふっかけてくる。僕は、ああ、これは山本さんのブラフだなと思い、堅実にやった。すると、必ず勝てた。普通の人は、山本さんのブラフに引っかかって、山本さんは博才があると思ったようだ。しかし、ブラフなんかに惑わされずに合理的にやっていけば、その方が勝つ」

http://blog.goo.ne.jp/oceandou/e/b2982331091379cb116c9be56a4f33ab
(引用終わり)

 五十六は真珠湾攻撃を実行した時も『グラスラは、ほど遠けれどリダブリて ジャストメイクの心地こそすれ』というトランプにちなんだ歌を詠んでいる。これは東京ブリッジクラブという団体への五十六の返答である。意味は、

 <<真珠湾攻撃の成功をグランドスラムに例えて称賛されたのに対して、元帥は『「ダブル」をかけられていたゲームを「リダブル」と強気に言ってかろうじて宣言どおりに勝てた、それだけのことに過ぎない』と。>>

 というものである。

 ここで重要なのは欧米のパワーエリートたちはトランプ、特にブリッジを趣味としてたしなむということだ。あのビル・ゲイツもブリッジを趣味としており、彼に会いたければブリッジにうまくなれとも言われるほどである。五十六とトランプ人脈はだから重要なのである。

 そもそも山本元帥は5年近くの滞在・駐在経験から米国の実態を知っていた。だから、戦って勝てるはずはないと理解もしていたはずである。彼は石油問題を研究していたからそれはなおさらである。ところが山本は真珠湾攻撃を仕掛る側に回った。その際に「2年、3年なら暴れて見せる」と有名なセリフを語っている。

 これは一種のブラフであっただろうが、山本の心理を推察すれば、「最長でも2年か3年で講和に持ち込む事ができる」という彼の自信を表していたように思う。つまり、山本にとって早期講和という戦術は合理的だったのである。

 その背景にはいざとなれば自分のアメリカ人脈を駆使して戦争をやめることができると考えていたのだというのが私の仮説。もしかすると、五十六は実際に開戦前後も裏で交渉をしていたはずである。これは悪いいいかたをすれば「二重スパイ」のようなものだ。ところが、太平洋戦争はアメリカ国民を団結させてしまい、講話どころではなくなり、最終的には広島・長崎への原爆投下で終わった。

 山本は日本国内の世論を見誤ったし、アメリカに働きかけることもできなかったのだろう。そして、結局、ブーゲンビルで戦闘機を撃墜されてしまって、暗殺されてしまう。アドミラル・イソロクを倒すことはアメリカにとっても意味があっただろう。

 ここで今日になって米国のホルダー司法長官がビンラディンの暗殺について山本五十六の暗殺を例に正当化したことが思い出される。ビンラディンも当初は米国の同盟者であった。異なる勢力の間で「連絡がある」ということは重要なことである。山本五十六は戦時中、一定期間の間、泳がされていたのではないか。

 詳しい説明は省くが、ビンラディンは2001年12月に病気でアフガニスタン国内で死去したという報道がFOXニュースなどで従来からなされており、ビンラディン殺害の様子も二転三転するなど、これはオバマ政権が無理矢理にアフガニスタンから撤退する口実を作り出すための架空の暗殺オペレーションである可能性は否定出来ない。ビンラディンはその意味で「公式に死亡を確認する時期」をアメリカ側によって決められていたのである。もし仮に今年まで生きていたとしても、ビンラディンをなんどもアメリカは追い詰めており、パキスタンの情報機関ISIを通して泳がせていた可能性はある。

 そこで以下の新聞記事である。

(転載開始)

米長官「山本五十六搭乗機の撃墜と同じ」殺害の正当性強調
2011.5.5 22:44

 ホルダー米司法長官は4日、上院司法委員会の公聴会で国際テロ組織アルカーイダの指導者ウサマ・ビンラーディン容疑者殺害について「敵の指揮官を攻撃目標にすることは合法だ。例えば、第2次大戦中に山本(五十六・連合艦隊司令長官の搭乗機)を撃墜した時も行った」と証言し、殺害が正当だったと強調した。

 ホルダー長官は、ビンラーディン容疑者について「彼は米中枢同時テロを行ったアルカーイダの指導者だ」と指摘。その上で「ビンラーディン容疑者に対する作戦は、国家の自衛行為として認められる」と述べ、法的にも問題はないとの考えを示した。

(共同)

(転載終わり)

 この新聞記事に対して「ビンラディンと山本元帥を同一視するなんておかしい」と反発する気持ちはわかるが、裏をかえせばアメリカの物の見方が極めてうまく現れているとも言える。貴重な証言なのだ。

 山本元帥のブーゲンビルでの暗殺とビンラディンのパキスタンでの「謀殺」。アメリカが諜報機関にとって役立ちそうなアセット(資産)を切り捨てる構図としてみれば、これは面白いほどよく似ている。米にとって戦時の日本軍というのはカミカゼアタッカーであり東洋の未開人だった。

 命を武器して戦う神風特攻隊をアメリカは恐れた。勝ち目のない真珠湾を仕掛けるという山本五十六の行動は、何か人脈なり交渉の手がかりなりの停戦への手がかりを彼自身の中で持っているとの余裕があったから実行できたはずだ。アメリカは本気になって日本を降伏に持ち込もうとした。

 これに反して、うまく逃げきったのはモスクワなどに駐在経験のある同じく国際派の海軍の米内光政元総理ではなかったか。山本は一軍人(海軍次官、連合艦隊司令長官)、米内は元総理という立場がある。米内は最後まで連合軍から戦争責任を問われず生き残った。陸軍悪玉説、海軍善玉説というのは阿川弘之が戦後になってから小説を通して作り出した虚像に過ぎない。

 以上が山本五十六についての私の仮説である。ただ、この仮説を裏付ける根拠はほとんど存在しない。戦前のことであり、今後も発掘は不可能だろう。だからこれは最後まで仮説でしかないのである。しかし、山本五十六を無謀な真珠湾攻撃(しかも中途半端な攻撃で終わった)に走らせた動機は彼のアメリカ観の中に隠されているように思えてならないので一応書き記しておいた。

追記:山本五十六はトランプだけではなく博打が好きであるという説もある。

(引用開始)

モナコ詣で

疎開で帰った故郷鹿児島の片田舎、囲炉裏端で客が来ると酒を飲み、親父が夢を語りだす。山本五十六が練習艦隊に乗ってヨーロッパ遠征した時モナコに寄港、貧乏な日本海軍、上陸も出来ずにいたら、五十六がみんなに小遣いを供出させ、その金を持ってカジノに乗り込み、ルーレットで大勝し皆を無事上陸させた逸話をうれしそうに話していた。

http://blog.livedoor.jp/jyunyoubaron/archives/51051977.html

(引用終わり)

さらに山本のギャンブル好きについては

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1594915.html

も参考になる。

=転載終了=  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月06日 18:03:47: yxstEvnWG6
「“殺害 山本長官機撃墜と同じ”」(NHKニュース)

ビンラディン容疑者の殺害について、アメリカのホルダー司法長官は、旧日本軍による真珠湾攻撃を指揮した山本五十六連合艦隊司令長官の軍用機を撃墜した作戦と同じだとして、その正当性を強調しました。

アメリカ国内では、パキスタンに潜伏していたビンラディン容疑者が武器を所持していなかったにもかかわらず、アメリカ軍の特殊部隊に殺害されたことについて、その正当性を問う声が出ています。これについて、ホルダー司法長官は、4日、議会上院の司法委員会で証言し、国際テロ組織アルカイダのリーダーであるビンラディン容疑者の殺害は、アメリカを自衛するための行為だとしたうえで、「敵の司令官を標的にすることは合法だ。第2次世界大戦中に行った山本五十六の殺害もそうだ」と述べました。ホルダー長官は、このように、真珠湾攻撃を指揮した山本五十六連合艦隊司令長官が乗った軍用機をアメリカ軍が撃墜した作戦を、今回の作戦になぞらえて、ビンラディン容疑者殺害の正当性を強調しました。アメリカでは、同時多発テロ事件の直後に、当時のブッシュ大統領が「真珠湾攻撃と並ぶ卑劣な行為だ」と非難するなど、同時多発テロ事件を、アメリカの領土が奇襲されたという点で共通する旧日本軍による真珠湾攻撃と重ね合わせて論じることも少なくありません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110505/t10015707201000.html


02. 2011年5月07日 00:54:09: ETU4MaSquE
真実は反対だろ。

日本の大東亜戦争は正当防衛だった。

米国は日本の復讐を恐れてる

殺人鬼米国にイラクやアフガンで大量殺戮を止めるように日本人は言わないとだめだぞ。人殺しを止めろと米国に言え。

テロ殺人犯は米国のことだろ。全部米国の自作自演だろ。


03. 2011年5月08日 18:37:37: aTQFZNrqFs
こういう指摘があったけどね。

(転載)

五月晴郎さん、板違い投稿を削除しておきました。投稿規定をご理解いただけるまで投稿可能数を0にしておきます。

http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/773.html
投稿者 管理人さん 日時 2011 年 5 月 02 日 01:56:30: Master

板違い投稿です。カルト板が適切です。


実はこんな決まりがあるのです。↓

副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/695.html
投稿者 管理人さん 日時 2011 年 4 月 04 日 00:39:31: Master


01. 五月晴郎 2011年5月02日 02:03:18: ulZUCBWYQe7Lk : yxstEvnWG6
存じておりませんでした。
承知しました。
お手数をおかけし申し訳ありません。

(終了)

5/6の投稿ですね。

>副島隆彦さん関連のすべての投稿

安田氏は「教祖を囲む会」の宣伝広報員ですね。


04. 2011年5月08日 19:54:48: yxstEvnWG6
>>3

その指摘は下記です。
貴方の貼りつけは↓が抜けています。
*********
論文 日本を襲った災害と、魔王プルートーに屠殺されつつある福島県民(1) 鴨川光 (副島隆彦の論文教室)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/318.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 5 月 02 日 00:29:56: ulZUCBWYQe7Lk
*********

貴方は管理人さんではない、という前提で申し上げます。
           ↓
貴方が「お知らせ」板なりで管理人さんに問うべきコメントで、貴方が私にルールを決めるべきものではないと思います。

ルールのことなので、管理人さんの判断を仰ぎたいと思います。

ですので、当該記事の内容と関係のないこれ以上のコメントは謝絶申し上げたいので悪しからず。

           =記=
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/773.html

五月晴郎さん、板違い投稿を削除しておきました。投稿規定をご理解いただけるまで投稿可能数を0にしておきます。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/773.html
投稿者 管理人さん 日時 2011 年 5 月 02 日 01:56:30: Master

板違い投稿です。カルト板が適切です。

論文 日本を襲った災害と、魔王プルートーに屠殺されつつある福島県民(1) 鴨川光 (副島隆彦の論文教室)
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/318.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 5 月 02 日 00:29:56: ulZUCBWYQe7Lk

実はこんな決まりがあるのです。↓

副島隆彦さん関連のすべての投稿・コメントはカルト板か昼休み板限定で投稿可能です。
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/695.html
投稿者 管理人さん 日時 2011 年 4 月 04 日 00:39:31: Master

01. 五月晴郎 2011年5月02日 02:03:18: ulZUCBWYQe7Lk : yxstEvnWG6
存じておりませんでした。
承知しました。
お手数をおかけし申し訳ありません。

02. 管理人さん 2011年5月02日 02:10:09: Master
投稿可能数を元に戻しておきました。
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。


05. 2011年5月08日 20:12:36: yxstEvnWG6
>>4の続き

===========================================

04. 管理人さん 2011年5月08日 20:06:54: Master
>>03 何が問題なのかよくわからないのですが、該当投稿は現時点では問題なしと思います。

05. 五月晴郎 2011年5月08日 20:09:08: ulZUCBWYQe7Lk : yxstEvnWG6
>>4
承知いたしました。
私も何が問題なのかよくわかりません。
お手数おかけしました。

=================================================
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/773.html#c4
http://www.asyura2.com/10/kanri19/msg/773.html#c5


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧