★阿修羅♪ > 近代史02 > 757.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ヨーコの話」はなぜ日本で出版されないのか 2ch他 終戦後のコリアンによる日本人強姦虐殺の真実
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/757.html
投稿者 木卯正一 日時 2013 年 6 月 06 日 22:42:38: xdAt6v.ugMgqA
 

1 :言論統制?:2013/06/01(土) 15:44:10.66 ID:/bYPimbT0

 大東亜戦争敗戦直後の朝鮮半島ではソ連軍が侵攻するとレイプ被害が多発しましたが、もっとも加害者として多かったのは実際には
朝鮮人だったという統計があります。こうした事実を裏付けるようなある引き揚げ少女の記録「ヨーコ物語」(竹の森遠く)があります。
amazonで探してみましたが、「So Far from the Bamboo Grove」Yoko Kawashima Watkins 英語版だけで和訳はまだありません。
 この「ヨーコ物語」は米国の全州の中学校で副読本として採用されましたが、2006年に在米韓国人が「歴史の歪曲である」と騒ぎ出し、
その圧力によって副読本からはずされてしまいました。日本でも訳了直後に日本での出版翻訳権契約が解約され、出版できなくなりました。
背後で半島系の団体、政治家が動いたのでしょう。
 (略)
 韓国は海上に「李承晩ライン」を勝手にひき、それを口実に日本漁船を拿捕し、乗組員を抑留しました。その数2,791人。
抑留は長い人で3年におよび、奴隷的状況にありました。
 朝鮮人の残虐さはベトナムに持ち込まれました。1965年(昭和40年)〜1973年(昭和48年)にベトナム戦争で韓国軍が派遣されて
います。韓国軍は理由なき無差別殺人を繰り広げました。立ち退きを拒否したベトナム人住民たちを生きたまま井戸や防空壕に押し込み、
手榴弾を投げて殺す。残忍なやり方で女性をレイプしてから殺す。「韓国兵にあったら死にあったも同然だ」とも言われました。
 (略)
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20100715/1279144854
参考動画
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21001537
ヨーコ物語(竹の森遠く)概要1
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20913142
終戦から62年 日韓それぞれの引揚げ01
http://www.nicovideo.jp/watch/sm898951


2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 15:45:36.96 ID:/bYPimbT0
朝鮮人による日本引き揚げ民間人強姦大虐殺
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1284171137/
正論 2005年 11月号

引揚民間人を襲った 朝 鮮 保 安 隊 の略奪・暴行・殺戮の嵐
(一部抜粋)
「満州や北朝鮮からの初期の脱出者は悲惨で、今も念頭を去らないいくつかのエピソードがある。
 北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、
 辛苦のすえやっと38度線近くの鉄原にたどりついた。
 そこで見たものは、日本人の娘達が次々にまずソ連兵に犯され、
 ついで 朝 鮮 人 の 保 安 隊 に引き渡されて
 さらに散々に辱められたうえ、虐殺されている光景であった。

「吉州や端川の海岸線にでた人たちに対する
 ソ連兵や朝鮮保安隊の略奪と暴行は、残酷をきわめた。
 夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17になる娘を父親からひったくるように連行。
 娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
 みなソ連兵を 朝 鮮 人 が案内したのだった。
 部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが取り上げられた。
 靴の底や、女の髪のなかから金を探し出すのはふつう。
 一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。
 城津での惨状は言語に絶した。 
 朝 鮮 人 の 男女が数十人の団体でおしかけ、
 干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、
 あげくは婦人の“提供”を要求されたという」
 博多港から車で40分ほどの二日市温泉郷につくられたのが、
 「二日市保養所」である。
 強姦によって妊娠させられた女性たちには、堕胎手術が施された。
 また、性病に感染した女性たちにについても、匿って回復するまで治療が行われた

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/01(土) 16:00:43.51 ID:/bYPimbT0
終戦後、韓国人が日本人を強姦、虐殺
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16593073


8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 16:03:49.23 ID:/bYPimbT0
アメリカでは出版、韓国では出版するも販売禁止、日本では出版されてません


9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 16:11:20.42 ID:01E0N2Uj0
メディア側にいったいどれだけ在日通名が浸透しているのだろうか


10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 16:17:29.03 ID:/bYPimbT0
あらすじ [ウィキより]

カワシマ一家5人は朝鮮半島東北部の町ナナムで、戦時下ではあるが、
それなりに平和に暮らしていた。1945年のある日(4月以降)、
ヨーコとコウは慰問に訪れた軍病院で、負傷兵マツウラ伍長と知り合う。
数週間後、マツウラ伍長はカワシマ家をお礼に訪れ、その後もたびたび訪れ、
カワシマ一家と親密となる。この頃、朝鮮半島北部にもB-29が爆撃に時々現れ、
また、日本敗北の気配を読み取って、半島内に反日朝鮮人共産主義同盟、
朝鮮共産党軍が組織されつつあった。

1945年8月9日深夜、マツウラ伍長がソ連軍が侵攻してくることを一家に伝え、
すぐに町を脱出することを勧める。父とヒデヨは不在だったが、ソ連軍は既に近くに迫っており、
2人に連絡する時間はもはやなく、書置きを残して、母とヨーコとコウの三人は最低限の荷物と
財産を持って、マツウラ伍長の勧めどおり病院列車に乗ってナナムを脱出した。
列車はその後ソウルまで45マイルの地点で爆撃に遭い、機関車が破壊されたので、
三人は列車を降り、徒歩にてソウルを目指す。しかし半島内は既に、ソ連軍と呼応した
朝鮮共産党軍によって、日本人は片っ端から虐殺され、日本人の遺体は金歯を抜かれ
身ぐるみ剥がされ、日本人の土地家屋財産一切は奪われ、日本人女性は幼女から若い女まで
手当たり次第に強姦されるという地獄絵図と化していた。


11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 17:14:27.18 ID:dUKEfF6z0
竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記 [単行本]
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ (著),
ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ(監訳) (監修), 都竹 恵子 (翻訳)

ただいま予約受付中です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4892959219


12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 18:35:58.55 ID:Oeuc0IdH0
ベストセラーにしようず


14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/01(土) 18:42:57.78 ID:1gxFK02B0
今の子供は知らない
なぜか
内容よりそれが問題


19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/05(水) 03:17:57.00 ID:lFUk9kMC0
>>1
日本語版発売おめでとうーー
買うよー

現在Amazonで ベストセラーランキング2位!!  拡散して1位にしよう!!
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books


380: 大日本帝国陸軍航空隊 桜花五号機 2013/06/03(月) 16:58:42.64 ID:3balZdMM0
スレ主さん、ご迷惑おかけします。ご勘弁を。

爆弾投下開始します。

桜の樹の下 ― 語られなかった引揚の惨禍

終戦の翌年、1946年の春、日本に帰還していた京城
(大韓民国の首都ソウル。日本統治下、朝鮮総督府がおかれた)。
日赤の同期の看護師10名が、福岡市の近郊、二日市へ集結した。
対馬に帰還していた当時、20歳の村石正子さんも日赤の事務長から連絡を受け、
用件も明確には伝えられないまま、二日市に赴いた。
そして、桜の蕾が芽吹き、満開となり、やがて葉桜となる3月から5月までの3ヶ月間、
二日市保養所でその勤務にあたった。

二日市保養所は、引揚者の救済活動をしていた在外同胞援護会救療部によって、
戦時中の愛国婦人会保養所の建物を利用し、1946年3月に開設された。
引揚の混乱の中で暴行を受け、妊娠した女性の中絶や性病の治療等に
約1年半にわたって携った。

2005年9月末、私は、筑紫野の女性グループならびに『関釜裁判を支援する会』
事務局のメンバーと一緒に、二日市保養所に看護師として勤務した経験をもつ
村石正子さんからお話を聞く機会を得た。

二日市は、古い温泉街しかない寂しい場所だったと村石さんは、当時を回想する。
人目につかぬよう、鄙びた温泉地の奥にその場所は、選定されたのであろう。

朝鮮半島や中国東北部に取り残された日本人居留民の引揚救護活動を行なうべく、
旧京城帝大医学部関係者によって戦後すぐに設立されたソウルの「罹災者病院」や
朝鮮各地を廻った「移動医療局」の活動は、文化人類学者・泉靖一氏の巧みな
手腕によって「在外同胞援護会救療部」へと組織化され、旧厚生省の援助をも引き出し、
様々な引揚救護活動に従事することになった。
保養所の設置には、旧京城帝国大学医学部の関係者が関与していたためか、
開設の当初、村石さんら京城日赤の看護師が召集を受けた。
日赤で1年、上の上級生が班長となった。


381: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:00:08.77 ID:3balZdMM0
村石さんと同様に他の看護師たちも自分たちが何故この地に呼ばれたのか、
はっきりとした職務を告げられた者はいなかった。
〈不法妊娠〉が云々ということは聞いたが、それが具体的に何を意味しているのかわからなかったという。

保養所の2階に部屋をあてがわれ、そこでの生活が始まった。
建物は老朽化した2階家で、1階の1室が、手術室として使用された。
そこは以前、風呂場であったのか、床がタイル張りで手術台が1台置かれていたという。
棚には脱脂綿やガーゼ等、最小限の医療用具しか準備されていなかった。

大陸からの引揚港博多からトラックに乗せられ、運ばれてくる女性たちの姿を見て、
村石さんは、事の次第を理解した。異形の者…彼女たちの様相を現わす言葉は、
他に見出せなかった。一見したところ男女の区別すらつかず、短く刈った頭を風呂敷で巻き、汚れ痩せ果ておなかだけ膨れた女性たちが、次々と保養所に運ばれてきた。
引揚の途上での暴行を避けるため、女たちは一様に髪を短く刈り込んでいたが、
膨らんだおなかを見れば、それもまったく無駄であったことがわかり、
痛々しさは、いや増すばかりだった。

戦争の周縁では、どの時代、どの地域であっても例外なく必ず性暴力の被害が生じる。
この世で最も忌むべき戦争と戦時性暴力は、お互いが癒着し、蛇のように絡まりあい、
切っても切り離すことなどできない。

更にこのような状況下でも生身の女性の体は受胎し、加害男性の子を宿してしまう。
人間という個体の生殖の営みが、これ程、哀しく不条理なものであると感じられることはない。

凄絶な体験を経て、一種の精神的な虚脱状態にあったためか、女性たちは概して
無言のままだったという。迎えた人々も掛ける言葉も見当たらなかった。
まず、「お風呂に入りましょうか。」と入浴をすすめ、衣服の着替えを用意し、
2〜3日休養してもらう手順だった。旧厚生省から食料だけは、豊富に支給されていた。
手術は、医薬品不足のため、無麻酔で行なわれた。精神と肉体に凄まじい傷を負い、
言葉を半ば喪失していた女性たちは、激痛にも一様に黙々と耐えたという。


384: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:01:22.57 ID:3balZdMM0
妊娠7ヶ月になる女性の手術に村石さんは、偶然、居合わせたために立ち会うことになる。
7ヶ月になるとお産と一緒のため、ドクターの他に助産婦1人も手術に駆り出された。

生まれ出た嬰児は、7ヶ月とは思えないくらい大きく、赤い髪と白い肌を持った
美しい女の赤ちゃんだったという。ロシア人との混血なのか色白で端正な顔立ちを
村石さんは、60年後の今も不思議に忘れることはできない。

女性は、自らが産み落とした子どもの産声を聞くと反射的に乳房が張ってくる。
母親としての感情も自ずと生起してくる。そのため、産声を聞かせまいと嬰児は、
すぐ首を絞められ、窒息させる手筈になっていた。更に医師が頭にメスを入れる。
声を挙げることもなく、無辜の命は暗闇の中へ押し戻される。

しかし、その折だけは違っていた。お昼の食事を済ました後、
手術室の前を通りかかると、どこからか猫の鳴き声のようなものが聞こえてきた。
手術室を覗くと、頭にメスが立てられたまま、それでも絶命することなく
赤ちゃんが泣いていたという。
村石さんは気が動転し、慌てて「先生、先生!」と手術した医師を引き戻した。

再び窒息させられた嬰児は、もう二度とこの世に声を発することはなかった。

村石さんは、この折の記憶だけは他の同僚にも長年、語ることはできなかったという。

多くの嬰児の遺骸がどのように処理されたのか、はっきりとしたことは不明である。


387: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:03:10.48 ID:3balZdMM0
一部はホルマリン漬けにされ、大学病院へ引き渡されたとか、保養所の敷地に
埋められたという証言がある。
(『証言・二日市保養所』引揚げ港・博多を考える集い編、
             『沈黙の40年』武田繁太郎、『水子の譜』上坪隆)

しかし、村石さんは、一度病院の廊下から嬰児の遺骸を埋めている様子を目撃した。
保養所の雑用をしていた年配の男性が、桜の樹の下に埋めていた。
その人は、どういう関係になるのか小さな子どもも含め、家族で保養所に住み込んでいたという。

無心に作業する老人の傍らには、薄紅色の蕾を膨らませ、満開に咲き競い、
やがて散りゆく桜の樹が控えていた。

終戦から約半年が過ぎた1946年春のことである。文字通り桜の樹の下には、
小さき屍が無数に埋まっていた。

かつて、来る日も来る日も堕胎された嬰児の遺骸を土中に埋める作業を
繰り返していた初老の男性がいた。
黙々と、春の柔らかい日差しを受けながら桜の根元の土を掘り、埋葬していったのだ。

この人は何を思い、土を掘り返していたのだろう…あるいは敢えてもの思うことは、
回避していたのだろうか。

こうして戦争が終わるたびに誰かが、埋葬のため土を掘り返してこなければならなかった。
その営為は、過去から現在まで綿々と繰り返されている。

引揚途上で、日本人の女性が蒙った惨禍については、周知の事実として広く知られている。

しかし、ここでも戦争だった。仕様がなかったことなのだ…という戦争に纏わる諦念が支配し、 被害女性の苦悩の実相は、固く封印されてきた。まして、始末された嬰児たちが何ゆえに生を享け、何ゆえに光を見ることなく闇に引き戻されなければならなかったのか。
−《戦争》という1文字に塗りつぶされ、誰もその核心に触れることなどできない。


388: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:04:45.05 ID:3balZdMM0
保養所創設に関わった旧京城帝国大学関係者は、自殺や精神障害が相次ぐ
被害女性の惨状を見るにみかね、当時、堕胎は違法であったにも関わらず、
保養所開設に踏み切った。
後ろ盾となる大学も失い、ある意味、自由な立場で事態に向き合おうとした。

しかし、旧厚生省の立場は、相違した。「水際作戦」と称し、大陸から引揚げてくる
女性たちを港で隈なく検査し、異民族の血の流入を水際で食止め、性病の蔓延を
予防するモそのような意図を持って、傷ついた女性たちを遇していた。
《民族浄化》という概念は、人間の生、性、死―人間の存在そのものを凌辱していく。
二日市保養所とは別に旧厚生省は、九州大学や佐賀の中原療養所など強制堕胎施設を設けていた。

敗戦、そして、その後の混乱が必至であったにも関わらず、国家は民間人の保護など最初から眼中になかった。それどころか被害にあった女性を忌まわしいものでも見るように白眼視し、文字通り水際で処理していったのだ。

嬰児の命は、厳密なまでに無辜である…それゆえ、なおさら自らが招き寄せた敗戦の実相を眼前に厳然と突きつけられるのを回避するべく
その存在を抹殺した国家やその背後に在る共同体の無言の思惑は、白日の元で究明されなければならなかったのではないか。

当然の成行だろうが、外からもたらされた戦争の終結は、国家にしろ民衆にしろ、
表層は塗り変えられても潜在する意識に変化はもたらされなかった。

保養所を出た後、女性たちは、生涯にわたる沈黙の封印を心に課し、なんら変わることのなかったこの社会に戻っていかなければならなかった。
自分たちが無感覚、無抵抗に享受した植民地支配、侵略戦争の帰結が、
女性たちに具体的にどのような惨禍をもたらしたのか正視することもない社会に。

被害女性の沈黙は、戦後60年を経ても解かれていない。

村石さんは、この診療所で1人の女性に出会った。穏やかで優しい表情のひとだったという。

ここに運ばれてきた女性たちの多くが、精神と肉体に凄絶な傷を負い、口数も少なく虚無的なまなざしをしていたなかで、にこやかで笑みを絶やさなかったひとの面影は、心に深い印象を残した。


389: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:06:05.73 ID:3balZdMM0
この女性は、性病の治療のため、入所していた。梅毒の3期で粘膜まで損傷し、
唇も割れ、皮膚の表面から膿が出ている状態だった。
治療といってもまだ当時、抗生剤などなく、毎日、洗浄を行なうばかりだったという。
病気のため、髪は既に抜け落ち、坊主頭に布をターバンのように巻きつけていた。
入所している他の女性たちも中絶の手術後、しばらく休養すると顔もふっくらとしてきて、
看護師が髪を結ってあげたり、化粧品を貸したりすることもあったという。

しかし、どの女性に対しても本名、年齢、出身地など尋ねることはなかった。
また、聞く必要もなかった。村石さんは、このひとにも、もちろん聞いていない。
当時、20歳であった村石さんより明らかに年長に見えたという。

ただ、この女性の場合、話の端々から親に身売りされ、国内の遊郭で売春に従事後、
外地に行ったら借金も減り、賃金が高くなるという業者の甘言を信じ、大陸に渡り、
日本軍の「慰安婦」として狩り出された経歴が自ずと偲ばれたという。

談話室であや取りに興じたり、他愛のない話をするのだが、辛い過去が表情を曇らせることなどなく、小太りの顔は、いつもにこにこと優しく笑っていたという。
あるいは、梅毒が既に脳症にまで進行していたのかもしれない。
この世のあらゆるものから背かれ、痛めつけられてきても誰を恨むことなく、なお優しく柔和な表情であった。

このひとは、保養所にいた時、ひょっとしたら生まれて初めて、穏やかな誰にも苛まれることのない日々の幸福を噛みしめていたのかもしれない。
なぶりものにされず、殴られず、痛めつけられもせず…この世で初めて取り戻した肉体の自由だったのではないだろうか。

たとえ、忌まわしい病魔に苛まれていてもその表情はもの柔らかく、曇ることはなかったという。


390: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:06:48.51 ID:3balZdMM0
2005年の暮れ、木枯らしの吹く寒い日、私は、その地を訪ねてみた。

保養所の跡地には、今、特別養護老人ホームむさし苑、筑紫野市在宅介護支援センター、
デイサービスセンター、訪問看護ステーションの施設が集積して建っており、
1部は、済生会二日市病院の駐車場となっている。
そっとガラス越しに建物の内部に眼を遣ると高齢の男女が、ゆっくりとした動作で機能訓練をしていた。

隣りのマンションとの境界近く、敷地の隅の緑陰のなかに二日市保養所の関係者を顕彰して、児島敬三氏により1981年に建立された「仁の碑」、そして1999年3月20日に
旧京城帝国大学創立705周年記念として植樹された1本の欅の樹が残されている。

さらに数本の木立に囲まれ、敷地の奥まった位置には端正な面立ちの地蔵尊が、
おさな子をかき抱き、ひっそりと安置してある。
母子像の前に立ててあるろうそくに火を灯してみた。風があるためか、小さな焔と共に整った母子の横顔がゆらゆらと揺れて、私の眼には映った。


392: 大日本帝国陸軍航空隊 桜花五号機 2013/06/03(月) 17:09:10.93 ID:3balZdMM0
爆弾投下続行します。


戦後の日本人引き揚げ時の真実は、
語り継いでいかなければならないと思います。

繰り返しますが、
日本人と一緒に戦争していた朝鮮人は、
日本が敗戦すると知ると手のひらを返して日本人に対して、
略奪・強姦・虐殺などあらゆる暴虐の限りをしたのです。

ソ連の裏切り・火事場度泥棒強盗殺人犯罪に絡んで日本人引き揚げ時の
朝鮮半島での悲惨な史実〜朝鮮人の犯罪です。
再び、歴史さんのページからの引用です。とても勉強になります。

そもそも朝鮮は、朝鮮側からの要望もあり日本統治され、発展し、
朝鮮人の寿命が伸びた事実があります。戦時中は、共に戦いましたが、
日本が負けた事を知るとソ連の戦争参入に便乗して日本人を虐殺したり、
日本人女性が強姦されたりした事は、紛れもない史実です


394: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:11:08.78 ID:3balZdMM0
台湾 にいた日本人は、台湾人と涙ながらに別れて引き揚げて来ました。
しかし、朝鮮半島からは、「命からがら」逃げて来たのです。

終戦1週間前の1945年8月8日、ソ連が日ソ中立条約 を破って対日宣戦を布告して
満州と朝鮮に侵攻して来ました。窓も門も開け放しのまま去った日本人の空き住宅、
商店、倉庫等にアリのように人間が群がった。
家財、衣類、食器、装飾物、楽器、娯楽品、靴、傘、書籍、自転車、
あらゆるものをかっさらい運び出すのに忙しかった。町全体が怒鳴り合い、奪い合い、
誰もが目を皿のようにして走っていた。ある人はトランクを担いで逃げる。
皆走る、ぶつかる、ののしる、宝物を求めて、より大きい高級住宅に入る。
引揚げの惨事は北朝鮮 だけに起こったのではない。
南朝鮮(韓国 )においても、日本人に対し朝鮮人はあらゆる悪事を働いた。
北と南に民族性の違いはないのである。同じ朝鮮人、当然でしょう。
  ・・・「朝鮮戦争 の真実 -元人民軍工兵将校の手記-」朱栄福著

北朝鮮で農業を営んでいた老夫婦は、年頃の娘二人を連れ、辛苦のすえやっと
38度線近くの鉄原にたどりついた。
そこで見たものは、日本人の娘が次々にまずソ連兵に犯され、
ついで、韓国の保安部隊に引き渡されて、更に散散にいじめられたうえ、
虐殺される光景であった。

朝鮮保安部隊の略奪と暴行は、残虐を極めた。
夜中に雨戸を蹴破って侵入してきたソ連兵は、17 になる娘を父親からひったくるように連行。
娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。
皆、ソ連兵を韓国人が案内したのだった。
部落ごとの保安隊の関所では、厳重な身体検査が行われ、金や着物や米などが
取り上げられた。一糸まとわぬ姿にされ、取調べられた若い女性もあった。
城津での惨状は言語に絶した。韓国 人の男女が数十名の団体で押しかけ、
干してある洗濯物から赤児の着物まで剥ぎ取って掠奪され、
あげくは婦人の「提供」を要求した。

・・・正論 2005 年 11 月号 引揚民間人を襲った略奪・暴行・殺戮の嵐


396: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:13:09.10 ID:3balZdMM0
日本敗戦後一年が過ぎても北朝鮮 内の日本人の移動は禁じられていた。
筆者のグループは賄賂を使ってトラックを雇い南朝鮮への脱出を決行する事になった。
昭和21年9月中旬、朝鮮警察のトラックを使用する。
料金は一人千円ということで、赤ん坊も含めて、私は六千円を支払った。
市辺里で全員トラックから下ろされ、後は徒歩になったのだが、牛車が2台待っていて使用を強制され、荷物を載せて身軽で歩いた。
牛車代は多額が要求され、次の部落では次の牛車に載せ替えられてまた金を巻き上げられる。山の中腹に煙が見えた。
そこはチゲ部隊の交替地であった。もうこの頃には、醵出する金は無くなっていたが、
物でもいいと言われ、せっかく、わざわざここまで運んできた物を大部分取上げられてしまう。稜線まできたチゲ部隊に、
「こんな少しばかりで、お前ら、日本へ帰れると思うのか。もっと出せ出せ!!」と威かくされ、
残りの物まで投げ出し、疲労困憊の老幼男女は、狂気のようにこの38度線の山稜を駆け下る。
・・・生きて祖国へ5 死の三十八度線  引揚体験集編集委員会編 


397: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:13:57.99 ID:3balZdMM0
文坪の町も日に日に治安が悪くなっていた。
しばらく鳴りを潜めていた朝鮮過激分子の跳梁が始まってきた。
元山でも朝鮮人が暴徒と化して、日本人経営の店や住宅にまで押しかけて暴行、
略奪を始めたという噂が入ってきた。
ソ連兵は保安隊員の先導で日本人の住宅地区にやってきて、家中を物色し
ありとあらゆる家財道具を略奪し始めた。
その内のめぼしい物がなくなってくると今度は、「女!女!」と言って若い女性を
連れ出すようになってきた。私達若い女性は、頭髪をぷっつり切り落とし丸坊主になり、
貧しい男の子のように薄汚れた服を着るようにした。
ソ連兵や保安隊員が来ると、いち早く床下に隠れたり、
前もって準備して掘った穴に身を潜めた。
・・・私の三十八度線突破記録  梶山緑

北鮮に入って来たソ連軍は、満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、強姦を
ほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に投じられる事になった。
白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで
集団的にら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとした者は容赦なく射殺された。
ソ連兵に触発された朝鮮人の暴行も多かった。
富坪の避難民3000名中、その半数が死亡した。
一日も早く引揚げさせてくれという要望はソ連軍当局によって無視され、日本人は
ただただ餓死を待つよりほかない状況に追い込まれた。
在留日本人社会では「38度線さえ越えれば」というのが唯一の悲願となった。
やせこけた身体に乞食のようなボロ をまとい、山を越え谷を歩き強盗に
ささやかな所持品を奪われ、歩哨の銃弾に倒れ、人々は南に辿り着いた。
・・・「韓国 ・朝鮮と日本人」 若槻泰雄


403: 大日本帝国陸軍航空隊 桜花五号機 2013/06/03(月) 17:22:49.48 ID:3balZdMM0
爆弾投下続行します。

悪夢のような数日の怒りがこみ上げてくるのであろう、「畜生、ロスケのやつ」
「山賊朝鮮人め!」髪を振るわして、朝鮮人の顔役がズラリ顔をそろえてやって来て、
打つ、蹴る、殴るの「見せしめ」が始まる。
この日も悪い奴がやって来た! と思ったが、炊事当番の人々が知らぬ顔をしていると、
「負けたくせに生意気だ」と食って掛かって来た。
あまりの雑言にきっと目をすえると、「これでも食え!」と言いざま、足もとの土砂をすくって、
パッと味噌汁の鍋にたたきこんで逃げていった。久しぶりのご馳走というので、窓、窓には笑顔が並んでいたが、この光景に、窓の表情はたちまち青ざめた憤りに変わった。
今日もまた「命令」と称して朝鮮人のトラックが乗りつけて来た。
カーキー色のものは服といわず靴といわず、一物も余さずかっさらって行く。
これらは軍需品だから没収するというのである。
これから寒さに向かうというのにシャツ1枚でも無駄にはできない、その貴重品を
トラックに山積みにして今日も引揚げていく。


407: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:24:58.21 ID:3balZdMM0
避難の人々は、最後の1枚を没収されないためにチエを絞り出した。
明日もまた現れるであろう没収団の為、有り合わせの染料で他の色に染め変えてしまった。その翌日、朝鮮側の命令は例のとおりやってきた。

一同は一夜で変わった黒や青色の服で列を作ったが、
予想に反して今度は服装には目もくれず、意外な命令が言い渡された。
「今度は一切の所持金を提出しなければならない。もし、この命に違反し、一銭といえども
所持していることが後で分った場合は銃殺される。 では、本日ただちに提出するように」
有無を言わせない強制処置である。

今後何か月かかるか分らない長い苦難を前に、金こそは命の綱である。
その命の綱を一銭残らず供出したら――今までに子供がおなかをすかせれば
芋の一つも買ってやれたのに、無一文は死の宣告も同然である。
しかし、銃殺で脅かされた一同は、泣く泣く最後の一銭までも提出してしまった。
その夜、カユをすすった避難民一同は絶望の中に寝られぬ夜明けを迎えた。
その朝も、恐怖の的である命令が来た。
1日1日この命令で心臓を締め付けられてきた一同は、伝令の姿が現れると、
もうそれだけで体が震え出した。「命令」冷厳な、その命令は疎開本部代表に
針のような鋭さで伝達された。
「17歳以上、50歳までの男子は、ひとり残らず軽装で集合せよ」
十分の猶予が与えられて男子は校庭に集合した。
この部隊はそのまま朝鮮保安署に連行された。

残された婦人たちは「いつもの使役だとよいが…」と冷たい雨の中を去っていく
男子部隊をいつまでもいつまでも見送っていた。
この雨中の別れが、長い長い別れとなった。
この男子部隊はその夜、移駐を命じられ、遠くシベリア送りとなったのである。
・・・「大東亜戦史 8 朝鮮編」池田佑編 富士書苑


408: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:26:40.06 ID:3balZdMM0
戦後の日本人引き揚げ時の真実は、
語り継いでいかなければならないと思います。

繰り返しますが、
日本人と一緒に戦争していた朝鮮人は、
日本が敗戦すると知ると手のひらを返して日本人に対して、
略奪・強姦・虐殺などあらゆる暴虐の限りを犯したのです。

陸海空と英霊たちが命をかけて守ろうとした家族・祖国日本ですが、敗戦と同時に
生き残った人たちも死ぬのと勝るとも劣らない苦しみ〜一瞬にして死ぬのでなく
長く続く精神的・肉体的苦痛は、まさに「生き地獄」に落とされたのです。
二度とこの様な事にならない為には、戦争をしない事は勿論ですが、
戦争を起こさせない事です。
戦争は、水が低きに流れるのと同じように、(軍事)力が弱い所に(軍事)力が作用して
起こります。明確に言えば、支那が尖閣列島に触手を伸ばせば、日本・支那間で
戦争が起こりうるのです。そうしない為には、相手が手を出せない様に、手を出せば
大火傷をする・唯では済まないような準備する事しかありません。
やくざは、警察力相手に喧嘩はしません。強い相手には喧嘩は仕掛けないのと同じです。
支那も米国 には手を出しません。日本がこのまま何もせずにいれば支那は確実に
尖閣列島に手を出します。そうしない為には、日本は、「支那に手を出させない様に」
軍備力を充実させる事を早急に・確実に実施すべきです。


411: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:29:32.00 ID:3balZdMM0
麻酔なしの中絶手術

特別養護老人ホームわきの水子地蔵の前で、
今年5月14日に行われた
「水子供養祭」(福岡県筑紫野市で)
 ◆恨みと怒りの声、手術室に響く

引き揚げ先の博多港から「二日市保養所」(福岡県筑紫野市)に到着した女性たちは、
数日間の休養の後、手術室に通された。
麻酔はない。手術台に横たわると、目隠しをしただけで手術が始まった。
医師が、長いはさみのような器具を体内に挿入して胎児をつかみ出す。

「生身をこそげ取るわけだから、それはそれは、痛かったでしょう」。
看護師として手術に立ち会った村石正子さん(80)(同)は、硬い表情で思い返す。
ほとんどの女性は、歯を食いしばり、村石さんの手をつぶれそうなほど強く握りしめて
激痛に耐えたが、1人だけ叫び声を上げた。「ちくしょう」??。手術室に響いたのは、
痛みを訴えるものではなく、恨みと怒りがない交ぜになった声だった。

おなかが大きくなっている女性には、陣痛促進剤を飲ませて早産させた。
「泣き声を聞かせると母性本能が出てしまう」と、母体から出てきたところで
頭をはさみのような器具でつぶし、声を上げさせなかった。

幾多の手術に立ち会った村石さんには、忘れられない“事件”がある。
陣痛促進剤を飲んで分べん室にいた女性が、急に産気づいた。
食事に行く途中だった村石さんが駆けつけ、声を上げさせないために
首を手で絞めながら女児を膿盆(のうぼん)に受けた。
白い肌に赤い髪、長い指??。ソ連(当時)の兵隊の子供だと一目でわかった。
医師が頭頂部にメスを突き立て、膿盆ごと分べん室の隅に置いた。


413: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 17:30:47.46 ID:3balZdMM0
食事を終えて廊下を歩いていると、「ファー、ファー」という声が聞こえた。
「ネコが鳴いているのかな」と思ったが、はっと思い当たった。
分べん室のドアを開けると、メスが突き刺さったままの女児が、
膿盆のなかで弱々しい泣き声をあげていた。
村石さんに呼ばれた医師は息をのみ、もう一本頭頂部にメスを突き立てた。
女児の息が止まった。

死亡した胎児の処理は、看護師のなかで最も若かった
吉田はる代さん(78)(埼玉県川口市)らの仕事だった。
手術が終わると、庭の深い穴に落とし、薄く土をかぶせた。

手術を終えた女性は2階の大部屋で布団を並べ、体を休めた。
会話もなく、横になっているだけ。
大半は目をつぶったままで、吉田さんは「自分の姿を見られたくなかったから、
ほかの人も見ないようにしていたのでしょう」と振り返る。


415: 大日本帝国陸軍航空隊 桜花五号機 2013/06/03(月) 17:34:51.43 ID:3balZdMM0
女性たちは1週間ほどで退院していった。村石さんは「これから幸せになって」と
願いを込めながら、薄く口紅を引いて送り出した。中絶手術や陣痛促進剤による
早産をした女性は、400?500人にのぼると見られる。

1947年7月に設立された済生会二日市病院は、二日市保養所の建物の一部共同で使用していた。設立当初の同病院に勤務していた島松圭輔さん(89)(筑紫野市)は、保養所の医師らと一緒に食事をしたこともあったが、仕事の話は一切出なかった。

島松さんは、二日市保養所が閉鎖されたのは「47年秋ごろ」と記憶している。
一緒に食事をしたことがあった医師らのあいさつもなく、
「誰もいなくなったな」と感じた時には、約1年半にわたった業務を既に終えていた。

二日市保養所の跡地に立つ特別養護老人ホームでは毎年5月、水子地蔵の前で
水子供養祭が行われている。今年の供養祭では村石さんも静かに手を合わせたが、
当時を思い出しながら、むせび泣いた。
「私はこの手で子供の首を絞めたんです。
 60年前、ここの手術室にいた私の姿は忘れられません……」


二日市保養所、

日本人は絶対に忘れはいけません。

そして朝鮮人から受けた暴行や強姦を
絶対に忘れてはいけません。


スレ主さん、ご迷惑をおかけしました。
以上です。


455: 忍法帖【Lv=25,xxxPT】(1+0:8) 2013/06/03(月) 18:48:38.68 ID:zqz7kGmQ0
>>415
ありがとうございました。

読むだけでも胸が痛む。
捏造慰安婦とともに日本人女性の人権侵害問題を拡散します!
あと、ベトナム戦争での非道も!


428: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 18:00:30.48 ID:0QHRo8/M0
日本の女性があんな酷い目に遭ってたなんて。
朝鮮人大嫌い!韓国人大嫌い!!

私これ頑張って拡散する。

邦訳が熱望されていた名著。待望の日本語版、ついに発売!!

「竹林はるか遠く」ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
232ページ ハート出版 (2013/6/28)


戦時中および終戦直後の朝鮮半島と日本で、
日本人引き上げ者が味わった
想像を絶する体験を赤裸々に綴る、
息もつけぬ愛と涙のサバイバルストーリー

小さな書店で購入しても結構です。ネットで購入するのも結構です。
大切なのは、この本の存在を多くの日本人や外国人に伝えることです。
ご近所の書店で購入したらお友達に伝えましょう。
ネットで購入したらクチコミや評価でこの本を多くの方に知らせましょう。

435: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 18:20:41.69 ID:r+AHtJUB0
>>428
いや〜絶句したわ。
ライタイハンや二日市保養所の記事、
朝鮮人ってどんだけ残虐な民族なんだよ。

怒りが込み上げてくる。


442: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 18:33:33.90 ID:oyaEdlPOP
>>435
少しずつでも報道してれば、悲惨な時代だったねで終わるのにね
隠して捏造するからいつまでも問題が残って大きくなる


434: 可愛い奥様 2013/06/03(月) 18:17:50.55 ID:Waif3MVx0
『竹林はるか遠く』
有志の方でいろんな言語に翻訳して、各国で広めてほしいです。
VANK(ディスカウントジャパン運動)と同じことをやりましょう。

ハングル語、中国語はもちろん、フランス語、ドイツ語、スペイン語、
ロシア語・・・各国で読まれている様子を考えると壮観です。
日本人が広めている姿を朝鮮韓国人が眺めている・・・
そんな所を想像すると最高です。


743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 01:34:32.08 ID:ujMFD8LY0
これ、政治家にも拡散したほうがいいんじゃないか?


748: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 01:43:35.85 ID:soyeXkyl0
>>743
ナイスアイディア!


752: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 01:52:26.12 ID:ujMFD8LY0
>>748
明日というか、今日から暇な時に、政治家に拡散してみるわ。


757: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 02:01:26.57 ID:soyeXkyl0
>>752
自分もがんばって拡散するお!


854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 11:08:28.29 ID:3ydznUK+O
売国奴が多過ぎる上に外圧も大きいとなると
今後も悪いニュースは沢山入ってくるだろうな。
70年の戦後レジーム脱却への道のりは遠い。

安倍内閣断固支持と売国議員、売国政策、売国メディアの絶対糾弾を貫くしかない。

竹林はるか遠くは出来るだけ広める努力をするよ。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history2/1370069050/


698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/05(水) 23:31:54.78 ID:7ToAr2Ol0
【重要】韓国人による日本人強姦虐殺の真実が書かれた名著
     「竹林はるか遠く」ついに日本語版発売へ!!!!


現在アマゾン本ランキング3位!!!!!!!!!!
h ttp://www.amazon.co.jp/dp/4892959219/


ライタイハン事件や名著「竹林はるか遠く」が一気に広がり始めてます!

私達も頑張って広めましょう!!

関連

韓国軍の戦争犯罪 ライタイハンとは (安倍総理をマスゴミから守る会2ch スレッドより
http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/468.html

<慰安婦問題>65歳男性「韓国兵がベトナム戦争で女性に強姦を繰り返した。韓国は慰安婦の被害を言うのなら、自らの加害にも・
http://www.asyura2.com/13/senkyo148/msg/186.html

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370352493/
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1370182644/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 中川隆 2013年6月07日 07:29:42 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


                  r〈沙夊ァ
             ,x)水.ゞムイ´Xx,`   、
           ,xXXXxxxxXXXXXXx,. ` 、
           /ァ''^"´,   `^''xXXXXX,.  ヽ.
         / ´    !       l `xXXXX,    ),
.        /     l      l   `xXXX,.   ),
         ′     l.     l l   `xXX{.   |
.        !  / /  i| i   ! l / ! ,仆、 `XxL  |
       l /,/ | _|小、!   |/)' |/,斗∨ |XXマk !
       ! 〉l ∨ |≧t圦  リ_)チ〒ァ、} ! };;ト、 }}
.       l l 从. ト、ト弋リゝ\{ イ弋リノ' ノ ノ/l;;|,リノ'|
        | ‖ ', マヽ`ー'      _,ノ / /|;! ||. i   な〜に♪
       l |  ', '込 ""  、  "" _,ノ,/ / l! ノ' |
        !十!l´', マ价x、 ー -' , イ/ /`l!ー'く、 i
.       ,´ヽ! !l ', ∨从 ) .ィ /../ / l!.:.:.:.:.:ヽi
.       i.:.:.:.:.:.:.:.:!l )ヘ,.∨》,. ≫‐≪ // /《 l!.:.:.:.:.:.:.:;.i
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:."》 ヘ{ 《. ∧ 《/}/  》.:.:.:.:.:.:.:.:l.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:》     《 》' '《. 》  《.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.',
      /.:.:.:.:.:.::.l`y'′    》||   ||《   》.:.:.:.:.:.:.:.:.ス ,
     !.:.:.:.:.:.:.:.:,! 〉      ||  ||     )、.:.:.:.:.:.:.:ハ ,


日本人と比べるとロシア人や朝鮮人は優しすぎるね:

860 :名無しさん :02/07/04 01:33 ID:03UDq1eg

死んだ人の事を悪く言いたくなかったけど言わせてもらう。
漏れの近所の銭湯で番台やってた爺さん(もう亡くなった)。

漏れが小さい頃よく戦争当時の話を銭湯の番台で自慢げに語ってたバカ。

『チャンコロ(中国人)の妊婦を木に縄で縛って銃剣で刺したら「ボムッ」って鈍い音出して破裂してよー。

ホント面白かったぞー。だから毎日チャンコロの妊婦探して見つけては、それやって遊んでたんだ。あの頃がなつかしいなあ(ニヤニヤ』


上の話が嘘だと思うなら,まずこれを否定してね:


小平義雄連続殺人事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/kodaira.htm

小平義雄は戦地より帰って以来、性的に突如放縦になった。

放縦なだけでは留まらず海軍被服廠の軍属であった戦争最後の年に、同じ職場の女子工員を強姦した上殺害している。以後、終戦直後の混乱の中で女性を食料をエサに誘いだし、次々と6人も、犯しては殺していった。

小平が女性を犯して殺す、その味を覚えたのは、中国の前線だった。

予審調書の中で小平は言っている。

「大怙では強姦のちょつとすごいのをやりました。…父親を縛り上げて戸棚の中入れ…
クーニャン(娘)を出せと言って出させました。

…強盗強姦は日本軍隊には付き物ですよ。
銃剣で突き刺したり、妊娠している女を銃剣で突き刺して子供を出したりしました。 私も5,6人はやっています」


取り調べと裁判の段階で明らかになったことがあるんですね。それは、彼の戦争体験のことだったんです。

「済南事件」:南京大虐殺の先駆けですね。住民の殺戮です。その時にもの凄く多くの中国人の女性が日本兵によって強姦されて殺された。この小平という人物は、その時の兵隊だったんです。

「連続強姦殺人魔」と言われた人の犯罪を重ねる下地が「戦時強姦」で培われていた、っていうことです。そのことが日本が戦争で負けた後に一気に吹き出してきた事件なんですね。

中国山西省に出征した旧軍人のKさんは3年兵の時、トーチカ(砲台)の
一室で、4〜5人の4年兵が現地女性を連れ込み輪姦している場面に
出会った。4年兵の兵隊が終ると、「今度は3年兵の番だ」と言われ、
Kさんは、強姦は犯罪だという認識がなく、単に古兵の命令に従わなければ
ならないと思いそれに加わった。Kさんはこういう“戦争犯罪に対する無感覚”は戦時中だけではなくて、戦後も変わらなかったと指摘する。戦友会の席上では、このような犯罪が懐かしい話、面白い話として語られるという。

その中には「股裂き事件」という話もあった。ある旧軍人が1944年の
河南戦争前後で見たことだ。中国人女性の片足を木に縛りつけ、もう片足を
馬の鞍に括りつける。そして突然馬のお尻を叩き、驚いた馬が走り出すと、
女性の体が二つに裂けてしまうというものだ。Kさんが駐在していた山西省
旧遼県でも、1941年4月に日本軍隊長が中国語で「勒馬分身」(股裂き)
という方法で殺人を行ったという。そのことは中国側の資料にも記述されている。
http://www.magazine9.jp/kaigai/dai027/index.html


仏典の地獄を偏執的狂人の妄想から生まれた怪奇残酷趣味のフィクションにすぎないと考えるのなら、これはどう思われるか。…

「村民を銃剣で追い立てて並ばせ、機銃掃射で薙ぎ倒す。

泣き叫ぶ乳幼児や子供たちを銃剣で突き殺し、

妊婦の腹を切り裂いて胎児を放り出す。

死体の山に石油をかけて焼き尽くす。

木に縛り付けて鞭打っては冷水をかけ、凍死させる。殴り殺す。蹴り殺す。死体を野犬に食わせる。

背中に石を結わえて水中に投げ込む。

輪姦し、その女の赤ん坊を銃剣に刺して肩に担ぎ、軍歌を歌って歩き回る。

赤ん坊を投げ殺す。踏み殺す。巨大な石を担がせて圧死させる。

鞭で殴って焼けた棒を押しつけ、冷水をかけて極寒の場に捨てて凍死させる。

婦女子を狩り集めて輪姦し、腹を裂いて内蔵をえぐりだす。

生き埋めにする。眼をえぐる。耳を切る。鼻を削ぐ。首を切り、その数を競う。生きながら解剖する。銃剣で突き刺し、崖から落とす。等々」

 これはフィクションではない。「正義」を掲げた日本軍が中国でやったことである。といっても、ここでは戦争の是非を論じようというわけではない。地獄は決してフィクションなどではなく、スーパーリアリズムの世界だと言いたかったのである。我々の心の内側にある畑が荒れ果てたとき、地獄はどこにでも出現する。地獄の発生は倫理や道徳では抑えられない。かつて倫理や道徳が声高に叫ばれていた時期に、戦争が絶えたことはなかった。いや、むしろ、戦争は倫理や道徳の意図的操作によって遂行されたと言ってもよい。これは歴史の教えるところである。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shiunji/yowa/yowa7.html


南京にいた日本兵たちの人間墜落と性的異常行為は限界がありませんでした。ちょうど退屈凌ぎに殺人コンテストが考案された様に、兵士たちはセックスの十分な供給に飽きると様々な気晴らしの強姦ゲームを創造しました。

おそらく日本兵が気晴らしにした最も残忍な作法の中に、女性の膣の突き刺し刑があります。

南京の通りには足を広げ、開口部に木の棒や小枝や雑草を突き刺されて倒れている女性の死体がありました。南京女性の拷問に使用され、耐え難い苦痛を与えたこの方法は考えただけでも精神が麻痺してしまうぐらい痛ましいものがあります。若い女性を強姦した日本兵は彼女にビールボトルを突き刺して射殺し、別の所ではゴルフクラブを突き刺された強姦犠牲者が発見されました。

また12月22日にTongjmenの門近郊で強姦された理髪店の妻は膣にかんしゃく玉を突っ込まれて、爆破して殺害されました。

そして犠牲者は女性だけに限られた訳ではありませんでした。中国人男性はよく男色の相手にされたり、笑う日本兵たちの前で恥ずかしい性芝居を演じるように強制されました。ある男性は雪上に転がる女性死体との性行為を強いられ、それに拒絶して殺害されました。また日本兵は禁欲主義を誓っていた男性に性交際を強制して喜ぶこともしました。男性に変装して南京の門を通過しようとした中国人女性が股の間を掴みながら一人一人チェックしている日本近衛兵に真実の性を暴かれてしまい、集団暴行を受けている時に、たまたま現場近くにいた仏教僧は危険を冒して止めに入り、不幸にさらされました。日本兵たちは彼に強姦したばかりのその女性との性交際を強制し、それを拒んだ僧侶はその場で去勢されて出血多量のために死に陥れられました。

さらに最も卑劣な性的拷問手段の中には家族に対する退廃があります。

日本兵は中国人男性に対して、父親は娘を、兄弟は姉妹を、息子は母親を強姦させる近親相姦を強制して、加虐的な喜びを味わいました。

中国軍大隊の司令官だったGuo Qiは、街が陥落して息詰まっていた3カ月の間に、少なくとも4、5回は日本兵が母親を犯すように息子へ強制して、拒んだ者はその場で殺されているのを見たり、聞いたりしました。

この報告書は、ある中国人男性が母親を強姦することを拒んでサーベルで突き殺され、直後にその母親も自殺したことについて報告したドイツ人外交官の証言で実証されています。

家族の中には、この様な行為を強いられるぐらいなら率直に死に応じる者もいました。ある一家は揚子江を横断しようとしたところで二人の日本兵に止められ、点検を求められました。ボード上で若い女性や少女たちを見つけた日本兵たちは両親や夫の目の前で女性の強姦を始め、これでも十分にひどい行為にかかわらず、兵士たちが次に要求したことは一家をさらに困惑させました。彼らはこの一家の年老いた男性にも同様に女性たちを強姦させようとしました。一家は従うよりも川へ身を投げて溺れ死ぬことを決意しました。


日本兵に捕らえられた女性たちは強姦された直後に殺され、生きる望みはほとんどありませんでした。

女性たちは様々な方法を用いて強姦から逃れようとしました。中には、すすを顔に擦り付けて老いて見せたり、病気にかかっているように見せたり、頭髪を剃って男性を偽ったりして変装する女性たちもいました。(ある利口な若い女性は金陵大学の安全地帯までの道のりを老婆に変装し、杖を持って足をひきずりながら、背中に借りた6才の子供を負ぶって歩いてきました。)また4日前に死んだ子供を生んだと日本兵に告げて病気を装ったり、中国人捕虜の助言を受けて指を喉に突っ込んで何回か嘔吐して見せた女性もいました。(彼女を捕らえた日本兵は慌てて建物から追い出しました。)中には人混みの中を屈んで進み、壁を敏捷によじ登って日本兵からの追撃を逃れた女性や、三階の日本兵を妨害して、庭の中国人男性が支える竹棒を滑り落ちて、辛うじて暴行から逃れた少女もいました。

しかし、あがいた女性は一度、捕らえられると、日本兵に抵抗しようとした見せしめのために拷問にかけられました。日本兵に挑んだ者たちは、よく目玉をえぐり抜かれていたり、鼻や耳や胸を削がれている状態で後に発見されました。


金子安次
「昼間のうちにいい女に目をつけておいて、夜襲いに行く兵士もいた。頑強に拒んだ女性には膣に棒を押し込み、子宮を切り裂き、油をつけた綿を押し込み燃やしたこともしばしばあった。」

 金子さんの話によると、民間人に対する殺戮と性的虐待は日常的に行われていて、これに加担しなかった日本兵は、少なくとも金子さんの知る限り、ほとんどいないという。

子供は、慣例のごとく両親の目の前で殺された。


子供の前で母親を犯す。赤ん坊を火にくべる。または子供の前で親を焼き殺す。

生きたまま生体実験を行う。 慰安と称して女性の膣にガソリンを含んだ布を押し込み、火をつける。


日本兵が南京の居住民に与えた数々の拷問は人間の理解できる範囲を越えています。下記の例はそのほんの一部分です。

(生き埋め殺人)日本兵は機能的に埋葬活動を実施することで大量虐殺の効率化を図りました。中国人捕虜たちはそれぞれグループに分けられ、まず第一グループが自分自身の墓穴を掘らせられ、第二グループが第一グループを埋め、続いて第三グループが第二グループを埋めて行くという具合に強いられました。犠牲者たちの中には胸や首から下部分を埋められて、刀で徐々に切り刻まれたり、馬や戦車で下敷きにされたりして、さらに大きな苦しみを受けた者たちもいました。

(切断)日本兵は犠牲者たちのはらわたを抜き出したり、斬首したり、手足を切断しただけでなく、さらにひどい種類の残酷な拷問を行ないました。

街の至る所で捕虜たちが板に釘付けにされて戦車にひき殺されたり、木や電柱にくくりつけられて肉体を切り刻まれたり、銃剣の練習台にされて虐殺される光景があり、明らかな事実の中には、100人以上の男性が銃殺される前に目玉をえぐり出されたり、耳や鼻を削ぎ落とされたということがありました。また200名を越える中国兵や市民の集団が裸で柱や学校の戸に縛られ、zhuiziという特別の針で口や喉や目を含む何百カ所という肉体部分を突き刺されることもありました。

(火による殺害)日本兵は犠牲者たちを集めて一気に焼き殺しました。江口の日本兵は中国人捕虜を10人単位でまとめて縛り、ガソリンをかけて火が点けられている窪地へ落とし込みました。太平路でも大量な数に上る店員が火刑を宣告され、ロープでまとめて縛られて炎の中へ投げ込まれました。さらに中国人暴徒たちを建物の最上階や屋根上に集めて、階段を破壊し、炎を下に灯すという余興の火刑ゲームも考案されました。多数の者が窓や屋根上から飛び降りて自殺を図りました。


また犠牲者たちを燃料でずぶぬれにして射撃し、炎上するのを観望するという娯楽も実施されました。ひどい事件の中には日本兵が何百人に上る男性や女性や子供たちをガソリンでびしょ塗れな広場の中に入れ、マシンガンで火を点火することもありました。

(氷による殺害)南京大虐殺中、 何千人に上る人々が故意に凍死させられました。何百人に上る中国人捕虜たちが凍結している池の辺まで行かされ、裸になって氷を壊し、水の中へ魚を捕まえに飛び込む様に命令され、水の中に入ると彼らの肉体は日本兵の銃弾に穴を空けられる浮いた的と化しました。また避難民集団を縛って浅瀬の池へ投げ入れ、そして手榴弾で爆破して「血と肉体の爆発雨」を引き起こすこともありました。

(狂犬による殺害)残虐非道な拷問方法の中には、犠牲者たちの腰部分まで土の中に埋めてジャーマンシェパード犬にかみ殺されるところを観望するというものもあります。日本兵が犠牲者を裸にして、肉体の敏感な部分をジャーマンシェパード犬に噛みつかせる指図をしているところを見物人が見ていました。犬たちは腹を噛み開き、腸を離れた場所へ引きずり出していたそうです。

これらの出来事は日本兵が犠牲者たちの拷問に用いたほんの一部です。日本兵は犠牲者をACID(麻薬)浸けにしたり、赤ん坊を銃剣で突き殺したり、人々の舌をフックに掛けて吊るすといった残虐な行為を公然と行ないました。

日本軍はまったく人間性を喪失してしまい、少しもはぱかることなく女性を強姦・輪姦した。幼女からろうぱまで、はなはだしきにいたっては妊婦さえも免れることはできなかった。

数多くの女性は暴行されたのちまたむざんにも殺害された。日本軍が南京を占領して1か月の間に、2万回以上もの強姦事件が発生した。その時、南京にいた外国の人たちが日本軍のことを「きん獣の群れ」といったのである。

”輪姦の後、殺害された女性”とキャプションのあるこの写真では腹を割かれ、内臓がとび出している。少し開き加減の足。左足の先のほうにはズボンと覚しきものがからまりついている。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/magaz306.html


人前で中国人の首を斬殺さしたり、妊婦を銃剣でお腹を裂き見世物にしたとか、娘らを強姦したら殺す!(死人にくちなし、と言う事だそうです)

乳飲み子を母親から取り上げ谷へ投げ捨てた。

子供に”みの”をかぶせ火の中に投げ入れ、熱い熱いとみのがゆれるさまを喜んで”みの踊り”と言ったそうです

日本兵は「幼い娘は熟していない」といって、下腹部を切り開き輪姦を始めるのであった。妊婦でさえも容赦はなかった。

妊娠9ヶ月の17歳の少女を2人の日本兵が強姦する。この結果流産してしまい、彼女は発狂してしまった。HongWu門外では日本兵が農家の妊婦を強姦し、女性の腹部を切り開き、胎児を取り出した。また別のところでは、日本兵が妊婦を強姦しようとしたがお母さんが立ちふさがる。

そこで日本兵の超残虐な行為が始まる。日本兵は老婦を蹴飛ばし、妊婦の腹部をナイフで切った。数ヶ月たったばかりの胎児が中から飛び出した。

このようにして2人の尊い命が一瞬のうちに消えてしまった。多くの女性が強姦の後殺害されている。ある日本の上官は部下にこう言った。「後で厄介になるから、用を済ました後は分からぬように殺しておくようにしろ」多くの女性はこの時の経験を話せない。

しかしそのような地獄から生還した女性もいる。彼女はJianYin通り6丁目に住んでいた。彼女は他の女性といっしょに日本軍に連れ去られた。日中は洗濯をさせられ、夜になると輪姦の道具となる。年増の女は一晩で10回から20回。若くてかわいい女はもっと多かった、と証言する。

正月元旦の日、二人の日本兵が彼女を連れ誰もいない学校にやってきた。そして彼女を10回銃剣で突き刺した。首の後ろに4回。腕に1回。顔に1回。背中に4回刺された。日本兵は彼女が死んだと思い、去っていった。あとで通行人に助けられ病院に担ぎ込まれ命を取り留めた。強姦の後幸運にも殺されなかったが性病に罹り、一生苦しんだ人たちもいることを忘れてはならない。


" 外国人の見た日本兵の蛮行 # という本の中に著者の TianBoLie 氏は南京の虐殺の事実を記録に残している。そのほとんどが強姦であった。それから少し例を拾ってみるだけでも日本軍の罪の重さがわかる。12月14日正午、日本兵は JianYing 通りの民家を襲った。4人の少女を誘拐し2時間かけて強姦した。12月14日夜、日本兵が民家を襲って女性を強姦し、連れ去った。12月15日夜、大勢の日本兵が Jinling 大学の講堂に押し入った。そこで30人の女性を強姦した。ある者は6人の日本兵から次々と輪姦された。 12月15日夜、大勢の日本兵が ShanTiao通りの民家に押し入り、多くの女性を強姦した。12月16日、日本兵は保育大学から7名の少女を誘拐した。年齢は16歳から21歳までの娘であった。そのうち5名が後に釈放された。18日におこなわれた事情聴取によると彼女らは一日に6回強姦されたといっている。

12月18日の夕暮れ時、4,5百人の女性がわれわれの事務所に保護を求めてやってきた。 この多くは日本兵に強姦されていた。 ここに記載した事件は南京陥落後のほんの数日間に起こった氷山の一角に過ぎない。 実際、 " 強姦は南京陥落後6週間に渡って大規模に行われた」のである。これらの犯罪は下級兵士の行動にとどまらず、指導者層にまで及んでいる。

南京虐殺の主犯格である日本軍第六師団長谷寿夫の証言によると、彼は ZhongHua 橋の近くで Din Lan という女性と他に二人を強姦している。また、SaiHongQiaoで Liu YuQingさんと他三名を強姦した。他のところで10名以上の強姦も認めている。日本軍の侵略者たちは強姦で動物本能を満たすだけでは終わらなかった。

彼らは集団で輪姦し、その後、殺して死体を切断するのであった。多くの女性は10人くらいの日本兵に輪姦された。そして女性は死んでいく。この種の経験をした女性の死体は数限りなくあった。虐殺の期間中、強姦の犠牲者には教授婦人、尼僧、労働者、教師、学生などがいた。


2月の終わりごろ、14人の難民の家族が日本軍により惨殺された。一番下の娘はほんの14歳。彼女は二つの正方形のテーブルの上に乗せられて死んでいた。上半身は服を着たままであるが、下半身はすべて剥ぎ取られテーブルは血の海であった。そして彼女の下腹部には銃剣で刺した後が二つあった。

お姉さんは妹と同様の格好でベッドの上に倒れていた。母親はテーブルのところで1歳の赤ん坊を抱きかかえ倒れていた。赤ん坊は腹部をナイフで切られ、内臓が飛び出していた。正視できない地獄絵巻である。国際委員会の委員は調査に乗り出した。
写真を撮り、それをアメリカの市民のもとに送った。日本大使館にも送った。


日本軍の地獄の苦しみを味わったのは主に女性であった。彼女らは強姦されてそれで終わりではなかった。日本軍から胸を切り落とされ骨が見えている女性。
下腹部を銃剣で刺され苦痛で泣き叫ぶ女性。また、下腹部に木材、竹、人参などを差し込まれ、かき回されて死んでいく女性。

これを端で見ている日本兵は拍手を送り高らかに笑っていた。日本軍に囚われコックとして働かされた中国人が脱走後次の話をしてくれた。12月16日、通りに出てみるとまだ火も残って煙が立ち込めていた。我が同胞の死体の山、山、山。特に女性の死体が目立つ。それらの中で10体のうち8体は腹部を切断され中から内臓が出ている。

血まみれの胎児を手にした母親の死体もある。女性の乳房は切り取られるか銃剣で刺され、血と肉の固まりと化している。南京市内外の虐殺の期間中、多くの女性の死体はこのような様子であった。XinZhong門の城壁近くの家で60歳代のおばあさんの死体が見つかった。おばあさんの下腹部は大きく膨らんでいた。

YangPi通りの北に少女の死体が見つかった。おなかは切り開かれ内臓は引き出され、2つの目は大きく見開き、口からは血が流れていた。 GuYiDian通りでは12歳の少女が死んでいる。下着は破られ、目は閉じたまま口は開いていた。この死体を見てわかることは、これらの女性が単に日本兵の刃に倒れただけでなく、辱めを受けているということだ。

日本兵の犯した強姦の罪は重い。その残虐さは彼らの殺戮に劣らなかった。日本軍の上官はこれらの残虐行為の手をゆるめることはなかった。むしろ兵士の動物本能を満足させるためにこれを奨励した。その結果、日本兵はどこに行っても強姦をやった。上海、SuZhu,WuXi, HangZhou でも日本兵は同じことをやった。

南京の女性の運命は特に悲惨なものであった。南京陥落後、日本兵は女性を求めて南京のいたるところを探し回った。そして見つけると集団暴行を行う。
http://www.geocities.com/Pipeline/Halfpipe/3791/katari2-2.html

日本兵の婦女暴行・強姦の実態

1.妊娠している婦人を全裸にして刀で刃傷、木の間に女の両手両足をゆわえて子宮に手オ留弾をさして爆発。興味本位で、得意気に。(元軍曹T)

2.死体処理の少年の証言、女性の死体は特にひどい。ある女性は両手両足をひろげてベッドに縛られ、局部にサイダーの壜を深く刺されて被殺。

3.多くの少女はベッドに縛りつけられ誰でもがすぐに犯せるようにしている。少女があまり泣きじゃくったり、性病に罹ったりしたら、すぐに殺されてしまう。路地や公園には女性の死体でいっぱいだ。 彼女らは死んだ後でも切断されたり、局部に物を差し込まれたりして辱めを受けている。

4.一月一日、呉昌生が光華門外の自宅に帰った時、七人の日本兵がひとりの中国人のおばあさんを連れてやってきた。彼らにおばあさんを犯せと命じた。日本兵はこの光景を見て笑っていた。

5.二月五日、三牌楼に住む六十歳を超える陳さんのところに三人の日本兵がやってきた。 一人が見張りで、他の二人は交代で強姦した。日本兵の一人はおばあさんにペニスをなめてきれいにしろと言った。

6.1944年の春頃、鈴木氏が分隊長として、討伐作戦に参加した際のある村の話であった。 彼の分隊が休憩していたある農家に、一人の憲兵が現れ、惨劇が始まった。村の女性に食事を作ることを強い、お湯を沸かせていた時のことだった。

突然、その憲兵は梅毒にまみれた自らの陰茎をとりだし、食事の準備中の、一人の女性に、これを舐めろと要求した。ところが毅然と拒絶したその女性に、憲兵は激怒し、服をちぎって沸騰したお湯を浴びせ、遂に殺害した。


7. 12月15日、またもや押し入ってきた日本軍の兵士が、数え年8歳の蔡さんを強姦した。蔡さんはその様子を次のように語る。「日本兵は、私の陰部に手をねじ込み、その時まだ幼かったので、非常に硬かったのを無理やり押し込んでこじ開けた。


8.「冬には、至るところで暖をとります。兵隊は、赤ん坊をひっ捉まえ、火の中に投げ込んだものです。」と、古参兵の一人が報告する。別の帝国陸軍の兵隊が語る。

彼の部隊は打ち棄てられた村で女をみつけ、裸にし、「膣に布切れを押し込み、ガソリンを染み込ませて、火をつけました。皆それを見ていました。隊長もです。 部隊の慰安の一種だったんです。」


「暗い部屋に産褥の婦人ありて傍らにいとけなく眠る嬰児。銃剣で布団を跳ねのける。女は両手を合わせて拝んでいる。(略)彼女は衣服乱れて乳房一突き息絶えていた。」「先に高粱で隠された長持の中の娘もどうやら、輪姦の上刺殺した模様であった」(一一○頁)。

「掃討にあって残虐は付きもので、女をあさる。

輪姦、強姦と、又素裸にして乳房を刺突或は陰部にローソクを垂らし悶えるを見て悦び、恥毛に煙草の火をのせて焦げゆく興味。

タマゴを局部に挿入二個、三個と、更にトウモロコシを挿入或はピストン運動、トウガラシを詰め込み歓声を上げる。

銃剣の先で膣をつつく。こうして時間をもて遊んでいる。呻き苦しみ悶絶、出血滴る女と、掃討の修羅である」(一一二頁)。

「捕らえた女を丸裸にして寝かせて、両足を一ぱいに広げ杭に結びつけ尻したに枕して腰を浮かせて膣に、ナンパ大根と挿入できるようなもの等、刺激物のトーガラシとかをもって、いろいろなことをして、悶える表情に歓声を挙げていた。

更にローソクの垂汁をポトポトと膣に落し上手、下手を争って楽しんでいた。

乳房、腹上、局部にムカゼ・サソリ等を捕らえて這わせての興味を持っての蛮行が、いずこの部隊でも隠された所で行われることが、討伐作戦の楽しみであった。」

「捕虜の男と女を牢から出して来て裸体にして女に男の性器をくわえ吸わせ舐めさせ、性器が勃起するの見物と、性交させることの成り行きと、女の膣ネブリ、乳房と、ああしろ、こうしろと、注文をつけて、その表情を楽しんでいた。」(一一七頁)

 強い攻撃性は、攻撃の対象により強く大きな苦痛と恥辱を与えることで、自らの勝利感、征服感を満足させた。その対象が女性であるときは、性器への攻撃となって現われた(二六)。
http://park17.wakwak.com/~ueba/sankousakusen.4.html


まず、釣り針が連続して付いている釣り糸と竿を用意します。

そして、女の股をひらかせます。

女の膣に釣り糸を挿入。

釣り針も全て挿入し、挿入が終わったらウィンチで思い切り引っ張る。


これは第二次世界大戦時、日本軍が中国で行ったお遊びです。

男性に対しては行われず、女性のみを対象とした完全な性器刑。
失血死した人もいたそうです。

南京で暴虐の限りを尽くした田所耕造。
http://anarchist.seesaa.net/article/78079481.html


陸軍第114師団重機関銃部隊所属 田所耕造。

『週刊アサヒ芸能』(71年)の取材に答えた当時、彼は53歳。
彼が語った残虐の限り。しかもこれが「命令」なんだから驚くしかない。

女が一番の被害者だったな。年寄りからなにから、全部やっちまった。
下関から木炭トラックを部落に乗りつけて、女どもを略奪して兵隊に分ける。

女1人に兵隊15人から20人くらい受け持たせてね。倉庫のまわりなど、
日当たりのいいところを選んで、木っ葉などをぶらさげて場所をつくる。
赤ケンといって、中隊長のはんこがある紙を持った兵隊たちが、ふんどしを
はずして順番を待つんだ。

いつか女の略奪班長をやったことがあるけど、ゆくと、女たちはどんどん
逃げる。殺すわけにはいかないから、追いかけるのに苦労したもんだよ。
支那の女は技術はうまいね。殺されたくないから、必死なんだろうけど、
なかなかいい。なにしろ上陸以来女の身体にさわったこともないんだから
、いじくりまわしたり、なめまわしたりする。私らは、よくなめ殺すといったもんです。


その凶暴兵は、柳川平助兵団(第10軍)第114師団所属。南京作戦での「働きぶり」によって上等兵に昇進。

そして、血に飢えた「ならずもの部隊」は徐州(シュイチョウ)へ進撃したのだった……。


南京に2ヶ月ぐらいいて、徐州に向かったんだけど、このときだったな、
股裂きをやったのは。ある部落で、みせしめのために女を柳の木に縛りつけ、
両足首にまきつけたロープを2頭の馬の鞍に結び、左右からムチをくれると
股から乳房のあたりまで肉がさける。骨があとに残るんだ。それを部隊
みんなでみている。中隊長もみてみぬふりだった。将校だろうと下士官
だろうと、文句をつけても『ウシロダマ(後ろ弾)だぞ』とおどしちゃう

田所耕造はこの気分が悪くなるような話を得意げに話している。上官を
無視しても、「戦闘」では頼りになった兵士による略奪・強姦・虐殺は
セットで日本軍は容認していたということだ。


川沿いに、女たちが首だけ出して隠れているのを引き揚げてはぶっ殺し、
陰部に竹を突きさしたりした。杭州湾から昆山(クンシャン)まで道端に延々と
そういう死体がころがっていた。昆山では中国の敗残兵の大部隊がやられて
いて、機関砲でやったらしいが屍の山で、体は引き裂かれて、チンポコが
丸出しで死んでいた。そのチンポコがみな立ってるんだ、ローソクみたいに。『チンポコ3万本』と俺たちはいっていたが、3000人以上はいたろうな。遠くからロングに引いてみると、残虐というより壮観だった。

読売のカメラマンで発狂したのもいたな。やったってしようがないのだが、
飛び出してやめさせようとするものもいた。普通の百姓だからといってね。
しかし兵隊はそんなのにかまわずぶっ殺していった。俺か? 俺は残虐な
写真ばかり撮っていたので病膏肓に入っていた。そういう残虐な写真を
撮るのも喜ぶものもいたし、やめとけというのもいた。参謀本部では証拠に
ちゃんと写真を撮っていたな。

以上はすべて、柳川平助兵団が南京に入城する前の段階の話である。これだけの鬼畜行為を楽しんだキチガイ兵士が「南京」になだれ込んだのだ。後はご想像の通りだ。

当然のことながら、柳川平助兵団による強姦・虐殺は南京攻略以降の
徐州・漢口作戦でも繰り返されることとなる。

徐州作戦では捕獲したチェコの機関銃がよく使われた。10人、20人と固まって
死んでるのが3キロも4キロもつづく。殺し方もいろんな方法をとった。
3人ぐらいいっしょに木にぶら下げられていたり、首をはねたり。子どもの
首をはねるのだけど、うまいもんだね、皮一枚ちゃんと残るように斬るんだよ。
その瞬間の写真を撮ったけど……

自分が犯した罪を自慢げに話した田所耕造は、もちろん中帰連ではない。ビルマで敗戦を迎えている


股裂きなんぞ、東映のモンド映画『徳川いれずみ師 責め地獄』にて鬼才石井監督が撮っていたけど、その遥か以前に日本軍では娯楽の殿堂として「日常風景」だったとは驚きだ。
日本軍って、頭の中が「石井輝男」と同じだったんだな。

「股裂き」の田所耕造が所属していた柳川平助兵団が如何に凄まじい「ならずもの部隊」であったか、従軍カメラマンとして共に行動した河野公輝さんが証言しているな。
これも酷すぎて卒倒するぜ。


蘇州(スーチョウ)の略奪もすさまじかった。中国人の金持ちは日本とはケタがちがうからね。あのころでも何万円とするミンクのコートなどが倉の中にぎっしりつまっているのがあった。寒かったから、俺も一枚チョーダイしたよ。(中略)東京の部隊では赤羽工兵隊というのが一番悪かった。
蘇州の女というのがまたきれいでね。美人の産地だからね。兵隊は手当たりしだい強姦していた。犯ったあと必ず殺していたな。


以上はすべて、柳川平助兵団が南京に入城する前の段階の話である。これだけの鬼畜行為を楽しんだキチガイ兵士が「南京」になだれ込んだのだ。後はご想像の通りだ。


以上の証言は河出文庫『証言・南京事件と三光作戦』より引用した。

この本のAmazonでのレビューにこんなのがあったが……

洗脳、と言う言葉がある。
この言葉は元々は中国語だ。日本語ではない。
朝鮮戦争時の捕虜米兵に対して共産主義を信じることをせまった行為を
中国共産党が洗脳と呼んでいたのが語源だ。
この捕虜米兵と同じように洗脳された人たちがいる。
日中戦争時に捕虜となった日本兵捕虜である。
生きて日本に帰ることのできたこの日本兵捕虜は「中帰連」(中国帰還者連絡会)と呼ばれ、帰国してから「証言」したものが、南京虐殺やら三光事件やらの
「旧日本軍が大陸でいかに悪いことをやったか」を描いた数多くのプロパガンダ本の基となった。本多勝一の『天皇の軍隊』も彼らの「証言」を基にした著作だという。


さて本書であるが、タイトルの、証言とはいっても上記の中帰連(笑)の生き残りの人たちがメインである。この時点でこの本の客観性や実証性はゼロといっていいプロパガンダ本といっていい。「南京大虐殺」「三光作戦」がウソ、でっちあげの産物であると言うことはネットや書籍を通じてようやく近年常識として広まりつつある。
これも一つの戦後レジームからの脱却と言っていいだろう。


『週刊アサヒ芸能』のインタビューに答えた人間が中共の捕虜だと決め付け、事実を歪曲しているところなんぞ、まさに中共と同じやり口だな。藁


自分が犯した罪を自慢げに話した田所耕造は、もちろん中帰連ではない。ビルマで敗戦を迎えている。インタビューを受けた当時でも、自分が行ったことは間違っていないと自慢していた神社の神主であった。三島が自決した日に息子に「お父ちゃんもあんなふうに死ぬのか」と聞かれた彼は、「お父ちゃんが死ぬときは共産党と社会党のやつらを皆殺しにしてからだ」と答えている。
http://www.asyura2.com/08/reki01/msg/182.html



02. 中川隆 2013年6月07日 07:52:02 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

日本軍では憲兵や司令官が率先してこんな事やってたからね:


広東州の中央憲兵隊へ補助憲兵として私は派遣された。野戦補助憲兵といって、憲兵と同伴の時だけにかぎって憲兵の資格を有していた。主な任務は、保全地区(駐留日本軍の勢力圏内)での治安維持であった。特に、思想犯に目を光らせた。思想犯を捕え、拘留し、洗脳するのであったが、そのやり方は目を覆うものであった。

 コンクリートの上に、真っ赤に焼けた木炭を敷きつめ、その上に裸にした“囚人”を転がした。喚き、のた打つ“囚人”は隅へ隅へと転がってくるが、周囲には日本兵がいて、それを蹴飛ばして再び中央へ戻した。“囚人”の反応の仕方は、もはや人間のものとは思えなかった。多くの“囚人”は三日目を境に死んでいった。

 女に対してもその残虐度は同様であった。やはり全裸にして、獣のように四つん這いにさせ、丸太で打ちのめした。

私は、そればかりはどうしてもできなかった。すると、

「これしきのこと、できんのかッ」

 一人の憲兵が私を蹴飛ばしてから、丸太で渾身の力を込めて女を打ちすえた。

中国人は人間に非ず、否、生き物にさえ非ずとでも思っているような拷問であった。彼らの抵抗は死以外の何ものでもなかった。
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/www.sokagakkai.or.jp/sokanet/HBK/Heiwa/hansen-7.html


性的サービスを逃れようと入浴を拒んだ慰安婦は、木に逆さに吊るされ、ライフルで殴られ、乳首を切り取られて、最後に膣から銃で撃ち抜かれて殺害された。


激しく抵抗した慰安婦の1人は、胴体と頭を別々の馬に縛り付けられ、他の慰安婦の面前で引きちぎられて殺された。


日本兵は「慰安婦」が妊娠すると、容赦なく殺しました。そのような女性の中に、ボンニョという女性がいました。ある日、日本兵は「慰安婦」たちをみな庭に集合させ、みんなの見ている前でボンニョを木に吊るし、軍刀で彼女の腹を切り裂いたのです。そして、出てきた腸や胎児をめった切りにして、私たちの首に掛けたのです。


性病にかかり、50人の日本兵に病気を移した韓国人慰安婦の1人は、灼熱の鉄棒で膣を消毒された。


オ・ズンイとう女性が、梅毒にかかったことを知らせなかったため将校にうつったという理由で殺された。彼女は口に布を詰められ、焼いた鉄の棒を子宮に入れられて即死。引き抜いた棒には肉がこびりついていた

日中戦争証言 車河堡 王さん(69歳)柳河口

 1回だけ見たことがあります。強姦したのは普通子どもには見せないんです。

1回見たのは、若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、

鉄の棒を火で焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、

あるいは銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/syakaho.html


アジアフォーラム横浜・証言集会2006 
〜マレーシアより葉徳明さんを迎えて〜

 わたしの一番上の兄は、抗日軍として密告されたのです。日本軍に拷問された。手を縛られ、ぶら下げられ、ひどく殴られる。

それから、ホースで水を飲まされ、お腹を膨らまされる。その上で腹を殴られ、水を吐き出させる。

そんなひどいことをされた。もっともっとひどいこともされた。そして殺されてしまったのです。兄の奥さんと子どもは、奥さんの実家に帰りました。


夫妻は近くに住む学校の先生に病人の診察を頼まれます。抗日軍のゲリラでしたが、病人を放っておけず、診察します。その後、夜になると、マラリアに罹ったり、怪我をした抗日ゲリラたちの診察を続けました。それが日本軍に分かってしまい、1943年11月、憲兵隊に逮捕され、そして拷問を受けました。彼女が書いていますが、

「手のつめの間に針を刺す、

焼けた鉄棒を足や背中に押し付けられる、

平手や拳骨で殴られる、

鞭で殴られる、

ブーツで繰り返し蹴られる」

などの拷問を受けたそうです。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/5383/06syougen1.html


僕もやってみたい わくわくドキドキ


03. 中川隆 2013年6月07日 20:53:54 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


安部首相が大好きな七三一部隊の実験の話も書いとくね

黒い太陽731部隊
http://www.youtube.com/watch?v=BVOSh7NZB_8&list=PLEEAA540CD9A74A65

  1933年第731部隊は正式名関東軍防疫給水部隊本部として,大陸命によりハルビン郊外に設置された. 表向きは防疫・給水であるが,対ソ戦に備え,通常兵器を補うため,「細菌兵器」製造を目的としてつくられた部隊である.細菌兵器の効果を確かめるため,


ペスト菌爆弾実験、

生きてる人間の冷凍実験、

梅毒女との性交実験、

生きたまま心臓取り出し実験!

「生体解剖」,つまり生きた人間を解剖するなど残虐な行為をしたことで知られている.


数多くの実験と解剖が麻酔なし で行われ、さらに妊産婦が実験対象として動員された。

人間がどれほど寒さを耐えられるか調べ るため生きたまま凍らせて殺したかといえば、生体武器開発のため淋病・梅毒・ペスト・コレラ菌な どを注入して病状を観察し、麻酔なしに手足を切断して本来の位置ではないところに縫い合わせ ることもやった。

身体から血を全部抜き取り、動物の血を注入したり、生きた人間を遠心分離機に 入れて死ぬまで回すこともした。

マルタにコレラ ペスト チフス リケッチャ 天然痘等の菌やウィルスを注入したりまたは赤痢 梅毒 破傷風になるような状況下に強制的に置かせたり、毒ガス実験を施したりすることで人為的に病気を発症させ、致死量を調べたりマルタが死に至るまでの経過を細かく記録したりしていたのだそうです。

凍傷実験 飢餓 水断ち実験 感電 火傷実験 空気静脈注入実験等は、戦争において人間が厳しい一定条件下に置かれた場合に肉体がどのような反応を示すのかを主に調査するために行われたものだそうですが、思い浮かべたくないものばかりですね・・・

実験で生き残ったマルタにはまた別の実験へと命が尽きるまで次々と回され、死体は分解されてホルマリン漬けにされるなど、無駄がないように隅々最後まで実験材料として使用されていました。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/6654/akumanohousyoku2.htm

七三一部隊 実験その4。

女虜を対象にしたジルネに梅毒菌を入れ込んで進行過程をよく見る実験

末期梅毒のぐちゃぐちゃの女をマルタにファックさせた性交実験

子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。

「子どもが泣いている前で母親が死んでいった。
子どもはどうするのかと思っていると、凍傷(の実験台になった)。
それをざんごうに放り込んで埋める。本当に悲惨なことがたくさんあった」
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20070409/1176115827


そやね。私たちが片付けにいったとき、中国の女の人がありましたね。
梅毒の実験の。スペロヘータの実験の。それは思い出ありますね。
えーと、やられた先生は、園田中佐。教育隊の中佐のね。

それで私たちが入ったのは梅毒のそれをやったあとですから、恥部をずうっと切り開いとったですね。

その実験がどういうようにしたとかはお聞きになりましたか?

いやー、それは聞いてない。それは恥部と、それとあばらを開いとったですね。

その中をどうあたっていたかは覚えてないですね。顔とかはあたってないです。
まあ、そのような繰り返しです。
http://tenjin.coara.or.jp/~makoty/library/memory731.htm

731部隊証言記録    証言者 元731部隊少年隊 篠塚良雄

質問
 後ろの展示物の中に、マルタとして、捕らわれた人の中に小さな子どももいたと、それと女性の方もいたとあるわけですが、それにペスト菌だとか、人間を殺す実験をしたとあるわけですが、特に

女性の方には殆どの方に梅毒の感染実験、梅毒の進行実験をした

と、いくつかの書物に書いてあるわけですが、その辺り、篠塚さんに、実際にそんなことがあったのか、あるいはそんな所を見たとか、お聞きしたいと思います。


篠塚
 特別班の中で、生体実験・生体解剖された人の中に、女の方がおられたかどうかということですけれど、おりました。男性に比べれば、女性は少なかったと思いますけれども、私たちが入って行って、最初に目にしたのは、金髪の女性が子どもを抱いている姿でありました。

なぜ、目についたかと申しますと、あの模型を見ると分かると思いますが、ロ号棟の屋上に入りますと、中が見えます。部屋の中は見えませんけれども、ここに収容されておられる人は、当時は実験動物と同じだったわけであります。天気がいいと、散歩とか日なたに出すとかしておりました。このようなことから、女の方・子どもがおられたということも見ております。

 私たちは、実際に女の人の実験に加わったことはありませんけれども、見てはおります。私が目撃した女の人、中国人でありましたけれども、

まず、凍傷実験で足の骨、足がなくなっていると同じになっていました。

性病の実験も行っていたわけでありますが、最終的に、これらの人を8月11日であったと言われておりますけれども、ガスで殺害して、石油をかけて燃やして、全員殺害し、松花江の橋の下に捨てたと言われております。400体くらいの人たちであったと言われております。あそこに入った人たちは、全員殺害されたということであります。
http://www.hehehe.net/library/lib/E-00066.html

_______

結論


やっぱり日本人はこういうのが大好きなんだよね:

女縄−裸女を縄で縛る悦楽
http://w.livedoor.jp/onnanawa/d/%cc%dc%bc%a1%20/%20MENU


04. 2013年6月07日 21:00:24 : W18zBTaIM6

これも見てね:

大阪 飛田遊郭 _ 伝説のストリッパー・炎のヨーコ
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/328.html

欧米のポルノは何故日本の AV に敵わないのか _ 子宮破裂に人口肛門!鬼畜系拷問AVの今
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/325.html


05. 2013年6月07日 23:57:05 : Un6heX4IUI
>>1 中川隆 2013年6月07日 07:29:42 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6


コメントで自分の持つ限りの知識を必死で出しても

さすがに投稿した内容に関してまでは知らなかったようだね。

無理にとは言わないけど、上の書籍や竹の森も読んで精々 知性 を深めてくれたまえ! 


06. 中川隆 2013年6月08日 00:39:55 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6
何も知らないんだね。

朝鮮人やロシア人は世界の水準で言えば至極まともなのさ。


これがフツーの水準:


戦争とレイプ(1)アブグレイブ刑務所の惨劇
http://www.bllackz.com/2009/06/blog-post_08.html

戦争とレイプ(2)戦略的に女性をレイプ。史上最悪の暴力国家コンゴ
http://www.bllackz.com/2010/09/blog-post_09.html

戦争とレイプ(3)コンゴのレイプ地獄から逃げて国境でも輪姦
http://www.bllackz.com/2010/11/blog-post_08.html

戦争とレイプ(4)スリランカ軍がゲリラ女性兵に行ったこと
http://www.bllackz.com/2012/05/blog-post_02.html

9ヶ月の赤ん坊もレズビアンも強姦される。南アフリカのレイプ地獄
http://www.bllackz.com/2010/12/blog-post_10.html

経済破綻・貧困・戦争がやってきたとき、女たちの人権はまったくない
http://www.bllackz.com/2009/12/blog-post_26.html

まあどちらにしろ一番凄まじかったのが昭和天皇の軍隊だったのは間違いない。

なにしろ昭和天皇から徹底的にやれと直々に指示が出ていたんだからね。

女性に手心を加えたら、すぐに殺されて名誉の戦死にされたんだ。


07. 2013年6月08日 06:25:05 : Un6heX4IUI
>>06

お前こそ


日本人が被害に遭ったことを知ろうともしないんだな?


08. 中川隆 2013年6月08日 08:23:02 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6
まあ日本人はこんな事ばかりしていたんだから、日本女性も当然同じ事されるよな:

91歳の松本正義さん(韓国・聯合ニュースより)
兵役時の松本さん(韓国・聯合ニュースより)

 韓国・聯合ニュースは23日、かつて太平洋戦争に参加した旧日本兵が23日、日本軍が戦争中に慰安婦を強制連行した野蛮な行為を暴露し、過去の犯罪行為について安倍晋三首相にお詫びを促したと報じた。環球時報が伝えた。

 91歳の旧日本兵、松本正義さんは23日、聯合ニュースの電話インタビューに応じた。松本さんは1944年初めから1946年3月まで日本軍第一軍「固旅」第7大隊で衛生兵を務めた。その前の6カ月間は中国・山西省陽泉市盂県の大隊本部に配属され、その後の約1年半は上社鎮駐留の第一中隊に所属した。日本軍将兵へのコンドーム支給と韓国人慰安婦の性病検査を主に担当していた。

 松本さんによると、大隊本部配属時には韓国人慰安婦6-7人が逃げられない環境の下、50人以上の日本軍将校の欲望の対象となることを余儀なくされていた。正式な慰安所がない状況での慰安婦の境遇は極めて悲惨だった。

 また、当時日本軍は中国の庶民も潜在的なゲリラと見なしていたため、しょっちゅう村落を攻撃しては「女性を捕獲」していたという。松本さんは「有漂亮的姑娘」(きれいな女の子がいる)という中国語を今だに覚えている。きれいな女性を見つけた日本軍が部隊に連行して輪姦するのも目の当たりにした。

 ある上等兵が「女性を捕獲」しようと住民の家に入った際に地雷を踏んで爆死したことや、部隊長と村長が交渉し、部下が捕えて来て姦淫した7-8人の女性を返す代わりに別の2人の女性を連れ帰ったことも覚えている。地雷で爆死した上等兵はその後、靖国神社に埋葬された。国家のために命を捧げたというのがその理由だ。

 松本さんは「本当の戦闘など当時していなかった。われわれは住民に攻撃されることを恐れていた。部隊がしたのは女性を捕獲することだけだ」と述べた。
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-05/25/content_28929997.htm


日本軍「慰安婦」生活を強要されたキム・デイル女性の証言を聞いてみよう。

 「平壌が故郷だという、“ハナコ”と呼ばれた女子が妊娠したが、田中という者は酒をひどく飲んで入ってきて、彼女を倒して容赦なく腹を蹴り飛ばし、
次に彼女の腹から胎児を取り出して投げ飛ばした。

 そして、朝鮮女性をみな集めてからそのはらわたを刃先で引き出して「慰安婦」の首にかけ、部屋の床の血をなめろと言った。

この時、多くの女子は気絶し、心臓が破裂して死んだ女子もいた。

 ある日、田中という者は大きい犬一匹を引いて入ってきて、犬に

「俺もしたから、お前もやれ」

とそそのかし、私に×××させた。 私が気を失って倒れると、冷水を浴びせて狂ったように襲いかかり、獣欲を満たした。

 さらに奴らは麻薬を吸わせた後、タバコにガソリンをつけて口や鼻、子宮に突っ込み、火をつけて火傷させた」

 日帝野獣は、ある「慰安婦」少女が必死に反抗したため、5匹の馬に彼女の腕と脚と首をくくり、引きちぎって殺したという。

かと思えば、ある女性が自分たちの要求に応じないため、「乞食」に「しつけ」をしてやるといい、彼女を木に逆さにぶら下げ、無理矢理襲いかかって銃卓で殴打した後、
乳房をえぐり取って残忍に虐殺したという。

 日帝は「慰安婦」が伝染病にかかれば、彼女らがいる「慰安所」に火を放ち、
死体を川や山中に捨て、戦闘に敗れて追われる時には「慰安婦」を一列に並び立たせ、順に首を切り落とした。
http://www.piks.or.tv/date/japan/20040826.htm

『沈黙の叫び 日本軍「慰安婦」出身のおばあさんの声』

耐えかねて逃げようとした女を日本兵達が見せしめに縛り上げて乳房を短剣で
切り落とすと傷口から真っ白な脂肪が溢れ出してきて、やがてそこから血が流れ出した。

731部隊やら南京大虐殺と並んで有名な従軍慰安婦問題。
A級戦犯が永眠る靖国を総理が未だに参拝している事が大陸で問題視されているのも、生の声を聞くと頷ける。
http://www.eigaseikatu.com/imp/14905/152813/

兵隊は彼女の首を切り、その煮汁を飲めと強要しました

 私は4人兄弟の長女で、弟3人がいまし た。ところが、両親は私たちを残して死ん でしまい、一番下で乳飲み子だった弟もお 母さんに続いて死んだのです。

  住む家もないので橋の下で雨露をしのぎながら、乞食をしたり農家の手伝いをして 弟たちを養いました。   私が数え年で17歳の夏、住んでいた小屋 に帰って来ると、巡査か兵隊なのかわからない日本人の2人の男が現れたのです。

彼らは私の髪の毛をつかんで、放り投げるように大きなトラックに乗せました。
弟たちが「お姉ちゃん行くな」と泣き叫んだの で私は振り返ろうとしたのですが、
男たち に蹴られてトラックに押し込められました。

その中には、幼い少女から20歳前後までの 娘たちでいっぱいで100人くらいいました。
男たちは、泣き叫ぶ私たちを殴ったり蹴っ たりして黙らせたのです。

  水原(スウォン)の駅から汽車に乗せら松中国の大 連へ連れて行かれました。
私たちが列車の 外をのぞこうとすると、「何を見ている」 と兵隊は髪を引っ張ったり足で蹴ったりし ました。 私は、弟たちのことも心配だしこ れから何が起きるかという不安で泣き出し たのですが、そしたらまた殴られたのです。

兵隊たちは、途中のハルビンや牡丹江な どで娘たちの一部を汽車から次々と降ろし て行きました。 私は東寧県で汽車を降ろさ れ、20人くらいの女性たちとトラックでプ チャゴルに連れて行かれました。

到着する と将校が「天皇と軍の命令だ。言うことを 聞かないと殺す」と言いました。

私は5号室に入れられ、着いたその日か ら強姦されたのです。
あちこちの部屋から も悲鳴が聞こえてきました。
それからは、 少ない日でも30人くらいの日本兵の相手を しなければなりませんでした。

  ある日、2人の女性が兵隊の相手をする のを拒否したということで、両手を縛られて庭に引っ張られて来ました。

兵隊たちは、 私たちを呼び集めて2人を高い木に吊るしたのです。

その娘たちは兵隊に「犬のよう なお前たちの言うことなんか聞かない」と 言いました。

そうしたら、奴らは刀で彼女たちの乳房をえぐり取ったのです。

血が吹き出ました。あまりにも残酷なので私は気絶してしまいました。

  彼女たちが死ぬと兵隊たちは首を切って 沸いた湯の中に入れました。
そして、その 煮汁を私たちに飲めと強要しました。

拒否 すれば私たちも殺されるので、生きるために仕方なく飲んだのです。

  女性たちの数はいつも20人くらいで、病気で死んだり逃亡に失敗して殺されたりすると新しい女性が補充されました。

ある時、 私は逃げようとして捕まってしまいました。

板にくぐり付けられて何十人もの兵隊に犯され逃げ出せないように
足の神経を切られてしまったのです。

  そして、別の部隊に移されて砂地に天幕を張っただけの所に入れられました。
私は、 鉄条網の下をくぐって逃げようとしましたが、鉄条網に鈴が付いていたのを知らなかったので再び捕まってしまいました。

すると、兵隊たちは赤く焼いた鉄棒とドラのような鉄板を私のお尻に押しつけたのです。

この時の火傷はケロイドになってし まったので今でも歩くのが困難で、痛くて横になることもできないほどです。

  ある時、奴らは私たちの食事に毒薬を入れました。
私は火傷のために早く歩けなかったので食事に遅れたのですが、私が行った時には先に食べていた女性たちがすでに死んでいたのです。

私は、這って逃げ出して、その村の中国人にかくまってもらいま した。

私はここの「慰安所」に8年間いま した。

  体の火傷の跡を見てください。正視できないほどです。
1947年に帰国しましたが、 故郷には帰れませんでしたし、子どもを生 むこともありませんでした。
http://www6.ocn.ne.jp/~kitanisi/knews/knews0109.html


09. 中川隆 2013年6月08日 08:29:23 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

チョン・オクスン(ChongOkSun)


現在74歳のチョン・オクスン(ChongOkSun)の証言は、日本帝国陸軍の兵士による性的暴行と日々の強姦に加えて、これらの女性が耐えなければならなかった残酷で苛酷な取り扱いを、とくに反映している。


「私は1920年12月28日、朝鮮半島北部咸鏡南道のプンサン郡フアバル里で生まれました。

13歳の時の6月のある日、私は畑で働いている両親のために昼食の用意をしなければならなかったので、村の井戸に水を汲みに行きました。そこで一人の日本 の守備兵が私を不意に襲い、連れて行きました。ですから両親には自分の娘に何が起きたか分かりませんでした。私はトラックで警察に連れて行かれ、数人の警 官により強姦されました。私が叫ぶと彼らは口に靴下を押し込み強姦を続けました。私が泣いたので警察署長は私の左目を殴りました。その日、私は左目の視力 を失いました。

10日ほどして私はヘイサン市の日本陸軍守備隊の兵営に連れて行かれました。私といっしょに約400人の朝鮮の若い娘がいて、毎日性奴隷として5000人以上の日本兵の相手をしなければなりませんでした――一日に40人もです。

その度に私は抗議しましたが、かれらは私を殴ったり、口にぼろきれを詰め込んだりしました。あるものは、私が抵抗をやめるまで秘所にマッチの棒を押し当てました。私の秘所は血まみれになりました。

一緒にいた一人の朝鮮の少女が、どうして一日に40人もの大勢の相手をしなければならないのかを尋ねたことがあります。質問したことを罰するため、日本の 中隊長ヤマモトはこの少女を剣で打つように命じました。私たちが見ていると、

彼らは少女の衣類をはぎとり、手足を縛り、釘の出た板のうえを、釘が血と肉片 で覆われるまで転がしました。

最後に、彼らは彼女の首を切りました。別の日本人ヤマモトは、

「お前たちみんなを殺すのは簡単だ。犬を殺すよりもっと簡単 だ」

と語りました。彼はまた

「こいつら朝鮮人少女は食べ物がないといって泣いているから、この人肉を煮て食べさせてやれ」

とも言いました。


ある朝鮮人少女は、頻繁に強姦されたため性病にかかり、そのために50人以上の日本兵が病気にかかりました。病気の蔓延を防ぎその朝鮮人少女を「無菌化」 するため、彼らは焼けた鉄棒を彼女の秘所に突き刺しました。

あるとき彼らは私たちのうち40人を、トラックに乗せて遠くの水たまりに連れて行きました。水 たまりは水と蛇でいっぱいでした。兵隊たちは数人の少女を水のなかに突き落とし、水たまりに土をどんどん盛り、彼女たちを生き埋めにしました。

○「兵隊一〇〇人の相手ができるのは誰か」と刀を下げた兵隊が聞いた。その時に手を上げなかった一五人の女性は、他の女性への見せしめとして殺された。その方法は、裸にした女性たちの頭と足を兵隊たちがつかみ、一面に釘を打った板の上をゴロゴロと転がしたのだ。噴水のように血が噴きだし、釘には肉片がこびりついた。

○鄭さんたちが泣いているのを見た中隊長は、「慰安婦たちは肉を食っていないので、肉が食いたくて泣いているんだ」と言った。兵隊たちは、殺した頭を釜で煮始めた。そして、鄭さんたちを木刀で叩いて、無理やりその汁を飲ませた

○オ・チョンヘという女性が、将校によって子宮に鉄の棒を押し込まれて殺された

○オ・ズンイとう女性が、梅毒にかかったことを知らせなかったため将校にうつったという理由で殺された。彼女は口に布を詰められ、焼いた鉄の棒を子宮に入れられて即死。引き抜いた棒には肉がこびりついていた

○鄭さんの口にゴムホースが押し込まれ、水が注がれた。膨れ上がったお腹の上に板が乗せられ、兵隊がシーソーのように踏みつけた

○鄭さんたちは、足首を縄で縛られて逆さに吊り下げられた。兵隊は、針がたくさんついた拳大の黒い塊を持って来てそれに墨をつけた。そして、鄭さんや他の女性たちの口をこじ開けて強く押し込んだのである。鄭さんの前歯は折れ、激しい痛みで再び気を失った

○口だけでなく全身に刺青がおこなわれた。兵隊たちは、殺す前に女性たちの肉体に落書きをしたのだ

○兵隊たちは数人の少女を水のなかに突き落とし、水たまりに土をどんどん盛り、彼女たちを生き埋めにしました


守備隊の兵営にいた少女たちの半分以上が殺されたと思います。二度逃亡を企てましたが、いつも数日で捕まってしまいました。私たちはいっそうひどく拷問を うけ、私はあまりに多く頭を殴られたので、どの傷もまだ残っています。

彼らはまた私の唇の内側や胸、腹、体に入れ墨をしました。私は気絶しました。気が付いてみると、私は恐らく死体として捨てられて山の蔭にいました。私といっしょにいた二人の少女のうち、私とク・ハエ(KuHae)が生き残りました。山の なかに住んでいた50歳の男が私たちを見つけ、衣服と食べるもの多くれました。彼はまた朝鮮に帰るのも助けてくれました。私は、日本人のための性奴隷とし て5年間使役されたのち、18歳のときに、傷つき子を産めない体で、言葉を話すのも難かしいありさまで帰国しました」。
http://sengosekinin.peacefully.jp/data/data5/data5-5kumarasuwami.html
http://sikoken.blog.shinobi.jp/Entry/51/

_______


結論


やっぱり日本人はこういうのが大好きなんだ:

女縄−裸女を縄で縛る悦楽
http://w.livedoor.jp/onnanawa/d/%cc%dc%bc%a1%20/%20MENU


10. 中川隆 2013年6月08日 20:37:10 : 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6

翩翩翩翩認誑孤|||||||}}}}}}}}}笏『『郊『『憫讚間讚醴醴醴$ .
譖雌翩窗瓰||||||||}}}}浴l{(}i゚(.(.(i゚(}ミ(!!i,(.(.(i゚(}郊朋讚醴雛蝴ge_
窗翩翩孤孤||||}}}Il.[(.(.(.(.(.(`.'.、.'.、:‘(.(.(i゚(!i{(,(,(.(.(i゚(}笏||||||||||||||q_. .
雛翩蹤孤|||}浴lI゙(.(.(i'゙(:゙'.'' ' .'、::、::' ' :゙'.'.(.(.(}}l}ヌlIi:l,(,(l.[(}}}}||||||||朋黏j,...
翩認孤||||}I}Il.[(}i゙('゙'.:.'.、: '   . `` .    ' ' :¨(i゙(!!i'ii洽浴浴I}}}}|||||||朋腸tgj_. .
雌誑回|}}Il.[(.(.(i:'.:.'.、' .               . `.'.`'゙(i浴浴Ii,(浴II}}}}}}}}}|}|||孤諭g,,.
躓蹤回|IIIIi゙(.(.(.'.、: '                   . `'、:''.'ミ浴浴lIi.i33浴浴浴}}}}}}}}照|qj_
雛翩回|IIIIi゙(i゙'.:.'.、                        ` :゙'゙('(IIIIII浴l.[(i{(ii゙(.(.(i゚(}}}}}}}}|黏j,...
醴躓誑||IIIi゙(i;゙::: .                           ` ::‘(}}}||||IIIII;(.(.(.(:゙'.:、'.':゙':'ii゚(}}}}効s,,.
醴雛翩|||III;(i.'.:' .                           、.:.、'.''゙(}I}}}||IIIi゙(.( :.'.、' ' 、'.:、'.'.(.(i゚(}}}}|tq,
醴醴雛即lI゙(.'.、                    .、...:.x.(iicsij:,;、'.::‘(i゚(}}|||ロIl,( :.'.、    . `` '' .(i゙(Il}}][q,
醴醴靈瓰II,(:.:、                  . . . `' `_).''''ミ!}|||Ijj,'。:.(.(}I}||||IIi>.'.、          .'.?ミ(}照|g,、
醴醴醴翩|IIi>:                   . ' . ' ` 'テi;  :゙(}蹤|I,(.'.?.(}I}||||I;(、'..          . ' :‘(浴}}}}諭gg_、
醴醴醴雛||II,( :. .                       、゙(li:ョ涸阨[|Ili.'.:.'.ミII}}|||Ii;、.          .、:::: (i゙(I浴||||謳薑
醴醴醴雛|||I)).:: .                       . .(ii.i}浴屈[}}'、'.':: (.(II}||||I,(. .         . `.'.、.(0IIII||||醴‡゚゙
醴醴醴靈詬I;(i:.:、                      . .('゙(}}}}}笏'゙'... . .'.:ii゙(I}|||回>.           .'.、.(,(II||朋醴「...
醴醴醴醴齟|IIi'。::. .                       . `' `'゙'.'` .  、'.:.(.(泪屈Iiン. .       .、::.'_(.(II泪讃置
醴醴醴醴鑿||II,(>:、..                              丶.'_(i゙(I泪窗||Ii:、..    .、.:.'_(.(.(,(II屈醴歡
醴醴醴靈醴齟Ili.i.'.、                              . `、゙(洽泅膾[IIi、...  . . .'.、.(.(,(lIII||調醴歡
醴醴醴醴醴靈||II,(.(:、..                            . . .(.(iII|屈躓扱i.'... . 、'.:.'_(.(iIIII|朋醴醴‡ .
醴醴醴雛雛醴齟II)ii'。:. .                           .: (.(II泪讃雛拒i'。:::、:.'_(.(,(浴I|||讃醴醴’ .
醴醴醴雛雛雛靄踏II,(i'。::、..                      .:、;.(.(iIII泪讃雛郎I.(i.'.、.'_(浴I|||調醴醴歉
醴醴醴醴雛翩讃雛踏Il,ii,(.(:.:、. .                 、'.;.(.(浴||||朋雛雛部I,(i.(.(.(.(浴朋讃醴置′
醴醴醴醴雛翩翩認讃胞IIII,(,(.(.(:、::. .       、....、:..:、;.(.(洽II||回讃讃韜回IIIi.(.(.(.(III|朋讃醴歡
醴醴醴醴醴雛翩瓰孤孤誑||IIII)i,(,(.(.(x:..、..::;、;.'_(.(.(i,(i)iIIIII|||||朋調誑||||||||||IIlI゙(.(.(浴||||讃醴歡
醴醴醴醴醴雛窗瓰||||||||||||||||回|IIIIIIIlIi:liji.iiji.iii.lIlIi.l浴II}}}||||||||||}}}}}}}}}}}}}}||||||||I;(.(.(i.[(I}||朋讃置
醴醴醴醴醴雛雌窗回||||}}}}I}}}}}}}}}}I}I}}l}ヌl}ヌl}ヌl{(ミ(}l{(浴III}}}}}}ミ(ii゚(浴浴I|||瓰|III,(.(浴II||朋讃置
醴醴醴醴醴醴醴躓囲||||IIII浴浴l.[(}i゚(.(.(.(.(i゙':'','ミ.(.(.(.(.(.(ii゚(?゚(:゙'.':゙(iii゙(浴I}||瓰回l,(i浴II||朋讃壘
醴醴醴醴醴醴醴雛雛蹤|||I浴浴lI゙(.(.(.(.(i:'.'.'.、.'.、:、'':‘(i゙'.''゙'.'.'.、.'.、.'.?.(.(洽II||描瓰|III浴||||屈醴蠶
醴醴醴醴醴醴醴雛雛窗回|I|I浴l.[(.(.(.(.(.(.(.'.、、'..` :.'.、、'... : ::、:.'.、.'_(.(,(浴I|||調饂|IIII|||||||調醴醴,
醴醴醴醴醴醴醴雛雛雛翩回||IIlIi.i,(.(.(.(i'.::.'.、.'.、.'.、` :.'.、、'...'.、:: (.(.(洽II||||||讃雛蹤||||屈躔醴醴〉 .
醴醴醴醴醴醴醴醴雛窗窗瓰|||||IIIII,(.(.(;'.、.'.、.'.、、'.:.'.、.'.、.'.、.'.、.(.(.(,(浴||||屈醴雛蹤瓰讃醴醴醴` .

セックスと暴力。このふたつが密接に結びついている理由 2011年9月2日

売春地帯ではセックスとドラッグが非常に相性がいいことが知られている。それと同様に、戦場では殺戮とレイプがしばしば密接に結びつく。

つまり殺戮という究極の暴力とレイプという究極のセックスがそこに結びついているのである。もっと端的に言うと、セックスと暴力の相性は抜群だということだ。

セックスと暴力の相性

セックスと暴力は、いったいどうして結びつくのだろうか。様々な要因があって、たとえばセックスというのは元々肉体的なものであり、その肉体性が暴力を喚起するという説がある。

私はこの説が好きだ。セックスは本能であり、本能は動物的であり、動物的なものは暴力性が垣間見える。だから、セックスと暴力は相性がいいのだと思っている。

科学者は別の見方をしていて、たとえば、セックスと暴力の相性は、脳の仕組みに関連していると考えているようだ。

性ホルモンの中枢
性行動の中枢
攻撃性の中枢


この3つの中枢が、人間の脳の非常に狭い部分に隣接している。

性ホルモンの中枢と性行動の中枢は同じ間脳の視床下部付近にあるのだが、攻撃性の中枢は間脳に近くの扁桃核にある。

性的な刺激を受けると、その刺激は攻撃性をも誘発する。逆に、攻撃性の刺激を受けると性行動をも誘発する。恐らく刺激が強ければ強いほど、その刺激が放射状に別の中枢に拡散していくのだろう。

だから、セックスと暴力は一体化することもあるのだというのが科学者の説明だ。

動物の交尾でも同じ

セックスが暴力と結びついているというのは、人間社会ではレイプやボンデージやサディズムやネクロフィリアなどがすぐに挙げられる。

売春女性を殺しまくる連続殺人鬼は、たいていはレイプしてその後に殺すのではなく、殴って蹴って刺して食いちぎって血まみれになった女を見て興奮しているのが損壊した死体を見ても分かる。

レイプという犯罪がバレないように殺して証拠隠滅するのではなく、殴り殺しながらレイプするのが目的なのである。死体の処置に困ったら、今度は切り刻んで食べてしまったりする。

脳の中では、食欲の中枢も実は暴力の中枢に近い。これは、狩りで動物を殺したら、そのあとは食べるという一連の行動が、本能によっても強化されているということでもある。脊椎動物はほとんどがそのような脳の作りになっている。

ネクロフィリアがネクロサディストになって、さらにはカニバリズムにまで行き着くのは、すべて本能の為せる業だったのかもしれない。

動物の交尾も、オスがメスを攻撃する形で始まることが多いのだという。アカゲザルの場合でも、猫の場合でもそうだ。

また、オスは他のオスにメスを取られないように、攻撃性を剥き出しにしながら交尾に入る。

あるいは、一匹のメスを巡って最初にオス同士で闘いあって、勝ったほうがメスと交尾するというスタイルを取る。そこでも暴力が関わっている。


根源的な「本能」の結びつき

平和な時代が続いていると、なぜ暴力が存在するのか忘れてしまうし、誰でも暴力を振るわれるのは嫌なので先進国になればなるほど暴力を封じ込める。

そうすると、余計に暴力が縁遠いものになって、暴力とセックスが結びつくというのが犯罪的だとすら思うようになる。

しかし、アメリカ兵がどこででも敵地で女性をレイプしていたり、アフリカの暴力闘争には必ずスレイブ(奴隷)にされる女たちの姿があったりするように、暴力の現場には必ずセックスがそこに見え隠れする。

売春地帯でも同じだ。まず、支配する男と搾取される女の間の暴力がある。女を手に入れた男が、女の感情を無視できるという暴力もある。

あるいは最初から暴力を振るうために来ている男の存在もある。レイプも罵倒も、売春地帯ではごくありふれた犯罪だ。今でも暴力とセックスは切り離せない現状がそこにある。

暴力とセックスは根源的な「本能」の結びつきだった。


ボスニアでは戦略的レイプが行われた

相手を殴りつけて勝敗を決める

人間の三大欲望というのは「食欲」「性欲」「睡眠欲」とよく言われている。

「三大欲望」とはよく言われるが、「三大本能」とは言われない。三大本能という言い方をすると、恐らくこうなる。

食欲、性欲、暴力欲。

かつては獲物を採るにも暴力が必要だった。かつては女を取り合うにも暴力が必要だった。

食欲と性欲は密接に暴力と結びついていたので、脳も暴力を本能として格上げしているのである。

暴力を否定するのはまっとうな社会人としては当然だ。それは人間社会ではあってはならないものである。

スポーツも暴力の代償みたいなものだから、本当であればあんなものは禁止すべきなのかもしれない。

ボクシングや格闘技を見れば分かるが、相手を殴りつけて勝敗を決める残酷なものである。ボクシングはスポーツであるが、同時に暴力行為でもある。

しかし、ルールを決めて行っているのだからそれはいいと人々は言う。そこに暴力があるというのは奇妙なことに、人々の頭からすっぽりと抜けている。

ボクシングや格闘技を見て喜ぶ人は大勢知っているが、「格闘系のスポーツ反対」と国会で訴える人は見たことがない。


レイプ。傷害。私生活も暴力まみれだったマイク・タイソン

人々は暴力に飢えている

人間が本当に暴力が嫌いだと思っているのであれば、スポーツは絶対に流行しない。暴力を見たいから、暴力がベースになっているスポーツを見る。

どう見ても、スポーツは暴力の代用か、暴力そのものであり、それを見て人間は喜んでいる。

映画でも暴力とセックスに溢れている。ホラー映画でもゾンビ映画でも暴力が主題になっているではないか。それをカネを払って見たいと人々は思っているのである。

人々は暴力に飢えているのだ。

あなたがスポーツをするのが好きだったり、スポーツを見て楽しんでいたり、人が死ぬ映画を見たりしていることがあったりするのであれば、あなたも本能で暴力を求めているということだ。

それでいて暴力はいけないと、したり顔で否定しているのかもしれない。それは、あなたの本能とは違う建前を口にしているだけかもしれない。

あなたは、食欲という本能を持ち、性欲という本能を持っている。あなたもそれを否定しないだろう。

では、なぜもうひとつの本能である「暴力」がすっぽり脳から抜けていると思うのだろう。

暴力は、あなたの体内にも眠っている。ただ、あなたはそれを解放していないだけなのだ。

だから、杓子定規に暴力を否定してはいけない。自分の中にある本能を否定することなのだから。
http://www.bllackz.com/2011/09/blog-post.html

戦争とレイプ(3)コンゴのレイプ地獄から逃げて国境でも輪姦 2010年11月8日


以前、コンゴのレイプや虐殺の事件でヒラリー・クリントン国務長官が現状に激怒して、新聞に寄稿までして現状改善を訴えたという話を書いたが、あれからもまったく現状は改善していない。

今後は今でも「女性にとってもっとも地獄に近い場所」のままである。クリントンが言ったように誰も現状を変える「魔法の杖」を持っていない。女性を殺害する斧はあるようだが。

激しい性暴力


殺害されたコンゴ女性の現場に残された遺体

最近では、コンゴとアンゴラの国境付近で、暴力から逃げてきた女性たちをアンゴラの男たちが組織的にレイプし続けていることが分かった。

地下牢に数週間閉じ込められて、繰り返し強姦されていたのだという。その数、700人以上。恐らく氷山の一角だから、現状はもっと凄まじいことになっているのだろう。

コンゴと言っても、ほとんどの日本人にはその場所がよく分からないと思うが、まずは地図で確認して欲しい。

この国がアフリカのど真ん中に近い位置にあることが分かる。アフリカのど真ん中の国は文字通り「中央アフリカ共和国」だがちょうどその下に位置している。

ここに問題がある。隣国を見てみればその「問題」が一目瞭然だ。大量虐殺のルワンダ、食人大統領アミンがいたウガンダなどがある。

コンゴ自身も政情不安に揺れているが、隣国の政情不安まで抱え込んでおり、現在の無法地帯ぶりは注目に値する。

特に女性に対するレイプは「伝統」になっており、そのレイプも容赦ない集団輪姦である。しかも政府軍が率先してレイプに走っている。ターゲットになった村は皆殺しの対象にもなる。

子供は連れていかれるが、それは子ども兵士にするためであり、それがまた別の問題を産んでいる(子供兵士)。

彼らは麻薬を与えられ、殺戮と暴力しか教えられないので、そのまま略奪と暴力が日常になってしまう。

欲しいものは略奪することしかしらないので、和解も妥協もない。ただ暴力に突き動かされて欲しいものを奪っていくだけだ。この子供たちが将来を担っても、やはり暴力が支配するだろう。

コンゴの反政府勢力には、ルワンダ解放民主軍(FDLR)というフツ族の武装勢力がある。これは1994年のルワンダ大虐殺(80万人が死亡)を引き起こした首謀者がいたコンゴの組織だ。

コンゴ軍は彼らの一部を吸収しているのだが、結局暴力しか知らない兵士が引き起こすのは暴力でしかない。

コンゴ軍も規律無視が発生しているが、、ルワンダ解放民主軍も元々規律などない殺戮集団だから、住民からしてみればどちらも同じ「悪魔」でしかない。

ターゲットにされた村は略奪、殺害、レイプの嵐が吹き荒れていく。あとに残されるのは凄惨な死体の山である。

輪姦と暴力に追い回されて生き残った女たちは首都キンシャサで売春するしかない。

14歳、15歳の孤児(みなしご)がほんの数ドル(2ドルや3ドル)で売春している。

エイズとマラリアと致死率90パーセントのエボラ出血熱がすべて同居し、暴力とレイプの蔓延する無法地帯。

そこから逃げ出すためにアンゴラに向かったとしても、今度はアンゴラの男たちによる組織的なレイプの標的になる。コンゴの女たちは、レイプと虐殺から逃れられるだろうか。


逃げようとした女の切断された足。見せしめだろう。


どのようにレイプされたか?

「第二次世界大戦以後、世界中どこを見回しても、今まで見たことのないようなサディスティックな性的虐待が行われており、コンゴ女性が標的になっている」

コンゴの状況に関しては、多くの人権団体が指摘するところだが、その深刻な状況をこのように説明していることを見ても分かるとおり、世界でもっとも女性に危険な地はここである。

1998年から2003年までの大量虐殺のあとにも、まったく集団レイプ事件はとまらず、むしろレイプだけが加速していくような異常事態になっている。

レイプされた女性は分かっているだけで数十万人に達しており、「その惨状は人間の理解を超えている」とも言われている。

一部の被害者は膣に重度の損傷を負っており、適切な医療を必要するということだ。どのような状況下で「重度の損傷」を受けたのか。

どのようにしてレイプされたのかを見れば、それが納得できる。レイプは以下のようにして行われていた。

・棒で膣を刺された。
・カミソリやナイフで切り裂かれた。
・ハサミを突き立てられた。
・自分の家族の前で犯された。
・膣に銃を突っ込まれて撃たれた。

最初にこれらの残虐行為を行ったのはルワンダの兵士だったが、コンゴ内の兵士、あるいはブルンジとウガンダのグループもまた加担していて、もはやレイプの無法地帯となっている。

レイプされる対象もまたすべての年齢にまたがっており、わずか3歳の幼児も、あるいは妊婦でさえレイプされたという。

これが、コンゴの「今」の状況である。
http://www.bllackz.com/2010/11/blog-post_08.html

暴力蔓延はレイプの時代の幕開け。経済崩壊のあとの世界 2011年8月29日


そろそろ、学習したほうがいいかもしれない。これから暴力の時代に入っていき、そうなると真っ先に狙われるのは女たちであることを。

戦争が起きたり、国が無法地帯になったとき、もっとも弱い存在になるのが女性たちだ。これから女たちにとって受難の時代がやって来る可能性がある。


戦争が起きたらレイプが横行する現実

日米欧で経済悪化が深刻化しているのが今の状態で、いずれ先延ばしができなくなって様々な国が破綻していくことになる。

当然、どこの国でも治安が悪化し、暴動が起きたり、内乱が起きたり、最期には恐らく戦争になる。

日本もグローバル社会に組み込まれているし、今まで圧倒的な軍事力で守ってくれていたアメリカが衰退することによって近隣国家から侵略も受ける可能性もゼロではない。

法の庇護がなくなれば、あとは肉食獣のような男たちが、暴力や、権威や、金で女たちを貪り尽くしていくことになる。

外国からの侵略を受けた国・民族・組織の女性は、常にレイプされているのはよく知られている。

ヒトラー率いるドイツ軍がロシアで何をしたか。アウシュビッツのユダヤ女性に何をしたか。日本軍が中国で何をしたか。敗戦したナチスドイツになだれ込んだロシア兵がドイツ女性に何をしたか。

そこではレイプが吹き荒れていたのではなかったか。

もちろん、遠い過去の話ばかりではない。独立運動を戦っていた東ティモールでインドネシア軍が民兵と共に何をしたか。

ルワンダでツチ族、フツ族の女性たちがそれぞれどうなったか。セルビアでの民族浄化とは何だったのか。 コンゴの女性たちはどうなっているのか。

コンゴの集団レイプ事件は、いまだに終わっていない。国連軍の目と鼻の先で女性が家族の前でレイプされているのである。


レイプされ、焼き殺されそうになったコンゴの女性


レイプされ、目をつぶされたコンゴの女性

・戦略的に女性をレイプ。史上最悪の暴力国家コンゴ
・コンゴのレイプ地獄から逃げて国境でも輪姦

2011年2月から8月までの半年間、リビアではNATO軍とカダフィ政権が激しく戦闘を繰り広げて国内が内乱状態になった。そこでもレイプ戦略が取られて独立派とカダフィ派が互いに相手の女性をレイプして回ったと言われている。

それぞれを仔細に見てみれば、まさに女性たちが血まみれになってレイプされ続けた残虐な記録で満たされている。その凄絶さは吐き気を催すほどである。


マン・アルオベイディ。
カダフィ派の兵士15人にレイプされたと訴えて泣いている。


戦争になれば正義など吹っ飛んでいく

歴史が冷酷に示しているのは、女性は略奪・レイプの対象だという事実だ。

有事になった瞬間に、人権という概念が失われる。剥き出しの暴力と欲望が秩序に取って変わる。歴史がそれを教えてくれている。

イラクの「治安維持」のために駐屯しているアメリカ軍でさえ、アブ・グレイブ刑務所で、イラク女性をレイプしていたという事実が英紙によってすっぱ抜かれた(レイプ写真まで出回った)。


ちなみにレイプされた女性の多くは自殺、妊娠した状態で保釈された女性は家族に一族の屈辱だと言われて殺されたという。

オバマ大統領はそういった写真の公開を見送って、今も事実が公開されていない。 一部の写真が漏れ伝わっているが、氷山の一角である。

正義がそこにあると思ってはいけない。戦争になれば、正義など吹っ飛んでしまうのである。

2011年エジプトのムバラク追放の民主化デモの際、取材に行っていたララ・ローガンは、独裁主義を倒す正義の集団と喧伝されていた民主化デモの男たちにレイプされたのは記憶に新しい。


レイプされたララ・ローガン

実は彼女がレイプされていた場面は動画としてあったようで、それを見た関係者は「彼女は6人の男に膣を犯され、無数の男が肛門もレイプ、さらには片方の乳首も噛みちぎられたように見える」と記している。


誰も助けに行かなかった

暴力時代になったとき、真っ先に女が犠牲になる例を挙げよと言われれば、いくらでも例を上げることができる。

スハルト政権が崩壊する寸前、スハルトは暴徒の矛先を華僑に向けるために、特殊部隊を使ってジャカルタ北部のコタを襲撃するように煽動したが、その際も華僑の女性たちが片っ端からレイプされて殺されていった。

このときのレイプ写真もやはり一部で出回っていたが、白昼の混乱した街で女性が男たちに羽交い絞めにされたままレイプされているものだった。


レイプされる華僑の女性


レイプされたあとは焼き殺されていた

写真と言えば、東ティモールで兵士たちが女性を踏みづけにしたり、上半身裸にして取り囲んだり、殺害した女性の死体を穴に棄てている写真も出回った。

最初から拷問し、殺してしまうことを目的にしてやっているのである。このような人権侵害が起きていることは20年間も訴え続けられていたが、国際政治は完全に「無視」を決め込んでいた。

アメリカも、ASEAN各国も、国連も、東ティモールの女性たちがレイプされ続けているのを知りながら、誰も助けに行かなかった。

こちらは東ティモールの実態を描いた書籍にも収録されているので知っている人も多いのではないか。


軍や警察が国民の敵になっていく

女性の時代というのは、平和時にのみ存在する概念であることを女性たちは気がついているだろうか。

それは非常にもろい基盤の上に成り立っているものであり、法と秩序が失われた瞬間に、すべての女は身の安全が保証されなくなってしまう。

治安悪化が当たり前になるときは、経済も破綻しているときだから、公務員の汚職、モラルの低下も起きている。これは何を意味するのかというと、警察までがアテにならない存在になっていくということである。

いや、軍や警察が国民の敵になっていくこともある。

インドネシア警察が売春婦を逮捕しては署内で「セックスすれば保釈してやる」と言っているというのはよく新聞沙汰になっていた。

インド・ゴアで、三人の警官が道端に立っている娼婦を捕まえて車内に押し込み、そのまま脅してレイプした事件があった。

この警官たちはそれを携帯電話でビデオに記録していて、同僚たちに見せて「自慢」して回っていたという( THE TIMES OF INDIA より)。

それだからこそ、世界が平和であることは女性にとっては最重要事項である。いざとなったら警察が守ってくれるなど、そんなことはあり得ない。警察こそが女性の最大の敵になるのである。


狂気のような犯罪者も解き放たれる

また治安が悪化していけば、当然のことながら犯罪も増えていく。女性をターゲットにしたレイプ犯罪も増えるだろう。

連続レイプ殺人が増えるのも、だいたいが警察権力が弱いときである。

もともと世の中には一定数のサディスト、ネクロフィリア、ネクロサディストといった危険な嗜好を持った男たちがいる。

普段は妄想の中にしかなかった彼らの性癖は、警察組織が弱まったと分かったら、弾けるように世の中に出ていくのである。

彼らは暴力を振るうことによって性的な快感を得る。

最初は、殴りつけたり、首を締めたりしているだけで満足を得ているのだが、そのうちにそれで飽きたらなくなり、一線を超えてしまう。

狙いをつけた女を殴り殺し、レイプし、死体を損壊し、ときには食べてしまったりする。このひとつひとつの行為に薄気味悪い名前がつけられている。

殴りつける サディスト
殺してレイプ ネクロフィリア
死体を壊す ネクロサディスト
死体を食べる カニバリズム

治安が悪化していくと、おおよそ正気とは思えない男たちが夜の街を徘徊して事件を起こすようになる。治安の悪化によって、狂気の犯罪者が解き放たれるのである。


レイプ殺人の現場


乳首がちぎられている。
犯罪者にネクロサディストの心理が見える


乳房の損壊を見ても、サディスティックな殺人であることが分かる


激しく損壊されている女性の死体。
腕が切り落とされ、内臓が取り出されている。
典型的なネクロサディストの殺人だ。

・ 暴力性愛・死姦・死体損壊は、どのような快楽なのか
・おぞましき屍姦の事件に、心の闇をのぞき込む


そろそろ暴力時代が来ることの覚悟を

平和が失われる理由はいろいろある。宗教問題、領土問題、民族問題、経済問題。

日本を含めた先進国が瓦解していくのは、経済問題が立ち行かなくなった時だろう。

日本でも、失業者が増え、財政がパンクし、債務不履行(デフォルト)を起こして世界中から信用を失くす時が来るかもしれない。

そうなると、今の日本では軍事力もなく、政治的交渉力もないので、そのまま侵略の対象となってもおかしくない。

世界を見渡してみれば、ほとんどの国の男たちが好戦的であり、無慈悲であり、銃の扱いを知っている。

第二次世界大戦後、日本はアメリカの庇護の下で、すっかり平和に慣れてしまったが、そのせいですっかり平和主義になって、銃の扱いすら知らないでいる。

今まではそれでよかった。しかし、もうこれからはそうはいかない。

治安悪化、テロ、暴力で満ち溢れていくので、これまでのような状態のままだと抵抗すらできないのである。

しかし、アメリカの覇権が失われていくと共に、日本に対する庇護が消えていく。

いよいよ日本も、自ら血と暴力の世界に足を踏み入れるしかない。そういう時期に来ている。

冒頭に書いた通りだ。無法地帯になったとき、もっとも弱い存在になるのが女性たちだ。

法の庇護がなくなれば、あとは肉食獣のような男たちが、暴力や、権威や、金で女たちを貪り尽くしていく。

日本人はそういう時代が来る可能性もあることを覚悟したほうがいいのではないだろうか。
http://www.bllackz.com/2009/12/blog-post_07.html


11. 2013年6月10日 02:24:07 : Un6heX4IUI

中川隆 こと 3bF/xW6Ehzs4I : W18zBTaIM6 による

  日本人女性への差別発言

  確認しましたー笑

  

関連


韓国の新聞が1面トップで大真面目に731を大批判これはもう反日病(2c)韓国人こそ日本人を大量強姦虐殺してた 竹の森遠く
http://www.asyura2.com/13/senkyo147/msg/821.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 近代史02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧