★阿修羅♪ > リバイバル3 > 1067.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
パイオニア プリアンプ EXCLUSIVE C7・C7A
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/1067.html
投稿者 中川隆 日時 2020 年 7 月 29 日 13:49:03: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: パイオニア Exclusive M5 投稿者 中川隆 日時 2020 年 7 月 27 日 12:28:09)

パイオニア プリアンプ EXCLUSIVE C7・C7A


Pioneer Exclusive - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=MB2U_C99FVQ
https://www.youtube.com/results?search_query=Pioneer+Exclusive++

Pioneer/Exclusive セパレートアンプ一覧
https://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/index2.html

ヤフオク! -「EXCLUSIVE C7」の落札相場・落札価格
https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch?auccat=&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&exflg=&p=EXCLUSIVE++C7&x=0&y=0


▲△▽▼

なかちゃんのシステム紹介
PRE AMPLIFIRE 
(プリアンプ) EXCLUSIVE C7a
http://www.nakajimaharikyuuinn.jp/nakacyannosisutemu1.html

プリアンプはEXCLUSIVE C7aである。

C7aの前にはACCUPHASE C−280 、 SANSUI C−2301 、 EXCLUSIVE C5と当時(20数年前)に国産ハイエンドプリアンプと謳われた3機種を全て使ったが、このC7a(C5の次世代モデルです)は全く次元が違った。

アンバランス(RCA)出力時のインピーダンス(わかりやすく言うと音楽信号の電気抵抗)が0.1Ωと驚異的に低いというか殆どショート状態と思える程の低抵抗でもはやパワーアンプをドライブしてしまう(本当にそんな音がします)凄まじいプリアンプである。

よく雑誌などで高名なオーディオ評論家大先生方が国産オーディオは音が薄いなどと仰っておられるが、このC7aは全くそんな事はない。
一聴するとさらりとしてそうに聴こえるが、実はクリアーな空間の中に濃さのある色彩がきちんと再現されている。
海外製品でこの音を出そうとすると倍の価格を支払わないと無理だとなかちゃんは思っている。

しかし、倍払ったからこのクォリティーは手に入るかどうかも最近は疑問に感じている。
倍の価格で実際にC7aと遜色ないと感じたのはアメリカのJEFF ROWLAND社コヒレンスだけである。

このコヒレンスも今は生産が完了し入手不可能となっており、今音の良いプリアンプは一体何があるのだと思っている。

また、C7aはエージング(いわゆる慣らし運転ですな)に半年はかかる。最初に一聴した時にこのプリアンプの可能性を感じる取る事が出来なければこのアンプを使う事はないだろう。(プラス忍耐力も必要)

もはや手放せないプリアンプである。

追記:C7aはアンバランス接続で使いましょう。その方が音質が良い。
なでもかんでもバランス接続と謳う自称評論家諸氏に騙されてはいけない。
http://www.nakajimaharikyuuinn.jp/nakacyannosisutemu1.html


▲△▽▼

Exclusive C7 ¥1,200,000(1991年頃)
https://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/c7.html

真のステレオフォニックを求めて持てる技術をおしみなく投入し、ステレオフォニックの原点とも言える L と R からの音を同質のものとして再生する"ステレオ伝送誤差ゼロ"を目指した最高級ステレオプリアンプ。

電源コードから、後面パネルの入出力端子にいたるまで、完全に独立したモノコンストラクション構造を採用しています。
さらに、左右同質な再生に影響を及ぼすセット内の磁界、温度、振動などを、最新の計測機器を駆使して徹底解析し、新開発パーツの採用をはじめ、全てのパーツを左右独立対称型のレイアウトとし、伝送の同質化を図っています。
また、信号経路のシンプル化、セット内リモートコントロールシステムの採用など、ステレオ伝送誤差ゼロを達成するため、様々な配慮がされています。

パワートランスや平滑コンデンサーから発生する磁気が、伝送回路にも影響を与え、誘導ノイズを発生し音質を劣化させます。この影響に着目し、低磁束密度のパワートランスや、磁気をキャンセルするコンデンサーの開発など、主要部品の防磁対策、セット内における磁気分布の均一化を図っています。

アンプの外部、内部からの振動による影響を考慮し、新開発の低磁束密度のトランスをはじめ、互いに磁気を打消しあうプラス側とマイナス側がペアになったコンデンサー(コンプリメンタリーキャパシターペア)を新開発し、採用してます。
さらに、プリント配線基板のフローティング化、無共振化を実現したアルミダイキャストシャーシなど防振・制振対策を施しています
また、シャーシの熱による変形にも対応するため、応力を計算したシャーシの採用、熱変形などの影響を考慮した各パーツのレイアウトなど、機械的要素による音質への影響を解明し対応しています。

温度の変化が抵抗値の変化となる導体の特性が音質に影響を及ぼすのを考慮し、放熱のコントロールをはじめ、熱源となるパーツの適切なレイアウトにより、セット内を恒温槽のような温度環境にし、左右の音の同質化を図っています。

左右が完全に独立した完全モノコンストラクションの独立性を確保するため、ボリュームやファンクションスイッチもセット内リモートコントロールを採用し、左右の明確な分離を実現しています。

回路構成は1チャンネル2アンプ2バッファアンプ構成となっています。
ゆとりある高インピーダンスの入力から、ボリュームおよびRec出力を低インピーダンスでドライブするため、入力セレクターとボリューム間、ボリュームと位相スイッチ間にバッファアンプを設置し、さらに2つのフラットアンプはアルミハイブリットICによる増幅回路を採用しています。

電源部は、左右及びコントロール用の3つのトランスに独立し、音質への影響を排除するため、低磁束密度で動作するパワートランスを新開発して採用しています。また、リニアリティの良いポイントで動作するよう設定することによりノイズの発生を抑えています。
さらに、平滑コンデンサーはプラス側とマイナス側で発生する磁界に着目し、それぞれの磁界が互いにキャンセルしあうコンプリメンタリーキャパシターペアを新開発し、磁界が音質に与える影響を抑えています。

ノイズを徹底的に排除しソースからの信号の純度を確保するため、入力回路はホット側だけでなくアース側も同時にon/offするセパレートアース回路を採用しています。これによりアースラインから流入する他機器からのノイズをカットします。

フラットアンプの増幅部に採用したハイブリッドICの基板には、優れた熱伝導性とシールド特性を持つアルミニウムを使用しています。これにより音質劣化の原因となる熱や磁気の音質への影響を徹底して抑えています。

振動の影響を受けやすいプリント配線基板を特殊防振ゴムのダンプ材でホルダーからフローティング化し、振動の音質への影響をカットしています。

各チャンネルの独立性と左右の対称性を得るため、ボリュームとファンクションの切換えにセット内リモートコントロールシステムを採用し、左右の独立性の確保を実現しています。
フロントパネルの操作部を手動で操作すると、セット後部に配置されたボリューム及びファンクション切換えスイッチがモーターの駆動により動作し、希望のポジションにセットされます。
また、操作しない場合はモーター駆動用ジェネレーターがoffとなり、音質への影響がカットされます。

優れた音質を再生するため、部品のひとつひとつを丁寧に吟味しており、信号経路配線材には純度99.99%の無酸素銅シールド線を使用してます。

3つのトランスのそれぞれにエネルギーをダイレクトに供給するため、6芯の無酸素銅高品質極太電源コードを採用しています。
絶縁も2重にし、しかも絶縁材の着色顔料にカーボンを用いるなど、顔料による音質への影響にも対応しています。


機種の定格
型式 ステレオプリアンプ
入力感度/インピーダンス
Phono MM:2.5mV/50kΩ
CD、Tuner、Line1、2、3、4、5、Tape play1、Tape2:150mV/50kΩ
Balance in 1、2:150mV/600Ω

出力レベル/インピーダンス Tape rec1、2:150mV/1kΩ
Output1:1V/0.1Ω
Output2(Balance):1V/200Ω

電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 70W(電気用品取締法)
外形寸法 幅460x高さ158x奥行446mm
重量 27.5kg
https://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/c7.html


▲△▽▼
2019/08/27
EXCLUSIVE、修理受付終了へ
パイオニアのかつてのハイエンドオーディオブランド「EXCLUSIVE」シリーズのメーカーでの修理受付が今年の9月末で終了するそうで。

同ブランドにはスピーカーもあったわけですが、現時点での修理対象は下のような機種のようです。
もちろん、スピーカーや掲載外のものも可能な限りは受け付けてくれるとは思いますが。

EXCLUSIVE M10
EXCLUSIVE M3
EXCLUSIVE M4
EXCLUSIVE M4A
EXCLUSIVE M5
EXCLUSIVE M5A
EXCLUSIVE M7
EXCLUSIVE M8
EXCLUSIVE P10
EXCLUSIVE P3
EXCLUSIVE P3A
EXCLUSIVE V7
EXCLUSIVE C10
EXCLUSIVE C3
EXCLUSIVE C3A
EXCLUSIVE C5
EXCLUSIVE C7
EXCLUSIVE C7A
EXCLUSIVE F3

いちばん古いのはM3の1974年ですから相当な力の入れ具合だったということになります。
参考までにAccuphaseの初号機であるC-200やP-300は1973年と1年前の発売ですが、部品払拭もあって1984年以前のものは既にどれも修理不可な部分がある状態です。
それはエクスクルーシブもある程度同様だとは思いますけどね。

しかし今回は徐々に打ち切る形ではなく、一気に上記も含めた全製品の修理受付が終了するという形です。
パイオニア本体が立ち行かないような状態ですから仕方ない側面もありそうですが、せめてサービスマニュアルや残っている部品類はどこかで引き継いでもらえると良いのですが…。

そういう私はエクスクルーシブを所有したことがないわけで偉そうなことは言えませんけども、特に1980年代前後の製品は店舗で良く試聴させてもらった記憶があります。
印象深いのはモノラルパワーアンプのM5、それにレコードプレーヤーのP3辺りでしょうか。
スピーカーも2401twinは当時オーディオをやってた人は一度は憧れた記憶があるでしょうし、model2301も店頭でずいぶん聴かせてもらいました。

父親は少し前に聴きに行ったそうですが、天童市の天童レコードサロンには東北パイオニアから寄贈された機材やレコードがあるんだそうです。

そちらの運営もかなり厳しいようで、元々は天童オルゴール博物館だったものの、運営を委託されていらっしゃる方も退任されたりしているみたいですね。
そもそも父親が聴いた時も機材は立派なものの、ケーブル類には頓着しない父親でも「さすがにこれはないだろう」というくらい、お粗末なものだったらしいです。

かつて三菱やナカミチ、サンスイなどの工場など拠点が多くあった福島県もほとんどが消え去って、今だとD&Mがなんとか残っているというところでしょうか。
今回の修理に関しても、もし可能であるならば元々ゆかりのある天童市あたりに拠点が作れたら良いのでしょうけどね。

TADも経営状態はかなり厳しいようですし、オーディオ業界の道は険しそうですけれども、それは産業やビジネスとして捉えた場合の話である側面も大きいと思いますし、もっと技術者や職人さんの視点で伝承されていってくれれば良いなと願うばかりです。
https://www.sara-mac.com/audio/exclusive-repair-end.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-11988] koaQ7Jey 2020年7月29日 13:51:29 : t3EWg6GvGE : dUlkYS82WGlCcm8=[16] 報告

Pioneer EXCLUSIVE C7,M7を聞いてみました。
2013/07/28
https://ggkun318.blog.fc2.com/blog-entry-164.html


今日は縁あってPioneer EXCLUSIVE C7・M7の自宅試聴を許されましたのでレポしたいと思います。

Pioneer EXCLUSIVE C7
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/c7.html

Pioneer EXCLUSIVE M7
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/amp/m7.html

部屋の中はこんな感じになりました。
う〜ん、ゴージャス(爆)


バブル絶頂期に発売された機器ですので金ピカで豪華感満点ですね。
見ようによっては仏壇のように見えないことも・・・^^;
ググってみましたがとにかく情報が少ない。

ハイハイ堂でも過去データベースにはM7は1件しかない!
「こりゃ〜かなりレア物か?」と思ったら俄然興味が湧いてきました(爆)

個人的にはパワーアンプのM7に興味がありますが問題もあって「低域に使っているAccuphase P-1000とレベル調整が必要かも?」という事もありますがとにかく使ってみる事にします。

まずはこんな組み合わせで使ってみます。(括弧内は出力方法)

CDトランスポート:Esoteric P2s (AES/EBU)
DDコンバータ:Esoteric DD-10 (ST)
DAコンバータ:Wadia 2000SH (RCA)
プリアンプ:Accuphase C-280V (RCA)
パワーアンプ(ウーハー):Accuphase P-1000×2
パワーアンプ(ドライバー):Pioneer EXCLUSIVE M7

プリにC-280VJを使ったのは聞き慣れているため音の比較がしやすいように、ケーブルは使用中の物をそのまま使いました。
幸いAccuphase P-1000とレベル調整も必要ない感じなんでそのまま使います。

でははじまりはじまり〜
音の広がりも申し分ないですし特に低域はボリュームが出ます。
ウーハーは変わりないのですがこの違いは圧倒的です。
石川さゆりの津軽海峡・冬景色なんか聞くと完璧で「これや〜♪」と逝ってしまいました(笑)

しかし改めて聞き込んでいくうちに「ほんとにこれでエエんやろか?」と思った事も事実です。

こんなハイエンドなシステムでなにが言いたいのかと言うと「もうすこし高域の伸びが欲しい!」

出てくる音に不満は無いですが多分私、この音だとすぐに飽きる気がします。
そう、高域はもっとキンキンして欲しいんです。

先に書きましたが石川さゆりの津軽海峡・冬景色なんかほんと完璧です。
録音の古いものは特に相性が良いように思います。
しかし今風の録音の物、例えばMISIAのSuper Bestなんかだと何か足りない感じに聞こえます。

スーパーツイータとか足せば補えるかもしれませんがやってみなけりゃ解りませんし手元にはありません(泣)

藤田恵美の「こころの食卓」から「アザミ嬢のララバイ」では余韻はそれほどでもないですが何か「盛り過ぎ」のような感じがします。
「盛り過ぎ」という理由を上手く説明できないのですが「もう少しすっきりしたい!」そんな感じ。

「音のキレが欲しい!」のかもしれません。
アンプをB2301Lにすると「これだよな〜」って感じなんでどうも私にはゴージャス過ぎるようです(TT)

またRCAでの接続(5m)としてますがハム音が出ますので小音量では聞けません。
こういうセッティングで聞いてる私が悪いのですけどね^^;
もしかしたらこれが原因で「盛り過ぎ」の印象があるのかもしれませんね〜XLRにしてみましょう。
・・・とここでトラブル、 「EXCLUSIVEのホットは何番?」聞いたところ3番でAccuphaseと同じだそうです。

試聴開始

う〜む、津軽海峡・冬景色を聞いてますがスッキリ、キレも出たようですがゴージャス感もなくなったか?^^;

ケーブルのせいかもしれませんが他にはありません(爆笑)
MISIAのSuper Bestもこれなら満足かな?低域は少し膨らみが残るような感じがしますが誤差範囲か?

藤田恵美の「こころの食卓」から「アザミ嬢のララバイ」では「盛り過ぎ」感も消えすっきりしました。

となると「RCAケーブル短くしたらゴージャスになってキレも出てバッチリ?」なんて妄想も出て来ますが・・・聞こえなかった事にしましょう^^;

次は単体で聞いてみたいと思います。

単体試聴の組み合わせはこうなってます。
CDトランスポート:Esoteric P2s (AES/EBU)
DDコンバータ:Esoteric DD-10 (ST)
DAコンバータ:Wadia 2000SH (RCA)
プリアンプ:Accuphase C-280V (XLR)
パワーアンプ:Pioneer EXCLUSIVE M7

接続はXLRにしてます。

一聴、「これ1台で十分でしょう!!」です。
先に試したXLR接続に近いかな。
このレベルならわざわざバイアンプにする必要はない程の音は出てるのではないでしょうか?

「アザミ嬢のララバイ」で感じる耳あたりの良い音の広がりがこのアンプの個性ではないかと思います。
RAC接続にすると「盛り過ぎ」感がありますのでこれはもしかしたらケーブルのせいかもしれません。
しかし、これ出力100Wですよ!!
さすがA級のハイエンドアンプは違いますね。
数値だけで音は語れない世界のようです。


C7
このプリアンプ、一応XLRも備えてますが入力の殆どはRCAですのでM7との接続はRCAで行いました。
入力はこんな感じです。

当たり前といえばそうですがC280Vで感じた「盛り過ぎ」感はなくなって素直な感じですね。

私の駄耳ではもう評価の限界を越えた域の音なのでなんと言っていいやら・・・^^;
M7特有のフワッとした音の広がりはC7でも継承されてこれはパイオニアの音なんでしょう。
やっぱりM7使うならC7は必須でしょうかね。
ちょいと値は張りますがは違うプリをあてがって悩むより「間違いない!」と思います。

総評
いや〜、ハイエンドモノパワーアンプの性能たるや恐るべしですね。
JBL S9500のウーハーをモノともせず鳴らし切るM7のドライブ力、恐れ入りました。
それともうひとつ、A級アンプは初めて使いましたが触れなくなるほどのその発熱たるや凄いものですね。
夏場に使うには確かにシンドイかもしれません(笑)
https://ggkun318.blog.fc2.com/blog-entry-164.html


▲△▽▼

パイオニア Exclusive C7 + Exclusive M7(JBL S9500との組合せ)
Posted by audio sharing on 1993年3月30日
井上卓也
ステレオサウンド別冊「JBLのすべて」(1993年3月発行)
「ハイエンドアンプでProject K2 S9500を堪能する」より
http://audiosharing.com/review/?p=5133

 このアンプは、入出力信号系は不平衡型がメインで、平衡型にはすべてトランスで変換する設計であるため、結線はすべて不平衡で行なう。各アンプの設置場所は標準位置である。

 信号を加えた最初の音は、小さくまとまった、ひっそりした音で、それなりにまとまった音を聴かせる。

 数分間ほど経過すると、中低域の量感が加わり、全体に柔らかく、おとなしい音となり、中高域の見通しがよくなる。

 時間的にはゆっくりしたテンポでウォームアップは進み、聴感上で不足した部分が徐々に埋められていくように内容が濃く、充実していく変り方で、従来とは少し異なったウォームアップの傾向であり、最近のトップランクのアンプにみられるタイプだ。

 ウォームアップは素直なタイプで、ゆるやかではあるが一定の方向に進み、音の細部が少し見通せる音になるのは、おおよそ1時間は必要だ。その後は音場感的な情報量が増し、奥行き方向のパースペクティヴがナチュラルに感じられるようになると、ほぼ2時間は過ぎていることになる。

 S9500は、音場感的な再生能力は抜群で、とくに奥行き方向の拡がりの見事さは、これならではの魅力であるが、逆に言えば、アンプの音場感的な再生能力をチェックするためには、最適なスピーカーシステムであろう。

 低域は柔らかく、音の芯の甘さは残るが、アンプとスピーカー間はほどよくコントロールされているようで、かなりしなやかな低域の表情を聴かせる。

 中域以上も素直な音をもつため、このアンプ専用に部屋とスピーカーのセッティングを行なえば、スピーカー後の壁を超えてタップリと拡がるプレゼンスの良さと、しなやかで力感にほどよく裏付けされたナチュラルな音を手にすることができよう。

 TV電波などの外乱には、パワーアンプにやや弱い面があるようで、高域の伸び切った感じや、上下方向の音場感で高さを聴きたいむきには、少し不満を残すが、この試聴室の条件の厳しさでのことであり、一般的には問題ではなかろう。

 安定型で茫洋と鳴りやすいスピーカーを、柔らかく、豊かな音ながらほどよくシェイプアップし、いかにも2ウェイ型ならではの爽やかさ、鮮度感の高さを持つ音として聴かせるが、内面的にはストレートに押し出す強靭なエネルギーをもっているようで、時折グイッと押し切るようなダイレクトな表現が感じられることがある。平衡入出力では、ややナローレンジの管球アンプ的な音に変り、油絵的な陰影の深さは別な味だ。
http://audiosharing.com/review/?p=5133


2. 中川隆[-13790] koaQ7Jey 2022年2月09日 09:27:42 : ZYPRKUSsaQ : VTNtaUJ2bWRFWkk=[8] 報告
Mr.トレイルのオーディオ回り道
50年前のアンプ達を今買うなら
2022年02月09日
https://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/ce04743db5db0c53a72a9fcbb6bfccd3


オーディオを始めた頃、高嶺の花であったアンプ群を使って見たくなり、アキュフェーズC200+P300と、パイオニアC3+M4の2セットを購入したのは、2018年頃です。

50年前のアキュフェーズとパイオニアのアンプは、今なお根強い人気が有る様で、それなりのお値段がします。50年前の一般家電品で有ればまず購入する事はないだろうと思う。使って有るRCA端子類はチープですね。時代を感じてしまいます。

どちらもまともに動く様にメンテをして使い出しました。外蓋を開けて内部の配線材やパーツの具合を確認しましたが、アキュフェーズはフラックスの残差が多く、Tr端子の脚が黒ずんでいました。その点、パイオニアの方が良い作りの様に思いました。

個人的にはC3+M4ならば今でも通用する音質が有ると思います。高級感は今でも有りますね。但し、電源の「直出し電源ケーブル」を使わずインレット化して、高級電源ケーブルを使いたいですね。RCA端子ももっと強度のある端子に交換しないといけません。それらへの手当てをして、2年半して「活性化」させたサウンドはメインシステムで使えるグレードになりました。サブシステムで使うにはサイズや重量・発熱量や電気代がかかりすぎるので、使いズラさを感じて手放しました。

A級アンプのM4の発熱量は半端ないですね。
https://blog.goo.ne.jp/nishikido2840/e/ce04743db5db0c53a72a9fcbb6bfccd3

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > リバイバル3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
リバイバル3掲示板  
次へ